View this post on Instagram

ロッキーザファイナル、原題ROCKY BALBOAのノベライズを今更ながら読んでみました。 ロッキー4のノベライズを読んだときは、映画本編の中身が薄かったので色々新しい発見がありましたが、名作ファイナルはやはりそれほど大きな違いはなかったものの、ロッキーとステップスのやり取りや、ジュニアの心情などが詳しく描かれていました。上映時間が意外と短めなのでもうちょっとこれらのシーンを本編に足してもよかったかも。デュークの出番も😊 あと撮影されながらもカットされたポーリーの恋人の存在、ポーリーがいつまでも昔にとらわれて辛気くさいロッキーに嫌気が差して家を出ていってしまうくだりなど、より一層ロッキーの孤独を感じさせます。。 そしてクリード2を見たいま、ジュニアは父親の存在への葛藤をこのとき乗り越えたはずなのに10年後にまた距離ができてしまっているという設定が気になって仕方なかったけど、ある意味リアルなのかもしれないと、この本を読んで感じました😣 #映画 #映画鑑賞 #ロッキー #ロッキーザファイナル#ノベライズ#クリード #クリード2 #シルベスタースタローン #マイケルbジョーダン #ドルフラングレン #movie #cinema #rocky #rockybalboa #creed #creed2 #sylvestorstallone #michelbjordan

Yoshikazu Ideさん(@idkide)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

ロッキーシリーズ最大のヒット作、人気も知名度も抜群のロッキー4。 だけど、自分のロッキーランキングでは一番下😣 なんなら当時同時上映だった栄光のエンブレムのほうが面白かったくらい😁同時上映って懐かしいなあ😆 クリード2きっかけに、ロッキー4公開当時の気持ちがよみがえってきました… トップガンの流れでミュージックビデオ的な演出やサントラが流行った影響をもろにうけ、音楽担当まで変更してロッキーのテーマを封印。アポロをあっさり殺して、少年ジャンプ的な薄い内容に、当時の米ソ冷戦を軽くからめて感動させようとする。。 当時はアクション映画全盛時代。ガキんちょたちにはたまらない作品であることは間違いなし。でも、中2にしてすでにロッキーのコアファンだった俺は、こんなのロッキーじゃないんだよ~と声を大にして言いたいという気持ちになって、実際言ってました😁 3で終わったと思っていたロッキーが帰ってくるということで、公開前からサントラ(もちろんLPレコード)を入手し、期待しまくっていたので肩透かし感はんぱなく、あまりの内容のなさに、なんとか補完できないものかとノベライズ本も買ってみました。 内容ほぼ忘れたけど、、ロッキーがタイトル返上する経緯が詳しく書いてあったことと、あのガッツオさんのその後が少し触れられていたことは覚えてます。。実家に眠ってると思うからもう一度発掘して読み返さねば❗ これが大ヒットしたことによって、長らくロッキーはバカにされがちに…それこそファイナルをやるまでの20年間ずっと😅 なんか悪口ばっかりみたいになったけど、それでももちろんロッキー4もなんだかんだいって愛してます‼ #映画 #映画鑑賞 #ロッキー #ロッキー4 #クリード #クリード2 #シルベスタースタローン #マイケルbジョーダン #ドルフラングレン #栄光のエンブレム #トップガン #movie #cinema #rocky #creed #creed2 #sylvestorstallone #michelbjordan

Yoshikazu Ideさん(@idkide)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

クリード2早くも2回目。今度は家族で。 小2の息子には厳しい字幕版だけど、それなりに楽しんでくれたよたうで😊 思えば生まれてはじめて劇場でみた洋画は小学3年生のときのロッキー3で、イタリアの種馬のタネウマが読めなかったのをよく覚えてます✨ ヨメに感想きいたら、ドラゴのラストのあの行動を思い出して泣きそうになってました😁 やっぱり結局最後の最後でみんなあそこに感情をもっていかれてしまうこの作品💦 そして、やっぱりロッキーと息子との関係に心がザワザワしたようで… ロッキーファイナルで息子とのわだかまりも溶け、その後癌闘病もしていたにも関わらず、孫の顔すら見ていないという設定が、2回目でもやっぱり気になってしまう。。 クリード1の時に、ロッキーとドニーの擬似父子を表現するため、またロッキーの孤独感を引き立たせたいがために作った設定だとは思うものの、あのかわいかったロバートとあんなに距離ができてしまうなんて😥 まあ多分、自分がキャリア40年近くの熱心すぎるファンだからこそ気にしすぎてしまっているのかもしれませんが… ヨメは、ものすごくきれいに終わっていて、これがロッキーの最後のつもりで作ったことがわかると言っていたけど、やっぱり自分としては、せめてもう1ラウンド!という気持ちがどうしても拭えません。。 一番印象に残ったのがドラゴ親子という作品でロッキーとさよならというのはあまりにもさみしすぎます。。 スタローンには過去に、ロッキーは3で終わり、5で終わり、と言いながら度々復活してきた経緯があるので、また宣言を覆してくれることを願ってしまいます😁 #映画 #映画鑑賞 #ロッキー #クリード #クリード2 #シルベスタースタローン #マイケルbジョーダン #ドルフラングレン #movie #cinema #rocky #creed #creed2 #sylvestorstallone #michelbjordan

Yoshikazu Ideさん(@idkide)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

クリード2初日初回鑑賞から1日たって少し気持ち整理ついたのでさらっと…ネタバレはなるべくしない方向で。 まず、いつものロッキーシリーズとは後味がちがって大いに戸惑いました。 最後はドニーもロッキーもがんばったー👏で終わるのが常なのに。。なんとも言えないこの切なさ。 何が原因っていったらドラゴ親子、これにつきます。 はっきりいっていつもなら当然ロッキーチームを応援してるのに、気づいたら試合中、とくにドラゴジュニアに肩入れしている自分が… これ、どっちが主役かわかんなくなる感覚。。 まさかのあの悪女の再登場にびびりましたが、今回彼女はなくてはならないキャスティングでしたね… そして、試合後のリング上の輪の中にいないロッキー😣 これは…もう会えないの??無言で別れを告げられた気分…と感じていたところ、フォローさせてもらったロッキーファンの方の情報で、スタローン、ロッキー引退を口にしてしまったそうで😢 ドラゴ親子もロッキーも切ない、切なすぎる。。 ロッキーシリーズってもっと単純に感動を約束してくれるもので、こういう感覚になる作品じゃないはずなのに😁 それに意表をつかれ、自分の頭の中を整理するのに時間が かかりました。。 あとひとつ、引っ掛かってるのは、ロッキー親子、なんであんなことになってるの?? ファイナル見る限りいい関係になったんじゃなかったの? クリード前作でたしかに距離が出来たことには触れてたけど、納得できない距離感💦 だからロバートがちゃんとファイナルの彼だったのはよかったけど、それが引っ掛かっていたので素直に感動できませんでしたよ。。 と、まあ率直に書いてしまうと主役のクリードのことに一切触れていないということに😅 ドラゴ、っていうスピンオフみたいくらいもっとドラゴ親子のこと掘り下げてほしかったくらい。 まあ、あくまでまだ1回目の鑑賞の感想ってことで。 これまでのシリーズ同様最低3回は劇場行くと思うのでまたなにか書くとおもいます😁 #映画 #映画鑑賞 #ロッキー #クリード #クリード2 #シルベスタースタローン #マイケルbジョーダン #ドルフラングレン #movie #cinema #rocky #creed #creed2 #sylvestorstallone #michelbjordan

Yoshikazu Ideさん(@idkide)がシェアした投稿 -