『WINGS』#3 STIGMA(V) | I Love BTS♡

I Love BTS♡

BTSをこよなく愛でるブログ


テーマ:

あんにょん☆

 

さあ、本日のメインです(笑)これを見ていくしかないでしょう…

テテの演技にさらに磨きがかかっておりまして…きゃぷる手が止まらなかった…(笑)びっくりするほどきゃぷってますのであしからず…



恥辱…汚名…負の印…烙印 …



落書きされたシャッターに…



何かを…



刻み付けつづけるテヒョン…そのシャッターは…

 

IMG_20160908_140159520.pngIMG_20160908_140200721.png

『RUN』の時になむじゅんと一緒にスプレーで落書きしたことを彷彿させる…←別の絵だけどね…。



そこへ…





彼を見つけた警官が…



従順に逆らうことなくつかまるテヒョン…その時の表情が…





不気味…やっと来たかと待ち構えていたようにもとらえられる…




ちょっと…いやかなりいっちゃってる?あたしはこういう表情をしていることがなんか怖いよ…



そして彼は…



パトカーに乗せられて…



取り調べを受ける…

『名前は?』



『キム・テヒョン…』



わずかな指の動きでいらだちやとまどいの精神状態を表しているように思う…

そんな中彼の脳裏では…



暗闇の中…



独り走るテヒョン…



どこへ向かって走って行けばいいのかわからず…



一人で泣きながら走っている…



『21(歳)…』



淡々と取り調べを受けるテヒョン…





ぽつんと一人取り残された空虚感や孤独感…


『両親は?』



取調官からふっと目をそらし…彼はまた自分の脳裏の世界へ…そこには…



殴られているテヒョン…



その瞳には抱きしめられてる自分?




殴られてずたずたになる身体と…心…徐々に徐々に精神が蝕まれていく…

 

この殴っている相手はお父さんなんだろうね…花様年華の世界とつながっている…



両親なんていないと答えるテヒョン…





幼い時から父親からずっと暴力をふるわれてきたのだろうか…



ここでふっと電話BOXが…

 

『RUN』JPNver.でのなむじゅんにつながるのか…日本verのMVも関係してくるというのは…なんかすごい…そこまで考えて作りこまれたものだったの?…



このテヒョンが…


あの日に帰ります…



起き上がったテヒョンが…





見つめる先には…



自分よりももっと傷ついている姉…



そっと寄り添って…




…胸が痛い…(涙)

たったこれだけで、彼がどれだけ姉に助けられてきたか…彼がどれだけ姉を好きだったか…その気持ちが痛いほど伝わってくる…

 

決してテテちゃんが女性に引っついているから胸が痛いわけじゃない(笑)

 


その後ろでは、酒を浴びるように飲む父親…



ペットボトルを飲む取調官をみて、その憎い父親を想いだし…

 




目をそらすテヒョン…



独りぼっちの世界に…


白い仔犬が…

 



それはきっと…



彼の中でやっとみつけた温かい居場所なのかな?暗闇を照らす一筋の光…それは希望?



余談だが、この撮影中、きっとテテちゃん、この仔犬をデレデレにかわいがっただろうな(笑)




そんな彼に…



さらなる孤独が…



仔犬をぎゅっと抱きしめるテヒョンにぐっとくる…恐怖におびえている子供のよう…

そっからまたあの日の記憶が…


暴力ばかりふるう父親からずっと弟を守り続けた姉…



その姉に暴力をふるう父親をみて…




彼の中で何かが壊れた…

 

そして…

このシーンへと続くのだろう…

 

今回びっくりしたのが…



まてまて~!!『Danger』に時からこの想定があったのかぁ~~!!

さすがにびっくりした…『Dark & Wild』は学校3部作だったんじゃないの?そこまで絡めてくる?

 

それに…

IMG_20160908_074332053.png

このテテのお衣装は…

 

2015年3月に行われた『BEGIN』コンサの時よね?

 

すっげーな…どこまでもつながっている…

 

話を戻しまして…

忌まわしい過去を想いだし苦悩にみちた表情をするテヒョン…



檻に閉じ込められ…



身動きのとれないテヒョン…行き場のない悲しみ…




孤独な自分とあの時の自分がリンクしている…



やっと手に入れたと思った唯一のぬくもりも希望も…




彼の元からすり抜けていく…



そしてまた孤独の日々…



『ここは違う言葉を話すクジラたちだけしかいないのに』

(Whalien52の歌詞の要約)  ※MS.com様よりお借りしています



そして…テヒョンは懇願します…




『電話1回だけさせてください』

 

ここにつながってくるのか…かけたかった電話…それは唯一の救いだったヒョンたちへ…

 

 

バックに流れるVの歌…(MS.com様訳)

 

I'm sorry×3 my sister

隠しても秘密にしても消えない

so cry Please turn my hearts

あの光があの光が僕の罪を照らしてくれる

もっと深くもっと深く

僕は死ぬだけのようだ

あの罰を受けさせてくれ

僕の罪を許してくれ

お願いだから

 

 

低い声から裏声になっていくテテの歌声が心に響きます…

3つめの黒丸には亀裂が入ったようになりました…

 

 

 

今まで3つの『WINGS』のショートフィルムを見ましたが、ぐうはゆんぎを…ジミンはホソクを…テヒョンはなむじゅんを想像させる…

 

 

犯した罪が罪だけに、彼の中にあった未来への夢や希望や憧れなどすべてなくなった…いや親から虐待を受けてきた彼には初めからなかったのかもしれない…それくらいつらい毎日を過ごしてきたんだろう…そのつらい日々を救ってくれてたのは…きっと仲間だったろうね。

 

 

あたしはこのショートフィルムを『花様年華プロローグ』前の現実の世界でのバンタンさんだと思っています。(あたしの中ではprologueは仮想世界:パラレルワールドという設定←勝手な解釈)

 

そしてprologueの世界では無邪気にみんなで集まって、騒いでバカやって楽しい時間を過ごし…

 

そしてまた現実の世界へ戻る…

暗闇の中、孤独に震えている彼に光は差すのか…

 

 

神様!事務所様!!次の曲は、どうか希望が見えるMVをお願いします…。

 

 

何書いているのかだんだんわかんなくなってきた…長くなってごめんなさい…(笑)

BTSom-maさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス