__[生き方のstyle] 山崎大__

__[生き方のstyle] 山崎大__

__ご訪問、ありがとうございます__
瞑想・ヨガ・旅を切り口に、日々感じたことを綴ってまいります。
ページ上部のHOME・PROFILEも合わせてご覧ください。

  どうぞ、よろしくお願いいたします。

70余りの国々を旅し、出逢いと別れの中を通り過ぎてきました。



自然が生み出す光景、暮らす人々の営み。



出逢うほど、触れるほど、意識させられます。



「僕たちは、人間という名の動物。」 


 
自然の一部として、肉をまとい、地球に生を受けた。



いのちは生まれて、それから死んでゆく。


生死を繰り返し、少しづつ魂を上昇させてゆく。


氣がついたときには、名前が与えられていた。


その呼ばれる名前を、自分だと認識し、生きてきた。


そしてなぜか、死にたくないにも関わらず一様に死へと向かっている。


どうして、何のために、この世界に出てきたのか。











生まれたときには、社会が出来上がっていた。



社会という輪の中で、決められた役割を演じることができること。



それを期待された。



期待に、応えたかった。



でも、生まれ出たのは、地球という星の上。





自然の一部として、生を受けた。





誰かに決められた役割を演じるように、出来ているわけじゃない。





地球に生きるいのちには皆、終わりが訪れる。



誰もが、必ず終わってゆく。



終わりに向かう道の上を、今日もまた、歩んだ。



歩み続ける。



この世界は、歩み続けることしか出来ない世界。



今日も、歩まねばならない。



だとしたら、大好きな道を。



どこかで歩む道が出逢うときは、どうぞよろしくお願い申し上げます。









Amebaでブログを始めよう!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス