2000万人の囲碁
Facebook囲碁クラブ

日本最大級の囲碁コミュニティを主宰しています。
Facebook囲碁クラブ
2019年5月1日現在 2225人

第32回日本囲碁ジャーナリストクラブ賞受賞

2014年、クラウドファンディング13路盤プロ選抜トーナメント戦の企画を実現したことにより第32回日本囲碁ジャーナリストクラブ賞を受賞いたしました。


NHK囲碁フォーカスで特集

NHK Eテレ(教育) 囲碁フォーカス

2012年5月20日(日)12:00~12:30
特集 「京都発!囲碁人口10倍化計画」

2014年10月26日(日) 11月2日(日) 12:00~12:30
特集 「日本初!! 13路盤選抜プロトーナメント戦」前編・後編


囲碁SNS goxi

囲碁の道のりは長い。1人で続けるのは大変です。

2006年にスタートした 囲碁SNS goxi には入門者~プロ棋士まで登録メンバーが7900人 (2012/12現在)
過去1年間の平均で、1日あたり76本の日記が書かれ、それに対して 305件のコメントがついてます。世界一活発な囲碁コミュニティかもしれません。

囲碁仲間や師匠を探している方、いちど覗いてみてください。

つぶや棋譜2

Twitter や Facebook、ブログへの棋譜投稿ツール
つぶや棋譜2で投稿すればPCの他、スマホやタブレットからも再生や棋譜添削などできます。







囲碁 ブログランキングへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Python で幽玄の間→Lizzieツール (1)

Python ばAI 関係の機械学習とかディープラーニングなどでよく使われているプログラミング言語です。

 

一方で最近は非エンジニア・文系・事務職といったキーワードとともに、「作業を自動化」「仕事に使える」という取り上げ方をされることも増えてきました。

 

私もちょっと触ってみたところ、日曜プログラミング的な楽しさを感じやすい手軽さがあるなと思いました。

 

Python で比較的簡単にできて仕事に活かせそうなことには次のようなことがあります。

 

・Webから自動的にいろいろなデータを引っ張ってくる

・データを統計的に分析する

・Word Excel PDF などのデータの読み書き・編集

・アプリケーションプログラムの自動操縦

 

こういったことを踏まえて、さて、どんな作業をコンピュータに自動化させたいのか。いろいろ考えるのが楽しいかと思います。

 

今回は Windows のアプリケーションを操縦して、囲碁の観戦に便利なちょっとしたツールを作ってみます。

 

やりたいことを考える→作業を分割する→実現方法を考える→テストしながら実装する

 

Python の何がいいかというと、実現を助ける便利な道具が各種用意されていることと、テストしながら実装というのが手軽でできるということですね。

 

では実際にみていきましょう。本記事では

 

やりたいことを考える→作業を分割する

 

までを行っています。

 

==========

 

日本棋院の幽玄の間でタイトル戦を観戦していて、その碁を Lizzie で調べようとするとき、私はいつも次のような手順を 踏んでいました。

 

1)幽玄の間で棋譜を保存する

 

2)日本棋院の棋院エディタでその棋譜(NGFファイル)を読み込む

 

3)棋院エディタで Ctrl-C の操作で棋譜をSGF形式でクリップボードにコピーする

 

4)Lizzie で Ctrl-V の操作でクリップボードから棋譜を貼り付ける

 

5)Lizzie で End キーで最終局面へ移動

 

この 2) から 5) までは決まりきった操作なのでパソコンで自動化してしまおう、というのが今回やろうとしていることです。

 

ざくっと次のように設計しました。すなわち作業の分割ですね。

 

Lizzie は起動しておくとして・・・

 

A)幽玄の間の棋譜保存フォルダと、棋院エディターの場所は設定ファイルから読み込む

B)幽玄の間の棋譜保存フォルダから最新のファイルを探し出す

C)「棋院エディタ + スペース + 棋譜保存フォルダ + ¥ + 最新ファイル名」 という形で棋院エディタを起動する

D)起動した棋院エディタのウィンドウをアクティブにして、そこに Ctrl + C のキーストロークを送る

E)棋院エディターを終了する

F)Lizzie のウィンドウをアクティブにして、そこに Ctrl + V のキーストロークを送る

G)Lizzie に End のキーストロークを送る

 

・棋院エディタが引数に棋譜ファイルを指定できることと、Ctrl + C で SGF形式でクリップボードにコピーできること

・Lizzie が Ctrl +V でクリップボードから棋譜を貼り付けることができること

のおかげで、「ファイルを開く」などのダイアログをまったく使わずに済むのがありがたいところです。

(棋院エディタは Windowsのネイティブなアプリなのでダイアログの部品がそれぞれウィンドウなのでまだなんとかなるとして、Lizzie のほうは Java で描画してるので操作が難しい)

 

H)うまく動作するようになったら、exe ファイルを作成する。

 

以上です。

 

次回からは A) から H) をどのように実現するかを考えていきます。

 

 

 

 

 

 

Mac 対応のインターネット囲碁対局の新顔

Mac (マック) でインターネット囲碁対局できるところといえば、KGS、WINGなど無料で利用できるサイトがいくつかあります。

一方、幽玄の間、パンダネット、東洋囲碁といった大手有料サイトは最近タブレット対応は進んできているものの、パソコンはなぜか Windows のみだったりします。

そんな中、囲碁きっず2も本格的な Mac 対応の対局場として名乗りをあげました。

↓MacBook Air で朝囲碁


Macでネット碁

【野狐探偵】棋士名を割り出せ!

Twitter で以下の情報をアップしました。

 

2月23日の野狐での DeepZenGo まとめ
 (DeepZenGo からみた勝敗)

余正麒七段○ 

大橋拓文六段○

許斐然二段○
張学斌六段○○
党毅飛九段○○○○○

王若然二段○

孔令文七段○

厳在明三段○

林書陽七段○

李東方初段○

蔡文鑫初段☓

 

昨日の野狐での绝艺まとめ

范蘊若五段○○○

姜東潤九段○○

一力遼七段○

孟泰齢六段○

陳耀燁九段○

尹畯相九段☓

村川大介八段○

芈昱廷九段○

范廷鈺九段○

井山裕太九段○☓

柯潔九段○○○

この棋士名の割り出しが結構手間なんですが、今後、野狐などで情報収集するのに有益だと思いますので、やり方を説明します。

 

まず棋譜鑑賞ボタンから棋譜検索です。

 

 



このために「绝艺」など、単語登録をしておくことをおすすめします。

 

ここからテキストがコピーできたらどんなに楽か....

そして名前が英数字だと涙出るほど嬉しい(笑)

でも多くが中国語、しかも簡体字です。

北海的... さんの正体をさぐってみましょう。

 

この棋譜検索結果から対局者HNをゲットするには、以下の色を変えた部分のように画像→OCRせずとも、棋譜ダウンロードすればいいというご指摘を Zen の加藤さんよりいただきました!! ごもっともです。 2007/02/25 13:34追記

 

画像をキャプチャして名前の部分をファイル(例えば北海的..jpg)に保存します。


 

そしてオンラインOCR。
http://www.onlineocr.net/

さきほどのファイルを選んで言語は CHINESESIMPLIFIED 中国語簡体字。
出力は Text ですね。右下の数字を目視入力して、CONVERT します。

 

成功!

 

「北海的早晨」をコピーして野狐でユーザー検索です。

 

 

出ました! 黄色で囲んだところが目指す棋士名です。

 

 

あとは、これを画像キャプチャして(ネガポジ反転したほうが認識率が高いようです)ファイルに保存します。

 

もうひといき。これでさっきと同じく OCR を使えば完了です。

 

范蘊若

 

いかがでしたでしょう。オンラインOCRという強い味方がいれば、中国語簡体字も怖くない!

 

 

...と成功例を書きましたが、OCRがうまく認識できないケースも多々あります。

そのときは認識できた文字を手がかりに Google 検索などでなんとかします(実はこれが大変w)。

 

 

2007/02/25 15:50追記
中国語の手書き漢字認識サービスについて Facebook で教えていただきました。

これも使えそうです!

 

http://www.qhanzi.com/index.ja.html

 

情報発信するといろいろ返ってくるものがありますね!

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>