川口市・特許出願審査請求助成金 | 知財で日本を元気にしたいと願うブログ
2012-05-14 22:57:27

川口市・特許出願審査請求助成金

テーマ:助成金

川口市の特許出願審査請求助成金についての情報です。







1 制度の概要

川口市産業界における新製品・新技術の研究開発に対する意欲の啓発、及び
企業の競争力の強化を図るため、当該製品や技術に関わる特許出願審査請求を
した中小企業者等に対して、予算の範囲内において助成金を交付するものです。







2 助成対象者

本制度の助成対象者は、以下のいずれかに該当する方です。(出願人に限る)

川口市内に主たる事業所を有する中小企業者
川口市内に在住している者で、起業・創業意思のある者






3 助成対象経費

助成対象経費は、特許庁に支払う特許出願審査請求料です。
※ 特許出願料に対する助成ではありません。








4 助成対象要件

製造に関連する特許で、当該年度末までに当該特許に係る審査請求を行う予定の
ものを助成対象要件とします。









5 助成率等

(1)助成率は助成対象経費の1/2以内、助成限度額は15万円です。
(2)各会計年度における同一者からの申請は3件までとします。








6 申請手続等

先着順により受付。予算額に達し次第締め切ります。

※特許出願審査請求助成金交付申請書(様式第1号)は、
下記ページからダウンロードできます。

http://www.kawaguchi-net.or.jp/ja/helper/ppgrant/index.html


〈出願審査請求前〉
(1)特許出願審査請求助成金交付申請書(様式第1号)(Microsoft Word形式)
(2)出願番号登録通知書の写し
(3)会社概要・パンフレット等
(4)その他必要と認められる書類



〈出願審査請求後〉
(1)特許出願審査請求助成金報告書(様式第3号)
(2)特許出願審査請求書受領書原本(確認・コピー後返却します)
(3)領収書の写し
(4)助成金振込口座記入用紙









7 助成金交付後の義務

助成金の交付を受けた方は、助成金の交付を受けた日の属する会計年度の
終了後3年間、毎会計年度終了後30日以内に、助成金に係る特許取得状況
について報告しなければなりません。


〈提出書類〉
(1)特許出願審査請求助成金に係る特許取得状況報告書(様式第4号)
(2)特許を取得した場合は、それを証明する書類





お問い合わせ・お申込み先

(公財)川口産業振興公社
TEL:048-263-1110 FAX:048-262-8882



詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.kawaguchi-net.or.jp/ja/helper/ppgrant/index.html




弁理士・今井孝弘さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス