━━━2022/7/2━━━━━━━━━━━━



こんにちは池田貴将です!

本日は
『影響を与え、
成果をあげるひとが意識している3要素』
についてお話しします。

チョイス/バリュー/フレームの3要素に影響を与える
  
結果を出すための3要素があります。

「 Choice (選択) 」
「 Value (価値観) 」
「 Frame (解釈) 」


この3つの要素をしっかりとマネジメントしていけば、
あなた自身の望む結果にどんどんと近づいていくでしょう。


実際に私自身がサポートさせて頂いている方々に対しても、
この3つの要素を変化させていくことで、
業績や成果が大きく変わっています。


また影響力のある人は、必ず相手を「選択の場面」へ導きます。


選択を強要することはできませんが、
選択することが可能な状態をつくること、
これが影響力のある人が日々していることでもあるのです。


■1)Choice(選択)

あなたは日頃なにを選択しているでしょうか?
選択は時間の使い方に現れ、
時間の使い方はダイレクトに成果につながります。


結果を出すために大切なのは、
苦しむことでも、焦ることでも、がんばることでも、根性でもありません。


結果につながる選択をすること。


なにか特別なことをやらなければ、成果がでないわけではありません。
むしろ、結果につながることを誰に言われるわけでもなく、
行えるひとが成果を手にいれるだけです。


西洋にはこんなことわざがあります。

「同じことを選びながら、違う結果を期待すること。
 これを狂気とよぶ 」


違う選択が、あなたを違う場所へ導くのです。


シンプルに言えば、
成功している人は、失敗している人がしていないことを選択し、
失敗している人は、成功している人がしていることを選択していないだけです。


他人の結果ばかりに目を奪われるのではなく、
どんな選択をしたから、良い結果/悪い結果なのかを学習しましょう。


■2)Value(価値観/大切なこと)

なにを選択するのか、なにに満足感を感じるのか、
なにを喜びと感じ、なにを悲しみと感じるのか。


こうしたことに影響を与えるのが「価値観」です。


多くのひとは自分が大切なものをわかっていません。
なにが大切なのかがわかっていなければ、充実した人生を送るのはむずかしいでしょう。


また大切なものはある、と思っていても、

「このプロジェクトが大切」
「この釣竿が大切」
「仕事の評価が大切」etc..

というように、

ほとんどの人は、
「手にいれるもの/所有するもの(HAVE)」に価値をおきます。


目に見える「手にいれるもの/所有するもの(HAVE)」に価値を置いていると、

「プライベートと仕事の両立がむずかしい」
「自分のやりたいこともあるのに、子供の世話で時間がとられる」
「会社に残りつづけるか、起業するか」

etc..

という「外側」の選択で悩むようになります。
でもそれは現象であり、枝葉なのです。


本当に大切なのは、
「あなたが自分の人生をより善く生きるために、
 どんな在り方を大切にしていきたいのか」ということ。


特に、現代のような生活に必要な最低限のものが所有されていて、
プライベートと仕事の境界線があいまいになればなるほど、

「どんな在り方/生き方(BE)」でいたいのかを、
きちんと明らかにすることが大切です。


そうすると、他人が所有しているから、とか、
他人が評価してくれたり、羨んでくれるから、とか、
そういう「外側」の理由で選択しなくなります。


「だって、ここに私はこれを大切にして生きていきたいんだもの」という
「内側」の理由で選択することができるようになります。


すると充実感や高いセルフイメージや人への寛容さが手にはいるのです。


■3)Frame(解釈/意味づけ)

ひとは、フレームという「自分のものの見方」と
付き合っていかねばなりません。
生きるとは、「自分のものの見方」を体験することでもあります。


だから、あなたが人生を、どのように見ているのかを変更すれば、
人生が変わるのです。


そして、影響を与えるひとは、他人のこの3つの要素を変える力を、
必ずもっています。




少しでもヒントになったら幸いです。

池田貴将


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



池田貴将オンラインサロン
「チェンジザ・ワールドカレッジCWC」はこちら
>>> https://cwcollege.net/

池田貴将のInstagramはこちら
>>> https://www.instagram.com/takamasa_ikeda

池田貴将のTwitterはこちら
>>> https://twitter.com/ikedatakamasa

池田貴将公式サイトはこちら
>>> https://ikedatakamasa.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



自分では決して読めないような
日本未発売「洋書」の最重要部分が手に入る



yousyo+


毎月980円(税込)。一冊分の洋書を動画で解説
初月無料でまずはお気軽にお試しください

詳しくはこちらから>>>
https://ikedatakamasa.tv/service/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━2022/7/1━━━━━━━━━━━━



こんにちは池田貴将です!

本日は
『ゴールを達成できる人と達成できない人の差』
についてお話しします。

どうやら私たちの脳は、夢を描く部分と、
行動する部分が異なるようです。
  
  
「あれをしたい」「これをしたい」と夢をもっているのに、
「なかなか一歩目が踏み出せなくて」と行動できない人たちがいます。
  
  
「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」と目の前のことに追われて、
「気づいたら未来につながることをなにも考えていなかった」という人たちがいます。
  
  
「夢やゴールを描くパート」と
「ゴールに向かって行動を起こすパート」が、
うまく協力しあうことが大切です。
  
  
うまくいく人たちは、この脳の2つの部分を上手に使っています。
そして、よくよく観察すると「ある小さな習慣」をもっています。

「なにがしたい?」「なにを目指す?」という問いの後に必ず、
「じゃあ、まずどうする?」という問いを立てている、ということです。
  
  
なにがしたい?
なにを目指す?
  
  
こうした未来を描く問いには答えられるひとも、
  
  
「じゃあ、まずどうする?」という問いには詰まる人が多くいます。
  
  
新刊「この選択が未来をつくる」の要点は、
「目の前のことに対する行動」よりも、
「未来につながる行動」を優先させることでした。
  
  
なかなか未来につながる行動がとれない人も
「なにをしたらいいかわかっているんだけどねぇ」と言います。
  
  
英語の勉強、ダイエット、アポイントをとる、人を育てる・・・etc.
  
  
いずれもこれはただの「テーマ」を上げているだけで、
目指しているものでもなければ、
まずどうするかというアクションでもありません。
  
  
なぜ目指しているものではないのか?
それは「こうなったら終わり!」という完了する姿が描けていないからです。
  
  
肉体労働のときは、畑の隅から隅までを耕せば「完了」とわかりました。
でも、英語の勉強とは、どうなったら「完了」なのかわかりません。
ひとを育てる、というのも、たくさんの人が口に出しますが、
どうなったら「完了」なのか不明です。
  
 
脳は、「どうなったら完了なのか」がわからないものに対しては、
そもそも行動を起こそうという気持ちになりません。
  
  
「こうなったら完了!」というのが
「目指しているもの」には必要です。
  
  
100mを10秒で走る。
机の上にものが載っていない状態をつくる。
体重計が○kgになる。
  
  
完了する姿がわかって初めて、ひとは行動を起こそうという気になるのです。
  
  
世界的なコーチ アンソニー・ロビンズは言います。
  
  
「 理想を描いたら、それに向かった一歩を踏み出すまで、その場を離れてはならない 」
  
  
つまり、多くのひとは「こうなりたいな」「あぁなりたいな」と
せっかく描けても、それに向けた一歩を踏み出さないままその場を離れてしまうのです。
  
  
ある実験では、
ゴールを立てると、1時間は行動を起こす意欲が高まるそうです。
  
  
だから、ゴールを立てたタイミングが鍵なのです。
  
  
「じゃあ、まずはどうする?」
  
  
ここを決めるのです。
  
  
多くのひとが「まずどうする」を決められないのは、
必ずしも決めた場所ですぐに動けるわけではないからです。
  
  
ですから、
「じゃあ、まずどうするか?」というのは大きく2つに分かれます。
  
  
1)今その場でやれるもの
  
 これはもちろんその場でやってしまいましょう。
 そして、即座に「じゃあ次はどうする?」と問いましょう。
  
  
2)今その場ではやれないもの
  
  オフィスにいないと出来なかったり、パソコンがないとできなかったり、
  だれか特定の人と会ってないとできなかったり、
  そもそも今はその時間がとれなかったり、
  今すぐその場で行動ができないものがあります。
  
  
  これは手帳に書き込みましょう。
  そして、手帳をみて、タイミングがきたら、すみやかに行いましょう。
  
  
きちんと「まずどうする?」というのが整理できていれば、すぐに動けます。
もし、それでもためらうなら、もっと前のステップがあるというだけです。
  
  
行動を起こせないのは、行動力がないからではなく、
行動にはどんな種類があるのかと
いうことがわかっていないからなのですが、
今回は長くなったのでまたタイミングをみてお伝えいたします。
  
  
あくまでも「まずどうする?」というのは、
あなたがハッキリとその行動をしている自分が
思い浮かぶものを選んでくださいね。
  
  
自分ができているイメージが浮かばないものは、
必ず先延ばしにされますから。
  
  
長くなりましたが、少しでもヒントになったら幸いです。

池田貴将

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


池田貴将オンラインサロン
「チェンジザ・ワールドカレッジCWC」はこちら
>>> https://cwcollege.net/

池田貴将のInstagramはこちら
>>> https://www.instagram.com/takamasa_ikeda

池田貴将のTwitterはこちら
>>> https://twitter.com/ikedatakamasa

池田貴将公式サイトはこちら
>>> https://ikedatakamasa.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





『 読書アプリ 世界の名著を持ち歩く』





本から得た学びを、自分好みに保存・整理しメモを書き残し
いつでも必要なときに取り出せる最強読書アプリ

詳しくはこちらから>>>
http://booksmith.jp/



━━━2022/6/30━━━━━━━━━━━━



こんにちは池田貴将です!

本日は
『普通のひとが見落とす「一流のひとの視点」』
についてお話しします。

アンソニー・ロビンズが大切にしている言葉があります。
  
   
「 金メダルというのは、金でできているわけではないんだ。
  金メダルというのは、決意と、汗と、最後まで諦めなかった
  ガッツからつくられているんだ。 」
   
   
誰かが結果を出していると、
どのくらいの結果を出しているのか?という「結果」に注目する人と、
どうやってその結果を出したのか?という「過程」に注目する人がいます。
   
   
結果ばかりに注目すれば、
「別に金メダルが取りたいわけじゃないし」
「別にお金持ちになりたいわけじゃないし」
と本質を見誤ります。
   
   
過程に注目すれば、
「なるほど、継続的なトレーニングが最後の勝敗をわけたのか!」
「なるほど、常に自分が成功するイメージを描いていたから強豪に勝ったのか」
と常に自分の人生を良くするヒントに溢れています。
   
   
古今東西から言われているように、
「 成功する人は、
  成功していない人がしないことをしただけだ 」
   
   
つまり、成功していない人が「しないこと」を、
率先して行なっているのが「成功している人」ということです。
   
   
なにが成功なのかは各々の価値観で定義して
イメージしてもらえたらと思うのですが、
ここで大事なのは精神論で終わらせないことです。
   
    
「わたしはやる気がないから」
「わたしだって一生懸命やってるのに!」
   
   
こうした精神論は、大事なことから目を逸らさせます。
結果が異なるのは、選択が異なるからなのです。
   
   
また環境論も気をつけなければなりません。
   
   
「わたしは恵まれた環境で育たなかったから」
「わたしには十分なお金がなかったから」
「わたしには優れた指導者がいなかったから」
   
   
こうした環境論は、その環境を選んでいるのは自分である、
ということを忘れさせてしまいます。
   
   
成功や、優れた結果を
「あのひとは運がよかっただけ」「タイミングがよかっただけ」
「あのひとは環境に恵まれただけ」「あの人の実力じゃない」
と一蹴してしまえば、
小さな自尊心は満たされるかもしれませんが、
なにより「自分が新しい選択をする可能性」を失ってしまいます。
   
   
結果を羨むのではなく、
その人が結果をつくりだした「過程」に目を向けましょう。
   
   
アンソニー・ロビンズは達成する人たちをみてきて、
共通している次のことを大切にしています。
   
  
「 自分に規律をもてない人が、成功することはありえない 」
    
   
規律というと難しく、厳しく聞こえるかもしれませんが、
「小さな習慣」のことです。
  
   
それは早起きをしましょうとか、整理整頓をしましょう、
ということではありません。
   
   
さまざまな研究をみていくと、次のことが明らかになります。
   
   
「 難しいなら、ただ習慣になってないだけであり、
  簡単なら、もう習慣になっているだけだということ 」
   
   
ハッピーなひとは、イライラする方が難しく、幸せになる方が簡単です。
部屋が散らかるひとは、
片づけるのが難しく、散らかすのが簡単になっています。
   
   
しかし、難しいのは、それが大変だからではありません。
まだ習慣になっていないだけだということです。
   
   
「わたしは能力が低い」と言ってしまえば簡単ですが、
能力不足のほとんどは、なにかの習慣がないだけなのです。
   
   
コミュニケーションの能力が低いのではなく、
相手の気持ちを熟慮する習慣がないだけだったり、
話すよりも質問を大事にする習慣がないだけだったり、
相手の目を見る習慣がないだけだったり。
   
   
タイムマネジメントが下手なのではなく、
タスクを書き出す習慣がないだけだったり、
自分の考えをみつめる習慣がないだけだったり、
準備のための時間を確保する習慣がないだけだったり。
   
   
結果を焦らず、小さな習慣をみていきましょう。
   
   
Q:あなたが欲しい小さな習慣はなんですか?
   
   
小さな習慣の組み合わせで、
どんどん簡単にラクに生きられるようになっていきます。


少しでもヒントになったら幸いです。

池田貴将


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



池田貴将オンラインサロン
「チェンジザ・ワールドカレッジCWC」はこちら
>>> https://cwcollege.net/

池田貴将のInstagramはこちら
>>> https://www.instagram.com/takamasa_ikeda

池田貴将のTwitterはこちら
>>> https://twitter.com/ikedatakamasa

池田貴将公式サイトはこちら
>>> https://ikedatakamasa.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



自分では決して読めないような
日本未発売「洋書」の最重要部分が手に入る



yousyo+


毎月980円(税込)。一冊分の洋書を動画で解説
初月無料でまずはお気軽にお試しください

詳しくはこちらから>>>
https://ikedatakamasa.tv/service/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━2022/6/29━━━━━━━━━━━━



こんにちは池田貴将です!

本日は
『人生を変える2つの力』についてお話しします。


アンソニー・ロビンズは言います。


「 ひとをコントロールしているものは2つある。


  環境をどのように受け取るのか、という受け取り方(パーセプション)と、
  世界をどのように見るのか、という視点の持ち方(パースペクティブ)だ。


  この2つが人生の差をつくりだしている 」


とても恵まれた環境にいても、
「○○が足りない」「○○さえあればいいのに」
と不平不満をもち、いつまでも動かない人がいる一方で、


さまざまな障害があるにもかかわらず、
「あれをやろう!」「これをやろう!」
と出来ることから、どんどん動いていく人がいます。


「過去をどのように受け取っているのか」(受け取り方)
「現在をどのように見ているのか」(視点の持ち方)


この2つの差が、あなたの人生を生み出しているのです。
ちょっと考えてみてください。


Q1:「あなたは自分の過去をどのように受け取っていますか?」
Q2:「あなたは今置かれている状況をどのように見ていますか?」


失敗の痛みをきっかけに、
「自分はもうダメだ」と敗北者となることを選ぶのか、
「痛みは学習のサイン」と学習者になることを選ぶのか。


受け取り方は、ダイレクトにあなたの人生に影響を与えます。
喜びも、怒りも、不安も、興奮も、受け取り方によってうまれるのです。


受け取り方と、視点の持ち方は性格の問題ではなく、スキルです。
スキルによって、感情を安定させることができるのです。


また、今の環境をどう見るかという視点の持ち方も大切です。


たとえば人間関係があったときに、
「人間関係は、悩みの種だ」という視点をもっている人は、
問題があると、「あ〜またうまくいかない」
「ほら、また衝突した」
と行き止まりになってしまうでしょう。


一方、
「人間関係ほど、壮大でクリエイティブな場はない」という視点をもっている人は、
問題があれば、「なにが起きているんだろう」と好奇心をもって眺め、
「どんなアプローチで、もっといい関係をつくれるだろう」と、
新たなことを試すことで、より豊かな人間関係がもたらされます。


たとえば、「働く=拘束」と見るのか、「働く=遊び」と見るのか、
どう見るのか、という視点の持ち方が、その人の行動を決めていきます。


気づかないうちに視点が固まってしまってないでしょうか?
新しい視点を獲得し続けているでしょうか?


大切なのは、現状ではなく、どういう視点をもっているかなのです。



ひとに影響を与えようと思えば、
それが経営でも、セールスでも、チームでも、親子でも、


「相手がどのような受け取り方をするのか」
「相手がどのような視点をもっているのか」


をこの2つを把握することが大切です。


影響を与えるということについては、これまで400万人以上に影響を与え続けているアンソニー・ロビンズは、次のように言います。


「ひとは自分に与えている影響力以上に、他人に影響を与えることはできない」


相手を理解できるレベルは、自分を理解できるレベルに影響されるのです。


さて、あなたは自分がどのような「受け取り方」をしているのか、
そして、どのような「視点をもって」いるのか、をどれだけ理解しているでしょうか?


まずは自分の「受け取り方」を意識的に変えてみましょう。
「視点の持ち方」もこだわらずに様々な角度から見てみましょう。


あなたが変化をすれば、ひとに変化を起こす力も大きくなります。


影響を与えるとは、相手が変わる、ということです。
考え方が変わるのかもしれないし、
行動やふるまいが変わるのかもしれないし、
気分ややる気が変わるのかもしれません。


変化を起こすことが、影響力です。
あなたはどんな変化を起こそうとしていますか?


さまざまな経営者の方々と共にビジネスの発展をつくっていると、
ひとを、権威と威圧でコントロールしようとすることはとても難しくなり、
ますますリーダーシップが求められていることは明らかです。


またセールスパーソンの目標達成をサポートしていても、
情報をもっているから人が購入してくれるわけではないことも明らかです。
「情報の差」が購入の差ではなく、信頼されるだけの人間力をもっているかが求められています。


今日の記事でお届けしたことは、
みなさまのリーダーシップを高めることに確実に役に立ちますから、
ぜひ意識されてみてください。


少しでもヒントになったら幸いです。

池田貴将

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


池田貴将オンラインサロン
「チェンジザ・ワールドカレッジCWC」はこちら
>>> https://cwcollege.net/

池田貴将のInstagramはこちら
>>> https://www.instagram.com/takamasa_ikeda

池田貴将のTwitterはこちら
>>> https://twitter.com/ikedatakamasa

池田貴将公式サイトはこちら
>>> https://ikedatakamasa.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





『 読書アプリ 世界の名著を持ち歩く』





本から得た学びを、自分好みに保存・整理しメモを書き残し
いつでも必要なときに取り出せる最強読書アプリ

詳しくはこちらから>>>
http://booksmith.jp/



━━━2022/6/28━━━━━━━━━━━━



こんにちは池田貴将です!

本日は
『この3つの配分を変えれば、人生は変わる』
についてお話しします。


成果をあげる上で鍵になるのが
「集中」だということは、広く語られています。


次の3つをどう配分するかが重要になります。

1)エネルギー
2)時間
3)能力

この3つのリソース(資源)が集中できていれば、
高いパフォーマンスを上がりやすくなります。


集中の敵は「分散」です。


あなたがこの3つをこれまでよりも上手に使えば、
これまで以上の成果が出ることにつながります。


周りのひとがこの3つを上手に使えるようにサポートすれば、
ひとの成果をあげることができます。


多くのひとがモヤモヤしたまま日々を過ごし、
どうしたらいいのかを悩んでいます。


悩んでいる間も、刻一刻と時間が過ぎていきます。


「このままではいけない!なんとかしなくては!」と焦るのですが、
日々やらなければいけないことに忙しくて時間がとれません。


「時間が足りない」と多くのひとはここで思うのですが、
時間不足が原因なのではありません。


多くのひとが自覚するのは「時間がない」ということなのですが、
時間がないのは「エネルギーが分散している」ということが原因です。


本当の原因は「行動するための思考の流れ」を知らないことなのです。



いくら焦っても、行動は起こせません。


僕の著書『この選択が未来をつくる』のなかにも載せましたが、
大事なのは次の順番です。


■ステップ1)気になることを書き出す

不安や迷っているときに、無理に前向きなことを考えようとしても、
考えてしまっていることを打ち消すのは大変なことです。


まずは気になっていることを箇条書きで、書き出してみましょう。


もちろんこれを書き出しただけでは、気になっていることが
頭から紙の上にうつっただけですから、現実は変わりません。


(次のステップ以降を理解してもらうために、
 今は一番気になっていることを1つ思い浮かべてみてください。)


■ステップ2)それぞれの「得たい結果」を明らかにする


それぞれの気になっていることが
「どうなってたらいいのか」という得たい結果を明らかにしましょう。


どうなっていたらもう悩まないのか、もう気にしなくてよくなるのか、
どうなっていたら完了したといえるのか。


目的地がハッキリしていないのに、
「どうしたらいいか」と悩んでいるひとがとても多いのが現実です。


得たい結果という目的地を決めて、やっと方向性が決まるのです。

(先ほどの一番気になっていることは、どうなっていたら望ましい結果か、
 もう気にしなくてよくなるかを考えてみてください)


■ステップ3)それぞれの「得たい結果」に向けて、「次の行動」を明らかにする


「次の行動」とは多くのひとが思っているような「行動」ではありません。


「部屋を掃除する」「英語の勉強をする」「運動をする」
というのは、行動ではなく、ただのイメージです。


行動とは、「ゴミ袋を引き出しから3枚取り出す」
「バッグに英単語集を入れる」
「玄関にジョギングシューズを出す」

というようなものが行動です。


行動か、行動じゃないか。
その違いが、行動できるか、行動できないかを分けていくのです。


1つの目安は、「所要時間がわかる」のが「行動」です。


「英語の勉強をする」だと、いったい何分かかるわかりませんが、
「バッグに単語集をいれる」なら、1分あればできるとわかります。


所要時間がわからないから、
「時間がない、時間がない」と焦るのです。

所要時間がわかっているなら、
その時間があるときにやればいいだけなのです。


この3ステップだけで、1ヶ月なにもできなかったプロジェクトが、
1分で動き出したというのは、何度もサポートしているなかで起きています。



まとめますと大事なのは、

“エネルギーを注ぐもの”は「得たい結果を明らかにする」ことと、
「次の行動を明らかにすること」の2つです。


エネルギーを「悩む」「迷う」「心配する」ことに使っていると、
時間もなくなり、能力も停滞します。


一方、エネルギーを
「得たい結果を明らかにする」
「次の行動を明らかにする」

ことに使うと、時間を「行動を起こすこと」に使えます。
行動を起こせば「能力がアップ」します。


能力がアップすれば、もっと少ないエネルギーと
少ない時間でたくさんのことができるようになります。


この良いサイクルが回っているひとが達成をする人なのです。
そして、ひとのサイクルを回せるひとが、良い指導者なのです。


長くなりましたが少しでもヒントになったら幸いです。

池田貴将


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



池田貴将オンラインサロン
「チェンジザ・ワールドカレッジCWC」はこちら
>>> https://cwcollege.net/

池田貴将のInstagramはこちら
>>> https://www.instagram.com/takamasa_ikeda

池田貴将のTwitterはこちら
>>> https://twitter.com/ikedatakamasa

池田貴将公式サイトはこちら
>>> https://ikedatakamasa.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



自分では決して読めないような
日本未発売「洋書」の最重要部分が手に入る



yousyo+


毎月980円(税込)。一冊分の洋書を動画で解説
初月無料でまずはお気軽にお試しください

詳しくはこちらから>>>
https://ikedatakamasa.tv/service/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━