書ムリエ Style ~筆ペンで信頼される名前の書き方~

書ムリエ Style ~筆ペンで信頼される名前の書き方~

書道家・書家・書ムリエ・賞状技法士・筆耕士・筆跡診断士
書道講座、表札・ロゴ・看板の制作等の活動記録

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ブログを引っ越しました。
 今後はこちらのブログをよろしくお願いいたします。
 
 中小企業経営者のための筆ペンで信頼される署名の書き方
 http://ameblo.jp/shommelier/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

 

先日、商標登録証が届きまして

うれしさが込み上げてきたのですが

登録証を見た瞬間に

どうしても、どうしても

きになってしまった部分がありました。

 

それはサイン。

 

 

 

え ( ̄□ ̄;) !?

 

と思ってしまいました。

 

全体がパソコンフォントなのに

サインだけが手書きで。

 

もう少し雰囲気のある字を

期待してしまったというのが本音です。

 

 

筆跡診断の視点から特徴を

ピックアップしますと

 

●接筆閉型

 真面目な性格

 コンプライアンスを大事にする誠実さ

●ハネ強型

 責任感の強さ

 

が、目立ちます。

やはり、トップに立たれる人ですので

さすがの特徴という部分。

 

その一方で貝偏の「目」の部分に見られる

 

●下部接筆開型

 

の特徴もあり、物事の

細部にはあまりこだわらないという

おおらかな一面のあるようです。

自己投資も含めお金を使うことが

好きな方に見られる特徴でもあります。

 

 

字には苦手意識があるようで

筆ペン風で書く名前は少し書きづらそうです。

きっと、すごくすごく練習をされてた様子。

 

ついつい雑になってしまいそうですが

丁寧な様子がありますので、

努力家な方なのだろうなぁと推察します。

 

もしパッとこんな風に書いてみたら

ということでサインの提案です。

 

昨年のセミコンでもご紹介した

1文字につき2ヶ所太く

書いてみてはいかがでしょうか爆  笑

 

 

太いところと細いところを

出すとぐっと引き締まってみえます。

 

要所要所をおさえて

書いてあげると魅力的に見えます。

 

たくさんの人に見られる字だからこそ

もう少し自分の見せ場を知ること

または意識をして書くことが大事。

 

 

 

商標登録証を見た知り合いも

サインが気になったという方がいました。

書道経験者もそうでない方も。

 

気になる字だよね~

 

とういのが共通のキーワードでした。

 

それだけ、見られているんです。

書道をやっている人や

それなりの立場の人は

イメージから字も期待されています。

 

ですので、署名ってとても大事

ということを改めて思いました照れ

 

 

 

 

ランキングに参加しています^^

クリックいただけますと励みになります♪


テーマ:

年明けから動いてきました

書ムリエの商標登録が

お陰様で完了しました!

 

書ムリエ書ムリエ

パワーアップです。

 

 

手続きはセミコン関係者の

ご紹介で特許事務所にお願いしました。

 

届いた商標登録証を見て

公に認めていただいた

感がして嬉しいです。

 

商標登録はあくまでスタート。

これからですねチュー

 

 

ランキングに参加しています^^

クリックいただけますと励みになります♪


テーマ:

すんごいの紹介していただきました。

 

ホワイトボードに筆で書くことのできる

インクと筆、その名も…

 

ホワイトボード専用書道セット【筆タッチ】

 

※画像はHPのものをを使用させていただきましたm(_ _)m

 

ありそうでなかった商品に心躍りますチュー

 

書道講座で書いているところを実際に

見てもらいながら解説をしたかったのですが

これが、ホワイトボードにできたらいいなぁ

なんて思っていました。

 

先日購入した

ホワイトボードマーカーはちょっと

使い心地が好みではなくて…

なんかなんかな~んか

出ないかなと思っていたのでした。

 

 

書道具メーカーからこういうの

出ないものかと思っていたのですが

やっぱりホワイトボード

メーカーさんの方が本命でしたか><

 

いや~、これは期待大!!!

 

試してみなければ筆

 

 

 

ランキングに参加しています^^

クリックいただけますと励みになります♪


テーマ:

お名前のコンサルを

させていただくようになり

字を見させていただいて

気づいたこと。

 

標準の字の形

思い出せないことが多いガーン

 

 

みなさん、オリジナルの字形で

書かれているんですね。

 

学生の頃はお手本の通りに

書いていたと思いますが

社会人になり、様々な経験を

する中で、字にも柔軟性が生まれて

変化が生まれる方が多いんですびっくり

 

 

字を診させていただいて

こういう意識でこういうデザインの

字を書いていきましょう!

 

みたいなアドバイスと

見本をお渡しします。

 

その字の見本を作るときに

基本の字形ってどうだっけあせる

というところでつまずきます。

 

そんな時に毎回参照するのが

二玄社さんから出ている

硬筆字典/石川芳雲著

 

 

石川先生の著書は

たくさん出版されていますが

今持っているのはこれと

暮らしの毛筆百科の2冊。

 

中をちらっとお見せすると

書道の字体ベースに

ボールペン(?)で書かれた見本。

 

 

特に、書道でいう見せ場を

強調した書き方が好きです。

 

ペン字のお手本は

ナチュラルなきれいさを

追求した印象がありますが

 

こちらの本は

書道でいうところの個性を

生かしたお手本な印象。

 

どの線を長く書くとかっこいいのかが

わかるように書かれています爆  笑

 

 

なぜ、字典で調べるのかというと

 

正しい字形を基に書かれた

名前はそれだけで美しいから。

 

そして、その正しい字形は

その人の品格・常識といった

その人のステータスに影響するんです。

 

正しい字をベースに

目的を持った書き方で

お名前を書いていただきます。

 

 

ランキングに参加しています^^

クリックいただけますと励みになります♪

テーマ:

 

なんやかんやで月1~2回くらいしか

練習ができていない今年。

 

色々お声がけいただけている

反面、自分の時間の確保が

難しかったりします。

 

 

なので、貴重な貴重な練習日

 

いや、締め切り前あせる

 

いやいや、練習日は超集中。

 

練習の時は基本音楽をかけています。

 

実は無音の方が集中が苦手。

 

無音だとちょっとの物音が

気になってかえって集中できないので

雑音を消すためにかけています。

 

集中しだすと音楽は気にならないです照れ

 

 

私はお手本を見ながら書くとき

あるものを捨てることにしています。

 

 

 

それは

 

 と 

 

は、ちょっといい感じに書けて

半分くらいが過ぎると、

完璧な字を妄想して

色々考えちゃうわけです。

 

結果、腕が思うように動かなくなり

失敗するとw

 

平常心でいることの練習になります。

 

字が上手くなるために練習の時に

する手本を真似る行為は

実は自分の積み上げたものをリセットして

新たに積み上げる行為。

 

なので、クセとかこだわりといった

を捨てることが大事なのです。

 

当たり前のことではありますが

練習に熱が入ってくるとついつい

手本に忠実に書けなくなってきます。

 

手本を真似る練習だというのに爆  笑

 

そんな自分との戦い。

 

なので、字の上達の早い人の

特徴の1つに素直な方が多い

印象があります。

 

 

ランキングに参加しています^^

クリックいただけますと励みになります♪

テーマ:

 

最近、書道をやっている

という話をすると

 

 

あ~街中やテレビで

大きな筆を持って書いている

あれですか爆  笑と。

 

 

う~ん…

 

筆で字を書くという点では

その通りなんだけど、あれは

パフォーマンスの場合も多くて。

 

 

それなら、小さい頃にやった

正座をして書くお習字教室

みたいやつの方が近いかなぁ。。。

 

 

書道って「道」がつくので

原則は「伝統」の世界と私は考える。

 

 

なので、書道の実績のある人が

書道を元に書く大きな字の作品は

書道だと思うんです。

 

 

ただ単純に、大きな筆で

大きな字を書けばよい

という話ではないので。

 

大きな筆で大きな字を書くことは

書道の字とはまた別の意味で

難しいんですけど。

 

 

ということは、背景に

書道の実績があることが

一番わかりやすい。

 

日本なら新聞社主催の

展覧会での入賞実績があるのが

イメージ(証明)し易い。

 

ただ、新聞社系の展覧会は

個人で入賞をするのは

難しいという実情もあります…

 

入賞数の限度や競争の側面も

ありますので、実力があるから

必ず入賞できるというものではないので。

 

 

その一方で展覧会に

出すような活動はしていなくても

自分でコツコツ勉強をして

スキルを上げている人もいて

 

 

例えば「にんげんだもの」で

有名な相田みつをさん。

 

有楽町にある相田みつを美術館へ行くと

書籍になった有名な言葉の他

きちっとした書道の楷書作品なども

展示されているのですね。

 

しっかり背景があるのです。

 

 

話を戻しますが、

私は書道パフォーマンスは

その作品のベースになる

書道の字の根拠が説明できる

必要があると思うのですね。

 

そうじゃない字は

筆文字のデザインやアート

という位置づけになると思う。

 

 

と、部屋を整理をしていたら

師範試験の時に書いた課題が

出てきて思ったのでした。

 

 

 

最近練習してないなぁ…あせる

 

 

読み・書き・そろばんといわれて

書道(習字)が当たり前だった

時代ではなくなってきていると思う。

 

なので、書道に興味を持つ

色々な入り口があることは

必要なこと。

 

 

最近は伝統にこだわらない

書き方も増えてきてはいるので

しっかり伝えていくべきところは

伝えていけたらいいなぁなんて。

 

 

 

ランキングに参加しています^^

クリックいただけますと励みになります♪

テーマ:

 

この1ヶ月

色々な方に手書きの字を

診させていただいています。

 

していることは、筆跡診断

 

・紙全体の使い方

・1行の流れ

・1字1字の特徴

・1画1画の書き方

・仕事の時の字

・オフの時の字

 

字をどういう風に書こうか?なんて

年賀状の宛名書きのような

機会でもなければ

意識することは無いと思います。

 

 

話が前後しますが、外出時の服って

何を着ていこうか考えますよね。

特に人と会うときにはTPOを考えて照れ

 

なぜなら

 

服を含めた印象に

その人の価値が含まれるから

 

 

実は、情報伝達のためではない

見られることを前提に書く字も同じ。

 

お祝儀の名前 や

HPの代表挨拶の署名 や

著書のサイン など。

 

字は無意識で書きますが

書かれた字は書いた人のことを

物語ってくれます。

 


細かいことを気にしないで書く人

付けて書くところが付いていなかったり

点を省略して書いてしまったり

 

書き急ぐ人は

ハネるところをハネなかったり

とめるところを払ってしまったり

 

細かい部分が日ごろの行動に

繋がるクセが現れます。

 

それらの積み重ねが

字の印象を通して

その人の印象にもつながります。

 

 

理想は

その人の雰囲気を感じてもらえる、

イメージをしてもらえる、字。

 

逆の言い方をすると

字を通して自分自身がどういう風に

見られたいか、イメージしてもらいたいかを

決めることです。

 

 

どう意識して書くか人生は決まるんです。

(言い切ってみました)

 

 

私の周りの目標とする方々は

色々なものにこだわのある方が

多いのですが、殆どの方が

字にもこだわっているんです。

 

書き方を自分で決めています。

字にこだわることは、

理想の自分のイメージでもあるので

 

 

字の書き方は自然任せにしてはいけないのです

 

 

自分に必要な書き方とは

どんな書き方だと思いますか?

 

それらを、筆跡診断と

ヒアリングを通して一緒に

決めていくことをしています。

 

ご興味のある方はメッセージを手紙ください。

モニタ価格で、ご相談に乗らせて

いただいていますニコニコ

 

 

ランキングに参加しています^^
クリックいただけますと励みになります♪

テーマ:
先日、その道のプロの方と
お話している時に
 
この人には敵わない
 
と思う人がいると
おっしゃっていました。
 
 
実は、私も書道をやっていて
 
この人自分よりも上手いな~
凄いな~ 敵わないな~ って
 
思うことがよくあります。
 
 
小学生の頃、校内の書初め展で
いつもクラスの代表に選ばれる
 I くん。
 
毛筆だけでなく硬筆も上手くて
羨ましくて仕方がありませんでした。
 
私も I くんも習字教室に通って
いたのですが、I くんは小学校を
卒業する時にやめました。
 
私は中学卒業まで続けました。
 
 
そして、中学3年生の時の書初め。
 
私はクラスの代表になっていました。
理由は中学で習字をやっている
学生が少なかったこともあって
たまたま選ばれたのですが(^^;
 
 
何が言いたいのかというと。
 
続けていると気づかない間に
超えてしまっているなんてことが
あるということ。
 
習字は多くの方が小学生の頃に
習い事として始めますが
だいたい小学校卒業時に
やめるのですね。
 
 
やめずに、その後も続けていれば
3年も経つ頃にはその人達よりも
自然と上手くなっています。
 
 
 
特にプロの道には
ゴールはありませんので
コツコツ続けることが1番。
 
プロ野球でも偉業を達成する
選手は現役の期間が長いです。
 
メジャーリーガーの
イチロー選手も1試合に
100本、200本とヒットを
打ったわけではありません。
 
1本の時もあれば4本の時もあり
打てない試合もあります。
 
ケガをしないように
入念に準備をして本番に臨み
コツコツ地道に小さな成果を
重ねてきた結果、あれだけの
ヒットを量産しているのです。
 
 
大げさに書きましたが、要約すると
ウサギカメカメさんです。
 
 
その瞬間瞬間では活躍している人が
羨ましいと思うこともあります。
 
 
そんな時に私は
まだまだ 先は長い
そんな風に思うようにしています照れ
 
みなさんのゴールはどこですかニコニコ
 
 
ランキングに参加しています^^
クリックいただけますと励みになります♪

テーマ:

 

最近、お見舞いの熨斗袋を
専門店に買いに行きました。


熨斗袋を買うとサービスで筆耕を
してくれるということも聞いていたので
プロの筆耕を見てみたいという
気持ちも少しありました。

 

嫌な客ですよね~チュー

すみません。笑

 


熨斗袋は流石のレイアウト。

 

きっちりまっすぐ書かれていて
上手いなぁと思いました。

 

一方で、名前の部分である
書き慣れていない字は
無難に書かれている印象。


改めて、経験がモノを言う世界

だなぁと思いました。


と同時に他人に書いてもらうと
自分で書いていない分
心なしか温かみは
半減している、そんな印象。


でも、もし自分が逆の立場だったら
字を上手く魅せようと同じ様に
書いているかもしれないです。


だから、やっぱり

自分の手で書くのが

いいと思う。


理屈じゃないんです。

上手さじゃないんです。

そんなことを改めて感じました爆  笑

 

それから、お見舞いですが

病気のお見舞いの場合は

水引きがあるのが一般的ですが

 

病気以外のお見舞いの場合は

水引きがないものも多いそうです。

 

その場合は写真のように

上向きが外側になります。

 

 

 

お店の方はとても親切で

色々と教えて頂きとても

勉強&良い経験になりました照れ

 

お店の方、ありがとうございました!

 

 
ランキングに参加しています^^
クリックいただけますと励みになります♪

テーマ:

大人になってお祝儀や香典袋に

自分の名前を書く年齢になると

筆ペンで書く自分の名前を見て

恥かしくなるのですね。

 

多くの人が持つ共通の悩み。

 

なぜなのかな~って色々な人に

聞いてみているのですが

みんなの考えにはある意識が

あるようです。それは

 

ある程度の年齢になったら

それなりの字が書けること

 

これ、たくさんの人が思っている

暗黙の共通認識っぽいです。

 

なので

女性は特に頼まれて書くことも多く

そんな時にそれなりに書けないと

恥かしいそう。

 

共通意識とも言えるかな。

 

逆説的に考えると、年齢を重ねると

それなりの字が自然と書けるように

なってしまうということ。


 

 

うらやましいな~照れ

と思いました。

 

 

これは推測ですが

昔は今よりも手書きの機会が多く

年齢を重ねると同時に

何度も何度も字を書く機会も増え

自然と上手くなっていったから

それなりの字が書けるようになった

という感じかな。

 

 

ようは沢山字を書く経験が必要ということ。

 

自然と上手く書けるように

なるわけではないのです。

 

 

 

 

で、実はもうひとつ

クリアしなければならない課題。

 

それは何度書いても

上手くかけている気が

しないという意識。

 

これは明日。

 

 

まずは

 

ある程度の年齢になったら

それなりの字が書けないと恥かしい

と思っている人が多いということ。

 

 

 

 

ランキングに参加しています^^
クリックいただけますと励みになります♪

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス