6月9日 団体交渉ご報告

テーマ:

6月9日(土)に、株式会社オークコーポレーションとの団体交渉が行われました。

 

前回の交渉の際に組合は、現在の協議事項(春季要求書・組合員賞与減額)の書面での回答を改めて会社側に求めました(今までの会社側回答は交渉の場の口頭発言のみでした)。

それに対しての書面提出はありましたが、団体交渉の直前であったため、交渉までに内容を精査することが出来ませんでした。

したがって、組合からの反論書は次回の団体交渉に持ち越されます。

 

今回の交渉の場での主たる協議事項は、組合員のAさんの自宅に郵送されてきた書面通達の件となりました。これはAさんが業務報告として送ったメールの本文に、組合活動と取られる文言が入っていたために、代表取締役の記名押印で厳重注意を促すものでした。

組合としては、メール本文に使われた言葉は組合活動と言われるようなものではなく、報告書を提出する経緯を説明するために使用したものであるという見解に至りました。

代表印を押した書面の通達、ましてや個人の自宅にそれを送り付ける行為は、明らかに行き過ぎであると抗議を致しました。

 

 それ以外の事項として、

・官報への決算書類の掲載時期

・退職金の過去支払い実績

上記内容を確認致しました。

 

 次回の団体交渉は、7月中の開催で現在調整中です。

また、ご報告致します。