大谷翔平選手が覆す『努力論』 | icollection

大谷翔平選手が覆す『努力論』

ご無沙汰していました、

イラストレーターico.です。

 

前回ブログから、

回復どころか悪化の一途を辿ってしまい

更新が今の今までできませんでした。

 

今は回復の前に、持っていた仕事が

ゴール間近となりました!

 

来週からは気持ち的にのんびりできます

気持ちが大事ですから・・・

 




 

昨日、読売新聞の記事に、

大谷翔平選手について分析する記事が

じわりときたので記しておきます。

 

・大谷選手には、ストイックさを感じない。

 

・「好きかどうか」「ワクワクするかどうか」

で物事を選択し、その気持ちに正直に従い動いている。

 

・自分の枠を設けないから、海をも渡れたし二刀流も貫いた。

 

大谷選手の勝因を、記事ではこう結論付けています。

「好きこそ最強」

 

 

自分が好きな気持ち。自分が何をしたいか。

その気持ちを大切に育むことが、

夢を叶える秘訣なのかもしれませんね・・・

 

 

 

「努力は報われる」という従来の思想?は、

呪縛のように私にも刻まれていて、

「努力しなきゃ」「努力するべき」と暗示をかけ・・・

 

でも何をすれば「努力」と呼べるのか?

それが分からない。だからずっと苦しい。

 

これこそ努力のベクトルが間違っているんですよね。

 

脳科学者の中野信子先生著「努力不要論」でも、

ざっくり言うと、好きに従い動いたことは

努力とは呼ばない(本人は)=努力不要論

 

まさにそう言うことですよね。

 

 

私はもう「好き」以外の理由や物差しで

物事を考え過ぎて、自分の「好き」が分かりません。

 

 

今は素直に「好き」に従う大谷選手や、

「好き」を発見していく娘を見守りながら、

学ばせてもらおうと思います。

 


 

昨日発売の週刊女性セブンにイラスト掲載されています

ホラー特集です

 

ico.