築20年の我が家のベランダはトップコートがはがれかかって傷んできているので、塗り替えることにしました。

 

今回は薄く二回塗った後に厚く一回塗ります。

 

10~15年に一度はトップコートを塗り替えた方がいいですよ。

 

さっそくお掃除していきます。

 

 

高圧洗浄機である程度汚れを落とした後、たわしでゴシゴシします。

 

ひたすらゴシゴシします。

 

一日がかりで掃除したら、いよいよ塗装します。

 

 

塗る面積が多いので、ローラーを用意しましょう。細かい部分を塗るために刷毛も用意しましょう。

 

まずは細かい部分から塗っていきます。

 

 

細かい部分や周りを塗りおまったら、ローラーに切り替えて一気に塗っていきます。

 

 

これを三回繰り返します。乾いたら塗って、乾いたら塗って、結構時間がかかりました。

 

ビフォーアフターを比べてみましょう。

 

 

 

 

 

なんということでしょう!

 

とってもキレイになりましたね。

 

キレイになっただけではなくて、防水性能もアップしました。

 

ベランダはとても雨漏りが発生しやすいのでこまめな点検をする必要があります。

 

表面がひび割れていたら要注意ですよ!

 

是非一度ご相談ください。

 

↓ホームページはコチラ!↓

 

 

 

 

 

 

自宅の寝室リフォームの続きです。

 

壁紙やクロスを貼るのは面白くないので珪藻土を塗ることにしました。

 

珪藻土は漆喰と比べて水が染み込む性質があるので室内向けなのです。

 

今回は四国化成のけいそうモダンコート内装シルキーを6袋使います。

 

色は002です。

 

 

水を入れて、かくはんします。

 

 

このとき水の量が大切です。

 

2回塗るのですが、1回目は水多めで薄く塗り、2回目は水少な目で厚く塗ります。ここポイントですよ。

 

 

塗るときの道具はコテを使います。

 

中塗り用と仕上げ用があり、中塗り用は大きいサイズで板が厚く強度があり、1度に大きな面積を塗ることができます。

 

仕上げ用は小さいサイズで板が薄く、しなるように出来ているので繊細なコントロールがしやすくなっています。

 

DIYに挑戦してみようと思っている方は、是非2種類のコテを用意してみてください。作業効率と仕上がりが段違いですよ。

 

 

 

準備が出来たら一気に塗っていきます。この写真は1度目なので薄く塗っていますね。

 

迷ってはいけません。覚悟を決めて一気に塗っていきます。

 

一晩おいてある程度乾かしたら、いよいよ上塗りです。

 

今回は、わざとコテの跡を付ける「コテ引き」という塗り方をするので、かなり厚めに塗ります。

 

 

途中まで中塗り用のコテで仕上げを塗っていたのですが、重くて手首が痛くなりました。2回目は珪藻土の粘度が高いので素直に仕上げ用のコテを使いましょう。

 

 

珪藻土が乾かないうちにマスキングテープをはがします。

 

珪藻土が乾いてからだとテープがはがれなくなってしまうので、気を付けてくださいね。

 

あとは乾燥を待つだけですが、天気が悪かったので乾燥するまでここから3日半かかりました。

 

 

なんということでしょう!

 

とっっっっっっても素敵な寝室に生まれ変わりました。

 

4枚目の画像は夜にダウンライトで照らした状態です。

 

とってもオシャレだと思いませんか?

 

珪藻土は天然素材なので有害物質をほとんど含んでおらず、健康被害もほとんどありません。

 

天然素材に囲まれた、素敵な家にリフォームしてみたいと思いませんか?

 

天然素材をふんだんに使ったリフォームが得意な、(有)飯野工務店に是非ご相談ください!

 

↓ホームページはコチラ!↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回に続きリビングのリフォームです。

 

まずは床から。

 

 

これは危ないですね。

 

トゲが足に刺さってしまいます。

 

この床の上から桧の圧密フロアを貼っていきます。

 

続いて壁です。

 

 

ソファーを壁にくっ付けて置いていたので、湿度が溜まってしまいカビが生えてしまっています。

 

壁紙を剥がして下地の石膏ボードを確認したところ、石膏までカビが進行していなかったので、壁紙の張替えだけでよさそうです。

 

壁の一部分に穴が開いてしまったので、補修します。

 

 

ここまで来たら、クロス屋さんにバトンタッチします。

 

 

さすがの手際です。

 

 

なんということでしょう!

 

見違えるほどキレイになりましたね。

 

 

玄関もとっても明るくなりました。

 

 

ふすまや廊下も、とってもキレイになりました。

 

この桧の圧密フロアはオスモカラーで塗装されており、汚れが付きにくいだけでなく人体にとって有害な物質をほとんど放出しません。

 

シックハウスやアレルギーにお悩みの方、天然素材をふんだんに使ったリフォームに興味はありませんか?

 

とても居心地のいい、快適な空間にリフォームしてみたいと思っている方は是非一度ご相談ください!

 

埼玉県鴻巣市 (有)飯野工務店