タイトル。

テーマ:
渇望した瞬間。

{FB9DAF9A-7814-42F2-A7FE-91551CC0FDA5}

試合後に憲剛と抱き合った時、

自然と感情が昂り、涙が止めどなく流れました。

この日を僕は12年、彼は15年待ち侘びていました。

シルバーコレクターと不名誉な代名詞がつきまとっていた川崎フロンターレ。

記者の方々から、

「何が足りない、あるいは必要だと思いますか?」

とよく聞かれました。

タイトルを獲得するための、「何か」。

抽象的な問いの答えは、

正直今の僕には具体的なこれだ!という解答はわかりません。

ただ、様々な要素が熟成されていたフロンターレ。

勝ち点を落としそうな試合でも、しぶとく勝ち点を積み上げた勝負強さ。

選手層の厚さ。

成熟味を増した攻撃的なサッカー。

監督、コーチ、スタッフetcのマネージメント力。

色々な要素が良い方向に歯車を動かして、

素晴らしい化学反応を起こして得た、

タイトルだと思います。

この優勝は、歴代の川崎フロンターレに関わられた方々のご尽力があってこその、

21年目の初タイトル。

その様な素晴らしい経験をさせていただき、少しでもチームに携わらせていただき、僕は本当に幸せ者です。

このメンバーで試合や練習をする事はもうありませんが、

みんなとサッカーが出来て本当に嬉しかった。

{C119C2A5-CDCC-49DF-9276-723A87AD414C}

今から、チャンピオンとしてチャンピオンの名に恥じぬよう頑張ります。

今年1年間応援してくださった関係者の皆様。

本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

井川祐輔






AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る