今年に入り、女性の憧れのデザイナー、ケイト・スペードも、番組司会者として有名だったシェフ、アンソニー・ボーデンも自殺をした。あんなに有名なのに、あんなにお金を持っているのに、なぜ自殺をしなければならなかったのか…

人は孤独だと不幸なのだ。
悩み事を相談できる相手がいない、これこそ自殺する理由になる。

脳の研究者や精神科医によれば、
大金を得ると、「ドーパミン」という幸福の一種を感じる脳内物質が出る。しかしドーパミンによる幸福感は慣れやすく長続きしない。より多くのお金を得ないと、脳は幸福感を味わえなくなってくる。つまり、上昇し続けなければ満足できない。次なる山を常に創ろう。大金以外では、どうすればいいのか?

人に親切に接したり、ペットやパートナーとコミュニケーションをとったりすると、「オキシトシン」という脳内物質が出る。これは長く続く幸福感のもととなる。

人に優しい言葉をかけるということすら
忙しい毎日で忘れて居ないだろうか?


今日も一日「ありがとう!」