畑雅文のブログ

畑雅文のブログ

ブログの説明を入力します。

『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』を観て参りました。


結論としては、近年のアガる作品群の水準には達しない佳作といった感じでした。


カンフー

新婚旅行

ラクガキングダム

天カス学園


という最強ラインナップに続くか期待してましたが、残念ながら及ばず。


ジャングル

オトナ帝国

アッパレ戦国

ヤキニクロード

カスカベボーイズ


の5作連続当たりの良作期間の長さには並びませんでしたが、平均値は同等かそれ以上をマークしてると思います。


何しろ、過去作を踏まえての新作なので、進化はしており、アクションやストーリー展開は色々と凝っているので、ポイントは加算されるのは当然でしょう。


なので今回の作品も、色んな工夫がされてはいました。

でも表面的な小技や構成という、芯の部分ではない部分でのポイントです。

どうして周年作品だと盛り上がりに欠けるのでしょう…。


宇宙のプリンセス

宇宙人シリリ

もののけニンジャ


これらはメモリアルナンバーの回ですが、どれも残念な印象です。


今作でイマイチ乗れなかった理由としては、やっぱりゲストキャラのフィーチャー具合が過剰だった事、クライマックスの展開がユルかった事が大きいです。


それと、別に感動を求めてるわけではないですが、しんのすけが野原家の子ではないという疑惑があまり主軸ではなかったみたいで、予告編の煽りと違ったのも肩透かしでした。


是枝監督の映画「そして父になる」のような設定をクレヨンしんちゃんに持ち込んだ時のドラマも期待しましたが、意外とあっさり解決されて、ハードルを下回ったのは事実。


これまで30作もそれぞれ違う山場を作るのはかなり大変なのでしょうが、直近の4作でそれを実現していたので、劇しんでは可能だと信じてました。


橋本監督が共同脚本という時点で懸念はありました。

うえのきみこ単独脚本にすればまた違ったのではないかと欲が出てしまいます。

制作事情は知らないので、上記の点が問題ではないのかもしれませんが、ずっと当たってきた作品群と何が違うかと言ったらやはりその点なんです!


決して駄作ではないし、楽しめたのですが、B級グルメサバイバルと同じTVスペシャル感は拭えなかったです。


クライマックスの展開が野生王国と被りますし、しんのすけがそこまで活躍しませんし、親近感がないキャラの描写に時間を割いてるし、ピンと来ないまま終わりました。


スパイ大作戦、シリリ、ユメミーと競い合ってる具合です。


しんのすけが見る夢のシーンはめちゃくちゃ良かったです。

あそこだけはかなり感慨深いけど、だったらその路線で進んでも良かったのに…と悔やまれます。


予告ですと、次回作はCGでやる様子です。

高橋→橋本という監督のラリーの中に京極尚彦が入った時みたいに、また変化球で別の監督が担当すると踏みました。


ドラえもんのSTAND BY MEみたいにはしなくていい。

CGだとキャラの動きがぬるくて、しんちゃん独特のチャカチャカした細かいアクションの面白さが無くなるのに抵抗ありですが、あくまで予想。


チャレンジに期待します!

待ちに待った映画『ザ・バットマン』を映画館で鑑賞。


絶賛評も多いみたいだけど、なかなか判断が難しい。

さすがに3時間は長過ぎた。

でも2時間のテネットに覚えた苦痛は感じなかった。

たぶん、それがこの作品のすごいところだと思う。


3時間もあるのに苦痛じゃない。

それすなわち絶賛に値する。


とにかく暗くて重くて登場人物が誰も笑ったりしない。

悪役による不適な笑みや狂気じみた笑い声のみ。


そして間を溜めさせまくる。

さすがマット・リーヴス監督。

『猿の惑星』シリーズで感じた硬派な作り。

否定すると軽い人間だと思われそうで、褒めとけば賢くて深みのある人間だと思われそうな作品づくりに定評がある方!


とりあえず、この内容は2時間以内に収めてくれたら歴代バットマン映画トップ3に入っただろうなと。


スーパーヒーローものではなく、犯罪ミステリー映画だから、趣向を凝らしたアクションも、珍しい武器もない。

ヒーロー映画にダークでシリアスなトーンを持ち込んで話題となったノーラン版でさえ、ポップな娯楽サービスでいっぱいだったのかと分かるくらい、今回はスペクタクルの波を感じにくい。


しかしバットマンという大前提があるので、まずファンは受け入れ体制からスタート。間延びした箇所さえ丁寧かつ繊細と謳われるような変換作用をもたらす。

今までのシリーズと比べれば全てが新鮮に写るから、肯定的に捉える人も多いでしょう。


大好きなリドラーも銀幕で観られたし、ペンギンも面白いし、部分的には大満足なんだけど、やっぱ暗くて長いなあ。


ここまで暗くすると、間口が狭くなるような気がした。


今後、この監督で新たなバットマンシリーズが作られるとしたら、あと5年くらいは陰鬱MAXのゴッサム映画に付き合わなければいけない。

それはちょっと気が進まない。


ノーラン版でダークの傑作シリーズは満足したから、もうそろそろ奇妙ながら多少の明るさや、怪しげなファンタジー感を取り戻したバットマンも観てみたいと感じてしまった。


次回作でリドラーとジョーカーが組んでペンギンも騒いでる様相を呈すれば、ハードボイルド探偵物語から少しは方向転換して楽しめそうだから、ひとまず期待。




原作がある舞台について、上演前はTwitterで色々と期待や不安の入り交じるコメントも飛び交い、良くも悪くも話題に上がるのが通例ですね。

面白いのが、脚本家が独断でストーリーや配役を決めてると思ってる人も多い事です。

原作で女性のキャラを男性が演じるというキャスティングが発表されたのですが…
「脚本家は原作読んでないの?」などの声もあるんですよね笑

いやいや!
読んでるに決まってんじゃん🤣

読まないで適当に台本書いてそれが上演されるなら、そうしたいですよ笑
だってわざわざ原作を調べないで好き勝手自由に想像で書いていいんでしょ?
そんな事が許されるなんてめっちゃ大御所だから!
しかもそういう人はおそらく存在しない。

キャストは脚本家が介入する前に最初から決まってたんだっつーのw
 
あと、作品によって制作過程は異なりますが、だいたいの場合ストーリーとか配役は、プロデューサーや演出家も含めた会議で決まります。

プロデューサーの意向、演出家の考え、などなど、現場によって尊重されるパートも違い、脚本家が全くタッチしない時もあります。

でもそんな内情なんて普通は知らないから、今回はとりあえず名前が出てて言いやすいポジションにある脚本家にボール投げてんだろな。

暇つぶしに読み流してますが、ゴシップニュース的な感じで寝ぼけつつ閲覧。
反論していいならストレス発散で応じるけど、たぶん面倒だし、プロモーションの邪魔になるからしない(^_^;)

あと、ついでなので記しておきましょう。

「畑雅文氏は◯◯(作品名)の時にエピソードとエピソードの繋ぎが雑だった」というコメントがあって、言い訳させて!

その雑だと思われる箇所、脚本にはなくて、後から演出家が加えたシーンだから!
衣装チェンジの時間稼ぎで無理やり足したみたいで、自分も本番で初めて見たんだから!
犯人は俺じゃない!!

とかね。

言いたい事はたくさんありますけど、何かしら言われるのも脚本としてクレジットされる人間の役割です。

今後は意味不明なシーンが足されないように、衣装チェンジも見越して間を繋ぐ場面を上手く描くつもりです。

まあ、

結局何が言いたいかというと…

Twitterで騒いでる人の9割は本番観に来ない!

以上!!

2021年もゴールする時期ですけど、どうですかね。まあけっこう良かったです。悪い事みたいのほとんど無かったです。

旅行も出来たし。ノーマスク無双する勇気と度胸も身に付いたし。最高じゃん。バクマンの絵を描く方じゃん。モリタカじゃん。


で、僕は以前からよくドラマを観てはその感想とかをこちらのブログで書いてました。

最近はサボり気味、いや何にも課せられてないのにサボるも何もないでしょーに。


ただ、単にドラマレビューを書かなくなったのではなく、ドラマ自体をあまり観なくなってしまったのです。

これは比較的悲しく、残念な事でもありますが、ある種の進化なのかもしれません。


半ば義務のようにドラマを毎週観ていたあの頃。

何となく気になる要素がちょっとでもあれば次も観ていたけど、最終回まで観て「あれ?これ結局観なくても人生に何の影響ももたらさなかった気がするぞ?」という作品ばかりという事に気づいてしまったのです。


バラエティ番組もそうです。

昔は血眼(血ナマコじゃないよ)になって観ていましたが、見逃しても全然楽しく過ごしてる自分がいました。

アメトークや月曜から夜ふかしは絶対に観るように心がけていましたが、それらを観た次の日には内容を忘れてました。

観てる瞬間はそれなりに楽しいけど、1時間ずっと笑いっぱなしという事もなく、将来までずっと役に立つ情報を得たわけでもなく、今の自分にとって必要ではなくなってきてると気づき始めました。


他の部分で興奮や感動を得たり楽しみや幸せを感じたりする事が増えたのでしょう。

世間一般にはすでにそういう人がゴマンといたはずですが、僕にとってそれは「テレビを観ない人」という、情報や娯楽センスに疎い存在に思えてました。


そして、僕もそういう人達になってるような気がします。

ちょっと前の自分なら、日本沈没は放送翌日にTverで2倍速にして観て、それを毎週続けて最後まで見届けていたでしょう。

しかし、今は3倍速にして観て2話で離脱しました。


有吉弘行の「知らない事を偉そうに言うな」という言葉はすごく良いと思います。

「エヴァンゲリオン観たことないね」と迎合しない自分をカッコ良く見せたいような奴を痛快にノックアウトしてくれるような名言。

今の僕の「ドラマ観ない」というのはそういった無知や無関心というゼロ行為を自慢するように聞こえないか心配もありますが、事実観なくなって、それをなぜかブログで報告してるので、エヴァ未視聴イキりと同類に映っても仕方ありません。


でも誰かしら共感して、迷いが少しでも晴れたら良しとしましょう。

映画やドラマ、漫画やアニメ、色々と観すぎたせいでキャパオーバーになり、それぞれの作品の絶妙に面白いポイントを見逃すようになったのか。

それともパターンが分かってるので新鮮さが無く、時間をかけて観る必要なしと判断してるのか。


自意識過剰の過大評価ですが、後者の理由が優勢です。

そんな中でも最近見てすごく面白いと思ったのが『オッドタクシー』でした。

映画とかでも、お約束の起承転結というよりかは事実を元にしたフィクションとか、とにかく自由に綴られた単館系や、パッション先行のセオリー無視した作品が心に残ります。


めっちゃ完成度高いかめっちゃフリーダムかのどっちかしか面白いと思わなくなりました。

おや?それって何かけっこう究極に目が肥えてない?と自分ではそう思っとく。実際そうだし。もうね、自己弁護しない。この鼻をへし折りたかったら面白いと思わせてみせい。滅多にないよそんな作品。敬具。



2022年の映画クレヨンしんちゃん情報がアップされましたね。

忍者という今まで無かったテーマもさることながら、しんのすけが生まれた日にも焦点が当たるらしく、30周年で気合いが入ってると見受けられます。

監督は橋本昌和氏。
近年の劇しん監督ツートップのお一人。
B級グルメ(△)・サボテン(◎)・シリリ(×)・新婚旅行ハリケーン(◎)の4作を担当。
( )内の記号は僕の評価です。

もう一方は高橋渉監督。
ロボとーちゃん(◎)・ユメミー(×)・カンフー(◎)・天カス(◎)の4作を担当。

平均的に見ると高橋監督の方が内容面での成功率が高いですが、サボテンで歴代最高の興行収入を記録した橋本監督のポジションの方が優遇されてるように勝手な推測をしてしまいます。
30作目を任されるというのはそういう事かなと。

そしてなんと言っても脚本はうえのきみこ!

もうこの人に任せておけば間違いない!

近年ではサボテン・カンフー・新婚旅行・天カスを担当。

見事に当たりのみ。
この方が脚本ではなかったユメミーとシリリはイマイチでした。
さらにB級グルメも担当しましたが、この時は共同脚本。

だから今度の新作は心配なく楽しめるぞと思っていた矢先、なんと橋本監督との共同脚本と知って僕の表情はゆがみました。

橋本監督は以前、シリリで単独脚本を担当してストーリーテーリングにおいて力不足を露呈しました。
また、高橋監督もユメミーで共同脚本を担当。
前述の通りユメミーもあまり面白くなかったです。
どうも現在の双頭である両監督は脚本に不向きな印象です。

ただ決定事項は変わらないので、橋本監督の脚本力もあれから時間が経ってレベルアップしている事を願うばかりです。

あと、ナイスだなと思うのは、最近の劇しんは宣伝の段階で「感動」アピールをしなくなった事です。

感動感動!とアピールしなくても、感動するものはこちらが判断して勝手に反応するものです。

だから僕がボロ泣きしたロボとーちゃんは製作側も自信があったのか、予告の時点ではお涙ちょーだい路線を一切出してませんでした。

ユメミーだけ「シリーズ屈指の感動を目指す」と寒いリリースが打たれて嫌な予感がしたら案の定スベってました。

それ以降、新婚旅行やラクガキ、天カスはそういった謳い文句をほぼ封印してましたが、ちゃんと感動作としての評価はバリ高いです。

という事でもののけニンジャもその点では期待出来ます。

そして注目なのがやはり、ジャングル・オトナ帝国・アッパレ戦国・ヤキニクロード・カスカベボーイズとかつて5作連続で打ち出した当たり記録と並ぶかどうか!

現在はカンフー・新婚旅行・ラクガキ・天カスと続いてます。
すでに平均点は余裕で超えておりますが、数でも超えていって欲しいところであります!!