池側昌男のブログ

池側昌男のブログ

ご挨拶・活動報告・政策、目標・後援会だより・トピックス

こんにちは。

 

 

先日の産業環境委員会では、農業振興方策についての質問もしました。

 

 

 

 

近年、従事者の高齢化、担い手不足が懸念されており、私のまわりでも農地が減ってきています。

 

以前質問した際に、農業の担い手に対して様々な支援策を講ずるとの答弁があり、それ以降これまでの主な支援策内容について今回質問しました。

 

 

認定農業者などで組織する団体等には、自らの経営規模の拡大や高齢化により耕作ができない方からの農作業委託等に対応できるよう、大阪府と連携し、堺ファーマー支援事業により、大型の農業機械導入や共同利用する冷蔵庫の設置などに係る補助を行っているとのことです。

 

一方、新規農業者には、農地の斡旋や小型の農業機械導入に係る補助等農業のスタートに必要な支援を行い、就農6年目から10年目の方については、より経営を安定させるため、ビニールハウスの設置に係る補助を行う等、就農者の段階に応じた支援を行うことで、中核的な担い手として成長しただくよう育成を図っているとのことです。

 

また、農業機械やトラックなどがアクセスできない農地は遊休農地化しやすく、西区太平寺では農地の所有者が土地を少しずつ持ち出し、自らが農道拡幅に取り組む事業や、近隣の学校園との地域交流事業などに対して、堺市農空間っ保全活性化事業補助金及び府の補助金を交付し支援してきました。

 

 

第3期堺市農業振興ビジョンが目指す堺の「おいしい・楽しい・美しい」をつくる都市農業を実現するためにも、これからもしっかりと取り組んでいただくようお願いしました。

 

 

機械化は進んでいるようですが、従事者の高齢化、担い手不足について、将来に向けた新たな取り組みはあるのか質問しました。

 

 

意欲のある農業者などは、堺ファーマー支援事業を活用し、GPS付田植え機や薬剤散布用の農薬ドローンなど、より省力化を目指した新技術を備えた機械の導入を始めているとのことです。

 

また、補助事業により農道を拡幅することで農地へのアクセスしやすくなった西区太平寺や、稲作用機械を導入した中区福田の地域では、稲作に加え大麦栽培に取り組む等農地の活性化を図り、ハーベストの丘では、太平寺で収穫された大麦などを原料とするクラフトビールを商品化し、好評のうちに完売したと報告がありました。

 

 

府の補助金の交付の支援で、地元西区の太平寺においては、自らが農道拡幅に取り組む事業を行い、良い声が聞こえています。

 

ハーベストの丘では太平寺で収穫された大麦を原料にクラフトビールが商品化し、完売されたことは、今後においても大変喜ばしいことであると思います。

 

 

従事者の高齢化、担い手不足については色々な課題があると思います。

 

農地は荒廃あるいは転用されると元に戻すことは非常に困難です。

 

地域ごとに様々な課題があると考えますが、農業従事者の方の意見をよく聞いていただき、地域の実情に沿った支援をこれからもしていただく事を要望しました。

こんにちは。

 

先日私が所属している産業環境委員会で質問にたちました。

 

 

 

 

8月補正予算に15,680千円計上した「新型コロナウイルス感染症対策商店街支援事業」について質問しました。

 

 

まず、「新型コロナウイルス感染症対策商店街支援事業」とはどのようなものなのか。。

 

主体的に商業活性化に取り組む商店街を支援するもので、市内商店街が実施する「新たな生活様式の実践に資する新たな取り組み」や「コロナ対策を講じた上での賑わい創出に向けた取り組み」、「商店街のPR効果」に対して支援を行うものです。

 

具体的には、11月から開始予定のキャッシュレス決済を利用することにより、最大20%のポイント還元を受けることができる堺市の消費活性化事業と連携を図り、WEBサイトの活用や横断幕、チラシ等によりPRを行い、消費者を商店街へ呼び込むといった賑わい創出の事業などが想定されます。

 

また、それらの賑わい創出の事業に併せて感染所対策を実施する商店街に対しては、感染症対策にかかる経費も支援の対象としているとのことです。

 

 

1商店街に対して100万円を限度に補助を予定しているとのことなので、コロナ禍で苦しんでいる商店街の皆さんの事業継続の支援につなげていただくよう要望しました。

 

 

こんばんは。

 

 

先日、岡下昌平代議士と西区の皆様へご挨拶へと回らせていただきました。

 

 

 

 

岡下代議士は、今回の菅内閣において内閣府大臣政務官に就任されました。

 

 

 

 

握手などはできませんが皆さん手を振ってくださりありがとうございます。

 

 

岡下代議士ともしっかりと協力し合って頑張っていかなければ!!とより一層気合が入りました。

こんにちは。

 

 

コロナ禍ではありますが、これからの時期はインフルエンザにも気を付けていかなければなりません。

 

 

そこで、季節性インフルエンザのワクチン接種の時期に関してご協力のお願いです。

 

 

 

 

※感染防止の3つの基本である●身体的距離の確保●マスクの着用●手洗い徹底もお願いします。

 

※接種に当たってはあらかじめ医療機関に電話での予約をお願いします。

 

 

今年は、過去5年で最大量(最大約6300万人分)のワクチンを供給予定ですが、より必要とされている方に確実に届くようにご協力をお願いします。

おはようございます。

 

 

昨日より日本に住む全世帯が対象の国勢調査が始まっています。

 

 

 

 

 

 

インターネット回答期間:9月14日(月)~10月7日(水)

 

調査票(紙)での回答期間:10月1日(木)~10月7日(水)

 

 

詳しくは下記の国勢調査2020をご覧ください↓↓

 

 

国勢調査2020

 

 

国勢調査は、生活環境の改善や防災計画など、皆さまの生活に欠かせない様々な施策に役立てられる大切な調査です。

 


ご自宅に調査書類が届きましたら、ご回答をお願いいたします。