【大切なお知らせ】

奈良・京都予選に引き続き、大阪予選も定員に達しましたので、締め切りとさせて頂きます。
関西地区は兵庫会場にエントリーをお願い致します。また管楽器の方は音源動画審査でのエントリーをお願い致します。


【予選会場について】

大阪予選につきまして、残り若干名で締め切りとなりますので、エントリーをお考えの方はお急ぎ下さい。

京都予選は定員に達しましたので、他の会場へのエントリーをお願い申し上げます。
奈良予選は管楽器は若干名受付可能です。
関西地区の予選をご希望の方は、兵庫予選に余裕がございます。

東京予選、愛知予選、広島予選は受付中です。
郵送によるお申込みの場合、6月30日(木)消印有効ですが、それまでに会場が定員に達した場合、別会場にご移動をお願いすることになりますので、〆切まで余裕をもってエントリーをお願い申し上げます。


【奈良・京都予選は定員に達しました】

第9回あおによし音楽コンクール2022にエントリー頂きまして誠にありがとうございます。

奈良・京都予選につきましては、管楽器の方を除き定員に達しましたので、大阪・兵庫・愛知・広島・東京予選へのエントリーをよろしくお願い申し上げます。

大阪・愛知も定員に達しましたら他の会場へご移動頂くこととなりますので、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

関西の会場をご希望の方はなるべくお早目にエントリーをお待ち申し上げます。


【奈良・京都予選について】

奈良・京都予選につきまして、定員に達しましたら受付を終了させて頂きます。
その場合、奈良・京都以外の会場へご移動頂くこととなりますので、予めご了承願います。
奈良・京都予選をお考えの場合は、お早めにエントリーをお願い申し上げます。


【ひばり弦楽四重奏団】

昨日は、あおによし音楽コンクール奈良弦楽器部門審査員委員長 漆原啓子先生ご出演のひばり弦楽四重奏団演奏会に、大阪のザ・フェニックスホールに伺いました。


今回はコロナで延期となり、初めての大阪公演でした。
漆原啓子先生(ヴァイオリン)を中心に、メンバーは漆原朝子先生(ヴァイオリン)、神奈川フィル特別契約首席奏者 大島亮様(ヴィオラ)、NHK交響楽団首席奏者辻本玲様(チェロ)で、第1回公演は2018年東京文化会館、2019年から基本活動としてベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏を組み入れ、2019年より5年に及ぶプロジェクトを開始されました。

円熟味を帯びた漆原啓子先生の美しいヴァイオリンと、それぞれの名手により繰り広げられるアンサンブル。
このご時世において、私は特にショスタコーヴィチの鬼気迫る演奏に強い求心力と死と隣り合わせの切迫を感じました。
ファシズムと戦争に対しての作曲家の想いが蘇り魂に訴えかける素晴らしい演奏でした。

名手の魅力を最大限に引き出しながら、これからどういった方向に向かわれるのか、楽しみな弦楽四重奏団だと感じました。