シアワセノウチワケ

シアワセノウチワケ

日常をちょっと立ち止まってその日その時を書き留めたいと思います。


テーマ:
今の若い者はなどと、口はばたきことを申すまじ
(山本五十六)


よくある会話。
 
年上の方と食事をしてる時に、
 
「店員さんの  『よろしかったでしょうか』  と  『○○円からお預かりします』  がどうもね・・・。
 
 うちの若いのも、敬語を間違って使うし。最近、日本語の乱れを感じるよ」
 
年とともに、誰もが感じる感覚かもしれません。


確かに若い人と話してると、しばしば感じることがある言葉の違和感。

・・・とはいえ、じゃあ自分が若い時に、ご立派な正しい日本語を使っていたかというと、

まったく自信などありません。

(今でも誰かに違和感を与えているのでしょう。悲しいほどに 泣き1
 


枕草子でも、清少納言が若者の言葉の乱れを嘆く一節があるくらいなので、
 
言語とは移りゆく生き物であり、
 
本来的には言葉の「乱れ」というものはなく、
 
当然起こりうる「変化」なのかもしれません。



丁寧語 「~です」 の発祥も、江戸の遊郭で流行ってたギャル語らしいので、
 
100年後の上品な老婦人も、
 
おしとやかに、
 
「マジでキモいんですけど」
 
とか言っちゃうのかな。言わないでほしいな 汗



Ameba人気のブログ