こんにちは、一力です。

 

 

 

 

 

業種業界によって

暗黙のドレスコードがあったり

また業界らしさが見た目に現れる、

「○○っぽい見た目」って

ありますよね。

 

 

 

 

 

 

例えば

客室乗務員の方って

オフの時にも独特の雰囲気があります。

接客に慣れていらっしゃるから

物腰が柔らかで姿勢が良く

エレガントで女性らしいファッションの

方が多いように感じます。

 

 

 

 

 

 

銀行で働く知人は

とっても堅いイメージがあります。

信頼感や落ち着きを感じ

大切な資産をお任せできる、

と思わせる華美ではない清潔感が

あるなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

この、業種や業界ごとの

○○っぽさって、とても大切なことです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり先ほども申し上げた通り

金髪でTシャツの方には

資産をお任せできない気がしちゃうし、

 

 

 

 

 

 

一方でデザインやクリエイティブなことを

依頼するのに

リクルートスーツのようなニュートラルな

ビジネスファッションだと

この人から新しいデザインが生まれるかしら?

って不安な気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

ただ、これって職種という

大きいな括りの話だけにとどまらず

社内のポジションや年齢、

また同じ会社でも

営業なのか企画なのか総務なのか

そういうことで違っているべきです。

 

 

 

 

 

 

 

その日行う打ち合わせのお相手の性別、

ポジション、会議の内容、行く場所に

応じて、自分の見せ方を

コントロールしていますか?

 

 

 

 

 

 

 

私はコレ!というスタイルがあることって

とても素敵です。

だけど、その範囲内で

時々に見せる自分を着替える必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は以前、広告の会社におりました。

デザイナーさんやコピーライターさんとの

お仕事もあり、クライアントへの提案の際には

同行いただくこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に、

やっぱりどれだけクリエイティブでも

ご提案の際には軽いジャケット1枚羽織る方は

プロフェッショナルだなって感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

成果物が全て、結果が全てだとしても

お相手への敬意として

その場を尊重できる方が

社会的に広く認められる方だと

思いに至ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

会社のブランドがあるから

どんな格好でも許される、という訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

一個人としての社会性は

お相手とのバランス感覚を持ち

自分のスタイルの範囲の中にも

きちんと見せるためのバリエーションが

ある方が

結果的に強く信頼される方だというように

思います。

 

 

 

 

 

 

 

信頼できるのにユーモアと遊び心がある。

すっ飛んだクリエイティブな人なのに

安心できる。

 

 

 

 

 

 

〇〇っぽい見た目で、そのまま○○な人

で終わらずに

プラス意外性を持つためには

あなたのスタイルの範囲内で

見せ方のバリエーションを持っていらっしゃることが

大切だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォーの毎日が新鮮でドキドキの日々に変わり

マインドと見た目が綺麗になる新メソッド

<LINE@>
ご登録キャンペーン

  友だち追加      


 

無料Zoomカウンセリング
いたします
🎵

 

✴︎
カウンセリング40分無料
<女性限定>

✴︎

 

=======【内容】=======
・今のファッション、ビジュアルの悩み
・本当はなりたいあなたの理想像

・現状の課題抽出
 

それ以外でもお悩みお聞きします。

==============


LINE@へ登録いただき

無料“Zoom”カウンセリング希望と

メッセージください‼️

   友だち追加       

 

 

 ホームページはこちら