妖怪えほん作家 いちよんご

  • 16Oct
    • 保育園の先生とワークショップします!

      お久しぶりの投稿です。いちよんごです。気がつけば、秋ですね。しばらくの間、裏方でコソコソと活動しておりました。缶バッジをつくったり、Tシャツをつくったり、来年に向けて妖怪えほんのワークショップを画策したり。このところ、いくつかの出版社の方とお話する機会をいただき、ラフを何冊も書いて、絵本のアイディアを思いきってぶつけてみたりしておりました。頭の中で何種類かの企画がぐるぐるとまわっていて、それに合わせて妖怪たちも私のまわりをフラリフラリとさまよっているのがわかります。ちなみに上の写真の妖怪は、どこにも提出できず自分の中でボツになった企画です(笑)まだまだ遠い道のりですが、絵本作家になる!という初心を忘れず少しずつ前へ進んでいけたらいいなと思っています。さて、来たる10月29日(月)、毎年かるた大会を開催している大田区の保育園にて、先生向けのワークショップをさせていただくことになりました。保育園の先生たちから生まれる妖怪は、どんな姿をしているのか、いまから楽しみで仕方ありません。そして11月7日(水)には、なんと私の生まれ故郷奈良県吉野郡の子育て支援センターにてママさん向けのワークショップも開催予定です。赤ちゃんクラスのママさんが対象なので、ベビちゃんたちが大きな妖怪かるたで戯れている間に、ママたちには子育てにちなんだ妖怪をつくってもらいたいなと思っています。ベビちゃんと巨大妖怪かるたのコラボも未知の領域で、これまたワクワクしております。大泣きの連鎖になったらどうしましょうかね。。。笑そこは奈良の妖怪さん、力を貸して下さいませ〜ではでは、元気に生きています報告も兼ねまして、今後ともどうぞよろしくお願いします^^ごきげんようか〜い!追伸:関西方面のみなさん!11月8日(木)9日(金)はイベント開催可能です!ご要望ありましたらお気軽にお知らせくださいませ!! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 07Aug
    • ベネッセ保育園で親子妖怪かるた大会!

      台風の影響か、少し涼しくなりましたね。さて先週土曜日のことですが、大田区のベネッセ池上保育園の夏祭りに呼んでいただき、年長組の子供たちと親御さんとともに、妖怪かるた大会を開催しました。こちらの園では今年の1月に、年長&年中さんの子供たち向けにかるた大会を実施しています。*1月のかるた大会の様子はコチラ。当時、まだひらがながうろ覚えだった年中さんも、いまでは立派な年長さんになっていてびっくり。半年でぐーーーんと大きくなっていました。余談ですが、ベネッセ池上保育園では年長さんはチャレンジクラス、年中さんはアクティブクラスって名前がついています。さすがベネッセさん、クラス名がかっこいいー!かるた大会の準備をしていると、1月に一度会っているせいか、子供たちは、いちよんご〜!いちよんご〜!と寄ってきてくれます。一方親御さんは、どでかい妖怪かるたと、怪しいTシャツを着た私たちに警戒心バリバリなご様子(笑)(↓参考)妖怪Tシャツ着てる怪しいひとたち そこでかるた大会の前に、連れてきた妖怪たちの紹介を兼ねて、妖怪について少しだけ思いを巡らせる時間を取りました。妖怪に会ったことある人いるー?「夢に出てきた!」「夜寝ようと思ったらきたー」と子供たちからは目撃情報が続々。ついに1人のお父さんから、「夜寝てたら金縛りにあって、とびらの隙間からおっさんがこっちを見てたんです」なんて話も…しかし、おっさんって!!笑おかげでお父さんお母さんたちの緊張も一気にほぐれ、いよいよかるた大会に突入です! 今回も、チーム戦ではなく個人戦。最初は読み札を読み、途中からはヒントを出して予想して取ってもらうスタイル。ときには妖怪の名前だけを読み上げることもあります。 開始早々、取れなくて悔し泣きする子や、ふてくされる子も出てくるのですが、お父さんお母さんたちの本気を目の当たりにするうちに、いつのまにか子供たちも夢中になって妖怪をつかまえに。そして奇しくも悔し泣きしていた子が優勝し、妖怪プレゼントを見事GETしたのでした!うっかりしていて、ひとつお伝えし忘れたので、この場をかりて…1枚も取れなかった子には「妖怪のお友達で賞」を送ります!「おねがい取らないで〜取らないで〜」って妖怪たちは逃げ回っていたんだよ、きっと。だって友達だからね。最後は恒例の「おみくじ付き妖怪新聞」を配布して、かるた大会終了です。(↓参考)妖怪新聞 その後夜の部では、お父さんお母さんたちが扮するお化け屋敷もあったんだとか!楽しそう〜〜♪1日たっぷり遊んだ子供たち、きっと夢にもおばけがうじゃうじゃ出てきてるんだろうな〜笑改めまして、心温まる素敵な夏祭りに呼んでくださったベネッセ池上保育園のみなさん、全力で参加してくださったお父さんお母さんたちにこの場を借りてお礼申し上げます。そして子供たちからは、「生きる喜び」っていう最高のご褒美をもらいました!また、園でもおうちでも、子供たちと妖怪のお話を楽しんでくださいね。それでは、ごきげんようか〜い! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 06Aug
    • 大田区サマースクール2018、ラストです!

      連日暑い日がつづく中、先週金曜日にも大田区内の小学校でかるた大会を開催しました。今回は2回開催。1回目に弟くん、2回目にはお兄ちゃん、と兄弟で参加してくれる子達の姿がありました。なんとお兄ちゃんは6年前に保育園で妖怪かるたに参加してくれていた子で、「あ〜この妖怪なんだっけな〜」「結構忘れてるな〜」と言いつながらも、最後は見事優勝!6年前の妖怪たちは半分くらいしか居なかったのに、明らかにその妖怪たちをしっかり覚えていたから勝ち取れた優勝でした。私も嬉しかったな〜そして最後はみんなで「ごきげんようか〜い」の掛け声で終わるのですが、たまたま一番上においてあった「クソババァ」妖怪が気に入った子供たち。じゃあ…せっかくなので、腹の底から、みんなで、せーの、「クソババァ〜〜〜〜ァァ〜〜〜」で、終了しました。(ほんとすみません笑) 子供たちも私たちもなんだかスッキリ。また来年会おうね〜!暑い中、準備いただいたスクールサポートのみなさま、本当にありがとうございました。今年は猛暑の影響で、体育館と運動場でのサマースクールが中止になる学校も多く、子供たちには物足りない夏休み前半になったかもしれませんが、その裏で運営に奔走してくださっているお父さんお母さん、先生方の姿が今年は特に印象的でした。夏休み後半も、どうか熱中症には気をつけて暑さを乗り切ってくださいね。ではごきげんようか〜い! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 30Jul
    • 矢口西小サマーチャレンジ2018

      厳しい暑さが和らぎ、蝉の声も少し大人しくなりました。さてこの週末は、2日間にわたり大田区矢口西小学校のサマーチャレンジにてワークショップを開催しました。金曜日は、昨年好評いただいた「巨大妖怪かるたつくり」を、そして土曜日には親子参加型のワークショップを実施しました。巨大妖怪かるたつくりの醍醐味は、2時間という限られた時間内に、子供達がゼロの状態から自分だけの妖怪を自由に考え、大きな台紙にその姿形をつくり上げていくところにあります。できあがる妖怪だけでなく、制作の過程にも個性があらわれるとても楽しい時間。じっくり時間をかけて作り込む子や、スピードに乗って一気に完成させる子、それぞれが放つ空気に呼ばれるようにして、妖怪たちが集まってきます。「自由に考える」。一見楽しそうなのですが、実はものすごく難しいことを子供達には挑戦してもらっています。想像力と創造力、集中力に加えて最後はやりきる力、それらすべてを2時間フル稼働させる子供たち。ほんとにすごいの一言!完成したみんなの妖怪を見て、あの妖怪も面白いけど、やっぱり自分のが一番かな、なんて感じてくれていると嬉しいです。 そして土曜日。台風が接近するなか、1組のキャンセルも出ることなく、たくさんの親子がワークショップに参加してくれました。親ゾーンと子供ゾーンにパカっと分けて、それぞれが集中して妖怪かるたをつくる親子開催。日頃のうっぷんを妖怪の姿にしてもらいます。子供たちの制作はわたしたちがお手伝いするので、その間お父さんお母さんはひたすら黙々と制作に集中。ときどきおしゃべりも楽しんでもらいながら、自分の世界に没頭する時間です。 会社にいきたくな〜い体重へらな〜い何回言っても聞く耳もたな〜い甘いものがとまらな〜いそんなお父さんお母さんたちのうっぷんから、今回も面白〜い妖怪がたくさん生まれてきましたよ。もちろん子供達の妖怪も負けてませんけどね!みんなの日頃のうっぷんも、クスッと笑える妖怪に姿を変えてくれていると嬉しいです。妖怪かるた、またおうちでもつくってみてくださいね! *スクールサポート矢口西さんのブログにも当日の様子が掲載されていますので合わせてご覧になってくださいね。https://blog.goo.ne.jp/schoolsup2017/e/2397cbb10ae7c555c01b5612dae5e5a5 巨大妖怪かるたをつくろう - 学校支援地域本部 スクールサポート矢口西 先ずかるたを作る前に嫌なことを書き出していきます。その嫌なことを妖怪としてあらわしていきます。いちよんごさんがかるたの作り方を教えてくれています。例えば、家族の靴下が臭いのがいやだ~子供達は想像力はとても個性豊かです。光るシールや紙を使用したのでこちらの可愛い手作りテントの中で光る様子を確かめることが出来ます。次は読み札を作ります。妖怪の名前とどんなことをするのか。巨大妖怪かるたと読み札の完成です!子供達はとても集中して作り上げていました。巨大妖怪かるたをつくろう 今回は台風の影響による中止の可能性もあり、難しい状況だったと思うのですが、矢口西小のみなさんの的確な判断と、親御さん方の見守りのおかげで、滞りなく開催できましたこと、改めてお礼申し上げます。きっと周辺の妖怪たちも見守ってくれていたんだと思います。それではまた来年、お会いできることを楽しみにしています。ごきげんようか〜い! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 26Jul
    • 大田区サマースクール、スタート!

      お久しぶりの投稿になりました。今年の夏は、とにかく暑いですね。この暑さは、私も初めてかもしれません。イベントでも、子供たちには楽しんでもらうこと以上に、とにかく無事に元気に、家まで帰ってもらいたい。そんなことを願いながら、今年はかるた大会&ワークショップを開催しております。大田区でも小学校は夏休みに入り、毎年恒例のサマースクールが各校スタート。火曜日に開催した学校では、毎年かるた大会を開催している保育園出身の子たちがたくさん来てくれました。そのうちのひとりの女の子は、だれよりも素早い動きで妖怪かるたをつかまえて、見事優勝!彼女たちは、同じ保育園出身のお友達が集まると、妖怪かるたのことが会話にのぼるくらい、親しんでくれているそうなんです。その光景を想像したら自然と顔が緩んでしまいました。嬉しいな。 そして昨日は、3月に長男が卒業した学校での開催。妖怪かるた発祥の地でもあります。毎年参加してくれるリピーターの子たちも多く、私たちもホームで開催しているような居心地の良さですが、そのおかげか、いたずらっこや、やんちゃさんの出現率も高くなって白熱する場面も増えるんです。みんなかわいいんですけどね(笑)高学年にもなると、妖怪かるたはストレス発散の場になっている子達もいるようで、ワークショップの説明を聞かなくても、「大丈夫!ストレス溜まりまくってるから、もうどんな妖怪にするか考えてきた!」なんて言ってる子もいました(笑)終了後はすすんで片付けを手伝ってくれたり、名残惜しそうにしている子たちの姿も。聞くとみんな6年生。今年最後か〜と声に出したらこっちが泣きそうになってしまいました。素敵な中学生になって来年もあそびにきてほしいです。参加してくれた小学生のみんな、ありがとう!また、早くから取りまとめてくださっている各校スクールサポートのみなさん、PTAのみなさん、場所を提供してくださる各学校の先生方、この場を借りて心よりお礼申し上げます。明日と明後日も区内の小学校にてお世話になります。台風の影響が心配ですが、無事開催できますように。ではでは、ごきげんようか〜い。 via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 31Mar
    • ママサカスにてワークショップ開催しました!

      ママサカスのワークショップブースにて、「春の妖怪」をつくるワークショップを開催しました。 今回は「ろくろくび」や「ながーい手」や「あしあと」などの妖怪パーツをいっぱい準備して、ぺたぺた組み合わせて妖怪をつくりだしてもらいました!いちよんごが制作に使用したあとのパーツや、ボツになった?妖怪たちも、子供達の手にかかれば。。。あらま〜素敵な妖怪さんに生まれ変わりましたよ!春らしい陽気な妖怪たちをぜひご覧になってみてくださいね。愉しい妖怪をつくってくれた子供たち、またおうちでもつくってみてね!***ママサカス、本日いよいよ最終日!とってもかわいい絵本『さがそ!おかしのくに』(学研) のイトウユカさんによるアイシングクッキー教室もありますよー!ぜひあそびにいってみてくださいね♪ via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
  • 28Mar
    • 春の妖怪展、満開にて終了です!

      ママを応援!春の妖怪展、本日終了しました。午後から搬出にもかかわらず…親子そろって回復しきれず…今回ご一緒したAkiraさんとよっしーに託しました。ほんとに最初から最後まで助けてもらいました。ありがとうございました。最後にAkiraさんに撮ってもらった「桜じじぃ」満開でしたね。じぃも喜んでるはず。今回開催させていただいた大田文化の森のロビーには、いつのぞいても地域住民の方が集っていました。小学生もいれば、親子連れもいて、おじいちゃんおばあちゃんもいる。みんなにとって、フッと肩の力を抜けるような「居場所」になっていました。そんな居心地の良い場所で、展示の機会を提供してくださった文化の森さん、そして足を運んでくださったみなさま、この場を借りて心からお礼申し上げます!みなさんのまわりにも、たくさんの期待と希望の花が咲きますように。***さて、明後日はいよいよママサカスにてワークショップです。しっかり寝て、ステキ親子に会いにいくぞー! ママサカスのサイトはコチラから!ワークショップの詳細はコチラから! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 25Mar
    • 桜じじぃも満開間近!

      春の妖怪展、たくさんの人が「桜じじぃ」に花を咲かせにきてくれています!残り3日、ぜひ遊びにきてくださいね。 ママを応援!春の妖怪展3/19(月)〜28(水) 大田文化の森 1F 展示コーナー開館時間 9:00〜22:00最終日は12:00まで (妖怪たちと我が息子たち) via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 19Mar
    • 「春の妖怪展」はじまりました!

      ママを応援!春の妖怪展本日よりスタートしています。春のかあさんたちはソワソワバタバタ、そりゃもう大変…ひと息つきに、ぜひお立ち寄りくださいね。今回の展示内容をちょこっとご紹介。 イラストレーターの稲垣あきらさんの作品。 ライターのこやまよしえさんの作品。 ファシリテーターゆきんこちゃんによる、「桜じじぃ」コーナー🌸桜の花びらに「春の期待や希望」を書いて、心配性の桜じじいに花を咲かせにきてくださいね! 妖怪新聞のバックナンバー、子ども向けは23号まで、ママ向けは3号まで揃っています。ご自由にお持ち帰りくださいね! そして午後からJ:COMさんが取材にきてくださいました!3/21(水)18:00〜のニュースで放送されるそうです。チェックしてみてくださいね。インタビューを受ける「しどろもどーろ妖怪」を、お楽しみあれ(笑)いちよんごは下記日程で在廊予定です。お立ち寄りの際はぜひぜひご一報くださいね。3/20(火)10:00〜14:003/21(水)時間未定3/25(日)時間未定3/26(月)10:00〜14:003/27(火)10:00〜14:003/28(水)10:00〜12:00ではでは、お待ちしておりまーす!***ママを応援!春の妖怪展3/19(月)〜28(水) 大田文化の森 1F ロビー展示コーナー開館時間 9:00〜22:00初日は13:00から 最終日は12:00まで詳細はコチラをどうぞ。 via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 16Mar
    • 【ママサカス、本日オープン!】

      【ママサカス、本日オープン!】春のパパとママはなんだかいつもと違う。いらいら、そわそわ、ばたばた。そんなパパたちママたちを助けてくれる「春の妖怪」を考えて、かるた風につくってみよう!今日からオープンしているママサカス。いちよんごは3/30(金)に出展予定です。ぜひ親子でお立ち寄りくださいね!お待ちしていまーす!***パパとママを応援!「春の妖怪」をつくってみよう開催日:3月30日(金)時 間:11:00~15:00場 所:ワークショップブース参加費:子ども300円/親子ペア500円対 象:5歳以上 赤坂サカス|できた!がいっぱい「ママサカス2018」 できた!がいっぱい「ママサカス2018」3月16日(金)〜3月31日(土)開催! 赤坂サカス|できた!がいっぱい「ママサカス2018」 できた!がいっぱい「ママサカス2018」3月16日(金)〜3月31日(土)開催! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 11Mar
    • 3.11

      3月11日。7年前の同じ日、私は原宿にいた。すぐに職場を出て、カオスの渋谷を抜け、先端が曲がった東京タワーを眺めながら大勢のひとたちとひたすら歩く。保育園で待つ長男に会えたのは夜の8時過ぎ。東北の甚大な被害を前に、無力感と罪悪感にさいなまれながら、この先どうやって子供を守ったらいいのか、そんな悶々とした日々を過ごしたのを覚えている。あれから7年。生きていたら7つ歳を重ねたであろう人たちに思いをはせつつ、あの日を胸に刻む。 via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 27Feb
    • ママを応援!春の妖怪展

      寒い冬も終わりに近づき、もうすぐ春がやってきます。新しいことがはじまる嬉しさと、それ以上に心配事も盛りだくさんな季節。そんな春のはじめに、ママたちのまわりにあらわれる、妖怪たちを展示します。今回は妖怪好きでつながった、Inagaki Akiraさんとご一緒させていただきます。日々の暮らしをふわっと楽しくしてくれる、すてきなイラストレーターさん。春の心配事を楽しく乗り越えられるような展示にしたいと思っています。ぜひ、ぜひ、のぞきにきてくださいね。3/19(月)〜28(水) 大田文化の森 1F ロビー展示コーナー開館時間 9:00〜22:00初日は13:00から 最終日は12:00まで via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 23Jan
    • 保育園児さんと妖怪かるた大会 2

      【かるた大会レポート】ベネッセ池上保育園(大田区)2018.1.23こんにちは。いちよんごです。大田区は何年ぶりかの大雪で、うちの子どもたちも大はしゃぎ。昨日の夜からSNSでも雪の投稿が目白押しでしたね。通勤の電車も大混乱だったようですが、通学路も見事な銀世界!一面の雪道にも負けず、今日は妖怪たちを連れて、ベネッセ池上保育園にてかるた大会を開催してきました!参加してくれたのは、チャレンジクラスの年長さんと、アクティブクラスの年中さん。さすがベネッセさん、クラス名がかっこいいー!さて今日のかるた大会は、チーム戦ではなくて個人戦で取ってもらいました。最初は読み札を読んでから取ってもらい、途中からはヒントを出して予想して取ってもらうスタイル。ひらがなが読めなくても取れるから年中さんもたくさん取ってくれました。この園の子どもたちは、とにかく個性豊か!ひとつひとつの妖怪の話をきちんと聞いてくれる子もいれば、聞いただけでどの妖怪かがわかってしまう子もいたり。取れなくて悔しくて泣いてしまう子も多かったのだけど、それくらい本気で参加してくれていると思うと、ひそかに嬉しくなるのでした。先生たちも悔しがることは悪いことじゃないってきちんと子どもたちの気持ちを受け止めて、それに答えるように子どもたちもしっかり感情を出せる。素敵な保育園だなあって思いました。そして横では見学の年少さんが、前のめりになりすぎて先生に止められている姿も(笑)大丈夫、来年参加できるから待っててね!ご協力いただいたベネッセ池上保育園の先生方、ありがとうございました。アクティブクラスと年少クラスのみんな、また来年会えるのを楽しみにしてるね。そしてチャレンジクラスのみんな、かっこいい1年生になってね!ではでは、ごきげんようかーい!***◆妖怪かるた大会開催のご希望は以下いちよんごまで! ◆1月配布中の妖怪新聞(大田区版)は、こちらでも読めまーす。 via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 19Jan
    • 児童館の子どもたちと妖怪かるた大会!

      【かるた大会レポート】児童館の子どもたち(大田区)2018.1.17本日2本目は児童館でのかるた大会のレポートです。さてさて、子どもたちだけでなく、私の友人の間でもチラホラとインフルエンザが出てきています。水曜日に伺った児童館でも、学級閉鎖になるかも…と職員の方たちも心配していたのですが、ギリギリ持ちこたえてくれたようで、無事かるた大会を開催してきました。今回は児童館の小学生50人!8チームに分かれてのかるた大会です。なんと嬉しいことに、8チームそれぞれに妖怪の名前をつけてくれていました!チームの妖怪シールを腕に貼って子どもたちが登場です。小学生にもなると読み札を読むとすぐにわかってしまうので、妖怪の特徴を伝えて想像して取ってもらいました。え、この情報だけでなんでわかるの?っていつも思うのですが、さすが子どもたち、妖怪のお友だちなんだな。どのチームも大健闘だったのですが、一枚差で12枚取った「もくもくれんチーム」が優勝!やっぱり目が多いのが勝因かな?笑もくもくれんチームには、強運妖怪おみくじカードをプレゼント!最後は買っても負けてもごきげんようかいでお開きです。終わってからも、何人も子どもたちが話しにきてくれて、以前文化の森で開催したワークショップに参加してくれてた子もいてビックリ!元気でやんちゃな部分もありながら、みんなとにかくいい子たちで、かるたを乱暴に扱ったりすることもなく、終始楽しんで参加してくれていたのがとても印象的でした。チーム分けや、妖怪シールの準備など、職員の方々のご厚意にも感激!手間をかけてくださって本当にありがとうございました。妖怪たちも喜んでいます。また来年のお正月に、元気な子どもたちと職員のみなさんに会えるのを楽しみにしています。ではでは、ごきげんようか〜い!via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
    • 保育園児さんと妖怪かるた大会

      【かるた大会レポート】保育園年長組の子どもたち(大田区)2018.1.15おはようございます。いちよんごです。今日の大田区は朝からいいお天気。運動不足で足腰おばあちゃんみたいになってきたので(笑)軽く走ってきました〜。体も頭もスッキリ。さて、1月も中盤にもなると世の中的にはお正月気分もスッカリ抜けていますが…1月2月はまだまだ妖怪かるたの季節!今週月曜日には、大田区の保育園で毎年恒例の妖怪かるた大会を開催しました。もうかれこれ4年目になりますかね。毎年呼んでくださって本当にありがたいです。さて、こちらの園では開催前に子どもたちが「自分にとりついている妖怪」をかるたにして待ってくれています。まずはじめに、子どもたちが作ったかるたで、先生と私たちがカルタ取りをするのです。今回は園長先生も参加してくださいました。私たちの周りを取り囲むようにして、子どもたちが自分の読み札を読んでいきます。同じ文字が何枚もあるので、これが意外と難しいんです笑深呼吸して読む子もいれば、恥ずかしくて泣きだしてしまう子もいたり。でもみんな自分で読んでくれました。泣き虫の妖怪に、夜ふかしさん、お母さんに怒られて真っ赤になる妖怪も。自分の妖怪かるたを取ってもらったときの子どもたちは、目も顔もキッラキラ!この妖怪はね、こうでね、あーでねって、もう止まらないんです。先生たちも改めて、そうだったんだーと発見する場面もあったり。子どもたちの作品を堪能したあとは、お待ちかねの、巨大妖怪かるた大会! 4つにわかれてのチーム戦です。途中、あまりの興奮に、顔が赤くなる子もいて、先生が心配して熱を測るシーンもあったり(笑)幸い平熱だったようでひと安心。チーム内で声をかけあったり、取れた子にありがとう!と素直に言えたり、泣きそうな子をすかさず励ましたり、毎年のことながら、この園の子どもたちの結束力には感動です。先生たちは卒業後のみんなが心配で心配でたまらないらしいんですが、この子たちなら小学校に行ってもきっと助け合っていけるんだろうな。かるた大会の結果は…勝っても負けても、最後はみんなでごきげん妖怪。小学校に行っても、みんなで励ましあって羽ばたいていってほしいな。ではでは、また来年の年長組さんも楽しみにしつつ、ごきげんようか〜い! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 18Jan
    • 「わくわく浮間ひろば」寺子屋の子どもたち

      【ワークショップレポート】「わくわく浮間ひろば」寺子屋の子どもたち(北区)2018.1.13こんにちは。いちよんごです。今日の大田区はどんよりくもり空です。さて、レポートが遅くなってしまいまいたが、年明け第一弾のイベントを13日(土)に北区で開催しました。浮間小学校内で活動している「わくわく浮間ひろば」の子どもたちと遊んできました!北区教育委員会が管理運営している事業で、学童の子たちも、一般の子たちも安心して遊べる居場所を提供してくれています。大田区でいう「おおたっこ広場」ですね。うちの長男も低学年のときに、ずいぶんお世話になりました。子育て中の親御さんにとっては本当にありがたい施設です。さて、今回のイベント、実は1年前の荒川区の展示会がきっかけになっています。たまたま浮間ひろばの方が「妖怪かるた展」でのワークショップを見にこられていて、ぜひうちでも開催を!と熱烈にアプローチしてくださったのでした!ご希望で、ワークショップと妖怪かるた大会の2本立て!という盛りだくさんのプログラムに挑戦。まずはオリジナルの妖怪を考えて、かるたをつくります。 あさ9:30スタートだったのでまだ眠そうな子もいたのですが、意外とみんなエンジンかかるのが早く。 仲良し女子チームでキャーキャー言いながらつくっている子もいれば、黙々とひとり集中する子もいたり、アチコチから面白い妖怪たちが姿をあらわしました。はつもうで だれかに手をふる ばいばい女 いいふらし 言いたくないことを言わせるいやなようかい なんでも こわすよ ぼこぼこだるま あかみつめ みつめられたら もうめんどう なみなみこぞう せかいじゅうのなみをコントロールしちゃうぞ びっくりすることに、浮間の子たちは、イメージするのもことばを紡ぐのもすごく自然で上手。すらすらと絵札も読み札もつくってくれました。きっと普段から様々な活動にチャレンジしているからだろうと思います。ワークショップでグッと集中した後は、体育館に移動して、巨大妖怪かるた大会です! 1枚も取れなかった子もいたけど、その子はきっと妖怪のおともだちだね。ともだちだろ〜たのむから取らないで〜って、逃げたんだね。 寒い体育館でも、最後まで裸足で元気満点の子どもたち。みんな風邪ひいてないといいな。わくわく浮間ひろばのみなさん、呼んでくださってありがとうございました。また来年のお正月にお会いできると嬉しいです!ではでは、ごきげんようか〜い!***他にもこんな妖怪があらわれました〜 via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 06Jan
    • 持続可能な社会を目指して

      大学時代の友人が取材してくれて、ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)に掲載いただきました!嬉しいことに英訳もされています。JFSとは持続可能な社会を目指して活動している団体だそうです。持続可能…忘れかけてましたが、学生時代に耳がタコになるくらい聞かされたこのことばの重みを、20年も経ってから噛みしめるという…まさに能天気な未熟者です。が、バラバラに見えていたたくさんの「点」が繋がり始めていて、2018年はどんな絵になるのか楽しみでもあります。◆日本語の記事です。https://www.japanfs.org/sp/ja/news/archives/news_id035975.html◆英語の記事です。https://www.japanfs.org/sp/en/news/archives/news_id035976.html via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 03Jan
    • 新年のご挨拶

      新年明けましておめでとうございます。年始から晴天が続いていますね!ちょうど昨日、年末に申請していたLINEスタンプがリリースされましたのでお知らせいたします。「ごはんいる?」「パン買ってきて」いつものやりとりにぜひ妖怪さんを!2018年もどうぞよろしくお願いいたします。◆うちの子妖怪スタンプ Yokai Sticker for family – LINE stickers | LINE STORE "Have you already cooked?" "Please buy some bread." Yokais help with the talk of the family https://line.me/S/sticker/1855507 via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 31Dec
    • 2017年もお世話になりました!

      2017年も残すところあとわずか、お久しぶりの投稿が今年最後になってしまいました。今年もたくさんの方に支えていただき、公私ともに駆け抜けることができました。妖怪かるたの展示を機に新聞に取り上げていただいたり、天声人語で紹介いただいたり、本当にびっくりするような1年でした。そしてここ1ヶ月、プライベートでは12歳の長男の受験がありました。おかげさまで無事に希望する学校への入学も決まり、春からは家を出て寮生活です。妖怪えほんを作るきっかけをくれた長男。離れて暮らす生活は寂しくなるんだろうなぁ、とまだぼんやりとしか想像できないのですが、きっとまた新たな妖怪作品のネタを提供してくれるんじゃないかと期待しています。さて、気持ちも新たに、年が明けると保育園や小学校、児童館での妖怪かるた大会が待っています。3月にはママさん作家さんとコラボして「春にひそむ妖怪展(仮題)」も予定しています。不安定な心の隙間にひそんでくる「春の妖怪」ネタ、みなさまからも募集しようかな!と企んでおりますので、詳細決定次第、お知らせいたしますね。2017年も応援してくださったみなさま、支えてくださったみなさま、この場をお借りして厚く厚くお礼申し上げます。来年も引きつづきお付き合いいただけると嬉しいです。それではみなさま良いお年をお迎えくださいね。ではではごきげんようか〜い! via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 09Nov
    • 【ワークショップ開催中止のお詫び】

      11月12日(日)に予定しておりました「先生のためのおばけのがっこう」について、開催を中止させていただくことになりました。開催に向け鋭意準備を進めてまいりましたが、当初予定していた定員数に満たないため、実施を断念せざるを得ない状況となりました。お申込みいただいておりました方には、大変ご迷惑をおかけし本当に申し訳ありませんでした。また機会をいただけるまでしっかり準備しておきますので、そのときにはぜひご参加いただけると幸いです。これからもどうかよろしくお願いいたします。 via145_blog Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:

プロフィール

妖怪えほん作家 いちよんご

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
奈良県出身、大田区在住、二児の母(12歳と3歳の男の子)。子育てを機に、妖怪えほん・かるたを作り始め...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス