イケジイのおもしろ玉手箱

イケジイのおもしろ玉手箱

*おもしろ統計学/見えない現象を事前にキャッチ!!
*おもろい交際/素敵な人間関係!!
*おもしろライフ/自分流に生き、思い切り楽しもう!!
*おもしろ情報/小さく産んで、大きく育てる!!

338px-kantei01



いつもご愛読ありがとうございます。

お陰さまで「実践算命学」の電話講習も順調に進行しており、受講中の皆様は「算命学は面白い」と学ぶ楽しさを満喫されています。

電話講習は随時受付けていますので、お気軽にお問合わせください。


対面鑑定と電話鑑定をご希望の方は、私宛に直接ご連絡ください。
090-4362-5022(三上)

「49.壬子」*未来を読み解く干支研究







この世に生を受けた瞬間から3個の干支が授与され、宇宙の気を宿します。
十干は精神であり、十二支は行動を意味しておりますが、干支とは「精神と行動」が一体となったものと解釈できます。

年干支=甲 子(生まれた年の干支)/25%のウエートバランス
月干支=乙 丑(生まれた月の干支)/25%のウエートバランス
日干支=丙 寅(生まれた日の干支)/50%のウエートバランス

干支は合計で60種類存在していますが、年の干支が一巡すると「還暦」を迎え、満60歳のお祝いが待ち受けております。
「六十花甲子」では、自分の人生に大きく拘わっているこの3個の干支には、それぞれの役目や人生目標、さらに生き方のヒントが隠されているのです。

*記事の特徴
①干支の特徴(特徴・異常干支・三業干支・天中殺)
②六十花甲子(自己の宿命と運勢)
③干支の関係性(干支の意味と関係性)
④干支の持つキーワード(その年のトレンド・精神作用・イメージ)

*干支早見表
01.甲子=1924-1984
02.乙丑=1925-1985
03.丙寅=1926-1986
04.丁卯=1927-1987
05.戊辰=1928-1988
06.己巳=1929-1989
07.庚午=1930-1990
08.辛未=1931-1991
09.壬申=1932-1992
10.癸酉=1933-1993

11.甲戌=1934-1994
12.乙亥=1935-1995
13.丙子=1936-1996
14.丁丑=1937-1997
15.戊寅=1938-1998
16.己卯=1939-1999
17.庚辰=1940-2000
18.辛巳=1941-2001
19.壬午=1942-2002
20.癸未=1943-2003

21.甲申=1944-2004
22.乙酉=1945-2005
23.丙戌=1946-2006
24.丁亥=1947-2007
25.戊子=1948-2008
26.己丑=1949-2009
27.庚寅=1950-2010
28.辛卯=1951-2011
29.壬辰=1952-2012
30.癸巳=1953-2013

31.甲午=1954-2014
32.乙未=1955-2015
33.丙申=1956-2016
34.丁酉=1957-2017
35.戊戌=1958-2018
36.己亥=1959-2019
37.庚子=1960-2020
38.辛丑=1961-2021
39.壬寅=1962-2022
40.癸卯=1963-2023

41.甲辰=1964-2024
42.乙巳=1965-2025
43.丙午=1966-2026
44.丁未=1967-2027
45.戊申=1968-2028
46.己酉=1969-2029
47.庚戌=1970-2030
48.辛亥=1971-2031
49.壬子=1972-2032
50.癸丑=1973-2033

51.甲寅=1974-2034
52.乙卯=1975-2035
53.丙辰=1976-2036
54.丁巳=1977-2037
55.戊午=1978-2038
56.己未=1979-2039
57.庚申=1980-2040
58.辛酉=1981-2041
59.壬戌=1982-2042
60.癸亥=1983-2043

*無料で検索
ご自分の干支を調べたい方は、「天占サイト」の
右下部分に「簡易算命」で確認して下さい。

https://www.ten-sen.com


*****



コロナ禍後の職業選択と適材適所

「禄存星」
 

算命学で「未来」を考える場合、現実的な行動の目標となる「東の星」に対し、精神分野の目標は「南の星」との連結で精神と行動が一体となり、物事が進行しているのです。

 

この2つの星を応用することにより、自己のエネルギーを最大限に発揮できる分野を見出し、その中で「適職と適性部署」を見つけ出そうとするものです。

 

しかし、ひと口に「適材適所」と言っても、コロナ禍において急にアナログからデジタルへ移行しようにも、日本の企業体そのものはアナログ世界で、製造とサービス分野が主流を占めています。

 

すでにアナログ界のインバウンド業界では、復活に時間がかかると判断し、廃業や転業を目指しています。また大企業でもデジタル分野の重要性を嫌と言うほど味わったでしょうから、今後は一層強化していかなければなりません。

 

その中でまず、今後のキーポイントとしては、「ペーパーレス」や「コミュニケーション手段」を第一に整備が進んでいくでしょうから、働く人たちもデジタルスキルをアップし、IT分野や周辺機器の整備が必要不可欠になるやも知れません。

 

今後は大企業と言えども安泰とは言えず、現在破竹の勢いのある会社でも、10年後、20年後に存在しているかどうかも分からない時代になっているのです。

 

適職や適材適所を見つける前に、このような社会情勢を考慮した上で、自己の方向性を見出さなければならないのです。

 

*****

 

禄存星の世界(東方の星)

 

ここで論じている禄存星とは、行動目標とか、精神目標ではなく、禄存星本来の「質と特徴」を述べていきます。

 

禄存星は「引力」のエネルギー世界ですが、星が示している通り「愛情」と「奉仕」の領域です。

職業などに関係なく他人を助け、奉仕的な精神を必要とする分野で、最大のエネルギー発揮ができるわけです。

 

そのために組織の中で働いたとしても、社員の福祉や厚生の仕事を担当すれば、大いにエネルギー発揮ができることになります。

また商人を選んだとしても、同業の人たちの世話役や奉仕的役割の中で、エネルギーが完全燃焼していくのです。

 

このように職業という枠に関係なく、この「奉仕」と言う舞台を与えることにより、完全なエネルギー稼働が生まれてくるのです。

 

このような領域とは、他人の喜びを自己の喜びに変える術を本能的に所有しているとも言えますが、間接的に自意識の強さも生み出します。

 

裏を返せば、「弱い立場」にいる人や、助けて上げなければならない人たちに多く囲まれることにより、完全なエネルギー発揮となり、自分自身が助けられる側では、エネルギーの完全燃焼はありません。

 

職種的な捉え方をすれば、何かで苦しんでいる人や悲しんでいる人が多い世界で働けば、常に完全燃焼となるのです。

 

禄存星の得意分野

*愛情奉仕を必要とする行為

*技術より信用、信頼を必要とする行為

*人間性が形となる行為

*大衆性、庶民性を所有する行為

 

 

*表の見方

東方=行動目標<禄存星の場合>

南方=精神目標・手段

 

「東方の星が禄存星の人」

 

*貫索星が「南方」に表出している人

①愛情、奉仕、回転財の目的に対し、中身に守りの力が加わる分野。

②守ることが愛情であり、愛情の現れ方が守りの中にある分野。

③親が子供を気遣っているような姿であり、子供が親孝行する姿。

 

*石門星が「南方」に表出している人

①愛情と奉仕を行うため、集団や組織を利用する形。

②大衆的な和合性は、純粋な社会奉仕、奉仕のために集団形成。

③愛情と奉仕を組織の力で行うところが、この領域の範囲となる。

 

*鳳閣星が「南方」に表出している人

①目的は愛情と奉仕にあって、その中身は「正確な伝達力」の分野。

②諸々の伝達を奉仕の中で行い、、愛情奉仕を相手に知らせる役割。

③引力の本能から生まれる、財力に関する情報を伝え続ける行為。

 

*調舒星が「南方」に表出している人

①愛情と奉仕の目的に対し、その手段を「個人的な伝達」に頼る。

②個人的な思考や想念を、愛情的、奉仕的な世界で現す行為。

③個人的な意見により財力の活用、アイデア的な経済感覚をもつ分野。

 

*禄存星が「南方」に表出している人

①愛情と奉仕の片寄りや目的と手段の一致、純粋、単純な愛情。

②他人の世話や人助けにより、最大の喜びを感じるような純粋な経済活動の分野。

③自己の可能性を極限まで体験するなど、財の蓄積よりも利殖を楽しむ分野。

 

*司禄星が「南方」に表出している人

①愛情や奉仕より、蓄積、収集した事物を与える喜びを感じる姿。

②蓄積と奉仕、老人が余った布を利用して、子供の服を作る姿。

③世の中の不要なものを再生して役立てる。小さい蓄積で大きな利用する姿。

 

*車騎星が「南方」に表出している人

①愛情奉仕の行為を、「攻撃力」により推し進めていく分野。

②世の中の福利厚生と闘って掴む行為や、賃上げ闘争などはこの領域の分野。

③経済面に現れれば、闘争が加わるために、攻撃的な経済の運用。

 

*牽牛星が「南方」に表出している人

①愛情の現し方や奉仕の行為が、常に自尊心、自負心による手段。

②真の自尊心が形成されると、最大の愛情と奉仕の行為が現せる。

③権力や地位を得ての奉仕、警察官、医者、弁護士などの人助け。

 

*龍高星が「南方」に表出している人

①目的は愛情奉仕であり、中身は「改革と改良の知恵」がある姿。

②異なった新しい知恵で人助け、古来より「異国人の奉仕」。

③勝者的な業務。愛情、奉仕、経済活動を外国に求めようとする姿。

 

*玉堂星が「南方」に表出している人

①常に平和で安定した中で、愛情とサービスを展開していく行為。

②伝統的、古典的な物を利用して経済力を得る。アンティークなど。

③古典、伝統を愛情や奉仕の行為も、古風な形で現すときに完全美となる。

 

*****

 

 

週間運気予報

「8月10日~8月16日」

 

内容は干支が対象です。

見方は項目により(年)(月)(日)と表示の場合は、

年=年干支、月=月干支、日=日干支を対象とします。

 

*****

 

*8月10日(月)/乙酉

*六輝:「友引」

総合運(年・月・日):

「乙丑」、「丁丑」、「己丑」、「辛丑」、「癸丑」

「乙巳」、「丁巳」、「己巳」、「辛巳」、「癸巳」

②ビジネス運(年):

「甲辰」、「丙辰」、「戊辰」、「庚辰」、「壬辰」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「庚子」、「庚寅」、「庚辰」、「庚午」、「庚申」、「庚戌」

④金運(日):

「庚子」、「庚寅」、「庚辰」、「庚午」、「庚申」、「庚戌」

「辛丑」、「辛卯」、「辛巳」、「辛未」、「辛酉」、「辛亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「乙酉」、「乙卯」

⑥争いに注意(年・月・日): 「己卯」、「辛卯」、「丁卯」、「癸卯」

⑦天中殺: 申酉天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月11日(火)/丙戌

*六輝:「先負」/不成就日

①総合運(年・月・日):

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

「甲寅」、「丙寅」、「戊寅」、「庚寅」、「壬寅」

②ビジネス運(年):

「乙卯」、「丁卯」、「己卯」、「辛卯」、「癸卯」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「辛丑」、「辛卯」、「辛巳」、「辛未」、「辛酉」、「辛亥」

④金運(日):

「壬子」、「壬寅」、「壬辰」、「壬午」、「壬申」、「壬戌」

「癸丑」、「癸卯」、「癸巳」、「癸未」、「癸酉」、「癸亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「丙戌」、「丙辰」

⑥争いに注意(年・月・日): 「庚辰」、「甲辰」、「戊辰」、「壬辰」

⑦天中殺: 戌亥天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月12日(水)/丁亥

*六輝:「仏滅」

総合運(年・月・日):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

「乙卯」、「丁卯」、「己卯」、「辛卯」、「癸卯」

②ビジネス運(年):

「甲寅」、「丙寅」、「戊寅」、「庚寅」、「壬寅」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「壬子」、「壬寅」、「壬辰」、「壬午」、「壬申」、「壬戌」

④金運(日):

「壬子」、「壬寅」、「壬辰」、「壬午」、「壬申」、「壬戌」

「癸丑」、「癸卯」、「癸巳」、「癸未」、「癸酉」、「癸亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「丁亥」、「丁巳」

⑥争いに注意(年・月・日): 「乙巳」、「辛巳」、「己巳」、「癸巳」

⑦天中殺: 戌亥天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月13日(木)/戊子

*六輝:「大安」/一粒万倍日・月遅れお盆迎え火

①総合運(年・月・日):

「甲申」、「丙申」、「戊申」、「庚申」、「壬申」

「甲辰」、「丙辰」、「戊辰」、「庚辰」、「壬辰」

②ビジネス運(年):

「乙丑」、「丁丑」、「己丑」、「辛丑」、「癸丑」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「癸丑」、「癸卯」、「癸巳」、「癸未」、「癸酉」、「癸亥」

④金運(日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「戊子」、「戊午」

⑥争いに注意(年・月・日): 「壬午」、「甲午」、「丙午」、「庚午」

⑦天中殺: 子丑天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月14日(金)/己丑

*六輝:「赤口」

総合運(年・月・日):

「乙酉」、「丁酉」、「己酉」、「辛酉」、「癸酉」

「乙巳」、「丁巳」、「己巳」、「辛巳」、「癸巳」

②ビジネス運(年):

「甲子」、「丙子」、「戊子」、「庚子」、「壬子」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

④金運(日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「己丑」、「己未」

⑥争いに注意(年・月・日): 「癸未」、「辛未」、「丁未」、「乙未」

⑦天中殺: 子丑天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月15日(土)/庚寅

*六輝:「先勝」/お盆中日・終戦記念日

①総合運(年・月・日):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

②ビジネス運(年):

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「庚寅」、「庚申」

⑥争いに注意(年・月・日): 「壬申」、「甲申」、「戊申」、「丙申」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月16日(日)/辛卯

*六輝:「友引」

総合運(年・月・日):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

②ビジネス運(年):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「辛卯」、「辛酉」

⑥争いに注意(年・月・日): 「己酉」、「癸酉」、「丁酉」、「乙酉」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*****

 

タイトルの最後に「*」は、「戯言記事」

タイトルの最後の「*写」は、「写真」

 

 

新型コロナワクチン

英国から1億2000万回分

米国から6000万人分

 

ここのところ、連日のように感染者が全国で1500人前後と急増しているにも拘わらず、政府は一向に慌てる様子も見られず、悠然と構えているようです。

 

感染者が急増しているとは言っても、春のような重傷者が少ないことや、感染者の症状も陽性であっても無症状の人が多く見られる精かも知れませんが、一部ではコロナウイルスも第二ステージに入り、若干変異している情報もあるようです。

 

一刻も早くワクチンや治療薬の完成が待たれますが、政府はイギリスのアストラゼネカから1億2000回分のワクチンのうち、来年1~3月までに3000万回分の供給が可能となったらしい。

 

これはワクチンの原液を輸入し、国内メーカーに製造を委託し、提供する予定となっているようです。

 

予定では1~2回の接種で、一人2回接種すれば6000万人分となりますが、現在のワクチンの進捗状況は、ブラジルとイギリスで最終段階の大規模治験が行われており、今後はアメリカでも始まりそうだ。

 

早ければ今年9月から実用化を目指しているらしいが、日本の治験では18歳以上の250人を対象に、今月から治験が開始される予定とのこと。

 

また、アメリカのファイザー社からのワクチンは6000万人分の供給に基本合意し、その他のワクチンメーカーと引き続き交渉し、できるだけ早急に希望者に接種したいとは、加藤厚労相の弁。

 

確かに、ワクチンや治療薬は、一刻も早く登場して欲しいと思うのは、感染者ばかりでなく、感染していない健常者にとっても同じ心境ではないでしょうか。

 

8月7日現在、世界の感染状況は、196カ国1913万3340人、死者数71万5343人。

 

日本でも自粛期間後の6月以降に、急に陽性者や感染者の数が増え、全国でも1日の陽性者が1600人以上の感染者が出ています。

自治体では感染者数しか発表されておらず、検体数が発表されていないために、感染の実態がイマイチ掴めません。

 

政府のGoToキャンペーン後に、急に感染者数がアップし、あれよあれよという間に一日の感染者が全国で1000人を超え、更に最近では1500人を超える状態になっています。

 

そこで全国の検体数を調べたところ、大雨被害地区を除き、最大で一日約5万6000件だったようです。

 

検体数56000件のうち、陽性者が1500人ですから、感染率からしてこの数字が高いのか低いのか、判定は難しいようですが、あなたはどう思われますか?

 

*****

 

 

*一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒の種が万倍に増える吉日です。特に商売、開店、金銭を出すことに効果があるとされ、増えて多くなる意味から、物を借りたり借金などは凶となる日です。

 

*不成就日(ふじょうじゅび)

物事が成就せず、悪い結果を招く凶日とされ、特に結婚、開店、柱立て、命名、移転、契約事には不向きで、願い事なども避けましょう。

 

*八専日(はっせんび)

壬子、甲寅、乙卯、丁巳、己未、庚申、辛酉、癸亥の8日が該当します。この日は法事、供養などの仏事、造作などの破壊的なことや嫁取りなどは凶日とされています。

 

*天赦日(てんしゃび)

天の恩恵により、何の障害も起きない日とされ、特に結婚、開店、事業創立、拡張などには最良の日とされています。

 

六輝

*先勝(せんかち・せんしょう)

急用や訴訟などに用いて吉の日とされ、午後は凶となります。

 

*友引(ともびき)

葬儀を行うと死者の道づれにされる恐れがあると言われています。

 

*先負(せんまけ・せんぶ)

諸事控え目にして静観し、急用や公事は避けること。午後は大吉。

 

*仏滅(ぶつめつ)

開店、移転など、新規に事を起こすことは避ける日、何事も忌むべき日とされています。

 

*大安(たいあん・だいあん)

婚礼、旅行、建築、移転、開店など、何事にも吉日とされています。

 

*赤口(しゃっこう・しゃっく)

新規ごとや何事にも忌むべき日とされています。

 

*****

 

 

「48.辛亥」*未来を読み解く干支研究







この世に生を受けた瞬間から3個の干支が授与され、宇宙の気を宿します。
十干は精神であり、十二支は行動を意味しておりますが、干支とは「精神と行動」が一体となったものと解釈できます。

年干支=甲 子(生まれた年の干支)/25%のウエートバランス
月干支=乙 丑(生まれた月の干支)/25%のウエートバランス
日干支=丙 寅(生まれた日の干支)/50%のウエートバランス

干支は合計で60種類存在していますが、年の干支が一巡すると「還暦」を迎え、満60歳のお祝いが待ち受けております。
「六十花甲子」では、自分の人生に大きく拘わっているこの3個の干支には、それぞれの役目や人生目標、さらに生き方のヒントが隠されているのです。

*記事の特徴
①干支の特徴(特徴・異常干支・三業干支・天中殺)
②六十花甲子(自己の宿命と運勢)
③干支の関係性(干支の意味と関係性)
④干支の持つキーワード(その年のトレンド・精神作用・イメージ)

*干支早見表
01.甲子=1924-1984
02.乙丑=1925-1985
03.丙寅=1926-1986
04.丁卯=1927-1987
05.戊辰=1928-1988
06.己巳=1929-1989
07.庚午=1930-1990
08.辛未=1931-1991
09.壬申=1932-1992
10.癸酉=1933-1993

11.甲戌=1934-1994
12.乙亥=1935-1995
13.丙子=1936-1996
14.丁丑=1937-1997
15.戊寅=1938-1998
16.己卯=1939-1999
17.庚辰=1940-2000
18.辛巳=1941-2001
19.壬午=1942-2002
20.癸未=1943-2003

21.甲申=1944-2004
22.乙酉=1945-2005
23.丙戌=1946-2006
24.丁亥=1947-2007
25.戊子=1948-2008
26.己丑=1949-2009
27.庚寅=1950-2010
28.辛卯=1951-2011
29.壬辰=1952-2012
30.癸巳=1953-2013

31.甲午=1954-2014
32.乙未=1955-2015
33.丙申=1956-2016
34.丁酉=1957-2017
35.戊戌=1958-2018
36.己亥=1959-2019
37.庚子=1960-2020
38.辛丑=1961-2021
39.壬寅=1962-2022
40.癸卯=1963-2023

41.甲辰=1964-2024
42.乙巳=1965-2025
43.丙午=1966-2026
44.丁未=1967-2027
45.戊申=1968-2028
46.己酉=1969-2029
47.庚戌=1970-2030
48.辛亥=1971-2031
49.壬子=1972-2032
50.癸丑=1973-2033

51.甲寅=1974-2034
52.乙卯=1975-2035
53.丙辰=1976-2036
54.丁巳=1977-2037
55.戊午=1978-2038
56.己未=1979-2039
57.庚申=1980-2040
58.辛酉=1981-2041
59.壬戌=1982-2042
60.癸亥=1983-2043

*無料で検索
ご自分の干支を調べたい方は、「天占サイト」の
右下部分に「簡易算命」で確認して下さい。

https://www.ten-sen.com


*****

 

暮らしと算命学

「テレワークの未来」

 

日本列島も令和時代に突入して、いきなり「新型コロナウイルス」に見舞われ、世界中がパニック状態に陥っています。

感染力の強いコロナウイルスですが、人々が活動すればするほど感染者が増え、企業活動そのものにも影響を及ぼしております。

 

政府はウイルスの感染を抑えるために、人々に対して一律に給付金を出して自粛を要請したり、企業に対しても早急な「テレワーク」を推奨しておりますが、そう簡単にテレワークに移行できる企業体質ではありません。

 

早い話が、パソコンで料理や洗濯、掃除ができるわけもなく、いくら日本人が物作りに長けているとは言え、すべてパソコンやデジタルで洋服や日用品が作れるわけでもなく、仮にパソコンでフランス料理や、中華料理を作っても、食べに来てくれるお客さんがいるでしょうか。

 

今のところテレワークやリモートワークにしても、製造業や一般企業では、仕事の進行過程での一部のポジションでは、利用価値があるかも知れませんが、デジタル系の企業以外では導入は難しいかも知れません。

 

しかし、全く不可能かと言えばそうでもないかも知れませんね。

昭和の時代でも、漫画で「自動車が空中を飛んでる」イメージで紹介され、高層ビルを縫うようにして飛んでいる様は、正に「首都高速」そのものですから、現在では夢物語かも知れませんが、20年後や30年後にはパソコンで、家庭に居ながらにして、世界の料理を楽しめるようになっているかも知れません。

 

また家庭では、パソコン上で「掃除」、「洗濯」、「料理」、「風呂」、「照明」、「防犯」、「炊飯」、「ドア管理」など、すべてパソコン上で指示したり、遠隔操作で管理できるシステムが構築されるかも知れません。

 

この時代になると、電気は自家発電、移動は公共輸送、病院は遠隔治療、教育分野では、中学生以上は自分の部屋で教育用端末で「AI先生の講義」となり、学校へはクラブ活動で参加するだけ。

 

 

テレワークの先兵役は

「教育分野」

 

テレワークの主役である、AIを活用した教育分野は、既に水面下で進行しているかも知れませんが、ここにきて新たに通信速度が倍増した「5G」を組み合わせれば、益々環境が整ってきます。

 

これらの「データ通信」を一方通行ではなく、双方向のやりとりに特化したOSで「新機材」が登場し、「教育専門システム」、「友人知人と自由に会話」など、1億総教育(子供から老人まで)システムができあがれば、家庭に居ながらにして、大学講義が享受できるかも知れません。

 

また料理や資格取得のための講座や国家資格に受験可能なカリキュラムなど、「家庭で学ぶ教育」、中には複数の大学で学ぶ人も出てくるかも知れません。

 

上記のようなシステムが構築されれば、既存の大学や企業、教育現場は蜂の巣がつつかれたように、右往左往するかも知れませんが、これも時代の変化と共に変遷していく運命下にあるのかも知れませんが。

 

一方で利用する側の国民は、安全で地方にいても高度な学びができ、地域に必要なノウハウを身につけ、新たな日本の未来が構築される礎になる要素も孕んでおります。

 

特に農業分野では、過去の農業のあり方が見直され、気候風土に適した農業が開発され、同時に加工分野でも新商品の開発が可能となります。

 

地方の活性化が進めば、都市部への一極集中を避けることができ、若者たちも地元に居ながら職住隣接した、理想的な生活環境を築くことができるようになるでしょう。

 

このような生活スタイルができあがれば、現在進行している少子化問題や、ゆとりのある生活水準が担保され、安定した未来へと環境が自然に整っていくのではないでしょうか。

 

*満員電車よさようなら

*ウサギ小屋ともさようなら

*感染症も怖くない

*より人間らしい生活ができる

*日本から発信する世界へのメッセージ

 

 

令和は「陽の時代」

 

「陽の時代」とは、「精神優先の時代」です。

「陰の時代」とは、「行動優先の時代」です。

 

その前に、神は何故に世界に分布する人間たちに対し、しかも平等に「コロナウイルス」と言う脅威と試練を与えたのでしょうか?

往々にして、時代の変わり目に突入すると、必ず破壊的な「大きなインパクト」が付きものなのですが。

 

男性的な「陽の時代」とは、先ず精神(目標・目的)が先行し、その後に行動へと移っていきます。

 

先ず目標や理想と言った精神分野を確立し、将来像をシミュレーションしながら、それらを現実的に実行していくのが行動です。

利点は精神分野が特定されているために、途中で変化することなく目標・目的を計画的に推進・実行しやすくなります。

 

人間界で生命に拘わる感染症が発生すると、必然的に行動が制御され、そこから脱出したり、感染しないような知恵を使った行動を起こすようになります。

 

コロナ禍の終息がWHOが発言しているように、5~6年と長引くようであれば、一時期コロナと共生の道を辿らなければなりませんが、その中で何時、どこで感染するかも分からない状態ですから、コロナ禍にあっても常に脅威と闘いながら、生き残る知恵を身に付けなければならないのです。

 

自然界は何万年、何億年もかけて地球の環境を「バランス」させたものを、人間たちは僅かな期間で自然破壊から公害や温暖化を引き起こし、地球上のアンバランスを引き起こしているのです。

 

コロナ禍にあって、政府も人民も企業にとっても、ギブアップするのは簡単ですが、まだまだ終息するどころか新しい感染者が次々と発生している現状では、個人単位で防染に努めなければなりませんが、その中で生きていくための知恵を絞り出さねばならないのです。

 

現在では各国ともワクチンや治験薬を臨床実験しているようですが、このワクチンや治験薬が予定通り効果が望めるようであれば、ある程度コロナの脅威から脱出の糸口が見つかるかも知れませんが、実施できるのは早くても今年の年末になりそうですから、今暫く辛抱が必要でしょう。

 

*****

 

「47.庚戌」*未来を読み解く干支研究







この世に生を受けた瞬間から3個の干支が授与され、宇宙の気を宿します。
十干は精神であり、十二支は行動を意味しておりますが、干支とは「精神と行動」が一体となったものと解釈できます。

年干支=甲 子(生まれた年の干支)/25%のウエートバランス
月干支=乙 丑(生まれた月の干支)/25%のウエートバランス
日干支=丙 寅(生まれた日の干支)/50%のウエートバランス

干支は合計で60種類存在していますが、年の干支が一巡すると「還暦」を迎え、満60歳のお祝いが待ち受けております。
「六十花甲子」では、自分の人生に大きく拘わっているこの3個の干支には、それぞれの役目や人生目標、さらに生き方のヒントが隠されているのです。

*記事の特徴
①干支の特徴(特徴・異常干支・三業干支・天中殺)
②六十花甲子(自己の宿命と運勢)
③干支の関係性(干支の意味と関係性)
④干支の持つキーワード(その年のトレンド・精神作用・イメージ)

*干支早見表
01.甲子=1924-1984
02.乙丑=1925-1985
03.丙寅=1926-1986
04.丁卯=1927-1987
05.戊辰=1928-1988
06.己巳=1929-1989
07.庚午=1930-1990
08.辛未=1931-1991
09.壬申=1932-1992
10.癸酉=1933-1993

11.甲戌=1934-1994
12.乙亥=1935-1995
13.丙子=1936-1996
14.丁丑=1937-1997
15.戊寅=1938-1998
16.己卯=1939-1999
17.庚辰=1940-2000
18.辛巳=1941-2001
19.壬午=1942-2002
20.癸未=1943-2003

21.甲申=1944-2004
22.乙酉=1945-2005
23.丙戌=1946-2006
24.丁亥=1947-2007
25.戊子=1948-2008
26.己丑=1949-2009
27.庚寅=1950-2010
28.辛卯=1951-2011
29.壬辰=1952-2012
30.癸巳=1953-2013

31.甲午=1954-2014
32.乙未=1955-2015
33.丙申=1956-2016
34.丁酉=1957-2017
35.戊戌=1958-2018
36.己亥=1959-2019
37.庚子=1960-2020
38.辛丑=1961-2021
39.壬寅=1962-2022
40.癸卯=1963-2023

41.甲辰=1964-2024
42.乙巳=1965-2025
43.丙午=1966-2026
44.丁未=1967-2027
45.戊申=1968-2028
46.己酉=1969-2029
47.庚戌=1970-2030
48.辛亥=1971-2031
49.壬子=1972-2032
50.癸丑=1973-2033

51.甲寅=1974-2034
52.乙卯=1975-2035
53.丙辰=1976-2036
54.丁巳=1977-2037
55.戊午=1978-2038
56.己未=1979-2039
57.庚申=1980-2040
58.辛酉=1981-2041
59.壬戌=1982-2042
60.癸亥=1983-2043

*無料で検索
ご自分の干支を調べたい方は、「天占サイト」の
右下部分に「簡易算命」で確認して下さい。

https://www.ten-sen.com


*****



コロナ禍後の職業選択と適材適所

「調舒星」
 

算命学で「未来」を考える場合、現実的な行動の目標となる「東の星」に対し、精神分野の目標は「南の星」との連結で、精神と行動が一体となり、物事が進行しているのです。

 

この2つの星を応用することにより、自己のエネルギーを最大限に発揮できる分野を見出し、その中で「適職と適性部署」を見つけ出そうとするものです。

 

しかし、ひと口に「適材適所」と言っても、コロナ禍において急にアナログからデジタルへ移行しようにも、日本の企業体そのものはアナログ世界で、製造とサービス分野が主流を占めています。

 

すでにアナログ界のインバウンド業界では、復活に時間がかかると判断し、廃業や転業を目指しています。また大企業でもデジタル分野の重要性を嫌と言うほど味わったでしょうから、今後は一層強化していかなければなりません。

 

その中でまず、今後のキーポイントとしては、「ペーパーレス」や「コミュニケーション手段」を第一に整備が進んでいくでしょうから、働く人たちもデジタルスキルをアップし、IT分野や周辺機器の整備が必要不可欠になるやも知れません。

 

今後は大企業と言えども安泰とは言えず、現在破竹の勢いのある会社でも、10年後、20年後に存在しているかどうかも分からない時代になっているのです。

 

適職や適材適所を見つける前に、このような社会情勢を考慮した上で、自己の方向性を見出さなければならないのです。

 

*****

 

調舒星の世界(東方の星)

 

ここで論じている調舒星とは、行動目標とか、精神目標ではなく、調舒星本来の「質と特徴」を述べていきます。

 

調舒星は「伝達本能」を所有する星ですが、陰の世界であり、個人的な領域となります。

そのために「個人的見解」をベースとした伝達分野となるのです。

 

報道界のように、あるがままを正確に伝えるのではなく、調舒星領域の特殊性が加わり、独自性が生まれてきます。

例えば、評論家やニュースの解説者の分野では、大いに活かされるエネルギーになるのです。

 

ある種の事実がそこに存在し、それを土台とした個人的見解や意見が上乗せされ、ある種の「物の見方」の領域でもあります。

このようなエネルギー発揮を主体とする世界は、数多く存在し、世の中が複雑かつ巨大化していくと、必ず必要なエネルギー分野となります。

 

他人の意見や考え方にアドバイスを与えることなども、このような領分となりますが、企業などのコンサルタントや、社会を国家的体制内から捉えるものではなく、反体制的な立場で批判する世界では、最大のエネルギーの燃焼となるでしょう。

 

そこに伝達力を所有していますから、例えばサラリーマンとなって組織の一員になり、企業の方針に沿って人生を歩んでも、心のどこかにある種の客観性を持っているのです。

 

そのために何らかの改良をする場合にも、必要なエネルギー分野である反面、完成しているものを破壊するエネルギー分野でもあるのです。

 

調舒星の得意分野

*個人的意見の伝達行為

*協力者を必要としない行為

*孤独の中に住まなければならない行為

*大衆性を持たない行為

 

 

*表の見方

東方=行動目標<調舒星の場合>

南方=精神目標・手段

 

「東方の星が調舒星の人」

 

*貫索星が「南方」に表出している人

①伝達の分野で、個人的な見解や思考、観察力に裏打された伝達。

②どんな分野でも、何かを守るための表現や伝達する世界でエネルギー発揮。

③会社を守るために諸々の監督官庁に対して、答弁を行う行為。

 

*石門星が「南方」に表出している人

①個人的な見解を伝える手段として、組織や集団の力を借りる姿。

②家族や会社など一つの集団の意見として、個人の見解を伝達する行為。

③手段を守るとき、守って欲しいときに最大のエネルギーを発揮。

 

*鳳閣星が「南方」に表出している人

①個人的意見を伝達する行為に、中庸を保つ伝達の能力が加わる。

②何かを伝えるために、自分なりの解釈を加えないと伝わりにくい。

③「伝達の仲介者」、相手に理解されやすい見解を加える伝達行為。

 

*調舒星が「南方」に表出している人

①双方とも個人的な伝達は、「中庸を保ちにくい」伝達となる。

②片寄りが大きく、特別扱いされるか、または排斥される伝達。

③反社会的思想の伝達や、非難を浴びせる側にたつ場合の伝達。

 

*禄存星が「南方」に表出している人

①人情的奉仕の精神が現実的行動の中で、個人的な範囲で現れる。

②社交面、文学的な分野で、ある種の表現力の中に愛情があるもの。

③財力に関する個人的意見、金融界におけるアドバイザーなど。

 

*司禄星が「南方」に表出している人

①個人的な伝達力を発揮するために、蓄積と収集の手段を用いる。

②日常生活の倹約法や、質素さの提唱など、蓄積アドバイザー。

③個人的意見の中身が蓄積と収集、金銭以外の蓄積もこのエリア。

 

*車騎星が「南方」に表出している人

①伝達の中身が攻撃力となれば、当然激しい伝達となりやすい。

②何らかの不合理や欠陥を見つけ、個人的見解による闘争となる。

③反骨精神を所有した攻撃は、反社会的、常道を外れた行為も。

 

*牽牛星が「南方」に表出している人

①伝達の中身が自尊心、陰の攻撃精神とは、激しく張り詰めた行為。

②企業や組織では、補佐的な立場で個人的な意見を述べる分野。

③「力量ある人物の懐刀」、個人的伝達を補佐役の立場で行う分野。

 

*龍高星が「南方」に表出している人

①個人的伝達を、改良・改革の精神をもって行う分野。

②物事が新しく始まるときや、終わりを告げるときの説得者など。

③特殊な道を歩んでも、仲間を持たず独自の世界を創り出す分野。

 

*玉堂星が「南方」に表出している人

①個人的な伝達力の中身が古典的な知恵、保守的なものの表現。

②技術、学術、事業など、様々な古いものを伝え続けて行く分野。

③古典の伝承、仕来り、習慣など自分の解釈を交えて伝える分野。

 

*****

 

「46.己酉」*未来を読み解く干支研究







この世に生を受けた瞬間から3個の干支が授与され、宇宙の気を宿します。
十干は精神であり、十二支は行動を意味しておりますが、干支とは「精神と行動」が一体となったものと解釈できます。

年干支=甲 子(生まれた年の干支)/25%のウエートバランス
月干支=乙 丑(生まれた月の干支)/25%のウエートバランス
日干支=丙 寅(生まれた日の干支)/50%のウエートバランス

干支は合計で60種類存在していますが、年の干支が一巡すると「還暦」を迎え、満60歳のお祝いが待ち受けております。
「六十花甲子」では、自分の人生に大きく拘わっているこの3個の干支には、それぞれの役目や人生目標、さらに生き方のヒントが隠されているのです。

*記事の特徴
①干支の特徴(特徴・異常干支・三業干支・天中殺)
②六十花甲子(自己の宿命と運勢)
③干支の関係性(干支の意味と関係性)
④干支の持つキーワード(その年のトレンド・精神作用・イメージ)

*干支早見表
01.甲子=1924-1984
02.乙丑=1925-1985
03.丙寅=1926-1986
04.丁卯=1927-1987
05.戊辰=1928-1988
06.己巳=1929-1989
07.庚午=1930-1990
08.辛未=1931-1991
09.壬申=1932-1992
10.癸酉=1933-1993

11.甲戌=1934-1994
12.乙亥=1935-1995
13.丙子=1936-1996
14.丁丑=1937-1997
15.戊寅=1938-1998
16.己卯=1939-1999
17.庚辰=1940-2000
18.辛巳=1941-2001
19.壬午=1942-2002
20.癸未=1943-2003

21.甲申=1944-2004
22.乙酉=1945-2005
23.丙戌=1946-2006
24.丁亥=1947-2007
25.戊子=1948-2008
26.己丑=1949-2009
27.庚寅=1950-2010
28.辛卯=1951-2011
29.壬辰=1952-2012
30.癸巳=1953-2013

31.甲午=1954-2014
32.乙未=1955-2015
33.丙申=1956-2016
34.丁酉=1957-2017
35.戊戌=1958-2018
36.己亥=1959-2019
37.庚子=1960-2020
38.辛丑=1961-2021
39.壬寅=1962-2022
40.癸卯=1963-2023

41.甲辰=1964-2024
42.乙巳=1965-2025
43.丙午=1966-2026
44.丁未=1967-2027
45.戊申=1968-2028
46.己酉=1969-2029
47.庚戌=1970-2030
48.辛亥=1971-2031
49.壬子=1972-2032
50.癸丑=1973-2033

51.甲寅=1974-2034
52.乙卯=1975-2035
53.丙辰=1976-2036
54.丁巳=1977-2037
55.戊午=1978-2038
56.己未=1979-2039
57.庚申=1980-2040
58.辛酉=1981-2041
59.壬戌=1982-2042
60.癸亥=1983-2043

*無料で検索
ご自分の干支を調べたい方は、「天占サイト」の
右下部分に「簡易算命」で確認して下さい。

https://www.ten-sen.com


*****

  

コロナ禍後の職業選択と適材適所

「鳳閣星」」
 

算命学で「未来」を考える場合、現実的な行動の目標となる「東の星」に対し、精神分野の目標は「南の星」との連結で精神と行動が一体となり、物事が進行しているのです。

 

この2つの星を応用することにより、自己のエネルギーを最大限に発揮できる分野を見出し、その中で「適職と適性部署」を見つけ出そうとするものです。

 

しかし、ひと口に「適材適所」と言っても、コロナ禍において急にアナログからデジタルへ移行しようにも、日本の企業体そのものはアナログ世界で、製造とサービス分野が主流を占めています。

 

すでにアナログ界のインバウンド業界では、復活に時間がかかると判断し、廃業や転業を目指しています。また大企業でもデジタル分野の重要性を嫌と言うほど味わったでしょうから、今後は一層強化していかなければなりません。

 

その中でまず、今後のキーポイントとしては、「ペーパーレス」や「コミュニケーション手段」を第一に整備が進んでいくでしょうから、働く人たちもデジタルスキルをアップし、IT分野や周辺機器の整備が必要不可欠になるやも知れません。

 

今後は大企業と言えども安泰とは言えず、現在破竹の勢いのある会社でも、10年後、20年後に存在しているかどうかも分からない時代になっているのです。

 

適職や適材適所を見つける前に、このような社会情勢を考慮した上で、自己の方向性を見出さなければならないのです。

 

*****

 

鳳閣星の世界(東方の星)

 

ここで論じている鳳閣星とは、行動目標とか、精神目標ではなく、鳳閣星本来の「質と特徴」を述べていきます。

 

鳳閣星は「伝達」の世界ですが、何かを正確に伝えるという領域において、自己の持つエネルギーが完全燃焼していきます。

伝達の領域とは、報道関係や通信界を第一に考えますが、決して限られたものではありません。

 

家庭でも相手に物事を正確に伝える行為は、自己のエネルギーが最大に生かせる伝達なのです。

職業的に考えれば報道、教育という分野は、この鳳閣星の質は是非とも必要な領域であると言えましょう。

 

仕事は決して一人でできるものではありませんが、仮に報道の世界に身を投じたとしても、その中には諸々の自己の役割があるはずです。

 

鳳閣星の特徴だからと言って、報道界の職を得たとしても、与えられた仕事がニュースの編集や整理であれば、自己のエネルギーの完全燃焼には至りません。

 

実際にニュースを記事にしたり、アナウンサーのように直接話をする領域であれば、最大の良好さは得られるはずです。

 

仮に報道界へ進まず官界へ進んだとしても、官吏の仕事として広報担当官の役割を与えられれば、最大のエネルギー発揮は可能です。

 

では、商人の世界ではどうでしょうか?

説得力はともかく、セールストークの上手な商人になれるでしょう。

 

このように「鳳閣星」という領域は、進む職業世界を遥かに超えて、「伝達の役割」の中に、自己のエネルギーを燃焼させていくのです。

 

「物事の伝達」とは、何も報道界に限られた物ではなく、技術分野のもの作りや、料理を作り、盛りつけなどにも気配りしながら、「表現する」領域も捉えられるのです。

 

決してお喋りだけが「表現力」ではありません。

それだけに「伝える」という領域は広く、物事を正確に伝えることが、鳳閣星の役割なのです。

 

鳳閣星の得意分野

*報道関係の表現力の分野

*飲食関係・食品加工の分野

*物作り・技術分野

*健康・自然食品分野

*観光・旅行分野

 

 

 

*表の見方

東方=行動目標<鳳閣星の場合>

南方=精神目標・手段

 

「東方の星が鳳閣星の人」

 

*貫索星が「南方」に表出している人

①中庸を保つ伝達力の世界で、個人的な守備力を発揮する分野。

②他人を攻撃することもなく、何かを守るための伝達力を必要とする分野。

③宗教の布教活動など、平和を守るためのキャンペーン活動など。

 

*石門星が「南方」に表出している人

①伝達を目的として、組織や集団を駆使していく手段など。

②片寄ることもなく、中庸で広く知らしめる世界、選挙運動など。

③商品の宣伝ではなく、社史や業務内容を伝達していく分野。

 

*鳳閣星が「南方」に表出している人

①目的(手段)と、器(中身)が一致する姿であり、片寄る場合は、上下動が激しくなります。

②知らせたいために知らせる、広報や報道などがこの世界に属する。

③「中庸、厳正の伝達」であり、印刷やアナウンスなどの領域。

 

*調舒星が「南方」に表出している人

①目的と器は鳳閣星と同じですが、その中身が「個人的な発想」となります。

②ある種の警告や批判となり、ニュース解説や社説など書く行為。

③自己宣伝的で、自分の考えを世の中へ伝達する行為。

 

*禄存星が「南方」に表出している人

①行為の目的が伝達であり、内容は愛情と奉仕活動などの分野。

②愛情をもって奉仕的な役割で、他人に対して知らしめる世界。

③カウンセラー、スピリチュアルなど、人々に愛情奉仕する世界。

 

*司禄星が「南方」に表出している人

①伝達が目的であり、行為に対し内容を収集して蓄積するなど。

②広く知らしめるために、発信するための何らかの情報を集める。

③組織では業績の統計など、各地の天気データを収集・蓄積する。

 

*車騎星が「南方」に表出している人

①闘争心と攻撃力を駆使する形に、目的は伝達と中身は攻撃。

②法廷において、相手を攻撃して、自己を守る弁護士や検事の役割などの分野。

③スポーツの応援団や、相手に攻撃心を呼び起こす行為、通信手段など。

 

*牽牛星が「南方」に表出している人

①伝達するために、自尊心を手段として活用する分野。

②自尊心の強さは自信となり、最大の自尊心は大きな自信を蓄積する。

③地位や名誉を得るために、自尊心を発揮する広報活動などの分野。

 

*龍高星が「南方」に表出している人

①伝えるために次々と新しい知恵を生み出していく姿となる。

②新しい事象を世に伝える行為や、流行を生み出しPR活動をしていく分野。

③技術、学者、商人の世界で、新しく改良・改革されたものの伝達。

 

*玉堂星が「南方」に表出している人

①新しいものの伝達ではなく、古典的、常識的なものの伝達。

②古典の伝達や、伝統工芸の展示・広報により古い物を知らしめる。

③祖父母が遺した生活の知恵を、若者達に遺そうとする行為。

 

*****

 

 

週間運気予報

「8月3日~8月9日」

 

内容は干支が対象です。

見方は項目により(年)(月)(日)と表示の場合は、

年=年干支、月=月干支、日=日干支を対象とします。

 

*****

 

*8月3日(月)/戊寅

*六輝:「先勝」/不成就日

①総合運(年・月・日):

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

②ビジネス運(年):

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「癸丑」、「癸卯」、「癸巳」、「癸未」、「癸酉」、「癸亥」

④金運(日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「戊寅」、「戊申」

⑥争いに注意(年・月・日): 「庚申」、「甲申」、「丙申」、「壬申」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月4日(火)/己卯

*六輝:「友引」

総合運(年・月・日):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

②ビジネス運(年):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

④金運(日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「己卯」、「己酉」

⑥争いに注意(年・月・日): 「乙酉」、「辛酉」、「丁酉」、「癸酉」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月5日(水)/庚辰

*六輝:「先負」

①総合運(年・月・日):

「甲申」、「丙申」、「戊申」、「庚申」、「壬申」

「甲子」、「丙子」、「戊子」、「庚子」、「壬子」

②ビジネス運(年):

「乙酉」、「丁酉」、「己酉」、「辛酉」、「癸酉」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「庚辰」、「庚戌」

⑥争いに注意(年・月・日): 「壬戌」、「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」

⑦天中殺: 辰巳天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月6日(木)/辛巳

*六輝:「仏滅」

総合運(年・月・日):

「乙酉」、「丁酉」、「己酉」、「辛酉」、「癸酉」

「乙丑」、「丁丑」、「己丑」、「辛丑」、「癸丑」

②ビジネス運(年):

「甲申」、「丙申」、「戊申」、「庚申」、「壬申」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「辛巳」、「辛亥」

⑥争いに注意(年・月・日): 「癸亥」、「己亥」、「丁亥」、「乙亥」

⑦天中殺: 辰巳天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月7日(金)/壬午

*六輝:「大安」/立秋

①総合運(年・月・日):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

「甲寅」、「丙寅」、「戊寅」、「庚寅」、「壬寅」

②ビジネス運(年):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

④金運(日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「壬午」、「壬子」

⑥争いに注意(年・月・日): 「庚子」、「甲子」、「戊子」、「丙子」

⑦天中殺: 午未天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月8日(土)/癸未

*六輝:「赤口」

総合運(年・月・日):

「乙卯」、「丁卯」、「己卯」、「辛卯」、「癸卯」

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

②ビジネス運(年):

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

④金運(日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「癸未」、「癸丑」

⑥争いに注意(年・月・日): 「己丑」、「辛丑」、「丁丑」、「乙丑」

⑦天中殺: 午未天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*8月9日(日)/甲申

*六輝:「先勝」

①総合運(年・月・日):

「甲子」、「丙子」、「戊子」、「庚子」、「壬子」

「甲辰」、「丙辰」、「戊辰」、「庚辰」、「壬辰」

②ビジネス運(年):

「乙巳」、「丁巳」、「己巳」、「辛巳」、「癸巳」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

④金運(日):

「庚子」、「庚寅」、「庚辰」、「庚午」、「庚申」、「庚戌」

「辛丑」、「辛卯」、「辛巳」、「辛未」、「辛酉」、「辛亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「甲申」、「甲寅」

⑥争いに注意(年・月・日): 「庚寅」、「丙寅」、「戊寅」、「壬寅」

⑦天中殺: 申酉天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*****

 

タイトルの最後に「*」は、「戯言記事」

タイトルの最後の「*写」は、「写真」

 

 

新型コロナ感染拡大も

政府は打つ手ありません。

この先は自己責任で・・・

 

ついに日本も新型コロナの1日当たりの感染者が1000人を越え、日増しに増加の傾向を見せています。

特に首都圏の感染者が多く見られますが、地方でも新しい地域で感染者が現れるようになってきました。

 

「インバウンド業者を救うため」の対策として、政府主導の「Go Toキャンペーン」、さらに感染拡大を予想して「マスク8000万枚配布」と、立て続けに打ち出した「経済復活政策」も、想定外に感染が拡散してしまい、見事な「あべこべ政策」となってしまいました。

 

この意図を裏側から考察してみると、「少々の犠牲者はやむを得ない」、「経済優先政策」と取られても仕方ありませんね。

 

一方で感染者の増加は、検体数の増加と比例しますから、感染者のあぶり出しなのかも知れませんが、検査要項は従来と変わらず保健所主導でしょうから、医療機関に余裕がでてきたのかも知れません。

 

気がかりなのは、感染経路の不明と家庭内感染です。

家庭内に感染者が一人いれば、他の全員に感染するのは当然ですから、一人一人より、家族単位で感染対策を徹底しなければなりません。

 

この期に及んでも、コロナ対策は保健所のウェートが高く、保健所主導そのものを改善しなければ、さらに感染者は増加するでしょう。

感染を防ぐためには、地域や感染者を隔離しなければなりませんが、全国に拡散した感染者を見つけ出すには、もはや手遅れ状態です。

 

4月、5月の感染者が200人前後で「緊急事態宣言」を出し、強制的に「自粛」を要請しながら、現在はその10倍の感染者が出現していても、何も手を打たない政府は、一体どうなっているのでしょうか?

 

それこそ、早急に次の手を打たない限り、感染者が一気に増大し、日本列島「コロナだらけ」で、安全な場所はなくなるかも知れません。

「稚策・稚政」は、それこそ短期間で「日本沈没」になりかねません。

 

国会議員や公務員は、収入源を補償されていますから、この点民間人のような厳しい環境ではありません。

 

私たちはそのような人たちに救済を期待しても、ムリですから、自分や家族を守るためには、各自が感染を防ぐ努力をしなければ、この窮地を乗り越えることはできません。

 

 

全国の7月感染者17,600人

死者39人

 

特に7月31日の感染者のうち、東京、新潟、愛知、兵庫、島根、福岡、長崎、沖縄の8都県では最多を更新したとか。

 

東京では、200人超えが4日連続となり、100人超えは23日間連続となっているようです。

最も31日の数値が増えたのは、28日の検体数5600件も組み入れられたらしいですから、一挙に増えたものと見られますが。

 

ここのところの感染者の特徴は、20~30代の若者たちが70%近くを占めているようですから、もう少し大人としての責任ある行動をとって欲しいと思いますね。

 

感染者の中で発表されている「陽性」と「感染者」の違いはあるのでしょうか。春の時点ではPCR検査が主流でしたから「感染者」だったかも知れませんが、最近は検体数が増え、検査方法もPCR検査以外も組み込まれているのかも知れませんが。

 

過去の感染者の症状では、「臭覚」と「味覚」に異常が見られる。

最近の「陽性」では、殆ど「無症状」の人が多いと聞きましたが。

明らかに違いがあると思われませんか??

 

感染者や陽性者が一挙に増えるには、それなりの原因があると思われますが、専門家の意見も様々で、普通の風邪と同じように空気感染していても、否定することはできません。

 

これ以上の感染を食い止めるには、一人一人の行動をある程度制御し、「うつらない、うつさない」を基本に、感染する危険な場所への立入は避けることが重要でしょう。

 

*****

 

 

*一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒の種が万倍に増える吉日です。特に商売、開店、金銭を出すことに効果があるとされ、増えて多くなる意味から、物を借りたり借金などは凶となる日です。

 

*不成就日(ふじょうじゅび)

物事が成就せず、悪い結果を招く凶日とされ、特に結婚、開店、柱立て、命名、移転、契約事には不向きで、願い事なども避けましょう。

 

*八専日(はっせんび)

壬子、甲寅、乙卯、丁巳、己未、庚申、辛酉、癸亥の8日が該当します。この日は法事、供養などの仏事、造作などの破壊的なことや嫁取りなどは凶日とされています。

 

*天赦日(てんしゃび)

天の恩恵により、何の障害も起きない日とされ、特に結婚、開店、事業創立、拡張などには最良の日とされています。

 

六輝

*先勝(せんかち・せんしょう)

急用や訴訟などに用いて吉の日とされ、午後は凶となります。

 

*友引(ともびき)

葬儀を行うと死者の道づれにされる恐れがあると言われています。

 

*先負(せんまけ・せんぶ)

諸事控え目にして静観し、急用や公事は避けること。午後は大吉。

 

*仏滅(ぶつめつ)

開店、移転など、新規に事を起こすことは避ける日、何事も忌むべき日とされています。

 

*大安(たいあん・だいあん)

婚礼、旅行、建築、移転、開店など、何事にも吉日とされています。

 

*赤口(しゃっこう・しゃっく)

新規ごとや何事にも忌むべき日とされています。

 

*****