アイケーブリッジ 幡野泉の韓国語・中国語ブログ

虎ノ門のアイケーブリッジ外語学院、幡野です。趣味が高じて韓国語の学校を設立。そして「中国語を勉強したい」と思い、中国語講座も開始しました。 家に帰れば二児の母。夫と夫の両親との6人家族。仕事のこと、プライベートのことを自由に書いていきます。


テーマ:
韓国の水原(スウォン)に行ってきました。もう10年くらいのお付き合いになる韓国の雄弁協会からお声をかけて頂き、京畿道で開かれた韓国語スピーチの祭典に出て参りました。

{FDDAFF12-1B76-421F-A154-9217C9254C2D}
(左から、中国、インドネシア、日本の私、インドからの出場者)

{0824225B-3614-41B8-82A7-059B206B1219}

祭典、なので、個人のスピーチもあれば、複数人数によるパフォーマンス含めたスピーチも披露され、楽しめました。

{8769223A-4758-4DDE-808B-FE0311869482}

韓国人弁士が扱う題材はほぼ社会的イシューですが、韓国を安全な国にしたい、という主張が目立っていました。

{F8E278B8-72C5-4F3F-8A90-C81A4B037649}

私を含む海外からの外国人部門の弁士は6人。恐縮ながら、部門の大賞を頂いてきました。

{D03566D2-8173-4CCA-919F-B318786729B1}

協会の方々や出場者たちで美味しい韓国料理を食べた後は、Mさんのお宅へ。

水原、といえば、当社ゆかりのMさんが近くに住んでいます。協会が用意してくれるというホテルもありましたが、Mさんのお家にお世話になることに。

韓国ならではの広〜いマンション!幸せに暮らすMさん、韓国人の優しいナンピョンさん(旦那さん)、可愛い小さなお子さんと過ごしました。

夜はもちろんチメク!(チキンとビール→日本のビールが日本より安い!)、朝は出来立ての美味し〜いパンとサンドイッチをご馳走になりました。

朝、バス停まで送って頂き、名残惜しくおわかれしたあとは一路ソウルへ。

{0DA1EA8A-1C86-4FA7-B869-88D48CB3F47B}

ずっと行ってみたかった三清洞。

最高!

{9D1584E5-2950-4611-893D-06E0A446C4B9}

美術館あり、おしゃれなカフェあり、雑貨屋さんに洋服屋さん、

留学時代にこの街があったら、一人で行ったり、日本からの友人たちを案内したり、しょっちゅう入り浸っていただろうと思います。

しばしの散策を楽しんだあとは、延世語学堂へ。

{2C1B2E09-C89A-4A2F-A82D-2456124FD869}

留学時代お世話になったK先生とずっと連絡を取り合っていて、必ず会いに行っています。先生はテスト期間中の忙しい合間をぬって、時間を作ってくれました。

今回も短い時間ながら韓国語教育のこと、お互いの生活やこれからのことなどを話し、空港へ。

私は、ソウルには秋がいちばん似合うと感じています。

{5E8D7101-072D-4248-99EE-F098D4E7DD7F}
(留学時代の通学路。心臓やぶりの語学堂前坂道)

銀杏並木、紅葉の美しさ、これから厳しい冬がやってくる張り詰めたような気配、

秋はソウル、ソウルは秋。


短い滞在でしたが、スピーチの祭典に呼んで頂いたおかげで、Mさん一家と過ごせたこと、ソウルで秋のひとときを満喫できたことは、この上ないご褒美になりました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
今年もやって参りました。「東京モーターショー2017」(公式HP)

2年おきに開催されるので、前回来たときからもう2年になるのですね。(前回ブログ)

私の携わる仕事とはかけ離れているように見えますが、日本が誇る産業の最先端、未来、それを見に来る、享受しようとする人々の表情を見ると、私の仕事はどう進むべきかなどを深く考えさせられ、同業の展示会とはまた違った気づきを得られます。

そうそう、2年前、モーターショーのブログを見てくださった受講生のN野さんが、その年の当校忘年会の席で、

「幡野せんせー、'ライセンスなし子'はないでしょう〜」

「へっ?」

「僕たち、同世代ですよねぇ。さすがにライセンスなし'子'はないんじゃないですか? せめて、ライセンスなし'女(じょ)'くらいにしましょうよ」

「あ、ああ!そういうこと?! なるほどー! '子'はさすがにNGですか(爆笑)。」

こんな一コマがありましたが、今年も敢えて'なし子'で行かせて頂きますよ、N野さんビックリマーク

さて、今年もお目見えしていました、MOTOBOT君(公式HP)

{BD207910-E484-477F-BF54-40FB029C382E}

今年はさらに進化し、分かりやすく説明をすると、「おいで」と言えば、近づいて来てくれるんですって自転車

今年のモーターショーは、全体的に、モビリティ(解説)、自動運転、AIなんかがテーマ、コンセプトになっている印象です。

{38382A82-0981-4C70-9DBB-7A46C3007639}
(「THE FUTURE」 VR体験より)

私はライセンスなし子ですが、運転をすることの楽しさ、それを楽しいと思う人の心は分かる気がし、自動運転には一抹の寂しさも感じますが、それでもこれからの高齢化社会などを考えると、この流れは止められないのは充分理解できます。

いずれ、運転免許証を持っていなくても車に一人で乗れる世の中が来るのかもしれません。

私の業界で言うならば、通訳業や翻訳業、語学学習に与えるAIの影響ですね。

AIによる自動翻訳機の発達で、これら産業は衰退、なくなる…なんて可能性が指摘されています。

以前、全外協の理事会でも話題になりましたが、ロボットが外国の方とのコミュニケーションの仲介をするようになり、「むかしは外国語を勉強したらしいね」なんて世の中になったりするのかもしれません。

しかし、これまた一方で話されることは、人と人との心を読む、心情を汲むまでのコミュニケーションは、人にしかできないとも。

単純明快な部分はAIにできても、高度で複雑な場面では、やはりヒューマンパワーが不可欠なのではないか、と思うし、そうあるべきだと思います。

だから、私や当社の使命は、引き続きこのヒューマンパワーの発掘や養成に力を注いでいくことだ、と。

「むかしは車の運転には免許が必要だったのよ。いまは要らなくなって、ほら、私は先見の明があったでしょ!」なんてことが言えるほど、元気で長生きして、創業時の夢を実現しよう、と思いながら、会場をあとにしました。

次回モーターショー、2年後の2019年は、東京オリンピック直前。どんな世の中になっているでしょう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

你好! 안녕하세요~!

已经11月了。 벌써 11월이 되었군요。

11月になりました。皆さん、いかがお過ごしですか?

 

当校は通常の受講生の皆様のレッスン、今年度初の「シゴトの韓国語’SALON’」開催、各種研修の締めや開始などが重なり、活気づいています。

 

さて、先週末、

『みんなの接客韓国語』出版記念!~ 「おもてなし韓国語」講座

が無事開講されましたニコニコ


{1BD06801-F1B8-4097-B437-03C8378A144B}

 

ご参加下さったみなさま、本当にありがとうございますビックリマーク

 

(崔先生作成の、当日のPPT資料より)
 

講座は、
 

Ⅰ.韓国人をおもてなしする際の注意点     
  (한국인 고객 응대 시 주의점)

Ⅱ.今すぐ使えるフレーズの紹介     
  (유용한 표현 소개)

Ⅲ.使えるフレーズの実践練習
  (실전 연습)

 

の3本建てで進行しましたが、

 

全38枚の充実したパワーポイント資料、お持ち帰り用のハンドアウト資料、盛りだくさんなのに、疲れさせないテンポ良い崔先生の進行で、非常に満足度の高い講座になりました。


{5BD5FD25-A0D7-4722-9AAB-E451AD204F6A}

詳しくは、以下、スタッフブログのレポートを是非ぜひ!ご覧ください。活気づく当日の様子がよくお分かりいただけると思います。

 

宝石赤「おもてなし韓国語」講座 レポート宝石赤

当日の様子編

参加者の感想編

(以上、スタッフブログより)

 

 

「シゴトの韓国語’SALON’」、第二回テーマは、数か月前に実施した「作文講座」で取り上げ、再開催のお声を多く頂戴した、

 

「知りたい、使いたい!韓国語のSNS用語と言い回し」講座

 

ですウインク

 

当校(ワタシ)の自慢の先生方合格がお届けする、素晴らしい授業を是非多くの方にご体験いただきたいです!!


平日お昼と、週末に開催します。ご都合のよろしいほうにいらしてください。(※詳細はこちら

 

 

最後になりますが、わたしがガイドを務め、多くの方にご覧いただいている「All About 韓国語」サイトに、新記事をアップしましたニコニコ

 

その題名は、

ここが困るよ日本人…韓国人ビジネスマンの本音

です。

 

All Aboutの敏腕担当編集者さんのご提案から生まれた記事。

 

ご提案をいただいたとき、「お話を伺おう」と真っ先に思いついたのが、今回インタビューをさせていただいた、株式会社COCOA 代表取締役の宋基東(ソン・ギドン)氏です。


{EFE9F46E-0B38-4FA6-A5FC-16A3FB614FDC}
(インタビュー当日、社員さんが記念写真を撮ってくださいました)

 

宋社長の日韓に寄せる熱い思い、両国の国民性を知る方ならではの着眼点などを是非ご覧ください(こちら)。

 

 

{97B011A6-34E2-4EAE-A8AC-8A1186F2B734}

(宋社長 行きつけの大久保のお店にて。大好物、떡만두국(餅入り餃子スープ))

 


これから益々寒くなりますね。皆さん、風邪を引かないように、温かくしてお過ごしください照れ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
雨が続き、秋晴れの空が恋しいこの頃、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、当校では第2弾の「おもてなし韓国語」講座を開講することになりましたニコニコ

宝石緑10/28土 14〜16時 
於:アイケーブリッジ外語学院(虎ノ門)

今年6月に制作協力した『みんなの接客韓国語』(アルク、Amazonのページへ)。今回の講座はこの出版記念と題し、書籍の翻訳を担当した崔正熙(チェジョンヒ)先生が進行しますウインク

接客用語だけでなく、韓国人との交流に役立つ様々なおもてなしフレーズを学んでみませんか?

講座詳細はこちら。ぜひお越しください!

{98B9BECD-9D9E-4FD2-ACD9-8AE6F35E0F57}


そしてビックリマーク こちらの画像は接客韓国語の書籍だけでなく、拙著の『韓国語フレーズブック』も写っていますねひらめき電球 

この書籍について嬉しい知らせがありました。そう、増版が決定。なんと9刷り目になります。出版からそろそろ5年になりますが、堅調に売れ、ロングセラー書籍に育っています。お手に取ってくださっている皆さん、本当にありがとうございます合格

もう一つ、嬉しい知らせがあったのですが、このフレーズブックが海を渡って出版される可能性が出てきました。こちらはご報告できるときがきたら、お伝えしたいと思います。(フレーズブック、Amazonのページへ)

これからも韓国語の、語学学習の楽しさを発信すべく努力して参ります。どうぞよろしくお願いします!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
三連休、いかがお過ごしでしたか? 後半は夏に逆戻りしたような気候でしたね太陽

次女がとある武道を習っているのですが、体育の日が絡む週末、その大会がありました。

大会のあと、教室の先生が子供たちやその親を集めて、「勝った、負けた、いろいろあると思う。けど、大会に出ると、普段の稽古の20回、30回に値するくらいのものを得られるんです」と。

そのとおりだな、と思いました。語学学習も一緒で、試験を受けたり、スピーチ大会などに出たりすると、レッスンの20、30回に相応するものが得られる。

ただ、スポーツも学習も芸術もそうですが、じゃあ「本番」だけこなせば20、30回になるかというとそうではなく、レッスン、練習、自習の積み重ねがあればあるほど、「本番」でその20、30回分を得られる、ということですね。

20,30という数字はたまたま先生がおっしゃった数字なので感覚的なものですが……、というわけでビックリマーク 受講生の皆さん、今週から韓国語スピーチ大会の具体的なご案内をしますので、20,30を得られるよう、ぜひ出場しましょう!!


さて、先週末より、家族ぐるみでお付き合いしている山口県在住の韓国人陶芸家、崔在皓(チェ・ジェホ)氏の展覧会がスタートしました。

{E2F5B088-3CB0-4D02-995A-303176625BE1}

{9C90424E-7919-4DAA-BA11-E63EC613B9EF}

(※2年前のオンニの家滞在記→ブログより)

先日、当校受講生のMさんが「雑誌で崔在皓さんの作品を見て一目惚れし、母へプレゼントしたんです」とおっしゃっていて我がことのように嬉しく思いました。

私は家の食器をすべて在皓さんの白磁にするのが密かな夢です。今年も出かけてこようと思います。ぜひみなさんもお気軽に足を運んでみてくださいニコニコ


最後になりますが、前回のブログでチラっとお伝えした「シゴトの韓国語'SALON'」、詳細がまとまり、ホームページに情報をアップしました! 以下、全5回でお届けします。

第一回:『みんなの接客韓国語』出版記念!~「おもてなし韓国語」講座

第二回: 知りたい、使いたい! 韓国のSNS用語と言い回し

第三回: 歴史ドラマから学ぶ韓国の歴史

第四回: 新大久保がコリアンタウンになったワケ 〜 その歴史に迫る!

第五回: 興味津々!オリンピックの韓国語〜競技名や実況中継の日韓比較。

どうですか?魅力的でしょう〜〜?

第4回はコリアンフード・コラムニストの八田靖史さんをお招きしての講演。その他は当校自慢の講師陣たちが、得意分野を余すところなく発揮するプログラムです。

プロデューサー冥利につきる当校伝統のSALONを今年もお楽しみにビックリマーク お席に限りがありますので、お早めのお申し込みをお待ちしています。(※詳細はこちら)ウインク


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。