池田貴将 Official Blog

池田貴将 Official Blog

世界No.1コーチと評価されて20年以上が経過するアンソニーロビンズ。彼のトレーニングを終え、経営者・リーダーの方々に現場に活かせるアンソニーロビンズのメソッドを伝えている http://www.ikedatakamasa.com/



池田貴将「脳」を完全公開
4月25日(日)13:00~15:00

現在、募集中!
お一人様:4,980円(税込)

詳細・お申込みはコチラから
https://ikedatakamasa.jp/brain/
ただの早起き論です笑

ちなみにぼくは「早起き」と言わず、
「朝起きる」とだけ言います。

早いって思ったら、つらいですので笑




━━━━━━━━━━━━━━━━

    \ 現在、募集中/
初開催「池田貴将の“脳”を完全公開」
   特別オンラインセミナー
>>> https://ikedatakamasa.jp/brain/

━━━━━━━━━━━━━━━━

異例のお申込みを頂き、ご用意していたテキスト部数を
遥かに超えるお申し込みをいただきました。


その後もあまりにも多くのお問い合わせが続いたため、
テキスト増刷決定となりました。


追加でお席をご準備させていただきます。
これが最後となりますので、どうぞお見逃しなく。

>>> https://ikedatakamasa.jp/brain/




━━━━━━━━━━━━━━━━
    \ 絶賛発売中/
3年ぶりの最新刊『タイムマネジメント大全』
━━━━━━━━━━━━━━━━

自らの時間の使い方を変革するために、
これまでのタイムマネジメント本とは全く違う1冊をつくることができました。

大全なので、根拠のない感覚や思い込みに基づく提案はありません。

どのページから読んでも、あなたの時間の使い方を変える
具体的なヒントと研究結果が溢れています。

皆様のそばにいて、力になれる1冊でありますように。

『タイムマネジメント大全~24時間すべてを自分のために使う~』
https://www.amazon.co.jp/dp/4479797408/

卓越している人の共通点:パッション

活躍していくために必要なのは、
さまざまな状況があってもやり抜き、未来へと進む力です。

そのために必要なことは、3つ。

1)魅力的な未来

あなたがどういう未来を描いているのか、それがどのくらいあなたにとって魅力的なものなのか。

目先のことに振り回されるのではなく、目先のことに忙しくなるのではなく、
1日を過ごしたら1日分、人生を進ませるために、
魅力的なゴールが欠かせません。

2)信念

ゴールへと進んでいこうとすれば、必ず壁にぶつかります。
必ず思うような結果が出ない時期があります。

そうした時に、「それでも自分にはやれるんだ」という
信念を持っている人はとても強いです。

失敗は、学習へ代わり、批判は行動への促進剤へと変化します。
信じていることが現実になります。
ですから、あなたが限界を設定しなければ、そこに限界はないのです。

3)パッション(情熱)

強い信念を生み出し支えるのが、パッションです。

自分の中にある内側から突き動かされるような感情です。
あなたに元気さ、ワクワク、楽しさを与える感情がパッションです。

パッションがなければ、どれだけ自信があっても、
どれだけ素晴らしい目標と計画があっても、行動をすることができません。

実際、世の中は、能力はあるけれど、情熱がない人が溢れています。

一方、人生を変えていく人たちは、能力がなくても情熱がある人たちです。

あなたの情熱を点火するために、今月はパッションを拡大させましょう。

池田貴将



最新の音声がアップされました!

158.マイブームにまっすぐになろう
https://www.himalaya.com/business-podcasts/325573/158-134687074


是非、フォローください!



━━━━━━━━━━━━━━━━

    \ 現在、募集中/
初開催「池田貴将の“脳”を完全公開」
   特別オンラインセミナー
>>> https://ikedatakamasa.jp/brain/

━━━━━━━━━━━━━━━━

異例のお申込みを頂き、ご用意していたテキスト部数を
遥かに超えるお申し込みをいただきました。


その後もあまりにも多くのお問い合わせが続いたため、
テキスト増刷決定となりました。


追加でお席をご準備させていただきます。
これが最後となりますので、どうぞお見逃しなく。

>>> https://ikedatakamasa.jp/brain/




━━━━━━━━━━━━━━━━
    \ 絶賛発売中/
3年ぶりの最新刊『タイムマネジメント大全』
━━━━━━━━━━━━━━━━

自らの時間の使い方を変革するために、
これまでのタイムマネジメント本とは全く違う1冊をつくることができました。

大全なので、根拠のない感覚や思い込みに基づく提案はありません。

どのページから読んでも、あなたの時間の使い方を変える
具体的なヒントと研究結果が溢れています。

皆様のそばにいて、力になれる1冊でありますように。

『タイムマネジメント大全~24時間すべてを自分のために使う~』
https://www.amazon.co.jp/dp/4479797408/

こんにちは、池田貴将です。


1週間前より募集している
初開催「池田貴将の“脳”を完全公開」特別オンラインセミナーですが

異例のお申込みを頂き、ご用意していたテキスト部数を
遥かに超えるお申し込みをいただきました。


その後もあまりにも多くのお問い合わせが続いたため、
テキスト増刷決定となりました。


増刷分のみ、追加でお席をご準備させていただきます。
これが最後となりますので、どうぞお見逃しなく。

>>> https://ikedatakamasa.jp/brain/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「自分はこんな人間」と決めつけていないですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちの多くが「自分はこんな人間だ」と決めつけて、
その決めた枠の中で生活をしています。

「私は、行動力がない人間だ」とか、
「私は、ここまでなんだ」とか、
「どうせやってもだめなんだ」とか、

ビジネス、人間関係、健康、お金、時間の使い方、コミュニケーション、など、
さまざまな分野で「自分はこんな人間」と決めてしまっています。


そして、一度「自分はこんな人間だ」と決めてしまうと、
あらゆるあなたの行動は、その定義にあわせて小さくなっていきます。


人は、“自分”以上のものをやろうとしませんし、
“自分”に合わないものを受け付けません。


さて、ここで考えてもらいたいのは、
「そもそも、どうやって“自分はこんな人”という枠が出来上がったのか?」です。


親や教師や、上司や友人から言われたことも影響を与えるかもしれませんが、
それは本質ではありません。


本質は、「あなたがとった行動によって、自分を決めている」のです。


周囲の声は、「あなたのしたこと」に比べれば、とても小さなものです。


あなたが家と会社の往復をしていれば、
「私は会社人間だ」と思うかもしれないし、

あなたがいつもじっと黙っていれば、
「私はおとなしい人間だ」と思うかもしれません。


あなたが早起きをすれば、
「私は決めたことができる人だ」と思うかもしれないし、

あなたが貯金をすれば、
「私はお金を貯めることができる人だ」と思うかもしれません。


私は15年前の夏、学生の時にセミナーの告知をスタートしました。
参加費1万5千円。時間は10時から18時までの8時間。


周囲からは、「セミナーなんてやれないよ」と言われました。


でも、私は「開催」しました。
結果、「私はセミナーをやる人だ」という定義がつくられ始めたのです。


周囲の声は、あなたについて「意見」をすることはできますが、
あなたがどんな人間かを「定義」することはできません。


なぜなら、あなたがどんな人間かを定義できるのは、
世界で唯一、「あなたのしたこと」だけだからです。


あなたがしたことで、あなたは「自分はこんな人だ」と枠を設定し、
そして、その枠のなかであなたは人生を過ごすようになります。


もっとも重要なのは、
私たちは、みな「やったことのないこと」の方がはるかに多いのです。


行ったことのないお店、やったことのないスポーツ、
言ったことのない言葉、読んだことのない本、
話したことのない人、食べたことがないもの、試していないこと、etc.


「やったことのないもの」の方が多いのに、
私たちは「やったこと」で自分を決めつけてしまっています。


これはとても、もったいないことです。


やったことのないことがあるということは、
それだけ、あなたは新しい自分になれる道がある、ということです。


あなたがよくいく場所や、行動範囲、接する人を書き出してみてください。
とても狭い範囲になっていませんか?


覚えておいてください。

「あなたがしたこと」=「あなた」
「あなたがまだしてないこと」=「あなたの可能性」

なのです。


世界には、

「自分はこんな人間だ」と決めつけて、その枠から出ない生活のまま、
「毎日がつまらない」「こんな自分は嫌だ」とくすぶってしまっている人たちがいる一方で、

「やったことのないこと」を試みて、自分の枠を広げ、
「こんな自分がいたなんて知らなかった!」と新しい自分をつくり続けている人たちがいます。


人の可能性を追求した世界中の研究で共通するのは、
「あなたの可能性は無限である」ということです。


そういうと時々、「でも私は今からオリンピックで金メダルを取れないじゃないか!」
と反論する人がいるのですが、


もしあなたが「可能性=結果」だと思っているとしたら、大間違いです。


「可能性とは、あなたが取ることのできる選択肢の数」です。


あなたが何歳であれ、まだ試していないことが山ほどあるはずです。
そして、あなたは、「やっていないこと」をやることで、
「自分はこういう人」というものを新たに創造することができるのです。


覚えておいてください。


人生がつまらないと感じている時は、
自分の枠の中がつまらないのです。

世界がつまらないと感じている時は、
あなたの選んでいることに見飽きただけです。


試してないことを試しましょう。
やってみていないことをやってみましょう。
昔できなくても、今はできるかもしれません。


あなたは、新しいことをすることで、
新しい自分をつくることができるのです。


少しでもヒントになれば幸いです。


池田貴将


P.S.

4/25(日)に開催するセミナーですが、
大変ご好評を頂いており、「録画配信」のご要望も多数頂いておりますが、
今回は「ライブ配信」のみでのお届けとなります。

ただ、大反響のためもしかしたら、次回どこかのタイミングで、
同じテーマのセミナーを開催させて頂けるかもしれません。

今回ご参加が難しい方は、
その時はぜひ、ご参加頂けましたらと思っております。

また、海外からのご受講ももちろん可能です。
テキストのみ、PDFデータでの配布となりますことをご理解下さい。


□■□━━━━━━━━━━━━□■□

    〈 残席わずか 〉

4/25(日)池田貴将「脳」を完全公開!
   特別オンラインセミナー

 https://ikedatakamasa.jp/brain/

□■□━━━━━━━━━━━━□■□

■日時:

4月25日(日)13時〜15時

■ライブ配信方法:

Zoom(ズーム)というオンラインビデオ会議システムを利用して配信いたします。
事前にZoomアカウントをご登録いただくか、
Zoomアプリをインストールしていただきますようお願いします。

録画配信はありません。

■ご参加費:4,980円(税込)

■お申込・セミナー詳細はこちらから:
https://ikedatakamasa.jp/brain/

※海外からのご受講も可能です。
テキストのみ、PDFデータでの配布となりますことをご理解下さい。
お申込みの際、備考欄にその旨ご記載下さい。

■主催:ライフストラテジー株式会社

■お問い合わせ:

株式会社オープンプラットフォーム 池田貴将事務所
メール:info@ikedatakamasa.com
こんにちは、池田貴将です。


先日募集開始させていただきました
池田貴将「脳」完全公開スペシャルセミナーですが、

私の予想を遥かに上回る反響を頂き、
続々とお申し込みを頂いております。


本当にありがとうございます。


開始から5日ですが、残席がわずかとなっております。
どうぞ、満席となる前にこの機会をお見逃しなく。
>>> https://ikedatakamasa.jp/brain/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 時間の使い方を変える4つのテクニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●テクニック1)
行動リストは、一番上に最初に取り掛かりたいことを書く



今日やることをリストで書き出す方も多いと思います。
(書き出していなかったら、ぜひ書き出してくださいね)


その時に、「1番上」にもってくる行動を変えるだけで、
行動する順番が変わりやすくなります。


普通、人は、「思いついた順番」でリストを書きます。


「あ、あれ今日締め切りだ。そうだあの資料も頼まれていた。
 お客さんへのプレゼンも準備しとかなきゃ。あ、メールも返信しなきゃ・・・」


一度書き終わったら、

「最も重要なもの・最も取り掛かりたいもの」を、

一番上に、書き直しましょう。


達成レベルが高い人は、
1日の始まりの時間に、重要なものに取りかかる習慣を持っています。


エネルギーも十分あり、意志力も十分あり、思考も冴えている状態、
そんな仕事始めに、最も価値の高い仕事をしてしまいましょう。


今日やることを書き出したら、
それを重要な順番・取り組む順番に並び替えてみてください。


「リストを並び替える」だけで、脳はその気になりやすくなります。


●テクニック2)
「時間のブラックホール」を見つける



誰にでもあるのが「時間のブラックホール」と
私が呼んでいるものです。


つまり、そのことをやっていると、
どんどんと時間が吸い込まれていってしまうものです。


例えば会議の資料作成のために、インターネットで調査をしていたら、

「これ知らない、なんだろう?」
「これもまだわからない。もっと調べなきゃ」

と「資料を作ること」ではなく
「調べること」にほとんどの時間を費やしてしまう。


これでは資料の質が低くて当然です。


また、帰宅してソファに寝転び、スマホを触ると、
あっという間に1時間や2時間が経過するなら、それもブラックホールです。


ゆっくりしてはいけないわけではないし、
調査をしてはいけないわけではないのです。


「これを自分はどこまでも時間をかけてしまう」
という癖を把握することが大事なのです。


どうやったらブラックホールがわかるかといえば、
テクニック3を使ってみてください。


●テクニック3)
「タイム・レコード」をとる



タイム・レコードとは、時間の使い方を記録することです。

ウェンディ・ウッド教授の調査では、
「人は1日の行動のうち60%は、考えずに行っている」
ということがわかっています。


何をしているかはわかっていても、
それについて「考えて行っている」わけではない、ということです。


ダイエットでも、食べ過ぎていることはわかっていても、
食べている内容について「考えて食べている」わけではなかったりします。


まず記録してみると、その時間の使い方でいいのかどうか、
を考えるきっかけになります。


●テクニック4)
自分のことを好きになる時間・嫌いになる時間をリストにする



どういう行動をしたらいいかと考える時に、
「目標達成のためにやらなきゃ」という意識だと苦しくなるだけです。


苦しい行動は、必ず続かなくなります。
逆に、うまくできなくても、好きで続けられれば上達して成功しやすくなります。


ぜひ作ってもらいたいリストとしては、

「これをやると、自分のことが好きになる」
「これをやると、自分のことが嫌いになる」


という行動リストです。


例えば、先延ばしは、楽かもしれませんが、
それをした自分が嫌いになってしまうかもしれません。


例えば、運動は、始めるまで面倒くさいかもしれませんが、
終わった時に自分のことを好きになれるかもしれません。


人生が充実するかどうかは、手に入れている結果がどんなものかよりも、
「自分のしている行動を、自分が好きかどうか」によって決まります。


とてもシンプルなリストですが、自信アップ・充実感アップに直結しますので、
最近いまいち楽しくないな、という方はぜひ取り組んでみてください。


今日は時間管理のテクニックについてでした。
時間管理についての新刊もとても好評です。


私が実行しているものだけを取り揃えている実践メソッドなので、
ぜひまだの方は手にとって読んでみてください。


>>>https://www.amazon.co.jp/dp/4479797408/


それでは今日も価値のあることに時間を投下していきましょう!


池田貴将


P.S.

4/25(日)に開催するセミナーですが、
大変ご好評を頂いており、「録画配信」のご要望も多数頂いておりますが、
今回は「ライブ配信」のみでのお届けとなります。

ただ、大反響のためもしかしたら、次回どこかのタイミングで、
同じテーマのセミナーを開催させて頂くかもしれません。

今回ご参加が難しい方は、
その時はぜひ、ご参加お待ちしております。

また、海外からのご受講ももちろん可能です。
テキストのみ、PDFデータでの配布となりますことをご理解下さい。


□■□━━━━━━━━━━━━□■□

4/25(日)池田貴将「脳」を完全公開!
特別オンラインセミナー
https://ikedatakamasa.jp/brain/

□■□━━━━━━━━━━━━□■□

■日時:

4月25日(日)13時〜15時

■定員:100名 残席わずか!

■ライブ配信方法:

Zoom(ズーム)というオンラインビデオ会議システムを利用して配信いたします。

事前にZoomアカウントをご登録いただくか、
Zoomアプリをインストールしていただきますようお願いします。

録画配信はございません。

■ご参加費:4,980円(税込)

■お申込・セミナー詳細はこちらから:
https://ikedatakamasa.jp/brain/

※海外からのご受講も可能です。
テキストのみ、PDFデータでの配布となりますことをご理解下さい。
お申込みの際、備考欄にその旨ご記載下さい。

■主催:ライフストラテジー株式会社

■お問い合わせ:

株式会社オープンプラットフォーム 池田貴将事務所
メール:info@ikedatakamasa.com