はなまるゼミナールでは、2月に突然発表された学校休校要請以来、いかにして子どもたちの学びをいかにして止めないか、模索してきました。
なかなか計画通りにはいかないこともありましたが、とりあえず、子どもたちの学びを止めないこと、家で孤独にさせないこと、保護者の方々のご負担が大きくならないことなどにおいて、それなりの成果があったのではないかと思っております。

さて、6月から再開されることに伴い、はなまるゼミナールでの対面授業も再開いたします。この3ヶ月間、子どもたちとは、オンラインを通して、日曜祝日以外、ほぼ毎朝、顔を合わせてきましたが、それも5月いっぱいで一応終わりにいたします。
とは言いましても、しばらくは分散授業ですので、学校のない日においては、朝からオンライン自習室に入ってもらい、学習してもらいます。これにより、学校での学習時間の減った分を補ってもらいたいと思っております。また、学習時間だけでなく、生活リズムの維持という意味でも、大切かなと思います。
さらに、今後、新型コロナウイルスのみならず、新たな感染症が発生し、学校休校になったときには、塾もすぐに朝からの授業、およびオンライン自習室に切り替え、どんな時でも、子どもたちの学びを止めない塾にしていきます。これを実現するために、いくつかの設備投資、システムの変更も行います。
「あの時、学校がなかったから、志望校に合格できなかった」「成績が下がった」「勉強が苦手になった」などという感想を、子どもたちに持ってもらわないためにも、これまで以上に、子どもたちに寄り添っていく所存です。

 

 

はなまるゼミナール
生駒市俵口町722-2
TEL 0743-85-7123
http://www.hanamarus.com 

 

 

 

はなまるゼミナールでは、4月20日から当面5月末日まで、教室での授業を中止しております。
しかし、同時に、子どもたちが各家庭で学習できるよう、オンライン自習室を開設しました。すでに、10日あまり経っておりますが、友人や先輩、後輩の勉強する姿を見ながら、学習に励んでくれています。
1人自宅で孤独に、何時間も勉強するのはなかなか大変ですが、オンライン上で、同じく勉強を頑張る友だちなどを見ながらだと、頑張れると思います。また、子どもたちからの要請があれば、オンライン上で別室を用意し、友だちどおし雑談ができるようにもしております。はなまるゼミナールの子どもたちは、家から出なくても、まったく孤独ではありません。
オンライン自習室の効果としては、次のようなことが上げられると思います。
1.学校休校中の学習時間の確保
2.学校休校でも学力を維持、むしろ向上へ
3.生活リズムの維持
4.ご家庭におけるご家族の負担の減少

などです。
1.まず、学習時間の確保ですが、学校があれば、学校の授業として5科で、週に18時間ほど勉強します。宿題を合わせると、月に90~100時間ほど勉強するのではないでしょうか。
この膨大な学習時間をオンライン自習室でまかないます。
もうすでに、月~土まで毎日オンライン自習室に来ている生徒は、1週間で36時間ほど勉強(塾の授業以外)しており、学校がある以上に頑張っています。
2.このオンライン自習において、休校中の課題だけではなく、苦手教科や苦手分野の復習ができ、たんに学校がない分の学習時間の確保以上の効果があります。
 学校がないことは、本当に辛く寂しいことだと思いますが、逆に、これを良い機会として、復習に励んでもらいたいと思います。
3.オンライン自習は、朝から夕方までやっております。つまり、朝、自習室に入ってきて、私とあいさつをすると言うことは、それだけで生活リズムが維持されることになります。
 学校がないからといって、ダラダラと夜遅くまで起き、翌日、遅くまで寝ているのではなく、ちゃんと朝起きて、自習室に入り、朝のあいさつ後、勉強に入るというリズムができます。
4.こうしたリズムをつけるということは、ご家族の負担も減らすことになります。「早く寝なさい」「早く起きなさい」「勉強しなさい」「ゲームばかりするんじゃありません」など注意することが減ります
はなまるゼミナールに通う生徒は、朝からオンライン自習をするため、昼まで寝てたり、お昼間何時間もゲームしたりしません。ちゃんと、学習をしております。
しかも、はなまるゼミナールのオンライン自習では、いつでも分からないところの質問をしていただけますが、一切、ご家庭に授業料という形でご負担していただいておりません。完全無料で提供しております。

画面に映る友人や先輩、後輩の姿を見ながら、みんなで、この大変な事態を乗り越えています。


3月からの学校休校が、GWまでと2ヶ月以上にもなります。以前のブログにも書きましたが、ではGW以降に学校を再開できるのかというと、私は懐疑的です。
さて、未来の予測は私にはできません。しかし、小なりといえども子どもたちをお預かりしている私には、子どもたちをウイルスから守りながら、彼らの学力を落とさない、子どもたちに学びを提供し続ける義務があります。
はなまるゼミナールでは、20日から全面オンライン授業へと切り替えます。一部大手塾がやっているような映像を流すようなことはいたしません。
子どもたちにリアルタイムで講義をおこない、その場で質問を受け、ノートをチェックし、少人数ならではのきめ細かい指導を、インターネットを利用し行います。
さらに、家庭学習を強化します。
強化と言いましても、大量の課題やプリントを配り、「各自、家でやっておけ」というものではありません。ネットを使いながらの家庭学習です。
ただ、家で自習と言っても、なかなかできません。しかし、リアルタイムでスマホやタブレット、PC上で、勉強している塾友だちや私の姿を見ながらの自習なら、自習も孤独ではなくなり、みんなで自習をしている感じになります。
また、自習中に分からないところがあれば、その場で、質問でき、私が答えることができます。

学校があれば、中学生なら、1週間に学校で5科20時間近く学習します。1ヶ月にして80時間ほど、学校での教科学習時間がなくなりました。これをオンライン自習で、補っていきます。子どもたちにやらせっぱなしではありません。この緊急事態を、みんなで乗り切っていきます。その学習空間をはなまるゼミナールが作ります。未来に生きる子どもたちの学びは止めません。
そして、この学校がなくなったというピンチを逆にチャンスに変えたいと思います。苦手教科の克服や新たなチャレンジができる自由な時間ができたと思っても良いんじゃないでしょうか。はなまるゼミナールでは、この新たにできた自由な時間に、積極的に英検などにチャレンジなどしてもらいたいと思っております。英検学習をネットでできる教材を無償で提供し、教科学習だけではなく、新たなチャレンジも支援します。学校の授業はなくなって残念だけど、英検の勉強ができた、資格が取れたというのも、子どもたちの将来に取ってみれば、実力がつくと言うだけではなく、彼らの経験としても良いと思っております。
この困難を含め彼らの「学力を生きる力」にするために、子どもたちとともに挑戦していきます。

 

 

はなまるゼミナール
生駒市俵口町722-2
TEL 0743-85-7123
http://www.hanamarus.com