オーストラリア留学最前線 現地最新情報! By Jun Hirose 

オーストラリア留学最前線 現地最新情報! By Jun Hirose 

オーストラリア留学に関わる様々な最新情報をお届けします^^
~留学を通した新しい自分つくりのお手伝い~

皆様

 

おはようございます^^

オーストラリアの現地就職や移住を考える際、各ビザによって職種リストがありまたそれは定期的に見直しがされることとなっておりますが、現行のMLTSSL職種、STSOL職種の他、この先の職種リストに影響ある資料にSkills Priority Listが挙げられます。

The National Skills Commission (NSC) が2021年6月に公表したSkills Priority Listはオーストラリアの労働市場の分析より算出された各職種の『現時点』と『この先の5年の将来』での需要をオーストラリア全土、また各州ごとに評価した結果のリストとなり、このSPLリストはこれからのオーストラリア政府のSkill Migratgion Programに大きな影響を与える資料として使われると公表されています。

 

各職種において『現時点』での需要をオーストラリア全土、また各州ごとに

 

不足(S=Shortage)
不足していない(NS=Not Shortage)
地方エリアのみで不足(R)
大都市圏のみで不足(M=Metropolitan)

 

の4種類、

 

また、この先、5年の『将来』の需要の分析結果を以下の3つでカテゴリー分けをしています。

 

Strong(将来、高い需要が見込まれている=Strong future demand)
Moderate(将来、中程度の需要が見込まれる=Moderate Future Demand)
Soft(将来、ソフトな需要が見込まれる=Soft future demand 


すべてS+Strongという表記が現時点、又この先5年も就職に強い、以下の50職種は

ほぼS+Strongと評価されています。

 

 

ANZSCO Occupation AUS Future Demand
132111 Corporate Services Manager S Strong
135112 ICT Project Manager S Strong
139914 Quality Assurance Manager S Strong
221111 Accountant (General) S Strong
221112 Management Accountant S Strong
221113 Taxation Accountant S Strong
221213 External Auditor S Strong
221214 Internal Auditor S Strong
232212 Surveyor S Strong
233211 Civil Engineer S Strong
233212 Geotechnical Engineer S Strong
233213 Quantity Surveyor S Strong
233214 Structural Engineer S Strong
233215 Transport Engineer S Strong
233311 Electrical Engineer S Strong
233512 Mechanical Engineer S Strong
233611 Mining Engineer (excluding
Petroleum)
S Strong
233612 Petroleum Engineer S Strong
234111 Agricultural Consultant S Strong
234112 Agricultural Scientist S Strong
234711 Veterinarian S Strong
251214 Sonographer S Strong
252712 Speech Pathologist S Strong
261211 Multimedia Specialist S Strong
261312 Developer Programmer S Strong
261313 Software Engineer S Strong
262112 ICT Security Specialist S Strong
272311 Clinical Psychologist S Strong
272312 Educational Psychologist S Strong
272313 Organisational Psychologist S Strong
322211 Sheetmetal Trades Worker S Strong
322311 Metal Fabricator S Strong
322312 Pressure Welder S Strong
322313 Welder (First Class) S Strong
323111 Aircraft Maintenance Engineer
(Avionics)
S Strong
323112 Aircraft Maintenance Engineer
(Mechanical)
S Strong
323113 Aircraft Maintenance Engineer
(Structures)
S Strong
323313 Locksmith S Strong
341111 Electrician (General) S Strong
341112 Electrician (Special Class) S Strong
351211 Butcher or Smallgoods Maker S Strong
351311 Chef S Strong
351411 Cook S Strong
361211 Shearer S Strong
362212 Arborist S Strong
362213 Landscape Gardener S Strong
411411 Enrolled Nurse S Strong
421111 Child Care Worker S Strong
423111 Aged or Disabled Carer S Strong
721111 Agricultural and Horticultural
Mobile Plant Operator
S Strong

(情報源:Skills Priority List

上記は現行のMLTSSL職種と一致しているわけではなく、職種によっては現時点でどのリストにも挙がっていない職種も含まれますので、永住ビザを想定する際には,あくまで参照情報として複数のリストと照らし合わせて考える必要があります。

 

各職種が現在においての各種ビザの職種リストに挙がっているか、の確認は

 

https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/working-in-australia/skill-occupation-list

 

上記ページの真ん中にある以下で検索ください。(各種ビザのリストはこちら

 

求められる資格レベルがCIIIであるAged Care Worker, Childcare Workerは現時点ではMLTSSL, STSOL職種ではないため、より高資格が永住ビザを考える際には必要となっていますが、特に介護職は人手不足は深刻なため地方エリアでは優遇措置が発動されており、特にアデレードではCIII資格+1年の経験で雇用主スポンサーをしていただける会社があれば、ビジネスVISAから永住ビザのPathwayがAvailableはDAMA対象職種となっております。Childcare WorkerはGroup Leader, Centre Manager, 他、資格グレードアップでEarly Childhood Teacher, これらはかなりの複雑な条件や注意事項があるため、個別にお問い合わせいただけましたらお答えいたします。

 

無料コンサルテーションを受けることでまずご自身のビジョンをより明確化させることが可能になります。お気軽に以下よりお問い合わせください。

 

 

 

ICNオーストラリア留学情報館 お問い合わせ フォーム 👇 https://www.johokan.jp/contact.php

LINEでのお問い合わせはこちらから 👇

友だち追加

ICNウェブサイト → https://www.johokan.jp

ICNスタッフ紹介 → http://www.johokan.jp/staff.php

ICN Facebook → https://www.facebook.com/icnjapan.australia

ICNマガジン → https://blog.johokan.jp

 

来会計年度(2022年7月1日~2023年6月30日)はオーストラリア全土でSkilled Migration Programの枠数が全体で3万300増える予定です。

 

 

 

タスマニア政府が来会計年度(2022年7月1日~2023年6月30日)の新しいTasmanian Skilled Migration State Nomination ProgramのProposal(未決定)を公表しています。こちらが実際に2022年7月1日から採用されると非常に興味深いです。タスマニアはやはりその経済成長にはどうしても移民が必要、留学生の永住ビザの可能性を高めることで留学生を誘致し移民させたい、という意欲が高いですね。

Consultation Paper内のサンプル例にもありますが、例えば大学院で2年修士号で会計を学ぶ、Skills Assessmentを通過させている状態で異なる仕事をしていても、3年タスマニアに住んでいればSC190の権利発生、Cookeryで2年パッケージで6か月パートタイムでもシェフとして仕事をしている際、3年住んでいればSC190, 3年未満の際にはSC491、現行プログラムでは

各ステップを踏んでいく際で、確実性が明確ではない点も問題視されており、さらに改良するという趣旨ですが、これが実際に採用され、2024年度以降の会計年度も継続される際にはタスマニアを本格的に考えてみる価値は大いにあるやもしれません(現時点ではまだ未定)。

 

https://www.migration.tas.gov.au/__data/assets/pdf_file/0008/342980/Consultation_Document-_Skilled_Migration_Nomination_Framework_Review_2022.pdf

 

例)タスマニア政府の来会計年度(2022年7月1日~2023年6月30日)の新しいMigration Prgoramのサンプル例(このまま採用されるかは未定)

 

 

 

 

年間のNominationの発給数には制限があり、実際に現時点では枠以上の申請者がいるので、急遽、申請者の選抜に関して、優先順位をつけたり、より枠数を獲得することをタスマニア政府としてはチャレンジしているようですが、実際の永住ビザ自体に関しては中央政府が年間発給数も決めているため、この兼ね合いで色々簡単ではなさそうですが、それでもここまで州政府がしっかりと留学生を永住者として確保していくことにコミットしているタスマニア(南オーストラリア州も積極的)は注目です。

 

 

 

2022年3月7日時点でのタスマニア州のNomination状況 
今会計年度トータル枠数3300(SC190(直接の永住ビザ):1100,SC491(2段階の暫定永住ビザ):2200)

 

 

過去や現在のSC190,SC491の状況も明確にMigration TasmaniaチームはWebinarで毎月更新情報を発表しており、過去のWebinarも観れますので本気の方は必ず、モニターしていくことをお勧めします。

 

SC190, SC491を考慮する際にはどの職種で、どのコースを選ぶか、そのコースのみで技術査定が通過するしない、卒業生ビザが申請できるできない、等、各職種とSkills Assessmentはこれらのビザを考慮する際の最も大切な点のひとつです。私達にご相談いただければ目指す職種で必要なコースや職種によりけりの難易度などもお伝えいただくこともできます。業界で19年の経験があり、常に最新情報を追跡しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

他最新情報は常にタスマニア政府サイトをご参照ください:

 

 

https://www.migration.tas.gov.au/

 

2022 webinars

Previously recorded webinars for your reference.

ICNオーストラリア留学情報館 お問い合わせ フォーム 👇 https://www.johokan.jp/contact.php

LINEでのお問い合わせはこちらから 👇

友だち追加

ICNウェブサイト → https://www.johokan.jp

ICNスタッフ紹介 → http://www.johokan.jp/staff.php

ICN Facebook → https://www.facebook.com/icnjapan.australia

ICNマガジン → https://blog.johokan.jp

皆様 お久しぶりです、


ICNの廣瀬 淳(ひろせ じゅん)です!


しばらくブログが手付かずでしたが、


徐々に更新していきたいと思います^^

 

 


先週の木曜日にチャイルドケアコースや


ソーシャルメディアマーケティング(SNS Marketing)


コースをオファーしており、


シドニーオリンピックパークと


シドニー中心(CBD)に

 

キャンパスを有する


Kirana College(キラナカレッジ)



に訪問しましたので、

 

情報をシェアさせていただければと思います!


 

 

このカレッジは2009年設立、


もともとローカルの方のみに

 

チャイルドケアコースをオファーしていましたが、

 

昨年より留学生受け入れを開始、


もともとキャンパスが


オリンピックパークのみでしたが


本年よりシティにもキャンパスをオープンしました。



そのシドニーシティキャンパスで

 

の説明会に参加させていただきましたでした。



最近日本人の女性にも人気のチャイルドケアコースを

 

要している注目株のカレッジです。

 

(現在、オプションはチャイルドケア、エイジドケア、ソーシャルメディアマーケティング、ビジネス)


日本人は現在はほぼいない状況。

 

 

 


それでも日本のエージェントも5−6社、


また全世界のエージェント含めて


おそらく50社前後くらいは


 集まっていたと思います^^


シティキャンパスは


全て夕方授業でフレキシビリティのある点は


特徴的ですね。


 

Timetables for CBD campus are as follows:

Childcare Night Class 

2 night lectures – 4 hours each night (5pm to 9pm) – Mandatory

1 workshop/tutorial/playgroup – 6 hours

Online study – 6 hours

 

Social Media Marketing Night Class

2 night lectures – 4 hours each night(5pm to 9pm) - Mandatory

1 workshop/tutorial– 6 hours

Online study – 6 hours

 

Timetables for Olympic Park campus are as follows:

Child Care - Lecture – 1 day (8:30am to 5pm) compulsory – 8 hours

+Tutorial/workshops and playgroup - 6 hours + Online Studies – 6 hours  

 

Aged Care/Community Services  - Lecture - 1 day (8:30

 



 

 

この日、最も印象的だったのはSNSマーケティングの講師 Sheilaさん

 

による30分ワークショップ!! How to Get 10k Real FB Followers in Less Than 3 daysというのがテーマ、

 

 

ありえないだろうなぁ、と思いつつも、


話がスタートした途端に

 

オーディエンスを圧倒的に惹きつける


Sheilaさんの話術と

 

リアルなデータをもとに、具体的にどういう

 

手法で行うと、こういう結果が導かれる、という

 

目から鱗の内容でコンサルタントの方では


クライアントの方のみに

 

公開しそうなコンテンツを惜しみなく、


披露してくださいました。


 

 

あまりに感動してワークショップの後に、お話をさせていただき、

 

もしかしたら、コンサルティングを依頼させていただきたいかも、と

 

連絡先もいただきました。

 

 

イタリア出身の方でオーストラリアには5年、

 

SNSマーケティングで10年経歴があり、まさに

 

このお仕事は天職だったようで、


情熱が溢れ出ているのが

 

瞬時に伝わってきました。

 


この人に教われるようなら、


おそらくコース受講中にでも


コンサルタントの道が開ける、


そう直感でわかるスーパー講師でした。


 

話せば一発で信頼が置ける、


それを瞬時に伝えることができる能力の高さ、

 

個人的には30分の無料ワークショップでしたが


1000ドル以上の価値あるワークショップだった


と思います。

 

この方がKiranaで教えている


Diploma of Social Media Marketingは

 

1年コースで、夕方週1−2日の授業で、


学生ビザにて受講していけます。

 

またお値段も非常にリーゾナブル、


1年間で7000ドル(1ヶ月583.3)ドル、


オーストラリアでは

 

学生ビザで2週40時間、


また学校ホリデー中は無制限に


仕事ができますので


 

正直、この学費ならバイトしながら、


まかなえてしまうくらいのお安さ、、

 

 

久々にワークショップで感動が味わえた、


お得な企画に本当に感謝です^^

 

Webデザイン方面を目指す方は、


確実に、SEOやSNS Marketingの

 

知識は大切ですし、


独立して活動していく際には


必須の知識です。

 

デザイナーでなくとも


この分野を極めることだけでも


十分独立して稼いでいける、


そのためのノウハウがこの先生なら、


惜しみなく全てを教えていただけると思います^^

 

 

費用をセーブしながら、


実践的なことを学びたい、そういう方には

 

オススメです!

 

現在スペシャルで


年間授業料 9000ドル → 7000ドル!!

教材費(タブレットを含む)500ドル→250ドルのキャンペーンが7月スタートの方に適用されます!

 

2018入学日:7月16日、10月8日

お休み:
16th April – 29th April, 9th July – 22nd July, 1st October – 14th October, 24th December – 28th January 2019
 

2019 入学日: 21st January, 23rd April, 15th July, 7th October 

お休み: 15th April – 28th April, 8th July – 21st July, 30th September – 13th October, 23rd December – 26th January 2020

 

 

他社エージェント様達と、Kiranaのマーケティング担当のSunnyさん

 

 

詳細は是非お問い合わせください!

 

ICNオーストラリア留学情報館 

http://www.johokan.jp/contact.php