JDICA認定講習会が終了しました。


今回は参加者が多く、いつものNobel Biocare社の会場では収容しきれないことがわかって、大きい会場に変更しての開催でした。


参加者の真剣な眼差しから、コロナで昨年から、この講習会も中止、ほとんどすべての学会、講習会がキャンセルやオンラインとなる中で、知らず知らずダウンしていた私自身のエネルギーが満たされるのを感じました。

皆さんありがとうございました。


今回は、コロナ時代にあわせて、なるべく接触時間を避けるため一日コースで設定しました。
そのため、すべての講師が、内容を編集しました。私たちの悩みは、みじかくしたら、本当に大切なことを伝えられるのか!でした。
会議を重ね、修正を行いたどり着いた今日の講習会。各講師は、絶対伝えたいことを研ぎ澄まして参加しました。


日本のインプラント治療の草分けであり、さまざまな学会、スタディクラブの重鎮である細山 愃先生は、患者とともに治療法の選択に取り組む、Shared Dicision Making SDM という最新のコンセプトについてご講義いただき、長年インプラントコーディネータとしてご活躍の高森愛子先生が、その実践と、具体的な医療面接のフレームワークと技術についてお話ししてくださいました。

大変内容の濃い講義が連続しました。私からはインプラントの基礎知識とコンサルのポイント、北海学園大学の元教授の樽見弘紀先生の、ロングテール理論や情報の非対称性など、なかなか歯科の講習会では聞けない学問的な観点からの分析を大変わかりやすくお話しされました。

また、新しい講師、武井賢郎講師のお話は、六本木ヒルズのそばと、長野の地元で開業している経験を踏まえて、その土地による患者さんの違いについて、大変興味深い分析を教えていただきました。
参加者からは、もっと話を聞きたかったという意見が多く聞かれました。

また、本日は、次期の新しい講師候補の先生も後ろで参加していました。今後のご活躍が大変楽しみです。


本日私自身の講義の中でお話ししましたが、このJDICA認定講習会札幌の第一回目初日の未明に母が亡くなりました。はじめての認定講習会を成功させるため、長崎県の母の元にすぐ駆けつけることを断念したことを思い出したました。今年はそれから十周年になりました。


一つのことを始める責任と継続の大切さを再認識しました。
本日も再受講の方々がいらして嬉しかったです。参加してくれた皆さんが、それぞれの場所で花開かせられるようにこれからも、この会はサポートし続けます。
今後ともよろしくお願いします。

JDICA講習会、東京品川で始まりました。
昨年はコロナのため中止しましたが、本年度は一日コースとして再構成し、実施することにしました。
三人座れるのデスクを二人で座るようにして、感染対策も徹底して行っています。
こうしてまた講習会が開催されるようになったこと大変だね嬉しく思います。
また、参加します希望者が大変多くなったことは、インプラント治療の普及とともに、必要性も再認識されてきたのだと感じています。
JDICAは、設立以来満十周年となりました。

昨日テレビー「一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!」(日本テレビ系、火曜午後10時) でデビ夫人が、81歳😳にも関わらずお元気なのかについて調べる企画がありました。

私も常々、デビ夫人の美しさ、若々しさとあくなきチャレンジ精神に圧倒されています。
私が中学生の頃、雑誌には美しいデビ・スカルノ夫人がいつも大見出しで載っていました。
あれから半世紀、今でも海外の大きな滝を降りたり、スカイダイビングしたりと、とても考えられない若さでご活躍です。


このテレビ番組では、いろんな調査をしてましたが、、

私が驚いたのは、その歯!


歯医者ですので、歯がとても気になります。

デビ夫人の歯のレントゲンが出た途端私は思わず「凄い!」(すごー)と叫んでテレビの画面を撮影してしまいました。


歯は、健康の要です。噛むことによって、若返りホルモンや、消化酵素などの分泌を促し、正しい姿勢を保ち、顔の筋肉を生々とさせ、、とにかく健康的な生活にはとても重要なもの。


見てください。デビ夫人の歯のレントゲン写真を。


全ての歯が、神経を取ることなく、冠を被せることなく、歯周病もほぼ完璧。さらに、歯の凸凹が美しい、つまり咬頭が綺麗に写っている理想的な歯の形が残ってます。とても75年近く使い続けたとは信じ難い歯の素晴らしさです。前歯にラミネートベニアが入っているようですが基本的には神から貰った歯を、大切にこの年齢まで毎日24時間使って完璧に保っている、信じられないくらい凄いことです。びっくりしました!


戦後間もない昭和の時代の六歳の頃から、この歯を維持してこられたなんて奇跡です。

類稀なる健康の資質と、その資質を生かす努力と実力を見せつけられました。だから大変な時代を一流として生き抜き、ずっと第一線で81歳の今も活躍できているのだと。この歯があってこそ。

感動しています。

これからも彼女の活躍に注目したいと思います。、

今日は文化の日ですが、振替診療のため、夕方迄診療です。元気が出るようにお弁当はしっかり。

この弁当箱、サイズがかなり大きいようで、、。

豚バラのトロトロ煮とゆで卵、鶏の焼いたの、牛蒡とにんじんと椎茸の煮物、ミニトマト、カリフラワーのピクルス、スギハラで買った珍しい唐辛子のピクルス。茗荷の赤紫蘇漬け、きゅうりのしば漬け。

ご飯は魚沼ササニシキの新米。




雨上がりの裏山にお散歩。
小さい秋見つけたら、すぐ冬。