イケジイのおもしろ玉手箱

イケジイのおもしろ玉手箱

*おもしろ統計学/見えない現象を事前にキャッチ!!
*おもろい交際/素敵な人間関係!!
*おもしろライフ/自分流に生き、思い切り楽しもう!!
*おもしろ情報/小さく産んで、大きく育てる!!

338px-kantei01



いつもご愛読ありがとうございます。

お陰さまで「実践算命学」の電話講習も順調に進行しており、受講中の皆様は「算命学は面白い」と学ぶ楽しさを満喫されています。

電話講習は随時受付けていますので、お気軽にお問合わせください。


対面鑑定と電話鑑定をご希望の方は、私宛に直接ご連絡ください。
090-4362-5022(三上)

「39.壬寅」*未来を読み解く干支研究







人間は、この世に生を受けた瞬間から3個の干支が与えられ、宇宙の気を宿します。
十干は精神、十二支は行動を意味しておりますが、干支とは「精神と行動」が一体となったものと解釈できます。

年干支=甲 子(生まれた年の干支)/25%のウエート
月干支=乙 丑(生まれた月の干支)/25%のウエート
日干支=丙 寅(生まれた日の干支)/50%のウエート

干支は合計で60種類存在していますが、年の干支が一巡すると「還暦」を迎え、満60歳のお祝いが待ち受けております。
「六十花甲子」では、自分の人生に大きく拘わっているこの3個の干支には、それぞれの役目や人生目標、さらに生き方のヒントが隠されているのです。

*記事の特徴
①干支の特徴(特徴・異常干支・三業干支・天中殺)
②六十花甲子(自己の宿命と運勢)
③干支の関係性(干支の意味と関係性)
④干支の持つキーワード(その年のトレンド・精神作用・イメージ)

*干支早見表
01.甲子=1924-1984/02.乙丑=1925-1985
03.丙寅=1926-1986/04.丁卯=1927-1987
05.戊辰=1928-1988/06.己巳=1929-1989
07.庚午=1930-1990/08.辛未=1931-1991
09.壬申=1932-1992/10.癸酉=1933-1993

11.甲戌=1934-1994/12.乙亥=1935-1995
13.丙子=1936-1996/14.丁丑=1937-1997
15.戊寅=1938-1998/16.己卯=1939-1999
17.庚辰=1940-2000/18.辛巳=1941-2001
19.壬午=1942-2002/20.癸未=1943-2003

21.甲申=1944-2004/22.乙酉=1945-2005
23.丙戌=1946-2006/24.丁亥=1947-2007
25.戊子=1948-2008/26.己丑=1949-2009
27.庚寅=1950-2010/28.辛卯=1951-2011
29.壬辰=1952-2012/30.癸巳=1953-2013

31.甲午=1954-2014/32.乙未=1955-2015
33.丙申=1956-2016/34.丁酉=1957-2017
35.戊戌=1958-2018/36.己亥=1959-2019
37.庚子=1960-2020/38.辛丑=1961-2021
39.壬寅=1962-2022/40.癸卯=1963-2023

41.甲辰=1964-2024/42.乙巳=1965-2025
43.丙午=1966-2026/44.丁未=1967-2027
45.戊申=1968-2028/46.己酉=1969-2029
47.庚戌=1970-2030/48.辛亥=1971-2031
49.壬子=1972-2032/50.癸丑=1973-2033

51.甲寅=1974-2034/52.乙卯=1975-2035
53.丙辰=1976-2036/54.丁巳=1977-2037
55.戊午=1978-2038/56.己未=1979-2039
57.庚申=1980-2040/58.辛酉=1981-2041
59.壬戌=1982-2042/60.癸亥=1983-2043

*無料で検索
ご自分の干支を調べたい方は、「天占サイト」の
右下部分に「簡易算命」で確認して下さい。

https://www.ten-sen.com

*****

 

幼少期の算命学

星の育ち方*鳳閣星

 

鳳閣星を中心に所有する人の思考法は、思索的でもなく、また貫索星のように積み重ねる訳でもなく、実に自然な思考法となります。

このような発想の根元には、未来に対する不安を持ったり、形として現れないものに対して心を砕くことはありません。

 

一つの夢として未来を考えることはあっても、決して悲観的ではなく、むしろ明るく楽しいものになるのです。

そのために幼少期は厳しさや心の葛藤が少なく、見た目には「のんびり」と過ごしているように見えるわけです。

 

鳳閣星の特徴として、未来への不安もない代わりに、現実のものに関しては実に厳しい洞察力をもっており、何事かを創造するという発想は見られませんが、目の前の出来事や状況に対しては、いち早く必要なものを探し出すという特別な想念が存在しているのです。

 

例えば幼少期に一家が経済的に窮したとすれば、その瞬間に父親の原因なのか、母親なのか、またお金そのものなのかをいち早く分析し、表に現れた現象ではなく、その裏側に存在する原因を本能的に知るという能力を備えているのです。

 

表面的には実に子供らしい陽気さを見せ、両親に対しては何となく未来を不安視させながら、その裏側では両親の欠点、利点、あるいはその本質をよく観察しているのです。

 

*鳳閣星の育ち方=観察思考

このような思考法は、いわゆる「観察思考」とも言えるもので、想像の中では何の思考も現れず、目の前に実在するものの中から学び取っていくという特色があるのです。

 

子供の頃、父親なり母親が学問的なことを好む人であれば、鳳閣星はそのまま学問的な方向を目指すことになり、商人や事業家の家庭に生まれ育てば、そのまま商人的世界を志向するようになるのです。

 

両親の跡取りとしては理想的で有り難いことですが、反面に自己本来の本質を間違えてしまう恐れが非常に高くなります。

同時に石門星のように思考のワクが外界より内側に向き、常に両親から学ぶことが大きくなります。

 

両親が他人から攻撃されれば、すぐに攻撃した社会への復讐に代わり、両親が経済に窮すれば財力の蓄積が信念と化すのです。

 

このような現象が有形のものではなく、両親の離婚や不仲のように精神的なものであれば、本人が気付かないうちに結婚に対する魅力をなくしてしまい、長く孤独の人生を歩むことになりかねません。

 

観察力が思考の出発となる特色は、環境うんぬんよりも両親のあり方、生き方が鳳閣星の思考の根元を決定してしまうのです。

しかし、このような思考法に対して最大に注意することは、両親から学ぶことは大きくとも、両親を助けようとする想念は薄いのです。

 

両親が社会的に不遇となれば、両親を助けるのではなく、社会に復讐しようとするわけで、思考の対象が観察したものから別のところへシフトするのが特色なのです。

 

ある意味では十大主星の中で、一番複雑な思考構造を所有していると言っても過言ではありません。

両親から学び取るとは言っても、両親そのものからではなく、「社会対両親のあり方」を観察し、そこが思考の根元になっているのです。

 

そのために両親の考え方や人間性などは重大ではなく、両親が社会に対してどのような生き方、あるいは行為を成すかというところが、観察の焦点になるのです。

 

この状態は仮に両親が善人であったとしても、内面の善人は鳳閣星にとっては全く通用しないのです。

 

善人である両親が世の中で誹謗されるような行為があれば、その部分だけを学び取り、自己の信条を形作り、それにより両親を助けると言う行為は別問題になるのです。

 

このような思考法が成人後も冷静な観察力となり、柔軟な表面に対し、実に事務的な判断力を所有しており、決して情に流されない人間性を作りだしているのです。

 

*中央が「鳳閣星」の理想的な配置

中央=鳳閣星

北方=①車騎星 ②牽牛星

南方=①貫索星 ②調舒星

東方=①龍高星 ②玉堂星

西方=①禄存星 ②司禄星

 

 

*「鳳閣星」の特徴

①特質=観察思考型

②気質=遊び、表現力、自然体、温厚、素直、お喋り、健康

③五行=火性

④五徳=礼徳

⑤陰陽=陽

⑥本能=伝達本能

⑦純濁法=純性

 

*****

 

 

週間運気予報

「4月19日~4月25日」

 

内容は干支が対象です。

見方は項目により(年)(月)(日)と表示の場合は、

年=年干支、月=月干支、日=日干支を対象とします。

 

*****

 

*4月19日(月)/丁酉

*六輝:「仏滅」

総合運(年・月・日):

「乙丑」、「丁丑」、「己丑」、「辛丑」、「癸丑」

「乙巳」、「丁巳」、「己巳」、「辛巳」、「癸巳」

②ビジネス運(年):

「甲辰」、「丙辰」、「戊辰」、「庚辰」、「壬辰」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「壬子」、「壬寅」、「壬辰」、「壬午」、「壬申」、「壬戌」

④金運(日):

「壬子」、「壬寅」、「壬辰」、「壬午」、「壬申」、「壬戌」

「癸丑」、「癸卯」、「癸巳」、「癸未」、「癸酉」、「癸亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「丁酉」、「丁卯」

⑥争いに注意(年・月・日): 「辛卯」、「癸卯」、「乙卯」、「己卯」

⑦天中殺: 申酉天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月20日(火)/戊戌

*六輝:「大安」/不成就日

①総合運(年・月・日):

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

「甲寅」、「丙寅」、「戊寅」、「庚寅」、「壬寅」

②ビジネス運(年):

「乙卯」、「丁卯」、「己卯」、「辛卯」、「癸卯」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「癸丑」、「癸卯」、「癸巳」、「癸未」、「癸酉」、「癸亥」

④金運(日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「戊戌」、「戊辰」

⑥争いに注意(年・月・日): 「壬辰」、「丙辰」、「庚辰」、「甲辰」

⑦天中殺: 戌亥天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月21日(水)/己亥

*六輝:「赤口」

総合運(年・月・日):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

「乙卯」、「丁卯」、「己卯」、「辛卯」、「癸卯」

②ビジネス運(年):

「甲寅」、「丙寅」、「戊寅」、「庚寅」、「壬寅」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

④金運(日):

「甲子」、「甲寅」、「甲辰」、「甲午」、「甲申」、「甲戌」

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「己亥」、「己巳」

⑥争いに注意(年・月・日): 「丁巳」、「癸巳」、「乙巳」、「辛巳」

⑦天中殺: 戌亥天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月22日(木)/庚子

*六輝:「先勝」/一粒万倍日(借金不可)

①総合運(年・月・日):

「甲申」、「丙申」、「戊申」、「庚申」、「壬申」

「甲辰」、「丙辰」、「戊辰」、「庚辰」、「壬辰」

②ビジネス運(年):

「乙丑」、「丁丑」、「己丑」、「辛丑」、「癸丑」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「庚子」、「庚午」

⑥争いに注意(年・月・日): 「甲午」、「丙午」、「戊午」、「壬午」

⑦天中殺: 子丑天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月23日(金)/辛丑

*六輝:「友引」

総合運(年・月・日):

「乙酉」、「丁酉」、「己酉」、「辛酉」、「癸酉」

「乙巳」、「丁巳」、「己巳」、「辛巳」、「癸巳」

②ビジネス運(年):

「甲子」、「丙子」、「戊子」、「庚子」、「壬子」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「辛丑」、「辛未」

⑥争いに注意(年・月・日): 「乙未」、「癸未」、「丁未」、「己未」

⑦天中殺: 子丑天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月24日(土)/壬寅

*六輝:「先負」

①総合運(年・月・日):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

②ビジネス運(年):

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

④金運(日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「壬寅」、「壬申」

⑥争いに注意(年・月・日): 「甲申」、「丙申」、「庚申」、「戊申」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月25日(日)/癸卯

*六輝:「仏滅」/一粒万倍日(借金不可)

総合運(年・月・日):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

②ビジネス運(年):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

④金運(日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「癸卯」、「癸酉」

⑥争いに注意(年・月・日): 「辛酉」、「乙酉」、「丁酉」、「己酉」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*****

 

タイトルの最後に「*」は、「戯言記事」

タイトルの最後の「*写」は、「写真」

 

 

*コロナ感染者

4月/全国感染者/重症/死亡 *東京感染者/重症/死亡

28日(日)=1785/341/28 *313/41/20

29日(月)=1345/342/29 *234/40/12

30日(火)=2076/368/33 *364/39/-

31日(水)=2841/382/49 *414/45/-

01日(木)=2606/380/18 *475/44/4

02日(金)=2760/394/22 *440/43/-

03日(土)=2774/408/8  *446/48/-

合計  16187/408/187  *2302/48/36

 

4月/全国感染者/重症/死亡 *東京感染者/重症/死亡

04日(日)=2472/431/12 *355/47/-

05日(月)=1565/445/19 *249/46/3

06日(火)=2652/451/28 *399/44/-

07日(水)=3451/456/30 *555/41/4

08日(木)=3447/464/25 *545/41/-

09日(金)=3462/483/27 *537/43/4

10日(土)=3697/511/27 *570/37/5

合計   20746/511/168 *3210/37/16

 

4月/全国感染者/重症/死亡 *東京感染者/重症/死亡

11日(日)=2777/520/17 *421/39/-

12日(月)=2109/563/24 *306/42/1

13日(火)=3454/596/45 *510/41/7

14日(水)=4312/608/33 *591/41/-

15日(木)=4571/631/35 *729/37/-

16日(金)=4532/670/46 *667/43/-

17日(土)=4803/702/41 *759/45/-

合計   26557/702/224 *3562/45/8

 

*****

 

 

横浜山下公園

「2021年*春の花壇展」

 

コロナ禍で開催が危ぶまれていましたが、どうやら昨年に続き開催され、地元住民や少ない観光客の視界を楽しませてくれています。

今年は3月に20℃を超える日が多く、桜も3月半ばにピークを迎え、後半にはすっかり葉桜に変身していました。

 

この花壇展が始まる前の公園では、チューリップ、ラナンキュラス、アネモネ、シャガ、ガウラ、ルピナス、マーガレット、スイセン、コデマリなどが咲き乱れ彩り豊かに目を癒やしてくれていました。

 

お隣のローズ公園では、バラの蕾みも日に日に大きくなり、一部では萼がはじけて咲き始める花もあり、自然は急速に夏を迎えようとしています。

 

4月10日(土)、11日(日)の2日間は、コロナ禍にあっても多くの人手があり、公園内のアナウンスでも「なるべく密を避けてください」とか、「うがいや手洗いの要望」など、神経質なアナウンスが多く聞かれます。

 

コロナ禍でなければ、例年4月頃から外国船の大型クルーズ船で賑わう大桟橋も、昨年と今年は殆ど見られませんが、その中でアスカⅡだけは我が者顔で、母港の大桟橋を独占しています。

 

お近くへお越しの際には、是非山下公園にもお立ち寄りください。

花壇展は5月の連休明け頃まで開催期間ですから、あと1ヶ月近くは楽しめると思います。

 

今回は、あなた様にその一部をお見せするために、気合いを入れて撮影しています。できたら拡大してご覧頂くと、迫力ある画像が楽しめます。

 

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

 

 

暮らしと算命学*

「天中殺期間中のご縁」

 

「人は自分と無関係の人とは出会わない」、なんてお聞きになったことがあると思いますが、正にその通りで、「縁」そのものを考えれば、無関係=「無縁」ということになるのです。

 

組織や会社、学友にしても同じ仲間には違いありませんが、会社の同僚であっても仕事仲間に過ぎないのです。

この場合は、仕事をするためのご縁ですから、仕事が終わればお互いに人間同士と言うことになります。

 

しかし、同僚とは面白いもので、毎日顔を合わせ企業戦士として戦っているうちに、お互いに助け合ったり、苦楽をともに味わうことにより、徐々に自分にとって相手との距離感が縮まったり、広がったりしますからお互いに意識をするようになります。

 

またお互いに利害関係のない場所での出会いでは、「縁の中身」や「異性・同性」の意識が強くなり、飲み屋さんのカウンターでお隣さんや、雑談に講じているときに会話の波長が合えば、即刻立派なお友達に変身していきます。

 

*天中殺期間中は、天中殺の相手を引きつける

ここまでは自然の成り行きに過ぎませんが、面白いもので、自身が「天中殺期間」であれば、以外にも相手も天中殺期間中であったり、自身が大運天中殺にあれば、相手も大運や年運天中殺のまっただ中というご縁も発生しているのです。

 

主にビジネス界では、かなりの頻度で発生しているようですが、会社のオーナーが天中殺期間に社員を募集すると、応募に応じてやってくるのが、オーナーと同じ天中殺の人たちです。

 

これは何も「就活」に限ったものではなく、「婚活」や「恋活」にも同じような現象が発生していますが、「仕事」や「恋活」では天中殺が抜ければお互いに目覚めますから、後腐れなくすんなりとお別れできますが、「結婚」となると、ちょっと厄介な状態になります。

 

もともと、本当に自分とのご縁のある人との出会いは、天中殺期間中ではなく、何も制限のない状態で、自己の求めに応じて、自然に必要な人との出会いが発生するものなのです。

 

人とのご縁は、先輩や同僚、友人・知人、異性の友人や後輩たちも含めれば関係者は膨れあがります。これ以外にもファミリーの人たちもいますから、皆さんに対し同レベルでのお付き合いはできません。

 

*過去を破壊する人材にもご縁がある

オーナーが天中殺期間中に人材募集を行うと、天中殺に行うべき人材にもご縁が発生します。

 

応募に応じてやってくる人物は、確かに「会社へ貢献」する人材には違いありませんが、オーナーの天中殺は一種の変革期でもあり、建設的な人材より改革に必要な人材も必要なのです。

 

変革や改革期にこのような人材は、何も天中殺だけとは限りませんが経営者の若返りや世代交代期には、必ず付きものと考えていなければなりません。

 

長期間において会社に貢献してきた人でも、リストラしなければならない状態では、「はい、ご苦労様でした」とは言いにくいものです。

新しく採用した人材には、過去のしがらみや人間関係にしても関係なく慣れない職場で、様々な問題を提起します。

 

仕事の進行、お客様とのトラブル、電話の応対、職場内の人間関係など問題はどこから発生するかも定かではありません。

 

このようなケースに登場してくるのが、職場のベテランであり、いわゆる仕事の出来る人が対応にあたります。

オーナーにとってはこのような人物は、目の上の瘤ですから、心情的には新人のサポートに回ります。

 

またオーナー自体も天中殺期間中ですから、冷静な判断はできない状態で感情が先走り、ついベテランへの心情を傷つけてしまいます。

このようなことを繰り返しているうちに、ベテラン社員は徐々にオーナーへの不信感から、やがて会社を辞するようになるのです。

 

新人とベテランの間は直接的でなく、このように間接的に発生し、理不尽な問題を引き起こし、やがて改革への足がかりとなっていきます。

 

改革に参加する新人の役目は、目の上の瘤を排除する役目となり、会社は一時的には損害は免れませんが、瘤を一掃すると新人の役目は終了し、オーナーから「ご苦労さん」となり、一件落着です。

 

斜陽化した企業には顕著に見られますが、隆盛を極めている企業でも、このような事態が発生している企業では、小さな綻びとは言え、やがて致命傷に発展することもありますから、綻びが小さいうちに対処しなければなりません。

 

*お互いが天中殺期間中の結婚は、「不自然結婚」に

最初から「子供は作らない」、「お互いに仕事中心」、「家事は共同」で、など条件付きの結婚であれば、天中殺結婚でも何ら問題は生じませんが、途中で「子供が欲しい」、妻には「家庭にいて欲しい」など、初期の目的が変更されると、そのあたりから関係性も崩れ始めます。

 

また「子供はいらない」と言いながら出来ちゃった、と言う場合も問題が生じやすいのです。

 

両親の結婚はもともと「不自然結婚」ですから、順当な自然な結婚とは異なり、「条件付き結婚」ですから、生まれた子供は「不自然家庭」で育つことになるのです。

 

内側の家庭では「不自然」の中で育ち、外側の「社会」は「自然」そのものですから、子供さんは常に「不自然と自然」の狭間で育つことになるのです。

 

当然のように「家庭内の判断」と、「社会の判断」とは、自己の不自然な意見が家庭内では「肯定」され、一歩社会に出れば同じ意見も「否定」されてしまうのです。

 

このような状態で子供さんが社会の「自然に同化」したいと思えば、家には寄りつかず、家族とも話もしない状態を15年~20年の期間を経て、やっとの思いで「自然に同化」することが出来るのです。

 

しかし、自然に同化した子供さんは、両親と会話しても意見は合わず、考え方も大きく食い違いが生じてくるのです。

 

*「正常で自然」、理想的な結婚とは

厳密に言えば、結婚はお互いの意思で成り立つもので、部外者があれこれと条件をつけるものではありませんが、100組のカップルがあれば、100通りの結婚観があって然るべきと考えます。

 

しかし算命学上の結婚とは、「夫の人生に妻が従う」のが、「理想的な結婚」と定義しているのです。

もともと算命学で言う結婚観とは、「何のための結婚か」と言う目的意識のある結婚を促しているのです。

 

多くのカップルが、結婚前に「結婚の時期」を知りたいと訪れていますが、これはあながち無視することはできません。

 

最悪でもお二人の「天中殺期間」くらいは知った上で、成婚して欲しいと思いますが、無視して結婚して問題が生じてから、駆け込んで来られても既に手遅れ状態なのです。

 

順当な結婚をするためには、夫は夫の役目を全うし、妻は妻の役目を全うしなければ、順当な子孫繁栄へと繋がらないのです。

 

このように理想的な結婚を築きたくても出来ない原因には、様々な要因が考えられますが、夫の収入だけで家族を支えることが出来れば、問題はありませんが、、生活自体にお金がかかりすぎて、家計を圧迫していることが大きな原因と思われます。

 

男性のサラリーマンでも20歳代の人たちが、手取り月収20万円以下という話を耳にして、私は愕然としました。しかも一部上場の会社でこの程度のサラリーですから、能力の問題なのか、会社に原因があるのか定かではありませんが、これに甘んじているのも問題です。

 

一方の世界的な潮流では、男女平等意識の流れが強く、女性の役職や社会進出を奨励し、さらに重い負担を背負わせたら、女性の役目を全うすることは困難を極めることになるでしょう。

 

すでに国内でも少子化や夫婦共働きが定着しているようですが、殆どの家庭が好き好んで共働きしている訳ではありません。

令和の時代になった今後は、このような矛盾を解消する動きになるとは思いますが、新たなメソッドを探求しなければなりません。

 

*****

 

「38.辛丑」*未来を読み解く干支研究







人間は、この世に生を受けた瞬間から3個の干支が与えられ、宇宙の気を宿します。
十干は精神、十二支は行動を意味しておりますが、干支とは「精神と行動」が一体となったものと解釈できます。

年干支=甲 子(生まれた年の干支)/25%のウエート
月干支=乙 丑(生まれた月の干支)/25%のウエート
日干支=丙 寅(生まれた日の干支)/50%のウエート

干支は合計で60種類存在していますが、年の干支が一巡すると「還暦」を迎え、満60歳のお祝いが待ち受けております。
「六十花甲子」では、自分の人生に大きく拘わっているこの3個の干支には、それぞれの役目や人生目標、さらに生き方のヒントが隠されているのです。

*記事の特徴
①干支の特徴(特徴・異常干支・三業干支・天中殺)
②六十花甲子(自己の宿命と運勢)
③干支の関係性(干支の意味と関係性)
④干支の持つキーワード(その年のトレンド・精神作用・イメージ)

*干支早見表
01.甲子=1924-1984/02.乙丑=1925-1985
03.丙寅=1926-1986/04.丁卯=1927-1987
05.戊辰=1928-1988/06.己巳=1929-1989
07.庚午=1930-1990/08.辛未=1931-1991
09.壬申=1932-1992/10.癸酉=1933-1993

11.甲戌=1934-1994/12.乙亥=1935-1995
13.丙子=1936-1996/14.丁丑=1937-1997
15.戊寅=1938-1998/16.己卯=1939-1999
17.庚辰=1940-2000/18.辛巳=1941-2001
19.壬午=1942-2002/20.癸未=1943-2003

21.甲申=1944-2004/22.乙酉=1945-2005
23.丙戌=1946-2006/24.丁亥=1947-2007
25.戊子=1948-2008/26.己丑=1949-2009
27.庚寅=1950-2010/28.辛卯=1951-2011
29.壬辰=1952-2012/30.癸巳=1953-2013

31.甲午=1954-2014/32.乙未=1955-2015
33.丙申=1956-2016/34.丁酉=1957-2017
35.戊戌=1958-2018/36.己亥=1959-2019
37.庚子=1960-2020/38.辛丑=1961-2021
39.壬寅=1962-2022/40.癸卯=1963-2023

41.甲辰=1964-2024/42.乙巳=1965-2025
43.丙午=1966-2026/44.丁未=1967-2027
45.戊申=1968-2028/46.己酉=1969-2029
47.庚戌=1970-2030/48.辛亥=1971-2031
49.壬子=1972-2032/50.癸丑=1973-2033

51.甲寅=1974-2034/52.乙卯=1975-2035
53.丙辰=1976-2036/54.丁巳=1977-2037
55.戊午=1978-2038/56.己未=1979-2039
57.庚申=1980-2040/58.辛酉=1981-2041
59.壬戌=1982-2042/60.癸亥=1983-2043

*無料で検索
ご自分の干支を調べたい方は、「天占サイト」の
右下部分に「簡易算命」で確認して下さい。

https://www.ten-sen.com

*****

 

幼少期の算命学

星の育ち方*石門星

 

石門星は、前回の貫索星と同じく守備力の質を所有しておりますが、「陰の気」のために華やかさはありません。

石門星には「和合」の精神を養うものがありますが、その前に「和合の本質」とは何かを知らなければなりません。

 

石門星も貫索星も同じ質から出発するために、自我もあり頑固さも当然のように所有しているのです。また自己のペースを維持する質も所有し、外側からは違いを見ることはできません。

 

ここで述べる「和合」とは迎合ではなく、「自己の意見や思考」に他人を同調させると言う本質があり、ある意味では自分と同じ考えをもつ仲間を集め、集団の力をもって自己の意見なり、思考を外側へと押し出すという方法です。

 

このように和合の本質が必然的に現れるために、非常に複雑な「思考構造」を作りだしているのです。

 

この思考方法を算命学では、「四散中積の東方型」と呼んでいますが、最初に何かを考えたとしても、そのことに関しては自信がなく、自分一人で物事を考える時は、常に懐疑的でまとまらないのです。

 

それ故に同調者を求めるわけで、何となく確たる思考がなく、そこで仲間の同調を得て次第に固まりながら、仲間の増加と共に確たる信念が生まれてくると言う図式です。

 

石門星の和合とは、このように天性に和合性があるのではなく、和合の中で自己形成がなされていくわけです。

 

そのために、両親なり兄弟、あるいは友人から何らかの影響を受けたとしても、1対1の間柄では常に懐疑的なのです。

 

*石門星の育ち方=同調意識

子供の頃は、外から持ち帰った影響に対して、家族が同調してあげたり、親の影響に対して兄弟なり友人が同調すれば、それによって自分自身の思考の根元が固まってくるのです。

 

石門星の思考は貫索星のように積み重ねではなく、一つの思考が大きく膨れあがるというような膨張型になるのです。そのために人生の途中で大きな壁に直面すると、自己の考え方が通じないときは、いつでも発想の転換をはかることができるのです。

 

しかし、それまでの思考が無になるのではなく、膨張の度合いで調節する傾向があり、考えを変えたとしても、子供の頃や青少年期にできあがった思考の中核は、変化することはありません。

 

しかし思考の変化はそのまま友人の変化に繋がり、人的な交流が次第に変貌していくのです。

 

変化するときは緩やかに見えるために、他人の目から見えない場合が多くなりますが、人生の出発における思考はまったく変化していないのです。

 

このような思考法は善悪、清濁両方の思考が混在し、他人の意見を排斥しない代わりに、自己の目的のために仲間を引き入れるという状態が生まれてきます。

 

ある意味では要領の良い進退自由な思考法ですが、子供時代には親から叱られたとしても、本能的に常に逃げ場を作りだし、自分自身が叱られても、罰を受けるときは、兄弟や友人も一緒にとなるのです。

 

石門星の発想は、人間として衝突の少ないエネルギーでもあり、平和時や多数決の時には、大衆的に溶け込める思考を形成するものです。

 

しかし石門星の最大の注意点は、10代にどのような影響を受けるかが人生を決定してしまう恐れがあり、師であれ友であれ、この時の影響は生涯を貫いていくのです。

 

そこで集団を形成していこうとするわけで、石門星には政治、宗教、事業など、すべて仲間を必要とする世界の中で、自己の想念が生かされることになるのです。

 

*中央が「石門星」の理想的な配置

中央=石門星

北方=①司禄星 ②禄存星

南方=①玉堂星 ②龍高星

東方=①牽牛星 ②車騎星

西方=①調舒星 ②鳳閣星

 

 

*「石門星」の特徴

①特質=思考性の膨張型

②気質=和合性、協調性、社交性、政治力、説得力、並行思考

③五行=木性

④五徳=仁徳

⑤陰陽=陰

⑥本能=守備本能

⑦純濁法=濁性

 

*****

 

「37.庚子」*未来を読み解く干支研究







人間は、この世に生を受けた瞬間から3個の干支が与えられ、宇宙の気を宿します。
十干は精神、十二支は行動を意味しておりますが、干支とは「精神と行動」が一体となったものと解釈できます。

年干支=甲 子(生まれた年の干支)/25%のウエート
月干支=乙 丑(生まれた月の干支)/25%のウエート
日干支=丙 寅(生まれた日の干支)/50%のウエート

干支は合計で60種類存在していますが、年の干支が一巡すると「還暦」を迎え、満60歳のお祝いが待ち受けております。
「六十花甲子」では、自分の人生に大きく拘わっているこの3個の干支には、それぞれの役目や人生目標、さらに生き方のヒントが隠されているのです。

*記事の特徴
①干支の特徴(特徴・異常干支・三業干支・天中殺)
②六十花甲子(自己の宿命と運勢)
③干支の関係性(干支の意味と関係性)
④干支の持つキーワード(その年のトレンド・精神作用・イメージ)

*干支早見表
01.甲子=1924-1984/02.乙丑=1925-1985
03.丙寅=1926-1986/04.丁卯=1927-1987
05.戊辰=1928-1988/06.己巳=1929-1989
07.庚午=1930-1990/08.辛未=1931-1991
09.壬申=1932-1992/10.癸酉=1933-1993

11.甲戌=1934-1994/12.乙亥=1935-1995
13.丙子=1936-1996/14.丁丑=1937-1997
15.戊寅=1938-1998/16.己卯=1939-1999
17.庚辰=1940-2000/18.辛巳=1941-2001
19.壬午=1942-2002/20.癸未=1943-2003

21.甲申=1944-2004/22.乙酉=1945-2005
23.丙戌=1946-2006/24.丁亥=1947-2007
25.戊子=1948-2008/26.己丑=1949-2009
27.庚寅=1950-2010/28.辛卯=1951-2011
29.壬辰=1952-2012/30.癸巳=1953-2013

31.甲午=1954-2014/32.乙未=1955-2015
33.丙申=1956-2016/34.丁酉=1957-2017
35.戊戌=1958-2018/36.己亥=1959-2019
37.庚子=1960-2020/38.辛丑=1961-2021
39.壬寅=1962-2022/40.癸卯=1963-2023

41.甲辰=1964-2024/42.乙巳=1965-2025
43.丙午=1966-2026/44.丁未=1967-2027
45.戊申=1968-2028/46.己酉=1969-2029
47.庚戌=1970-2030/48.辛亥=1971-2031
49.壬子=1972-2032/50.癸丑=1973-2033

51.甲寅=1974-2034/52.乙卯=1975-2035
53.丙辰=1976-2036/54.丁巳=1977-2037
55.戊午=1978-2038/56.己未=1979-2039
57.庚申=1980-2040/58.辛酉=1981-2041
59.壬戌=1982-2042/60.癸亥=1983-2043

*無料で検索
ご自分の干支を調べたい方は、「天占サイト」の
右下部分に「簡易算命」で確認して下さい。

https://www.ten-sen.com

*****

 

幼少期の算命学

星の育ち方*貫索星

 

貫索星が中央部に算出される人は、思考の速度が遅くなる傾向にあります。

貫索星の幼少期は本来の思考が形成されるまでに時間を要し、個性的な部分が薄く、才能や特技などこれと言った特徴は見られません。

 

貫索星が育つベストな環境は、家族構成や生活レベルによって、思考の内容が大きく異なる特色があり、大家族の中で育てば自己を強く出さず、自分の範囲だけを、自己のペースに合わせて守ろうとするのです。

 

回りの環境に捕らわれず、自己の世界を形成していきますが、特色は「環境の動」により、自己形成の速度が早まるのです。

 

これは子供時代に、自己を取り巻く環境の慌ただしさや、自己本来のペースを乱されやすい逆境の中でのみ、自己形成をなし得るわけで、家庭のムードが子供中心主義であれば、逆に自己形成が遅れてしまうのです。

 

貫索星の質をより早く身につけるためには、「周囲が最大の動」と言う環境を与えれば、貫索星の想念は自然に「静へと」進み、自己を見つめる目が養われてくるのです。

 

ある意味では自己を中心とした恵まれた環境下では、貫索星本来の質が育つことは難しく、反対に家族全体が多忙を極め、「孤独的な環境」を与えられた場合は、自己の本質が曲げられることなく、順当に成長する基盤になるのです。

 

人間の運命は、環境の良好さのみが自己形成に役立つ訳ではなく、貫索星のように逆の場合もあるのです。

 

また貫索星は東方に位置し、東方は後継者の気運を宿す場所です。

後継者とは次代を背負う役割であり、次代を形成する者がふらふらと時代に流されるようでは、次代を形成することは不可能です。

 

次の時代を円滑に作り上げるためには、親と言えども敵に回すことも視野に入れなければなりませんが、しかし貫索星の質には自ら攻撃に転ずることもなく、子供時代は実に温厚です。

 

回りから攻撃を受けてこそ、初めて本質の自我や頑固さに磨きがかかるために、「常識的な悪循環」により、「真の本質」が形成されていくのです。

 

*成長のポイント=「積み重ね型」

最高の守備力とは「沈黙」であり、自己を現さないことであり、若年において自己の想念や考え方を表に出すことはありません。

 

思考の原点は孤独の中にあり、人を頼ることもなく、人の影響を受けても自分なりに咀嚼して後、初めて自分のものとするのです。

 

しかし貫索星の思考は、心から湧き出るような思考ではなく、環境により与えられたものの中から自分なりに選別したもので、ある種の「体験の積み重ね」が、思考の原点となるのです。

 

積み重ね思考の重要性は、その底辺になるところの「体験の幅」の大小であり、底辺が小さいと思考の成長が遅れ、そのために体験や雑学的なものなど、自己の本質と一致しない世界を多く経験することにより、成人後に大きな思考の世界を構成していくのです。

 

逆境の中で育った貫索星は、その後は人間としての器量の大小へと繋がっていくのです。

 

小家族の中で両親が子供中心の生活を行ったり、良好な環境作りや勉学のためのムード作りをすると、日増しに思考の形成が遅くなり、成人後になっても、幼稚な人間性から抜け出すことはできません。

 

良好な環境下で弊害が少ないのは、「女子」だけですが、思考の底辺が小さいと、出処進退をわきまえられない自我となるでしょう。

 

貫索星は一定の速度で常に努力するエネルギーは見事ですが、人生の方向を間違えると、そのまま方向を変えることはできません。

積み重ね思考のために、思考を無に戻すことはできないのです。

 

そのために、中年以降において、どのような壁に突き当たっても、発想の転換をはかることが難しく、世の人たちは「頑固な人物」と評することになるのです。

 

*中央が「貫索星」の理想的な配置

中央=貫索星

北方=①禄存星 ②司禄星

南方=①龍高星 ②玉堂星

東方=①車騎星 ②牽牛星

西方=①鳳閣星 ②調舒星

 

 

*「貫索星」の特徴

①特質=頑固でマイペースを堅持

②気質=頑固、自我心、単独性、自立心、マイペース、ワンマン

③五行=木性

④五徳=仁徳

⑤陰陽=陽

⑥本能=守備本能

⑦純濁法=濁性

 

*****

 

 

週間運気予報

「4月12日~4月18日」

 

内容は干支が対象です。

見方は項目により(年)(月)(日)と表示の場合は、

年=年干支、月=月干支、日=日干支を対象とします。

 

*****

 

*4月12日(月)/庚寅

*六輝:「先負」/不成就日

①総合運(年・月・日):

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

②ビジネス運(年):

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「乙丑」、「乙卯」、「乙巳」、「乙未」、「乙酉」、「乙亥」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「庚寅」、「庚申」

⑥争いに注意(年・月・日): 「壬申」、「丙申」、「戊申」、「甲申」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月13日(火)/辛卯

*六輝:「仏滅」/一粒万倍日

総合運(年・月・日):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

②ビジネス運(年):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

④金運(日):

「丙子」、「丙寅」、「丙辰」、「丙午」、「丙申」、「丙戌」

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「辛卯」、「辛酉」

⑥争いに注意(年・月・日): 「丁酉」、「癸酉」、「乙酉」、「己酉」

⑦天中殺: 寅卯天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月14日(水)/壬辰

*六輝:「大安」

①総合運(年・月・日):

「甲申」、「丙申」、「戊申」、「庚申」、「壬申」

「甲子」、「丙子」、「戊子」、「庚子」、「壬子」

②ビジネス運(年):

「乙酉」、「丁酉」、「己酉」、「辛酉」、「癸酉」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「丁丑」、「丁卯」、「丁巳」、「丁未」、「丁酉」、「丁亥」

④金運(日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「壬辰」、「壬戌」

⑥争いに注意(年・月・日): 「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」

⑦天中殺: 辰巳天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月15日(木)/癸巳

*六輝:「赤口」

総合運(年・月・日):

「乙酉」、「丁酉」、「己酉」、「辛酉」、「癸酉」

「乙丑」、「丁丑」、「己丑」、「辛丑」、「癸丑」

②ビジネス運(年):

「甲申」、「丙申」、「戊申」、「庚申」、「壬申」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

④金運(日):

「戊子」、「戊寅」、「戊辰」、「戊午」、「戊申」、「戊戌」

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「癸巳」、「癸亥」

⑥争いに注意(年・月・日): 「乙亥」、「辛亥」、「丁亥」、「己亥」

⑦天中殺: 辰巳天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月16日(金)/甲午

*六輝:「先勝」

①総合運(年・月・日):

「甲戌」、「丙戌」、「戊戌」、「庚戌」、「壬戌」

「甲寅」、「丙寅」、「戊寅」、「庚寅」、「壬寅」

②ビジネス運(年):

「乙未」、「丁未」、「己未」、「辛未」、「癸未」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「己丑」、「己卯」、「己巳」、「己未」、「己酉」、「己亥」

④金運(日):

「庚子」、「庚寅」、「庚辰」、「庚午」、「庚申」、「庚戌」

「辛丑」、「辛卯」、「辛巳」、「辛未」、「辛酉」、「辛亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「甲午」、「甲子」

⑥争いに注意(年・月・日): 「壬子」、「丙子」、「庚子」、「戊子」

⑦天中殺: 午未天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月17日(土)/乙未

*六輝:「友引」

総合運(年・月・日):

「乙卯」、「丁卯」、「己卯」、「辛卯」、「癸卯」

「乙亥」、「丁亥」、「己亥」、「辛亥」、「癸亥」

②ビジネス運(年):

「甲午」、「丙午」、「戊午」、「庚午」、「壬午」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「庚子」、「庚寅」、「庚辰」、「庚午」、「庚申」、「庚戌」

④金運(日):

「庚子」、「庚寅」、「庚辰」、「庚午」、「庚申」、「庚戌」

「辛丑」、「辛卯」、「辛巳」、「辛未」、「辛酉」、「辛亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「乙未」、「乙丑」

⑥争いに注意(年・月・日): 「辛丑」、「癸丑」、「丁丑」、「己丑」

⑦天中殺: 午未天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*4月18日(日)/丙申

*六輝:「先負」

①総合運(年・月・日):

「甲辰」、「丙辰」、「戊辰」、「庚辰」、「壬辰」

「甲子」、「丙子」、「戊子」、「庚子」、「壬子」

②ビジネス運(年):

「乙巳」、「丁巳」、「己巳」、「辛巳」、「癸巳」

③異性運(恋愛・出会い)(年・月・日):

「辛丑」、「辛卯」、「辛巳」、「辛未」、「辛酉」、「辛亥」

④金運(日):

「壬子」、「壬寅」、「壬辰」、「壬午」、「壬申」、「壬戌」

「癸丑」、「癸卯」、「癸巳」、「癸未」、「癸酉」、「癸亥」

⑤変化の日(年・月・日): 「丙申」、「丙寅」

⑥争いに注意(年・月・日): 「壬寅」、「戊寅」、「庚寅」、「甲寅」

⑦天中殺: 申酉天中殺

*何事にも受け身で対応しましょう。

 

*****

 

タイトルの最後に「*」は、「戯言記事」

タイトルの最後の「*写」は、「写真」

 

 

今週のべっぴんさん

 

 

 

 

 

*****

 

*コロナ感染者

4月/全国感染者/重症/死亡 *東京感染者/重症/死亡

28日(日)=1785/341/28 *313/41/20

29日(月)=1345/342/29 *234/40/12

30日(火)=2076/368/33 *364/39/-

31日(水)=2841/382/49 *414/45/-

01日(木)=2606/380/18 *475/44/4

02日(金)=2760/394/22 *440/43/-

03日(土)=2774/408/8  *446/48/-

合計  16187/408/187  *2302/48/36

 

4月/全国感染者/重症/死亡 *東京感染者/重症/死亡

04日(日)=2472/431/12 *355/47/-

05日(月)=1565/445/19 *249/46/3

06日(火)=2652/451/28 *399/44/-

07日(水)=3451/456/30 *555/41/4

08日(木)=3447/464/25 *545/41/-

09日(金)=3462/483/27 *537/43/4

10日(土)=3697/511/27 *570/37/5

合計   20746/511/168 *3210/37/16

 

*****