コスモの『日々是好日』

コスモの『日々是好日』

平成20年(2008年)2月13日に、娘アイちゃんが誕生。とうとう我が家も家族です。父親になったコスモの、日々激動の模様です。ただし傾向的には家族ネタが多め(*^_^*)

ここしばらくは、もうすっかり、家族でのオイラ目線の様子を書くことが多くなってしまいました(*^_^*)

アメプロを続けて、いつの間にやら10年以上。。

これもひとえに、普段からご訪問いただくみなさんのおかげです、本当にありがとうございますm(_ _ )m


一応これでも普段会社務めをしながらのブログなので、

会社等で忙しくなることを想定しての現在のスタイルにしています。。

それで、過去に下書きした記事を、ところてん式に時系列でUPしているこのブログなのですが、

なんだか、かなりタイムリーにはほど遠い内容をUPする感じになってしまってます、

ご了承下さいますようお願い致します(。-人-。)




また、コメレスについては、

コメをいただいた方のブログに訪問してコチラからコメをさせていただくというのを

基本スタンスにしています(あくまでも原則、ケースバイケースです)チョキ



そーんなブログですけど、月木の夜に更新予定です音譜


勝手なお願いですけれど、

『あ~、あのとき、自分のトコはあんなことそんなこと・・・』的に読んでいただければ幸いですショック!



【R2.1.11】








カメラマイブックの初回40%OFFキャンペーン


前回、アイちゃんがなんだか不機嫌な様子で、

その原因が、なんだか次の日の登下校時に着ていく服を、制服にするかジャージにするかで、

悩んでいるからのように見えたことを書かせてもらいました。。

 

 

その後ほどなくして夕食、、少しは落ち着いたようなので、そのことをふわっと尋ねてみました。。

 

 

ご飯を食べながらアイちゃん

耳・・・、、えーっ、ちがうよっ、、あのさぁ、ムカついたんだよねっパンチ!

 

 

コスモ

「あっそっ、チガウのね汗・・・、ん、ムカついた目・・・、、なんかあったのか今日はてなマーク

 

 

するとアイちゃん、今度はみるみる目に涙を溜める、、えっ叫び

あらまっ、ようやく落ち着いてたのに、なんかオイラ、いけないことしたかしらんガーン

 

 

 

 

明日の演奏会についての、生徒用のプリントがあるようで、

それにアイは、自分なりにいろいろ、大事なことのメモを書いていたんだそうです。。

 

ただ、一緒にフルートをしている“先輩”が、そのプリントをなくしてしまったようで、

それでアイは、先輩からみせてほしいとお願いされ、、アイは貸してあげたらしいのですが・・・

 

 

アイ

「それがねぇ~、いつまでたっても、アタシに返ってこないのぉ~ガーン

 

 

家内

「アイは、『先輩返して下さい』って言ったのはてなマーク、あとはアイも忘れてたかなかお

 

 

コスモ

「おう、もしかしてその先輩も、ただ単に忘れてたのかもしれないぞ!?

 

 

ここでアイちゃん、なにかその先輩に対して思うことがあるようで、、

いろいろと先輩への“キモチ”を話しはじめ、これまでのこと考えると、だからゼッタイに“わさと”だと言い始めます。。

 

この1年、おなじフルートという楽器で一緒にいる機会は多かったのかと思うのですが、

・・・ずいぶんと、その先輩に対して、たまっていたようで(*_*)

 

ふーん、、特にパート練習となると、アイはその先輩と2人での練習のはずです、、

こんな調子で、今まで大丈夫だったのか(@_@)

 

 

コスモ

「アイショック!、てもさ、もしかしたらその先輩、明日になったら、『忘れてた、ごめ~ん』って言いながら、返してくれるかもしれないぞ、知らんけどグー

 

 

アイ

「ぜったい、そんなことないと思うっむかっ

 

 

コスモ

目・・・、、今のアンタのその状況、四字熟語だとな、さしずめ『疑心暗鬼』ってことになると思う・・・、わかるか!?

 

 

アイちゃんが黙っているので続けて

「それってなパー、一旦疑っちゃうと、なんでもかんでも疑わしく思っちゃうってこと・・・、、大丈夫だぞアイ、このパパだってもうすぐ60歳なのに、ニンゲンできてなくて、未だに同じようになっちゃうから汗・・・、、もういいじゃん、とにかく明日、様子みようよグッド!。。問題解決すればそれでよし、それでもしホントにその先輩がイヤなことしてたとしたら、そのこと踏まえて、次からのお付き合い方法、考えればいいだろうかお

 

 

晴れ

 

 

次の日の青空コンサート当日のアイちゃんは、

結局家内のアドバイス通り、制服で登校していきました。。

 

アイどのは、もし自分ひとりだけが制服だったらどーしようと思っていたようなのですが、

20人きていた今日の部員のうち、制服の人が5人いたようで・・・、よかったです(#^^#)

 

そして、生徒の父兄さんたちを集めた青空コンサートも、

春の天候に恵まれたなか、無事に終了しました音譜

 

 

 

翌週の月曜日、アイちゃんはまたジャージ姿で、部活のために登校したあとのオイラ

「あひらめき電球、思い出した、、そういえばあの先輩からのプリントの件は、いったいどーなったんだはてなマーク

 

 

家内

「あ~、知らないかお、、いいんじゃないのっ、アイも普段通りで、なんにも言わないしグッド!

 

 

コスモ

「だなぁ、、戻ってきたのかなぁ!?・・・、とにかく、(青空コンサートから)帰ってきてからは、普段通りだったな目

 

 

家内

「アイ、(青空コンサートでは)先輩とうまくやってた(ようにみえた)しチョキ、これからだって、少なくともあと1年間は、その先輩とやっていかないといけないんだし」

 

 

コスモ

「まあねかお、、ただ、結局のところが知りたいんだけど・・・、まあいいや」

 

 

結局なんだったのかな・・・、オイラ自身だってこのことは“他山の石”にしないと・・・、、

・・・って、このコトバ、つい先日、どこぞの幹事長さまがお使いになって、炎上していたような(;^ω^)

 

とにかくアイの場合は、またすぐに新入生が入ってくる時期になります。。

もしフルートの子が新しく加われば、先輩とアイと後輩との3人態勢になるわけですから、

それでまた、いい状況になってくれればいいのですが。。

 

 

 

Qおじいちゃん、おばあちゃんとの思い出ははてなマーク

 

 

敬老の日あたりに、自分がまだ小学生の中学年あたりに、

一人で電車やバスを乗り継いで、家を訪ねたことがあります。。

 

もちろんはじめての経験で、緊張した記憶が(#^^#)

 

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう