国語について

テーマ:

国語科はすべての教科の基礎と言われますが、授業も日本語で行われ、テキストも日本語で書かれている以上、国語力の多寡が全教科に影響を与える、というのはたしかなことでしょう。

 

では、どうすれば国語の成績はあがるか?

 

色々な先生が国語力のアップの秘訣を語っていますが、まず一つ目、

 

「文章を読まないことには国語力がつくことはありえない」です。

 

様々な識者が語る国語の読解の技術は、この「文章を丁寧に読む」という行為の上に成り立っているものです。

 

わたしも国語の教務については日々考え、実践しているつもりですが、たとえば、東大や京大の出身者に聞いても、「本を読んでいるうちに国語の成績があがっちゃったよ」という方が多いのです。

 

まず、多量の読書を丁寧に行うこと。

 

たとえば、英語について考えてみましょう。たしかにわたしたちにとって第一言語である日本語と第二言語である英語はその学習方法において異なりますが、英語にしても英文を読まずに読解力はあがるでしょうか?

 

わたしの英文読解力はおそらくネイティブに近く、自慢するわけではありませんが、おそらく高校生の日本語読解力よりもそのレヴェルは上回ると思います。ただ、はじめから、英文読解力があったわけではなく、これも地道に英文を読みこなすうちに養われてきたのです。

 

国語についても同様、小、中、高校生の日本語力=国語力でさえ、多量の日本語に触れるということが国語力アップのベースになることはまず間違いありません。読解の技術を学ぶことが有効性を持つとしたら、その上でです。

 

もしもそれでも、国語力がつかないというのであれば、言語処理能力一般の多寡というものを考えなければならないでしょう。