畑雅文のブログ

畑雅文のブログ

ブログの説明を入力します。

映画「えんとつ町のプペル」を観に行きました。総じて良かったです。素敵な話でした。
ただディズニーを倒すにはもっとエンタメ要素を増やした方が良いと感じました。


冒頭
すごくいい。映像と音がハイクオリティで、どんな映画なのかものすごくワクワクする雰囲気。

オープニング
唐突にハロウィンダンスが始まります。
正直キョトン。謎の時間が続きますが、それは町でゲリラ的に行われるハロウィンの出し物だったという事が直後に判明します。
ただ後に分かるからといって、はてなマークの時間を設けるのは得策じゃないと思いました。
隠す意味もそんな無い気するし、もうちょっと早めにギャラリーが集まったりする様子も加えて、オープニングらしくポツポツ字幕を入れて良いのではと勝手に批評タイムっす。
僕は映画の始まりでスタッフとか制作会社の名前がポツポツ出てるの好きなんです。
「始まり出したんだなー」という感覚。
クレヨンしんちゃんのラクガキングダムは、オープニングのスタッフ名簿出しが良い効果を生んでました。
仮に、世界に没入して欲しいとか、文字を出すと現実的過ぎて抵抗があったのなら、ローマ字とかにしてムードに合わせれば良いのになと、ネタ見せの作家バリに中身の改善案を出してます。

Aメロ
前半の前半みたいな箇所。
絵柄とか空気感でけっこう次のジブリだとか思ったんですよね。
ただルビッチがプペルを助ける為にゴミ収集車まで向かうシーンが長い。
2人が溶鉱炉に落ちる落ちないのシーンも長い。
どっちも「わー!」「大変だー!」「どうしよー!」をずっとやってるんだけど、変化や追い込みが無いから見てて全く焦らない。
ベタでもいいからハラハラさせて欲しかった。
期せずしてトロッコが発進してしまうところはピタゴラスイッチみたいでとっても面白かったから、そういう小ネタみたいなものやアクションを細かく入れたらもっと飽きないようになるんちゃう?(どこの事務所かも知らん先輩芸人がエラそうにアドバイスしてくる風)
トロッコの猛スピード目線も良かったけど、もうちょい短くて良い。
ここまでの微妙なダルさの蓄積が、スコップというオラフみたいなキャラへの愛着を薄れさせる要因にもなった。
マシンガントークだけではリスキー。
どうも1つの技だけで押す傾向があるけど、合わせ技で保険を入れた方がよろしいのではないかしら。

Bメロ
前半の中盤。場面転換が間延び。
映画だから尺を稼がなきゃいけなくて、わざとゆっくりやってんのかと思っちゃったぐらい。
あとダンの「お化けが怖い」ってのは、笑い所なのか?プペルがお化けって認識あんま植え付けられてなかったし、周りも普通にしてたから共感は薄かった。
などなど、ディズニー倒すの無理じゃね?と思い始めていましたが…

1サビ
中盤。プペルがブレスレットを探してた事が分かる場面はすごく良かった。これは映像とかじゃなくて、単純にストーリー。

後半スタート
船を建て直して空を飛ぶ計画。ここらへんから終盤を意識して胸も高まってくる。
でも父親の回想がけっこうガッツリ挟まってくるし、そのボリュームがひとつひとつ大きいから、また回想?みたいになる。これに関しての解決法は分からん。父親は威勢が良い江戸っ子イメージだから、もっと早口が合ってそう。
志の輔の声だとちょっと老齢な感じも否めない。でもこの人の声だからこそ終盤の語りがめっちゃ感動する。

クライマックス
ほぼ文句なし。来て欲しいところで来る助っ人ら。ようやくスコップを愛らしく思える。
ハシゴのシーンも上手く過去のトラウマと絡めてナイス。
星空を見せる時はもっとジャジャーン!って大げさにやっていいんじゃないっすかね。
何かぬるっとカメラがパンしたからカタルシスに達しなかった。
僕の好みというより、ディズニー倒すにはそういう超ポップど真ん中な演出もありだと思うんすよ先生。



てことー。(ヘライザー風)

プペルの歌は最高ね。
映画館で拍手が起こったという話がピックアップされるけど、僕が観た時はレイトショーで客少なめだったってのもあってそういう現象はなかった。

あと、いわゆるアンチによる「信者」とか「自己啓発」とかいう形容が鬱陶しい。
作品なんて全部多かれ少なかれ、何かしらの啓発の意味が込められてるし、ファンや味方を信者と称して狭く気持ち悪いコミュニティのように表現して侮蔑したいのだろうが、大多数が個々の一般客だっつーの。
逆に、そんな輩もアンチという形容をされたくないと思う。それぞれ異議を唱えてるだけなのに、群がるハエみたいに言われるの嫌だろうな。
つまりお互い様って事か。


さて、とにかくディズニー倒すという点に注目して見るとこういう感じ。
上記の事を意識して作れば倒せるでしょう。
私が保証します。
次回作も楽しみにしてる。

来ました!
映画クレヨンしんちゃん2021の特報です!


なんと例年通りの4月公開!
ラクガキングダムの興行終了時期からおよそ5ヶ月でのスピードラン!
ありがとうございますm(__)m

しかも監督×脚本はカンフーボーイズで素晴らしいマッチングを魅せてくれた高橋渉×うえのきみこ!

それぞれロボとーちゃんとか引越し物語で最高を味わわわわわせてくれた方々。
信頼と実績の両名ですから、ハズレるわけありませんよね。

ちなみに新婚旅行ハリケーンもうえのきみこ脚本でしたが、別の方も共同脚本だったので、面白いけど上手さは単独脚本の時より減速してました。

しかし今回はシングルマッチ。
楽しみですが、そう考えると高橋監督はロボとーちゃん以外、全てかすかべ防衛隊がメインの話ばかりですね。
ユメミー、カンフー、天カス…
まあ野原一家メインでロボとーちゃんみたいなK点超え出しちゃってるから十分とも言えますがね。

ただ、かすかべ防衛隊でいうとだんだんメイン回が回ってくるペースが早くなってるような気がします。

6作目・ブタのヒヅメで初めて防衛隊パートが作られ、12作目・カスカベボーイズで初メイン。
17作目・野生王国と18作目・オラの花嫁では野原一家と並びWメイン。
21作目・B級グルメでメイン。
以後、前述した24・26・29作目と続きます。

劇しんでのメインキャストパターンは主に3つ

◯野原一家
◯かすかべ防衛隊
◯しんのすけ単独

もちろん家族も防衛隊にもスポットは当たるけど、たまにしんのすけ本人とゲストキャラがメインの話もあるので、それはしんのすけ単独としました。
例えばスパイ大作戦、ラクガキングダムはしんのすけ単独の色が強いです。
やや線引きが難しいところでいきますと…
アクション仮面、ジャングル、アッパレ、金矛、シリリなどでしょうか。

いずれにせよ珍しいパターンですが、天カスはかすかべ防衛隊メインなので、この議論は蛇足でした。

カンフーボーイズ
新婚旅行ハリケーン
ラクガキングダム

当たり続けたこの周期、ついに次もハマれば最強時代の名を欲しいままにします!
黄金時代の再来だ!

毎朝、晴れたらもちろん、多少の曇りだったら散歩してたんだけど、寒いと晴天でもなかなか外に出たがらない。

まず外着に着替えるのがね。
部屋着の上に羽織るとかじゃないスタンスなのし。

なのしという新しい日本語をここで発表です。

時間によっては車通りが多いタイムがあるん。
出勤時ね。
そこに当たると排気ガスが横を漂うの。
服の繊維がそれを吸収するやもしれず、してるやもしれず、上着で隔てていたとしても奥まで浸透してると考えて気が進まず。

地肌はどうなん?とお思いか?
服で何層もバリアってるからセーフだろうと私自身も考えてます。
しかし!晒してる顔よ。
マスクなんて同調圧力を散歩の時までしたくは絶対ないからしませんし。

だからね、そこはもう最後の手段。

目をつむる。

物理的にじゃなくて、メンタル的に目をつむる。

顔に関しては、もう考えない。

つーかそんな事言ったら髪の毛どうなんと。
帽子はかぶらないからね。

毛1本1本に排気ガスがついてる可能性。
それ想像したら無限やん。

だからノーカウント。

おいおいおい、何だこのどーでもよばなし!

コロナウェーブでドラマが再放送だったりスタート時期のズレや話数短縮とか色んな要因が重なり、ドラマを観る習慣が消え去った数ヶ月がありました。
そして半沢直樹という例外を除いては全然ドラマを観てませんでした。

というか、半沢直樹がドラマ視聴習慣を取り戻させてくれたような気がします。

10月期は各局とも四苦八苦しながらもようやく通常モードが回帰してきたようで、新ドラマを始めてくれた印象です。

でも映画もそうですが、ドラマなんかも、結局は全部葛藤と成長の話。

マスに向けた作品だから、教科書やお約束の最大公約数の中、昔からある流れを現代の設定と題材でコーティングした話を旬の俳優と共にお送りしてるだけ。

みたいな考えがよぎってしまう最近。
だから思春期の頃より魅力を感じないわけです。
NetflixやYouTubeみたいなコンテンツもあるし、または今まで以上に娯楽以外で喜びや楽しみ、幸せを見つけてしまったりするとますます自分の中で優先順位が低くなってしまう。

バラエティーも、良くてクラスで3~4人が観てるか観てないかの番組で、次の日になったら忘れてるような、わざわざ話題に出したところで続かないという、そんなポジションになってしまった気がして少し悲しかったりします。

惰性の暇つぶしで特に意味無いとも思いつつ、それこそ平和と幸せの証拠である素晴らしき娯楽なんですけどね。

感受性が研ぎ澄まされたらもっと楽しめるし有益に学び吸収するものとしてちゃんとチェックするんでしょうけど、ボーッと生きたいんでそこらへんの意識をキープする事を怠けてます。

というようなメンタルが近況の僕ですが、ちょっとはドラマも観てます。
ドラマ熱の復活に向けたリハビリ視聴みたいな感覚です。

『35歳の少女』
遊川和彦脚本なので観てます。
いびつな家族が回を追う毎に変わっていく様は面白いですね。主題歌のマッチングも気持ちいい。

『共演NG』
業界パロディみたいな内容がとても面白いですね。中井貴一と鈴木京香なんて存在だけでも成立するような2人による掛け合いは無条件降伏です。

『先生を消す方程式。』
学園ドラマって特にだいたい同じの感が強いので、これはどういうアプローチで変えてくるのだろうと思ったら、まさか副担任が敵とはウケました。パワポ説教も目新しさ風を演出してて鑑賞し続けられます。

以上です。

3本かあ。まあ普通よりちょい控えめな視聴数かな。

他も、第1話を観て離脱したドラマがいくつかあります。

1月期はクドカンのドラマがやるので楽しみですね。それだけで何となく見続けたドラマ8本分くらいの価値があります。






前回の記事『映画クレヨンしんちゃんの歴史』


の後日、ラクガキングダムの上映期間がそろそろ幕を閉じてしまう!とあせり、あれはもう1回観るべき映画だと急いで上映館を探してユナイテッドとしまえんに観に行きました。

しかも上映回数が減っており、午前中だけなんですよね。初めて行く映画館。すでに観た作品を早起きして遠く足を伸ばす自分の行動にやや疑問を持ちましたが、結果、行って良かったです!

やはりラクガキングダムは最高です。
鬼滅の客で溢れ返ってた劇場ロビーでしたが、意外としんちゃんを観に来た人も多く、両隣の席を子供に挟まれました。

子供がどういう場面で笑うかを間近で体感しながら観るのも楽しいものです。
子供が笑ってる事によって、1回目はダルく感じた前半が楽しいイメージになりました。周りに釣られて印象が変わるとは、なんて単純なんでしょう。
でもそれも劇場体験の醍醐味と言えるかもしれません。

そして、2回目だから細かい点に気づいたり感じたりして余計に素晴らしい作品だと痛感しました。

ラスト、みんなで落書きをするシーンは興奮&感動でフロー状態です。

さて、前回の記事では各作品の興行収入についても少し触れ、成功の判断基準にしてましたが、このラクガキングダムはいかがでしょう?

なんと、公開から3ヶ月弱(11/6時点)で11.3億円らしいのです。
これは例年に比べるとかなり少ない数字です。
4月から9月の公開に延期され、いつもと異なる上映時期による鑑賞習慣のズレやコロナ禍での収縮が影響したとも考えられはしますが、なかなか物足りなさ過ぎる結果です。

確かに、鬼滅の刃の超特大ヒットを目の当たりにしますと、コロナ禍がどうとか関係無いとも思われがちですが、鬼滅はブームもあり例外とします。

どちらかというと参考になるのは、同じく毎年上映されてるドラえもんなどのシリーズ作品の数字。
ここ数年は40~50億という成績で右肩上がりだった劇ドラですが、今年は現時点で32億円との事。それでもすごい売上ですが、昨年から3割以上減少しています。
そこに照らし合わせると、まあギリ仕方ない下げ幅な気もしますが、それでも12億はいって然るべきといったところ。

あとは言い訳ばかり思いつく次第ですが「今年のしんちゃん面白そうだね」感が弱かった風に思われます。
ドラえもんは毎年何をやっても似たようなイメージですが、しんちゃんは作風がいつもだいぶ違うので、その都度観るか観ないかの天秤に掛けられやすいのではないでしょうか。
コナンも毎回同じイメージでしたが、赤井や安室という人気キャラを出して変化をつけてます。それでも、キッド→黒の組織→赤井→安室と、ゲストキャラで呼び込みを狙うという点では結局それがお馴染みと化してる印象になりつつあり、作風自体はやはり目立った変化球を投げはしてないです。

ドラえもんもコナンも「今年も面白そうだね」となります。
しんちゃんだけ「今年はどうかな?」と予告でジャッジされます。

予告の期待度と口コミが掛け合わさって成功したのがロボとーちゃんと引越し物語、新婚旅行ハリケーンなどかと考えます。
どれも予告では家族に焦点を当てた感動ポイントで攻めてます。
そして実際に映画を観た人達の高評価がさらなる観客を後押ししたような図です。
どれも結果論ですが、この前評判と口コミそれぞれに細かい数値があっての足し算が影響しているのではないでしょうか。

そうなると今回のラクガキングダム、僕は正直、予告では全く期待出来ませんでした。
ぶりぶりざえもんが出るという点はかなり興奮しましたが、落書きというテーマに幼稚なファンタジーを感じ、同じくファンタジー強めの金矛で味わった残念さを思い出してしまったのです。
加えて野原一家もかすかべ防衛隊もそんなに推してない空気感もあり、お馴染みの感動を味わいたい人達の鑑賞意欲が湧きづらかったのだと推測。
そして上映延期やコロナ禍という負のかけ算で成績ダウン…という事になった訳です。

ただ内容はめちゃめちゃ良いです。
これが口コミで押し上げに繋がってもらいたかったのですが、難しかった様子。
時期的に鬼滅の波に飲まれたともそんなに考えにくいところ。あっても微々たる影響。

さて、話は変わって次回作。
青春ミステリーとの事で、本格ミステリーのコナンとは余計に差別化を図らねばならず、上映時期はまた前後するのか?と気になります。

そもそも客層が違うので大丈夫かとも思います。ただラクガキングダムを9月にやって次が通常の4月公開となりますと、間隔は7ヶ月。
かつて正月と夏休みにやってた男はつらいよと同じですね。
ここは間が短いかもしれませんが是非4月にやって流れを戻して頂きたい!
それでまた9月とかだとまた興行収入落ちるかもしれませんし、今よりかはコロナの影響も縮小されてる4月で十分勝負出来ると見込んでおります。

とは言え内部の制作スケジュールについては全く知らないので、コロナで制作ストップしてたらやはりまたスライドしてもしょうがありません。

新作の上映前に前作をテレビ放映するという儀式をするとしたら、あまり早くオンエアするとDVDの売上にも影響出るでしょうから、9月からある程度時間を空けないとGOサイン出ないでしょうし。
そもそもその儀式って必要なのでしょうか?
確かに、子供はテレビで去年やった映画を観てテンション上げてから新作へも行きたくなる傾向にありがちですが、それを気にし出したらもう毎年9月になってしまいます。

どうか諸々の面倒なリスクは一度切り捨て、通年通りの4月公開に期待します!

単に1年待ちたくないというだけですけどね。
むしろ短いスパンで新作の劇しんを観たいというワガママです。

長文駄文失礼しました。
最後までお読み頂きありがとうございます!