命と街をまもる方法の一つ「海岸林」 | icollection

命と街をまもる方法の一つ「海岸林」

日頃お世話になっているオイスカ(海岸林再生プロジェクト)が、ブログで私の状況を記事にして頂いていました。

3回くらいに渡ってるぐすん👇

私がなぜ311震災後からずっとプロジェクトを支援しているかというと、

沿岸部の海岸林というのは、町をあらゆる災害から守る防波堤の役割を担っているからです。

あらゆる災害とは、津波や高潮や防風など、山から海から押し寄せてくる自然の猛威です。

津波対策、台風対策、地震対策、こんどは竜巻だ高潮だ、、、
同時にすべての対策をとるのは非常に困難です。

やれることはやるけど、その前に海岸林という防波堤があることで、人間が自然の猛威と対峙する前に1クッション置くことができる。
海岸林というのは非常に頼もしい、人間の相棒なのです。




私は災害に強い街を作れるような力はありません。

311震災後、ふるさと(名取市閖上)の再建が進まず、非常にもどかしい時期が続きました。

だけど、海岸林の再生は本当に早く動き出していた。

海岸林再生に携わることで、引いては街の復興につながるのかもしれない、と思ったのです。


これまで、チャリティーアート展やグッズの売上の一部を寄附させて頂き、その額は157,000円以上。

ここに今年のカレンダーの売上分もプラスされてきます。

2020年カレンダー販売中

ご注文方法
HPコンタクトフォームに件名「カレンダー注文」、住所、氏名、連絡先、注文部数を記入して送信ください。

※3日以内に返信がない場合は、お手数ですがicollection0816アットマークgmail.comまでメール送信をお願い致します。



寄附の額面で多いか少ないか、と捉えるのではなく、
自分ができる範囲の支援を考えて行動に移せば、
それでいいのではないでしょうか。

被災しようがしまいが、
みんなだれかに支援されています。

そしてだれかを支援しています、よ、きっと。
それが表に見える形か見えぬ形か、違いはそれだけです。

🙇‍♀キラキラ