2019年カレンダー

テーマ:

 

長い間、縁側に積まれたままになっていた新聞や本や雑誌。

 

その日も小学校から帰って来て、ただいま、おかえり、行ってきます!の速さで、遊びに行くつもりだった。

 

ランドセルを玄関に置いて、飛び出そうとしていた、その時、母に声をかけられた。

 

それ回収場所まで持って行ってくれる?

 

振り向くと、ビニール紐で十字に縛られた古紙の束が、いくつも、ある。

 

内心、うげーって感じだったけれど、

母も夕食を作り終えてまた仕事に戻る準備で忙しそうだったし、素直に従った。

 

ブーたれた気分で、ゴミ置場と家を出来るだけ往復しないで済む方法を考えた。

 

両手に紙束を無理矢理、四つ持った。

 

ビニール紐がただでさえ、手に食い込んで来て痛いのに、

四つ分の重さで、バランスが取れず、しっかり結んであった十字縛りがどんどんゆるくなっていく。

 

あとちょっと!あと十歩くらい!もう少しでゴール!と油断していたころで、紐が勢いよく解けた。

 

自分が横着した癖に、思わず癇癪を起こしそうになる。

 

散らばった広告紙や新聞紙を涙目で拾い集めていると、

去年リビングの壁に掛けていたカレンダーが混ざっていて、思わず手を止めた。

 

それは、私が気に入っていた絵本のカレンダーで、

毎月捲るのを楽しみにしていた。

 

写真や額縁に入っている絵はずっと大事にするのに、どうして、カレンダーは使い捨てなんだろう?

 

さっきの怒りをすっかり忘れて、その場にしゃがみ込み、暫くカレンダーの挿絵を眺めていた。

 

あれから時は流れて。

 

今年もスタッフさんに、2019年のカレンダーを作りたいのですが、と提案された。

 

正直なところ、全く乗り気でない私。

 

でも待っていてくれている人がいるのも、幸せなことだ。

 

どーしようかなぁーと考えていた時に、

小学生の頃のあのエピソードが蘇った。

 

そして、一生大事にして貰えるカレンダーを作りたいなぁって。

 

暦は毎年違うし、カレンダーはそれを確かめるものだから、

その年その年で新しいものを買い求めるは、当たり前のことなんだけど。

 

だけど、その年だけ使って終わり、じゃなくて、

ずっと大切してもらえるカレンダー、というものがあってもいいんじゃないかなぁって。

 

そして、みんなが大切にしてくれるそのカレンダーが、

私の作ったものだったら、どんなに嬉しいだろう。

 

そう思ったらどんどんやる気が出てきて。

 

私は落ち込んだ時、本棚の前に立つんだけど。

 

詩集を読むこともあるし、エッセイを手にすることもあるし、あの日の歌を聴くこともあって。

 

本当にたまーに、手帳を開くこともある。

 

細く分刻みで記されたスケジュールを見て、よく本当にこんなにも働いたなぁと笑ったりして、

この時踏ん張れたんだから、今もきっと大丈夫ってなめらかな勇気が湧いてくる。

 

私が今見ている、触れている、感じている、生活の風景を写真に収めて、

それに今の私が言葉を綴る、カレンダー。

 

2019年は、季節を感じながら楽しんで頂いて。

 

2020年になってカレンダーの役目が終わっても、本棚にしまっておいて。

 

落ち込んだ時にでも、大掃除する時にでも、取り出して、心を馳せて欲しい、何度でも戻って来て欲しい。

 

あー2月は恋人に振られたなぁ、とか、7月は仕事忙しかったなぁ、とか、10月はレオちゃんのライブに行ったな、とかさ。

 

振り返る時間も、大事だよ、たまには、ね。

 

そしてひとりきりで、ひっそりやることが、大事。

 

なので今回のカレンダーは、カレンダーだけど、今までとは違う新しい形のブック型の

手帳のような、ポエム集のような、カレンダーにしました。

 

カメラマンは、映像作家、写真家の島田大介さん。

 

いつかご一緒してみたいと思っていたアートディレクターさんのお一人だったので

念願叶って嬉しいです。

 

はじめてのセッションがカレンダー撮影になったのが意外な展開だったけど、

こういう予想外は楽しさしかないからいいなぁと思いました。

 

 

家入レオ2019年フォトブック型カレンダー「Memorial Calendar 2019」予約はじまりましたので

是非手に取ってください。

 

 

Photographer:Daisuke Shimada
Hair & make:Hiroko Takashiro
Stylist:Koji Oyamada
Designer:Kumiko Noda
Coordinator:tsujimanagement

 

詳しくはこちらから。


 

​そして、2019年2月24日の「7th Anniversary Live at 大阪城ホール ~Premium Symphonic Night~」の

オフィシャルHP3次先行受付もスタートしました。

 

詳しくはこちらから。