ikedahari9のブログ
  • 25Oct
    • 自分の気づき

       倫理法人会青年部の本年度活動方針は、「自分の気づきと覚悟」のテーマで自分を磨き上げる事業を行っていきます。 自分から見た「自分」と他人から見た「自分」を知っている、知らないで分け4つの領域にあらわしているものです。自分の気づいていなかった部分を映すといわれています。①解放領域:これは自分も他人も知っている部分②盲点領域:これは他人には見えているのに、自分は気が付いていない部分③隠ぺい領域:これは自分しか知らず、他人に隠している部分④未知の領域:自分も知らない、他人も知らない、未知の可能性 できるだけ自分を客観的に分析して、他人が思っている自分と自分が考えるズレをなくしていき、知らない自分も認めていきましょう!素直に他人が言う自分の知らない部分を認め、「解放の窓」を広げれば自分の成長につながります詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1819&fwType=amb

  • 20Oct
    • 光秀と信長

       10月18日(日)東急ホテルで開催された衆議院議員 吉田統彦先生主催の「蒼天のつどい 2020」に参加させていただきました。 静岡大学教授 小和田哲男先生の講演を聞かせていただきました。 今、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の人物 、明智光秀の生涯のお話でした。 光秀は、最初から信長に仕えていたわけでなく、斉藤道三に仕えていた。「長良川の戦い」で敗れ、越前国に逃げ、足利義明と知り合う。のち、義明と信長の仲介役となり、信長と知り合い、信長につかえるようになった。光秀は、信長の下で、信長と将軍とのパイプ役、数々の戦いで実績を残した。その実績を買われ、丹波・近江の国を治めた。「本能寺の変」はまだまだ謎であり、NHK大河ドラマをお楽しみにとのことでした。> 戦国時代の3武将、信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」; 秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」; 家康「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」.と言っている。吉田統彦先生は「鳴かぬなら、治して存じようホトトギス」である。日本の政治を治す。政治家の先生です。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1815&fwType=amb

  • 08Oct
    • 風邪 インフルエンザ

       風邪はくしゃみや鼻水、咳、喉の痛み、発熱などさまざまな症状がありますが、この症状を総合して「風邪症候群」と呼びます。ほとんどの場合がウィルスによるものであります。その中で重くなるインフルエンザウィルスは毎年少しずつ形を変化させ猛威をふるい、死亡にいたることも少なくありません。風邪が万病の元といわれるのは、こじらせた時に抵抗力が衰え他の病気を併発させたり、悪化させることがあるためです。特に免疫の弱い子供や高齢者は、風邪にかからないよう注意が必要です。また罹った場合は早い時期での適切な治療が必要です。風邪を予防するためには[体力・免疫力をつける] ウィルスが体内に侵入すると体の中の防衛機能が働きウィルスを退治します。しかし体力が低下するとその機能が働かず、発病したり症状が重くなります。寝不足、過労、喫煙やストレスは体力を落とし、ウィルスに対する免疫力を奪います。充分な睡眠、栄養バランス、軽い運動などが体力をつけると共に免疫力も向上させ、風邪のひきにくい体を維持します。[温度・湿度に気をつける] 室温は18~20度が適温です。湿度は70%前後に保つとウィルスの活動が弱まり感染力が低下します。乾燥するとウィルスの力が強まると同時に、鼻や喉の粘膜が菌を排出する機能が低下し、風邪に罹りやすくなります。1時間に一度は換気しましょう。マスクをすることも保温・保湿の効果があります。[うがいと手洗い] 人がたくさん集まる温度の高いところはウィルスの巣窟です。できるだけ人混みは避けましょう。人混み時はマスクをするだけで効果があります。 外出した後は、手洗いを忘れず石鹸で、うがいは緑茶ですると抗菌作用あるのでなおいいです。衣服にもウィルスがついているので外でよくはたいてから家に入りましょう。[厚着しない] 厚着をしすぎて汗をかきやすい状態にすると逆に風邪をひきやすくします。温度差の激しい所では脱ぎ着やすい服装で対応しましょう。また下着は保温性・吸湿性いいものをまめに取り替えます。汗や脂を吸った下着は保温性・吸湿性も低下します。[予防接種] インフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザにかからない、また罹っても症状を軽くすることが可能です。抵抗力のない幼児や高齢者、またその家族は予防接種することをお勧めします。■風邪の予防・回復に役立つ栄養素と食品[ビタミンC] ウィルス感染や寒さへの抵抗力つけ、風邪の予防や回復に役立つ栄養素です。  ブロッコリー・ピーマン・ジャガイモ・サツマイモ・菜の花・イチゴ・みかん・キュウイ等 [ビタミンE] 白血球やリンパ球の働きをよくし、免疫力を高める。 かぼちゃ・モロヘイヤ・アーモンド・抹茶等[亜鉛] 亜鉛が不足すと免疫力が低下し、繰り返し風邪をひいてしまう。   レバー・肉・チーズ・切干大根・抹茶等[ビタミンA] 鼻や喉の粘膜を丈夫にし、ウィルスの侵入を防ぎます。  レバー・うなぎ・卵・牛乳・小松菜・人参・春菊・かぼちゃ等[硫化アリル] 生のニンニクやネギなどに含まれる臭いの成分には強い抗菌作用と免疫力を強める力があります。体を温め滋養強壮になりますが、胃腸の弱い時には少量にしてください。 にんにく・白ネギ・玉ねぎ・ニラ・等 詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1809&fwType=amb

  • 04Oct
    • 10月の臨時休診 お知らせ

      お客様各位臨時休診のお知らせ 公務の為、10月19日(月)         午後の診療 休診    10月22日(木)        午後の診療 休診臨時休診させていただきます。大変、ご迷惑をお掛けいたします。申しわけありません。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1803&fwType=amb

  • 25Sep
    • 孫からのプレゼント

       孫二人から、初めて敬老の日プレゼントを頂きました。 親の愛情が子どもの心に伝播し、子どもの愛情が孫に伝播したのではと思いました。自分の欲望だけでなく、人に労りや感謝の気持ちを表してくれたことに喜びをえました。これからも、心を磨き、情緒を養い、愛情の深い人に育ってほしいと願います。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1799&fwType=amb

  • 21Sep
    • 気や血の巡りを改善して、体を温める

      冷えを改善するためには、体を温める温性、熱性の食材を意識してとりいれることが基本となります。 冷えは3つのタイプに分けられます。それぞれのタイプによって症状があらわれる原因は異なりますので、その原因を改善するような食材を中心にとるようにしましょう。食材の約70%は、体を温めたり冷やしたりしない平性ですが、それぞれ生で食べるよりも、加熱することで体を温める効果は高まります。なお、白砂糖のとりすぎは、冷えを悪化させます。砂糖は、できる限り精製していない黒砂糖、メープルシロップ、とくに料理ならばみりんを使うようにしましょう。手足の先端が冷える場合 血の巡りが悪いために、体の末端まで血液が十分に行きわたっていないので、血行を促進し、体を温める食材をとるようにしましょう。 鮭、イワシ、カツオ、タラなどは血の巡りをよくする働きがあるので、主菜におすすめです。薬味や味つけには、温性の食材、ネギ、ニンニク、生姜、トウガラシなどを使うと効果的です。全身が冷える場合気が不足していると考えられます。気が満たされれば、血や水も動きだして、体は温まるので、気を補い、胃を温めて、胃腸の働きをよくする羊肉や、温性で栄養価も高いエビなどをとるとよいでしょう。ただし、どちらの食材も温める性質が強いため、食べすぎると余分な熱を生じやすくなるので注意してください。 主食では、うるち米より、もち米の方が体を温める作用があります。しかし、もち米は、うるち米より消化がよくないので、消化を促す山芋や大根などと一緒に食べることをおすすめします。冷えのぼせがある場合 気の巡りを改善する食材を選びます。魚介類では、胃腸の機能を高める鮭やカジキマグロがこれにあたります。また、ミカンや金柑(きん かん)などのかんきつ類も、気の巡りをよくする作用があります。野菜類は、タマネギ、ニラ、ラッキョウなどネギの仲間が体を温める働きをします。 これらの食材は、どのタイプの人にも合うので覚えておきましょう。なお、タマネギは、サラダなど、生で食べると、気の巡りをよくする作用があり、加熱して味噌汁などに使用すると、体を温め、消化器をととのえる作用が強まります。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1795&fwType=amb

  • 16Aug
    • 「政治家さん、何とかなりませんか?」

      県会議員であり、倫理法人会北地区長黒田太郎先生の著書「政治家さん何とかなりませんか?」を読ませていただきました。 新コロナウイルス渦で、人は恐怖不安の生活を送って孤立し、その状況を脱することができず、むしろその状況が悪化していくように見られます。 孤立を防ぐには、自助・共助・公助がありますが、この三つの中で、「人の為」「地域の為」に行動する共助が大切であると再考しました。 私はじめ一般社団法人愛知県鍼灸師会では、県民の長寿健康に寄与する目的で事業を行っています。主な活動として、各種スポーツ大会での救護活動・コンディション活動、災害支援活動、知的障がい者支援活動または、県民健康講座などを開催し、鍼灸の普及と同時に、県民の健康及び福祉への期待に答えられる活動を継続してまいります。 今後とも、黒田太郎先生はじめ皆様方のご指導ご鞭撻を賜りご支援お願い申し上げます。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1789&fwType=amb

  • 10Aug
    • こころ と からだ セルフチェックシート

      気持ちがずっと落ち込んでいたり、つかれがとれなかったり。それに、からだもなんだか痛い・・・。あなたのこころとからだのSOSに耳をかたむけましょう。セルフチェックシートまずは、簡単な質問です。当てはまる方に〇をつけましょう。1、 この一か月間、気分が沈んだり、憂鬱な気持ちになったりすることがよくありましたか?         【はい】     【いいえ】2、 この一か月間、どうしても物事に対して興味がわかない。  あるいは心から楽しめない感じがよくありましたか?         【はい】     【いいえ】上記の質問で一つでも「はい」があれば、もう少しチェックしていきましょう。下記の質問であてはまるものに〇をつけて下さい。こころ □何をしても楽しくない  □興味がわかない  □むなしい  □イライラ感がつのる□悪い方へばかり考えてしまうからだ□寝つきが悪い、ぐっすりねむれない、よく目が覚める  □  疲労・倦怠感がつづく□食欲がない    □頭が重い、頭痛がする   □肩こりや背中に痛みがある□のどが渇く    □ため息が多い       □便秘や下痢になりやすい□体重が減った   □からだに痛みや痺れがあるチェックした項目が多いな…と感じたら、そのままにせず医師・鍼灸師にご相談下さい。「こころ」と「からだ」から出される不調のサインこころの不調 「気が沈む」「憂鬱」といったきぶんがつづいたり、不安や焦りがつのったり、さらには「生きていても仕方がない」と思ってしまうことがある場合。もしかしたら、「鬱病」の可能性があるかもしれません。それに仕事や家事、身支度でさえ億劫だと感じることがあります。考えがまとまらなかったり、判断力や決断力が鈍るなど、思考面にも影響が現れることもあります。からだの不調 なかなか寝つけない、眠りが浅いなどの睡眠障害、疲労、倦怠感、食欲が落ちてしまったり、体重が減少してしまったり・・・・・・・・・・。こうした体の不調は、「鬱病」によって生じた可能性が考えられます。また、頭が重い、頭痛がする、首や肩、胃の痛み、手足の痛みなどが見られることもあります。 「体の不調」は、ほかの病気(高血圧・胃の病気・関節炎・糖尿病・心臓病)が原因でないかどうか、医師・鍼灸師とよく相談して下さい。 詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1784&fwType=amb

  • 05Aug
    • 北名古屋市地域応援クーポン券

      池田鍼灸治療院では、「北名古屋市地域応援クーポン券」ご利用いただけます。 一人の明朗な心境は、その人の肉体健康の元であり、家庭健康の中心であり、事業健康の根源である。 明朗の心、一日も一分も曇らせてはならぬのは、人の心である。朝は朗らかに起き、昼は朗らかに働き、夜は朗らかに休む。昨日も明るく、今日も明るく、明日も明るい。家の中も、工場も役所も、電車やバスも、朗らかに明るく、そして町が、春のように朗らかに、秋のように明るく、健康に伸びる、実る、栄える。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1780&fwType=amb

  • 26Jul
    • 8月の診療案内

      8月10日(月)山の日 平常通り診療いたします。8月13日(木)~16日(日)休診今月は、「はり・きゅうの日」月間として、来院された方に、治療院生まれの秘密兵器、不思議な粒「トルマック」をもれなく差し上げます。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1776&fwType=amb

  • 23Jul
    • 夏の養生

       夏になると気温が高くなり、汗をよくかくことで体力を消耗しやすくなります。一方で、どこに行っても冷房がきいていて、室内と室外の温度差が激しく、体が対応しきれず、体調を崩しやすい方も多くいます。また、外が暑いと冷たい物がほしくなり、常に冷たい物を飲んだり、食べたりすることが増えます。すると胃腸の働きが弱くなり、夏バテにもなりやすくなります。  中医学で言うと夏は高温で陽が高まり易く、陰分(潤い)を消耗しやすい季節です。陰分不足により火(熱)が旺盛になると、熱が上にあがって心神に影響するため入睡障害になりやすく、体力の回復が十分にできない状態になります。更に冷たい飲食物のために胃腸が冷え、消化・吸収力も弱まり、元気がない状態を起こすのです。ですから夏の養生では睡眠と胃腸のケアがとても重要です。夏の養生ポイント:「清熱滋陰、養心安神、清淡料理、養胃健脾」体の余分な熱を取り除き、必要な潤いを守ることで心を養い、神も安らぎます。料理の味を薄めにし、さっぱりすることで胃腸(脾)を養い、機能もアップします。1、 よく涼性の果物、野菜など水分が多い物をを摂食すること。2、 冷房は弱めにして、会社や電車の場合は長袖の服(上着など)を着ること。3、 食事は味薄く、量を少なめにすること;揚げ物は控えめにすること。4、 冷たい物、辛い物など刺激的な食材を控えめにすること。5、 適当な運動:太極拳・ヨガなど穏やかで、リラックス効果のある運動をしましょう。  (激しい運動は控えめに)  毎日寝る1時間くらい前に水分を取りましょう。 詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1771&fwType=amb

  • 19Jul
    • コロナ感染渦からの5つの教え

       自粛期間で、経済的あるいは文化的な大打撃を蒙って災難でありましたが、私は5つのことを学びました。1. 世界はつながっている。  人間対人間のみちを超えて地球的な視野を持ち、環境保全の 実践を含めたグローバルな倫理として提唱してい る。世界はつ ながっている。2. 手を洗う。  パンデミックになる前には、せっけんで死滅する細菌やウイ ルスもあることを知らなかった人も多いかもしれ ない。3. データに従うべき。  データが示すパターンは、私たちが何をどうすべきか決断す ることを助けてくれる。私たちは何よりもまず、 データをみる 必要がある。もっと早い段階から、そのようにしていればよ  かったのだろう。まずはとにか  く、今何が起きているのかを理 解することが必要だ。4.  人間は“超”社会的な生き物。  社会的距離を取ることは私たちに今後、誰かと一緒にいるこ とがいかに重要であり、互いにふれあうこと(握 手やハグ、寄 り添うことなど、私たちを人間たらしめている社会的な距離の 近さを示すあらゆる行動)がどれ ほどすてきなことかを再認識 させてくれるだろう。5. 世界は変わる。  私たちはより賢明な人との接し方ができるようになっている かもしれない。普通に行動できるようになり、改 めてそのあり がたみを感じられようになればいい。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1767&fwType=amb

  • 12Jul
    • 「食べる」と「こころ」

      あなたの周りにはすぐキレル人はいませんか?あるいはあなた自身、どうも最近イライラしやすいとかやる気が出ない、と思うことはありませんか?原因はその人の性格や、抱えているストレス、疲労などいろいろと考えられますが、実は「食べ物」が大きく関係しているかもしれません。 メンタル不調という言葉が身近になり、ストレス対処などメンタルケアの方法も少しずつ浸透してきました。よく休養をとる、うまく気分転換や発散をする、自分を癒すなど、意識して取り組む人が増えています。いずれも有効な方法ですが、意外に見落とされがちなのが「食生活の見直し」です。こころは食べ物で、できている? 私たちの“心”、すなわち“脳”は、胃腸や心臓のように身体の臓器のひとつです。 一般成人の脳は、全体重の2%ほどの重さしかないのですが、全身で使うエネルギーの約20%を消費しているそうです。脳細胞というのは、身体と同様に食べ物の影響を受けやすく、栄養バランスが悪いとこころの健康維持が難しくなります。脳の神経伝達物質の変化が、うつ病の原因のひとつであることは知られるようになりましたが、このような精神疾患を栄養療法で治療する方法があります。では、どのような食生活を心掛けたらよいのでしょうか。できるだけ添加物を避け、多くの食材をバランスよく食べることが第一ですが、ほかにも特に注意しておきたいポイントをご紹介します。甘いものにご用心 疲れたとき、特に頭を使ったなというとき、甘いものが欲しくなる人が多いのではないでしょうか。確かに脳の主なエネルギー源は糖質=血液中のブドウ糖です。 血糖値を一定に保つことが脳のエネルギーを維持することにつながります。ところが、急激に血糖値が上昇すると血糖値を下げるインスリンが多量に分泌されます。すると急激な低血糖状態となり、今度は血糖値を上げるアドレナリン・ノルアドレナリンが分泌されるのです。このアドレナリン等が分泌されるときは動悸やイライラを伴いやすく、このような血糖値のアップダウンが精神的な不安定を招きます。 血糖値の調節に障害が起きると、疲労感、脱力感、不安感、憂鬱気分などにつながることがあるので、甘いものの摂取の仕方には要注意が必要です。特に、精製された糖質=白砂糖、白米などは吸収が早く急激に血糖値を上げます。もしスイーツを食べたいときは、食後にとること。朝食に菓子パンを食べるなど、空腹時の糖質摂取は避けましょう。たんぱく質をしっかり摂ろうたんぱく質は身体をつくる主原料であると同時に、脳の神経伝達物質の合成にも欠かせない、重要な栄養素です。また、血糖値の急激な上昇、下降を防ぎます。ダイエット中の人はたんぱく質というと植物性たんぱく質を摂取する傾向がありますが、吸収効率のよい動物性たんぱく質が不足しないように注意しましょう。 このほか、ビタミンやミネラルも脳にとって重要な栄養素です。ストレスにさらされるとたんぱく質やビタミンは大量に消費されますので、常に摂取を心掛けましょう。 「食べる」ことは単に栄養素を補給するだけではありません。人と語りあう、料理を通じて家族への愛情を表現する、感謝するなど、「食べる」ことは様々なかたちでこころの豊かさにつながります。あまりの忙しさで、ついおろそかになってしまう食生活っと見直してみませんか?詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1763&fwType=amb

  • 01Jul
    • 7月 診療のご案内

       池田鍼灸治療院 7月 診療案内7月8・9日(水・木)鍼灸の日   ワンコイン(500円)で、鍼灸施術が受診できます。7月17日(金)午後 休診7月23日(木)海の日     通常通り診療します。  24日(金)スポーツの日  通常通り診療します。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1755&fwType=amb

  • 25Jun
    • 漢方が西洋医学と違うところは?

       西洋薬はたいてい一つの有効成分で作られていて、血圧を下げたり、細菌を殺したり、熱や痛みを取ったりするなど、一つの症状や病気に対して、強い効果があります。 また西洋薬のベースとなる西洋医学では、患者の訴えのほかに検査を重視していて、その検査結果から病気の可能性を探ったり、治療法を考えていったりします。検査結果や数値などにしっかり表れるような病気を得意としていると言えるでしょう。 一方、漢方は一つの鍼灸施術や漢方薬は多様な症状に効くのが大きな特徴です。 また鍼灸施術や漢方薬のベースとなる漢方医学は、患者の病状(訴え)や体質を重視し、その結果から処方します。そのため、体質に由来する症状(機能性の月経痛や冷え症、虚弱体質など)、検査に表れない不調(更年期障害の症状)などの治療を得意としています。症状だけでなく、複数の病気が改善されることがあるのも鍼灸施術や漢方薬の大きな特徴です。たとえば、鍼灸施術や漢方薬で腰痛や頻尿の治療していると疲れやむくみなど、複数の症状が改善されることがあります。漢方が得意とする症状・悩み・虚弱体質・腰痛や忘れっぽいなどの加齢現象・胃もたれや食欲不振、便秘などの胃腸の病気・イライラ、不眠、うつなどの精神症状・生理痛や不妊、更年期障害症状などの女性の悩み・アレルギー疾患・慢性の病気、冷え症詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1752&fwType=amb

  • 14Jun
    • 池田治療院の三兄弟です。

       犬と猫は、性格、行動が違う動物です。たとえば、群れで行動し、飼い主に従順で、昼に活動して夜は眠る犬。単独での行動を好み、マイペースで、昼はほとんど寝ている夜行性の猫。犬と猫の行動や生活ペースは、大きく異なります。 しかし、わが治療院の子供たちは、倫理の教え「人は鏡、万象はわが師」の教えでありませんが、相手を改めさせよう、変えようとする前に、まず自ら改め、犬が猫に、猫が犬になって行動しています。また、無上のわが師で、犬でも階段昇降も自由にできるようになりました。倫理の教えは間違いない。わが三兄弟に教えられました。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1748&fwType=amb

  • 10Jun
    • 「現代型 夏バテ」ご用心

       夏の疲れは、昔と今ではだいぶ違ってきています。以前は夏バテというと、食欲が落ちて痩せたが、最近は逆に太って、うつ傾向になる人が増えています。かっては暑い中で体力が消耗するから、夏に負けないように、栄養のある土用のうなぎなどを食べる意味がありました。今では室内は空調が完備されて、涼しく、汗をかかないことも。清涼飲料水やアイスといった冷たい飲み物や食べ物も、十分に手にはいります。 現代の夏の疲れの要因は、冷房が効いた部屋に居続けてお腹や腰が冷えたり、冷えた室内と暑い屋外を一日に何回も行き来して自律神経が乱れてしまったりすることにあります。冷たい飲み物や食べ物は体を冷やすだけでなく、甘味を少なく感じさせるため、糖分を摂りすぎて太ってしまいます。 最新の研究では、精神を安定させる神経伝達物質は、腸で作られることが判明されてきました。代謝や免疫、ホルモンなど体を自動的に調節する自律神経や、胃腸に異常を来せば、脳の調子も悪くなり、鬱っぽくなってしまいます。 解消するには、温かく代謝を高める食事をして、糖分を控えることです。飲み物は井戸水と同じ温度15°以上に心がけ、スパイスや食物繊維、発酵食品を中心に摂取しましょう。軽い運動や湯船に浸かって汗をかくと、自律神経の調整に役立ちます。 その前に「自分が疲れている」と気付くことが、最も重要です。疲れの感じやすさは人によって違い、東洋医学では大きく「実証」と「虚証」の二つに分けられます。 「実証」は疲れに対する感度が鈍くなりがちです。体を壊して初めて疲れに気付いたり、症状が出て病院へ行くと重篤な病気が分かったりするケースが多いです。疲れを感じなくても、意識的に休む必要があります。 一方の「虚証」は疲れへの感度が高いため、身体の異常に気付き易いです。 「休み上手」です。〔半身浴〕37~38度のぬるめのお湯に20、30分ゆっくり浸かりましょう。入浴前には、水分補給を忘れずに。〔発酵食品〕発酵食品とは、カビや酵母などの微生物の働きを利用したもので、身体の免疫力を高めるといわれており、私達の健康維持のためには欠かせないものとなっています。 この発酵食品には、有名なところで、ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、醤油、味噌などがあります。 さらに、日本酒、焼酎、ビール、ワイン、パン、鰹節、ぬか漬け、たくあんなども製造の過程で利用された微生物がカビなのか、細菌なのか、酵母菌なのかの違いがあるだけで、これらも発酵食品ということは実はあまり知られていないようです。 通常だと、腐った食べ物は食中毒や下痢を起こす原因になるので食べることはできません。しかし、発酵させた食品は味をまろやかにし、特有のおいしさを作り出すことができるのです。 詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1744&fwType=amb

  • 29May
    • 中医学の薬箱 パート1 (心脾両虚)

      忘れ物やうっかりミスは誰にもあることです。しかし、それが余りにも頻繁だと、笑いごとですまなくなってきます。物忘れに加え、言いたいことがうまく話せない、あたまが「ボーット」とする。集中力が続かない。こうした状態を総じて「健忘」といいます。実は「健忘」は高齢者特有の悩みでなく、若年層にも起こりえます。 中医学では、若年層の「健忘」の主な原因として「思慮過度」があげられます。脳の酷使は、精神活動や血の循環をつかさどる「心」の働きを低下させ、脳への血の廻りを悪くします。同時に、緊張状態が続くことで胃腸の働きをつかさどる「脾」も停滞させ、これを「心脾両虚」といいます。「心」の低下によって、記憶や思考、集中力などの能力がダウンします。さらに精神不安や不眠も招きます。また、「脾」の弱まりは食欲不振や貧血、便秘や下痢などの症状として現れます。「脾」は血の生成や統制に働くため、弱まると無月経や閉経、不正出血にもつながります。 「健忘」やその他の症状は、認知症や病気までいかないけれど、毎日の生活を困難なものとします。解決法は?神経の緊張をゆるめること、血の廻りを良くすること、胃腸を温め、いたわることです。1.陰陽リズムに合わせて23時までには寝る  心身を休める睡眠は「心脾虚」の特効薬です。最も重要な睡眠タイムが22時から2時です。この時間帯に就寝していることで心身が休まり、一日の切り替えがうまくできます。用事があっても23時には切り上げってベッドへ。早朝へ繰り越しましょう。2.胃腸は極力冷やさない 胃腸を冷やすと、その働きは停滞するのです。ただでさえ働きが低下している「心脾両虚」の人にとって、冷たい飲み物は厳禁と心がけて、お茶はあたたかいもの、水よりお湯が基本です。少なくても常温で飲むことを習慣にしましょう。生姜やシナモン、羊肉、鶏肉など、胃を温める性質を持つ食べ物を日常的に摂るようにしましょう。3.週に一度は友人やパートナーとおしゃべりする。 中医学には「百病は気から生じる」ということばがあります。 楽しい時間は脳の疲れをとるものです。ストレスは体のエネルギーである「気」の巡りを停滞させ、「血」の巡りも濁らせます。楽しいおしゃべりには、停滞した「気」を巡らせる効果があります。週に一度はガス抜きタイムを作りましょう。4.ナツメ+生姜茶で巡りアップ&胃を温める 精神を休めるナツメ、胃を温める生姜は、共に「心脾両虚」に効果的な生薬です。ナツメ一粒、乾姜1枚をポットへ入れ、5~10分抽出したお茶を飲むことを、朝晩の習慣に。血」を補う黒砂糖を加えれば、更に効果的です。皮をむいてスライスした生姜を電子レンジで1分加熱後、天日で2~3日干せば、自家製の乾姜ができます。5.黒い食べ物で脳のアンチェイジングを 「心脾両虚」だけでなく、身体の老化自体が健忘を招いているケースもあります。生命力をつかさどる「腎」は脳の形成にも関与してます。ストレスのある生活は「腎」を弱め、年齢以上に脳の機能を低下させます。「腎」のアンチェイジングには、黒ゴマ・黒豆・黒砂糖・黒クラゲをキッチンに常備して老化を防止しましょう。6.鍼灸師・漢方医に相談しましょう「健忘」などの症状があれば、自分勝手に市販の漢方薬を購入して飲むのは危険です。中医学の専門である鍼灸師・漢方医に相談すれば、個々の体質に合わせた治療や漢方薬を処方していただけ、養生のアドバイスが受けられます。詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1735&fwType=amb

  • 21May
    • 純粋倫理で!!!

      昨年8月母の初盆に購入した胡蝶蘭が、新コロナウイルスに負けず、満開に咲き誇りました。 おそらく母親は、花言葉である「純粋」を忘れずに生きて行けば、今の苦難を乗り越え、福門が訪れると教示してくれているのだろうと思い、母に感謝し、毎日拝んでいます。「くらしみち」それが純粋倫理自分をとりまく多くの人々や、物や自然との関わりなしには生きられない私たちです。そこには、おのずから社会生活の規範が生まれます。人と人、人と物、人と自然の間にある道。幸せに生きるくらしみち詳しくは http://hari9.biz/73452/?p=1728&fwType=amb