九合五勺過ぎると俄然寒くなってきましたアセアセ

依然雨は降り続けるところに風も出てきたので、薄着の私はヤバイのです滝汗





何てったってレインウェアの下は半袖Tシャツにアームカバーのみですから!!





しかもレインウェアはぐっしょりですから!!





きっと普通の人は耐えられないでしょうね。

暑がりの私のなせるわざ??ですニヒヒ





歩き始めは私もドナドナ状態なので高山病持ちのダンナさまと同じようなペースなのですが、慣れると元気になるのでガンガン登りますウインクウインク




でもダンナさまと距離ができすぎるのもよろしくないので、途中振り返りながら高山病にやられてドナドナから抜け出せないダンナさまを待って、また一緒に歩き出すってやってたのですが、カミナリモなりだし風も強くなってきて動いてても寒い状態に




このままじゃ低体温症になっちゃう滝汗滝汗





これはヤバイな…っと思ってたら鳥居が見えたのでこれはもう頂上だ!!


っと思って振り返るといつにも増してダンナさまとの距離があり高山病の頭痛とか息苦しさとかで苦しそうな顔してるダンナさま見て、こりゃちょっと待たなアカンな…アセアセ





いや、でももう私も寒さの限界チーンチーン





『もうすぐ頂上やから先行くわ!』っと言い残してとっとと小屋に着くのでした





やっと着いた〜って感じとTシャツがびしょ濡れで寒いから早く着替えなくちゃアセアセ





富士山の小屋のトイレは有料で頂上上がってくるまでの所ではずっと200円だったので着替えと200円握ってトイレに行ったら、頂上のトイレだけ300円とな!!





頂上のクセにセコイわ〜もやもやもやもやもやもや





一旦お金を取りに戻ってやっとこ着替えてほっと一息、あったかいコーンスープ飲んで温まります。




けど、色うっす!味うっす!




これ、粉のスープやん!




これで400円!ポーンポーンポーン




山小屋価格ってほんっとにすごいよね。





ちょっと休憩してから出発と思ってたら、





ゴロゴロガッシャーーン雷雷雷雷雷





どんどんキツくなるカミナリの音がエグイタラータラー



しかも全然止む気配なし滝汗



山小屋の方も『危ないので外に出ないでください!小屋に落ちたら発電機ダメになるので止めさせてもらいます』っと小屋の中真っ暗滝汗滝汗


外の明かりが頼りです。


足止めくらってじっとしてるので寒くて寒くて裏ボアのニット帽にガッツリダウンも着てそれでも濡れた足元は冷たいチーン




2杯目のコーンスープを飲む頃に気付いた、半そで半パンの人がいる!




めちゃくちゃ寒いのになんちゅー格好でいはるんや!冬でも半そで半パンの元気な小学生でもあるまいし…っと思ったらどうやらトレランの方のようでした。




きっと、雨は分かってたやろうけど、さっと行ってさっと帰るつもりだっただろうに頂上の小屋で足止めくらうとは思ってもなかったんでしょうねぇニヒヒ




はぁ〜っと手に息を送って擦り合わせて自家発熱させてはりました。




半そで半パンのあなたには焼け石に水ですよね…




っと退屈すぎて人間観察しておりましたニヤニヤニヤニヤ




性格わるっニヒヒニヒヒニヒヒ






私が頂上に上がって3時間半、雷神さまはホントに暴れに暴れてくださいましたチーンチーン





やっと休憩に入られたようで、山小屋の人も




『降りるんやったら今です‼️』




と、ドアを開放されてトレランの方はソッコー出て行かはりました。




私たちも着てるもの脱いで片付けてふと見渡せば、




え?私ら最後??




眺望ゼロ、剣ヶ峰にも行きたかったし郵便局も覗きたかったし神社のお参りもできてない…





郵便局も神社も小屋の目の前だったから帰りにチラッと覗こうと思ってたらどっちもガッツリ閉められておりましたチーンチーン





天気が最悪でも頑張ってここまで来たのに、




なんて事ーーーー笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き




だけど雷神さまの休憩中に下ってしまわなけれはヤバイので、写真だけパチリです泣



あとは大急ぎで下ります走る人



岩場も登りはそんなにきつく感じないところでも下りはちとこわひ…アセアセ





でもでもガツガツ下ります!




七合目辺りまで来た時にまたゴロゴロ〜雷雷




あぁ雷神さま、お昼寝から起きはったんでしょうか、またもや始まりの予感ゲッソリゲッソリ





七合目の小屋はまだまだ遠く、逃げるところがナッシング‼️





最初は遠くでゴロゴロ〜って感じでしたが途中からバリバリバリ〜〜⚡️⚡️





やっぱり、ゴロゴロが近づいて来ると同時に雨風も激しくなっていき、やっぱりそうなるんだ〜っと変に感心したんですよね猿





いやいや、感心してる場合じゃなく、私たち2人はマジでカミナリに撃たれて死ぬんじゃないかと思ったくらいすぐそこでカミナリが落ち、そのあとも雷神さまのご乱心節分節分節分





だいたいのレインウェアは暑さ調節のためにファスナーがついているんですが、私のレインウェアも脇の下から脇腹辺りまで長いファスナーがついていて暑がりの私は最初から全開で開けていました。






突如私の後ろがきつい雨と風が出てきてカミナリがドンガラガッシャーンドラムドラムと近くに落ちた時にちょっとした岩場みたいなところにしゃがみ込みました滝汗滝汗





かがんだと同時に私の全開の脇の下のファスナーがパックリ口を開けたようで、後ろから来てたきつい雨がそこからジャーッと入り込みましたチーンチーン




もうね、ほんとにね、踏んだり蹴ったりってこういう事??




なんなの?




これは修行なの?




レインウェア上下着てるのにパンツまで濡れるってどんだけ??




もう着替えもないしこんな所でどんだけゴネたところで下山しないとなんともならないわけで…




私が中までびしょ濡れになった事で雷神さまは納得したのか徐々にカミナリは静かになっていきました笑い泣き




やっとこ五合目目前でバスの時間を思い出し、あと30分しかねーポーンポーン





これを逃すと3時間待たなきゃならんアセアセアセアセ





必死のパッチで歩いて何とか出発15分前に到着。





着替えはもうないのにレインウェアの中はびっしょり。レインウェア脱がなきゃバス乗れないでしょ?仕方ないから富士山Tシャツ購入富士山





濡れてると着替えにくい、トイレにも行きたい、時間なくて焦る、あ〜〜〜ゲッソリゲッソリゲッソリっとちょっとしたパニックです笑笑





とにかくバスのシートを濡らすと怒られるっと思ってたので必死に着替えましたが、バスもちゃんと対策されてて全シートにビニール袋が掛けてありました。



あ〜、やれやれ。



無事に生きて下山できましたニヤニヤニヤニヤニヤニヤ





カミナリゴロゴロの2日目でしたが、天気悪いのにけっこう登ってはる人いましたよ。

ツアーで来てはる方はガイドさんの判断で下山されたようで団体さんは頂上の小屋にいはりませんでした。




九合五勺過ぎた頃、上下真っ黄色のレインウェアをお召しのソロで登ってたおばあちゃまは私が後ろから近づくと、



『ばあばはゆっくり登るからお先にどうぞおねがい




っと可愛い笑顔で言われたのが、しんどい登りの最中にほっこりしましたデレデレデレデレ




とにかく2日目は登りも下りも雨降りっぱなしだったので写真も少なくもう雨の日は結構ですぅチーンチーン




ってか、富士山はもうお腹いっぱいゲローゲロー



ダンナさまに『早よ続きアップしーや』とせっつかれておりましたアセアセ





さてさて、やっとこ山小屋に到着しました!!

泊まるところを八合目か七合目かで悩んだものの私の体力を考えて七合目に決めたのに、七合目の小屋からすぐそこが八合目の小屋でしたタラー



ナンダヨーもやもやもやもやもやもや




富士山の山小屋は混んでいる時は女性男性関係なく雑魚寝で、頭、足っと交互に寝かされると聞いていました。知らん人の靴の中で蒸れ蒸れになった足が顔の横に来るなんて想像するだけで寝られんわっゲローゲローゲロー





そんな心配はよそにカーテンで仕切られた寝袋1枚分のスペースがちゃんと確保されていましたルンルン

2段ベッドになってます



 



寝返りはうてませんことよ真顔真顔





荷物を置いてのんびりしてたら雲海に富士山の影が映ってるよ〜と教えてもらいパチリです📸






幻想的ですわ〜〜デレデレデレデレデレデレ












夜景もチョロっとありましてよウインクウインク






晩ごはんは6時ですナイフとフォーク

山の夜は早いですお月様


定番中の定番、カレーカレー

1泊9,000円ですが、晩ごはんコレだけです滝汗滝汗

水が付いてきただけでも良しとするもんなのか…






山に登る時は行動食を持って行きますルンルン

今回はサコッシュにいちごみるくキャンディとチョコレートですデレデレデレデレ

すぐに取り出せるところにスタンバイですラブラブ







翌日の天気予報では昼から雨が降るらしいので夜中3時頃に小屋を出発して朝のうちに頂上に上がってお昼には降りてくるっというスケジュールにしたので、とっとと寝ますzzz



 



が、しかし、あるあるなんですが眠り始めた頃に他の人がゴソゴソタラー






やっと眠りについたと思ったらスーパーの袋をガサガサチーンチーン






もう一度、やっと寝れる…っと思ったら隣の人が咳をゴホゴホ…






あーーーー!






全然寝れねーチーンチーンチーン






あるあるとは言え、イライラムカムカムカムカ





眠れなくて、はぁっとなってたらツアーで来てはるガイドさんが『頂上は雨が降って気温5度らしい』と話しているのが聞こえてきてタラータラー





あー、マジかぁ…







とはいえ、これまで登ってきて特に良かったことはなく何なら歩きにくいとか呼吸しにくいとか色々あったのでリベンジはしたくない真顔真顔



という事は行くしかないですよね❗️





0:00まで寝て1:30ごろから行動開始です💪





その前に腹ごしらえナイフとフォーク


寒いところで食べるカップラーメンは格別です💕






お腹を満たして準備してる間にすでに霧雨が降っていましたゲッソリゲッソリ






レインウェア着て行動するのは暑がりの私にしてみれば考えられないくらいのことですが、これから標高が上がるので寒くなるから、ってことでTシャツ&アームカバーの上にシャツを着てからレインウェア上下を着てリュックにレインカバーを付けて準備万端、レッツラゴールンルン






真っ暗闇の中ヘッドライトを頼りに八合目を目指しますが、八合目の手前あたりから石段を登るような感じが多くなってきました。





八合目のお宿から本格的に降り出す前に下山される人もいてお互い『気をつけてね〜』と声をかけかけ合います。




30分ほどで八合目についた時に私のレインウェアがなんだか怪しい…




出発前に



『レインウェアあんまり弾かんねんけどぉ』



っと言ってみましたが例のごとく、



『いけるいける!大丈夫👍』



と言われ渋々持ってきてたのですが八合目到着でまだ30分ほどしか経ってないのにすでにしみてきてるような気がするタラー





お宿が開いてなかったので脱ぐことができずそのまま次の九合目を目指します滝汗滝汗





九合目到着…



ここは積もった雪が溶けないまままた次の雪が降り積もるので万年雪と言われてますウインク




お宿が開いてたのでひとまず休憩ですナイフとフォーク




レインウェア脱いでみてびっくりポーンポーン

どっちが表か分からんぐらいぐっしょり…




だから言ったやん、出発前にあれほど。

しみるんちゃうかってさ〜もやもやもやもやもやもや



暑かったのでシャツも脱ぎ、気を取り直して再び出発です。さすがに少し寒くなっててTシャツだけだとヒンヤリ、レインウェアを着てなんとか丁度くらいでした。





あ〜、でも休憩明けの1発目がマジでドナドナ状態です…

息がホントにしんどくて足がなかなか進まねーチーンチーン


まぁ、でもあと一合で頂上やと思うと、

やるぞ、やるぞ、やるぞーー!!!

みやぞん並みのヤル気がでますわ筋肉筋肉




なのに、なのに…



何ですか?九合五勺って真顔

聞いてないんですけど!!

なんで一合を刻んでんだよーーチーンチーンチーン




果たして頂上に辿り着くのか…ウインクウインク









やっと富士山に行ってきました富士山




ホントは2020年の夏に予定をしてたけど、コロナの影響で富士山が山開きしなかったんですよね。



その年の年末に私が腰の手術をしてしまったので、今回は高山復帰戦の第1弾でした。

 


腰の手術をして1年半、ぐーたらダラダラ過ごしたので体力筋力共にガッツリ落ちてしまいましたチーンチーン





以前は週に何回かウォーキングに出かけておりましたが、術後から体力も筋肉も無くなってしまった今、仕事終わって9時や10時から1時間歩きに行くって根性が無くなっちゃってたんですよね泣




春先にダンナさまの



  『この夏は富士山登るぞ!




アルプスには復帰したい!とは思ってたのでいいキッカケかとも思って行こうと決めました💪





が、それまで調子が良かった腰も疲れからかまた痛くなる事が多くなって、こんなので富士山なんか行けるのか??っと不安になりダンナさまと話し合いをした結果、




『富士山、23日で行こう!』




    ?????





富士山って弾丸で1日で帰ってくるか、八合目あたりで1泊して帰ってくるかだと思ってましたが23日となアセアセ




  『23日もすれば行けるやろ!』




っとダンナさま。




いや、確かにな! 歩けばいつか着くしな!




富士山に行った事のある人に話すと、


いや、それはやめといた方がいい

絶対にヒマを持て余すよ


と言われまた振り出しにもやもやもやもや





私  どーしよー真顔

   絶対に無理や真顔



ダ  大丈夫やって👍




私  買い被りすぎやって真顔




ダ  いけるいける👍👍




そんなダンナさまに引っ張られるようにして山小屋で1泊下山後駅前のビジホで1泊の日程で覚悟を決めるのでしたタラー




日程が決まったら天気予報とにらめっこショックショック




予定日の天気予報は雨予報で出発4日前には『中止にして温泉でも行く?』ってな会話をするほどでしたが、2日前くらいに月曜日晴れ火曜日は昼から雨の予報に変わったで何とか行くことに。




今回、弾丸ではしんどいので新幹線で行って五合目をお昼頃に出発し、3,000メートルあたりの山小屋で1泊。




次の日、暗い中から山小屋を出発して13:00発か遅くても15:00発のバスに間に合うように五合目までおりるっというスケジュール。






浮かれ夫婦は行きの新幹線の中では朝ごはん食べてのんびりデレデレデレデレ





新富士駅に到着キラキラキラキラ


1日目はいいお天気で、駅前からキレイに富士山が見えました拍手




可愛いバス停ですラブラブ





ここから2時間もバスにゆられるのにお昼ご飯を食べ損ねてしまい持って来たおやつで空腹を凌ぎますゲローゲロー


今回あんまりおやつ持って来てないのになぁ…





途中で観光のために一旦休憩〜


鳥居の中にキレイに富士山が入りましたウインクウインク





ずっと遠くに富士山が見えていましたが、どんどん山道に入っていきやっとこ五合目に到着ですバス



バスを降りると急にめまいが😵‍💫😵‍💫

頭クラクラ系のめまいです💦

高山病のひとつですね



30分〜40分ほど休んで出発です!


機嫌良く登り始めましたが登山道の土が柔らかい!



足が沈むチーン


歩きにくいチーンチーン


3歩歩いて2歩しか進まん感じチーンチーンチーン


『あ〜‼️ もうなんなん⁉︎ めっちゃ歩きにくくてむかつくんやけどムカムカムカムカ




と、恒例の私の愚痴が始まります笑笑




今回行った富士宮ルートは所要時間は短いけど急登なんですよね。急登は覚悟してたのですが足場が柔らかいとか聞いてないよ〜ゲッソリゲッソリゲッソリ




すれ違う下山の人の砂埃も舞い上がったりして、




『なんなん!?ココはぁぁ〜〜ムキームキームキー




あかん、あかんよ。

喋ってる間は元気な証拠、黙り込んで急に泣き出されるよりよっぽどいいからとダンナさまからお許しをいただいてるとはいえ、いつもは周りにほとんど人がいないから大丈夫やけど今回はさすが富士山、平日でもたくさんの方が登ってはりましたアセアセ




黙って登りたいのですがしんどいのでつい悪態をついてしまうのですよデレデレ




キィィィィームキーっと思いつつ足が沈まないように気をつけながら歩いていると気付いてしまいました、息苦しい事にタラータラー





はぁぁぁぁ、コレはもしや高山病ではないか滝汗





めまいがするのは経験済みでしたが、アルプスでも息苦しさは全く感じておりませんでした。



あぁ、息苦しいので吸って吸ってをやってしまうのですが全然苦しい滝汗滝汗



あー、このまま死んじゃう〜〜滝汗滝汗滝汗滝汗



っと軽くパニクってしまいやばかったです💦




高山病マイスターのダンナさまは、




『高山は息苦しいのは普通真顔真顔真顔




休憩後の出発してすぐがとにかくしんどかったですが歩いてるうちに慣れちゃってしんどくなくなるけど、休憩するとまた…って感じでしたゲローゲロー




そうこうしてるうちに本日のお宿、元祖七合目の小屋に到着ですルンルンルンルン




あーダメだアセアセアセアセ
書ききれないのでまた次回へ〜〜ウインクウインク