「子どもの才能をもっと伸ばせる母になりたい」

 

「本当はもっと自分らしく生きたい」

 

「自分に自信を持てるようになりたい」

 

と思っている

子育てに悩むママの為の

 

笑顔あふれる素敵ママれっすんニコニコ

 

3カ月後には

自然と笑顔あふれるママになって

 

あなたらしく生きる

 

そして、お子様も

 

笑顔と自信に溢れ

どんどん伸びていく

 
 

 

笑顔倍増サポーターの平田知美ですルンルン

 

 

 

 

今日は、小学生の息子が

バスに乗って

校外学習(社会科見学)

出かけました。

 

数日前から、気分は遠足!

 

昨日は、ママにもらった

500円を握りしめ、

お菓子を買ってきました。

 

 

えー(私)「全部持っていくには

多いんじゃない?」

 

そう言われて、

リュックにどれを詰めるか

悩みます。

 

ウインク「お菓子はいくらまでって

学校で言われたの?」

 

えー?(息子)「金額の決まりはないよ」

「お弁当のあとに、食べられる分だけ

だって」

 

ニヤリ「じゃあ、いくらでもいいの?」

 

ガーン「うん。だって、

お高いチョコレートの人は

300円じゃ買えないじゃん」

 

 

昔はよく

『遠足のお菓子は300円以内』

何て言いましたが、

 

今はその考えはないみたいです。

 

スネ夫や花輪くんは

高級お菓子を

持ってきそうですもんね。

 

それはそれ、

不公平とは感じないようです。

 

 

金額ではなくて、

『食べられる量』という基準。

 

自己責任¥の時代です。

 

 

 

そして、さらに

新ルール。

 

 

えー「お友達と交換しやすい

お菓子の方が良いんじゃない?」

 

えー?「多分、お菓子交換禁止

 

 

そうか!!

 

 

今は、アレルギーのお子さんも

多いから、

交換はできないのか!

 

 

金額・交換ともに

学校によってルールは

違うと思いますが、

 

『お菓子は300円以内』

は、変わりつつあるようです。

 

 

 

では、いくら分買ったらいいの?

 

 

お子さんと一緒に考えて

みて下さい。

 

 

「300円以内で、好きなもの。

お釣りは返してね」

と決めてもいいし、

 

「300円あげるので、

自由に使っていいよ」

 

でも良いと思います。

 

 

なるべく安く沢山

買い物するには?

 

と考える

お子様もいるし、

 

300円ギリギリまで買おうと

計算するお子様もいます。

(それも算数の勉強に

なりますよ!)

 

↑政党交付金を余らないように

無理やり使い切る

政治家のですが…えー

 

 

 

「300円あげるので、

自由に使っていいよ!」

 

の時は、

おやつを100円分だけにして、

他の物を買ったり、

現金を貯める案もありますね。

 

注意!!

その時は、大人は

使い道に文句を言っては

いけません。

 

自由にどうぞと言ったのに

文句を言うのは

ルール違反です。

 

100円で買えたんなら、

やっぱり返しなさいもずるい。

 

(一日で飽きちゃいそうな

おもちゃを買ってくると

文句も言いたくなるんですけど…

そこは、ぐっと我慢)

 

 

自分なりの使い道を

考える!!

 

それも、人生大切な事。

 

 

『遠足のおやつを買う』

 

この経験からも

子ども達は沢山の事を

学びます!

 

 

 

今、どんな事を学んでほしいか

そう考えると、

子どもへの親の

関わり方も見えてきますよ。

 

 

もっと小さい子ならば、

「買い物を楽しむ」

「自分で選ぶという経験」

 

ママと一緒に

お菓子を買いに行くことで

そんな事も学べますラブラブ

 

 

今日はとても良いお天気です。晴れ

 

仲間たちとの校外学習で、

色々学んできてくれると

思います!

 

 

今日の出来事を

ワクワクしながら聞く事。

 

これが、今夜の私の

子どもを伸ばすママ業

なりそうですドキドキ

 

楽しみ爆  笑

 

 

 

今日も読んで下さり

ありがとうございました。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

子育ての色々

 

イライラから解放されて、

笑って子育て出来る工夫

 

子どもを伸ばすコツ

 

などなど、無料のメルマガ

配信しています。

 

登録お待ちしています宝石赤

 

宝石ブルーお申し込みはこちら宝石紫