こんにちは、一力です。

 

 

 

 

 

最近の20代女性は意識が高い!!

若いうちから自分の見せ方やブランディングなどに興味を持っていて素敵だなって思います。

積極的にコンサルを受けていただいたり、ご質問をいただきお話してみると

皆さん真面目で、そしていつも成長していたいという前向きな力に満ちていて

私もパワーを頂いています。

 

 

そんな訳なので

今日はご質問の中から、皆さんにも参考にしていただけそうな

こちらのご質問にお答えしたいと思いますよ!

 

 

 

 

仕事でもプライベートでも年上の方と接する場面ばかりで

相手を立てるつもりが結果、自信のない印象を与えていることに気がつきました。

相手にどう思われているのか気になるし、だけど年長者には気を使わなきゃならないし。

自信をつけるには、どうしたら良いですか?

 

 

 

 

このご質問を受けて気がついたんですが

もしかして『自信に満ちた一力さんはどんな風にしてますか?』と言う意味、含んでいるんですかねぇ…

 

 

 

 

 

私も自信、ありませんよ!

 

 

 

 

 

あ、でも厳密には、自信がものすごくある部分と

とてつもなく自信がない部分が両方あります。

 

 

 

 

 

これって年齢や役職やお金があるなしや出身地なんかには全く関係なく、

一見パーフェクトにしか見えない自信家を絵に描いたような人でも、必ず自信のない部分があるんです。

 

 

 

 

 

だけど、ビジネスウーマンとしてやっていく以上、仕事中はそれぞれの分野でプロフェッショナルである必要があります。

それが例え新人で、先輩のサポートが仕事だったとしても、”先輩サポートのプロ”でなくてはいけませんよね。

それでお金いただいたいる訳ですから、学校のお勉強とは違うわけです。

 

 

 

 

 

そこで目上の方や先輩に気を使って顔色を見てオドオドしてしまうと言うのは

プロフェッショナルな姿なのかと言うことを考えていただきたいです。

 

 

 

 

 

私も若い頃には死ぬほど失敗を繰り返しました。

覚えているもの、気がついてもいないもの含めれば、ものすごい数の失礼があったに違いないです。

だけど、オドオドして発言できないよりは、図々しく発言して失敗する方が学びが多いです。

 

 

 

 

 

それは今、仕事をする中でも私が思っていることです。

 

 

 

 

 

もしも私がクライアントさんの顔色を伺いながら

『こんなコンセプトだと素敵じゃないかな〜〜って思いますけど、嫌ですか?変えましょうか??』

とか聞いたとしたら、どんな気持ちですか?

プロフェッショナルな説得力も自信もゼロですよね。

 

 

 

 

 

それよりも

『今は違和感あるかもしれないけど、このコンセプトで素敵になるって確信してます!

 一緒にやっていきましょ!』

ってお伝えした方が、説得力ありますし、自信を感じます。

 

 

 

 

 

仮にお客様から

「いや、そう言うことじゃなくって…。なんかイメージと違う」と言われたとしても

堂々とした自分の意見への異論なので

『ではもっと、一緒にイメージを探りましょう。どの辺に違和感ありますか?』

など、クレームではなく、きちんとした意見交換になります。

これは全く失礼なことではなく、考え方や前提の違いなので

お互いに微修正すれば解決することなんですよね。

 

 

 

 

 

 

プライベートでも一緒です。

目上の知人や素敵な男性と出会ったとき、まずするべきは信頼関係の構築。

そのためには自分を知ってもらう必要があります。

 

 

 

 

 

 

年齢的に経験浅く、本当はまだ自信がなくっても

例えば堂々と、

「こう言う場はあまり経験なく不安ですが、○○さんのような方にお目にかかって

 お話させていただけて嬉しいです。」

って自信がないことを含めて、堂々とお話する方が絶対に素直に自分のことを知ってもらえます。

 

 

 

 

 

自分に下駄を履かせたり、経験がないのにあるように見せることがオドオドを生みます。

知らないこと・経験が浅いことを認めて、それでも自信があるところ

例えば

 

 

 

 

 

経験は浅いけど

ここにいられて嬉しい!

 

まだよく分かっていないけど

この仕事をもっと知りたい!

 

 

 

 

そんな素直の気持ちで自分らしさを維持することは態度や発言に自信を感じさせます。

 

 

 

 

 

 

人がどう思うかを気にするなら、

あなたを知ってもらうヒントを沢山与えなくてはいけません。

あなたらしさを知ってもらうのには言葉が不可欠です。

相手の顔色を見るだけではなく、自分がどんな気持ちなのかをきちんと伝えることが自信ある姿にうつりますよ。

 

 

 

 

 

 

周りの方もみんな、自信ある部分とない部分があるから

そんな素直に自分を認められることに、潔さや好感をもたれるはずです。

 

 

 

 

 

 

20代に戻って、自分自身に言ってあげたい…(笑)

 

 

 

 

 

『綺麗な人にはコンセプトがある』
🌿セルフプロモーション🕊
ーあなただけの素敵を手にする
ファッションとマインドのメソッドー
LINE@へご登録の方には
無料コンサル(25分)プレゼント!

🌿
・今のファッション、ビジュアルの悩み・
・本当はなりたいあなたの理想像・
・現状の課題抽出・

<<あなただけのキレイのヒントお伝えします>>

🍀
お友達登録はこちらから