コスモの『日々是好日』

コスモの『日々是好日』

平成20年2月13日に、待望の娘アイちゃんが誕生。とうとう、我が家も家族です。父親になったコスモの、日々激動の模様です^^


テーマ:

☆飽きちゃった・・・

 

 

前回書かせてもらったのですが、アイどのの夏休みの課題の一つだった『自由研究』が、

“県の地区”展の発表会に出展されたので、

うちら家族3人は、家からちょっと遠くにある会場まで、見に行きました。。

 

会場に入ると、市の展示会と同じように、発明工夫の作品と、そして自由研究の作品が展示してあります目

 

そして、、・・・たしかに、アイの自由研究に、銀賞をあらわす銀紙が貼ってある合格

 

まあ、それはそれとして、せっかく遠くまで来たんだから、他の作品も、興味がもてそうなのはみていこうよ~音譜

オイラはもとより、家内はそのつもりのようなのですが・・・

 

 

会場に入って、まだ10分もいないのにアイとの、オイラに近づいてきて

「ねぇ~、もう帰ろうよぉ~むっ

 

 

コスモ

「えっドクロ・・・、アイ、他の子がどんな作品なのか、興味ないかはてなマーク。。まあパパあたりは内容だけじゃなくて、どの程度親とかが手伝うのかなって感じでみちゃうんだけどにひひ・・・、なあアイ、まだ早くないかグー

 

 

アイ

「もうつまんなーい~、おうちで遊びたーい~っメラメラ

 

 

あらら・・・

なんか家内とアイがさっき、静かな会場内で、静かに揉めていたのですが、どうも、『こういうこと』のようで・・・

・・・オイラはアイの手をひいて家内のところへ、、どーするはてなマーク

 

 

家内

「アイっ、ママなんて、こーゆーの好きだから、ずーっといられるんだけど、、アイはナニか興味があるのはみつけたのグー

 

 

アイ

「もういい~、だぁってさぁむかっ~、昨日の夜からドリルドリルってさぁ~、全然遊んでないんだよ、アイはぁっプンプン

 

 

家内

「それは、やらなきゃいけないことをしないで、“ためちゃう”からでしょっむかっ

 

 

アイ

「でもさぁむかっ~、〇□▽%♯◆◎※・・・」

 

 

どーしてココに来てまで、普段する揉め事をしちゃうのかなぁ汗

・・・だめだアイちゃん、言うことが支離滅裂になってきた、、少し落ち着かせないと・・・、一旦会場の外に出よう(*´σー`)

 

まったく・・・、少なくともオイラあたりは、自分の娘の作品が展示してあるので、こうして“遠くまで”来るんです。。

なので、こんな機会は、どう考えてもめったにないんですから、

親としては、もう少し“浸って”いたいのですが、そうはさせない出品者のアイどの汗

 

 

はいはい、じゃあもう帰りますけど、

家で遊べるかどうかは、家内の方とちゃんと交渉してくださいな(^▽^;)

 

 

 

☆様子がヘン・・・

 

 

県の地区展で銀賞だったアイの自由研究の作品は、どうやら自動的に県展に提出されるようて・・・、

それで家内が、“県”での自由研究の展示会の日程を調べました。。

どうやら、おなじく夏休みの課題だった、“発明工夫展”の県での展示と、同時開催ということのようです。。

・・・で、会場は、県庁所在地のある地域ですが、スゴイなぁ。。。

 

 

コスモ

「アイ、どーする、またこの前と同じ感じだけど、見にいくかはてなマークこの前(上で書かせてもらった県の地区展)の会場よりも、さらに遠いぞグー

 

 

するとアイちゃん

「うーん、いくよぉ~音譜

 

 

コスモ

「でもさ、今回は『県』の展示会でな、、もしかしたら・・・、てか、おそらくだけど、アイの(自由研究)が、展示されてないかもしれないけど、いいかはてなマーク

 

 

家内

「お゛め゛ぇっ、そーゆーこと、言わないのっむかっ

 

 

コスモ

かお・・・、まあ、ウチらたって、“娘のがあるかないか”っていう、こういう状況でないと、こうしてわざわざ、見にいくことはないだろうからな」

 

 

家内

「そんなことないよっ、アタシは別に、自分が好きだから、関係なく見にいくよっグー

 

 

ウソだっ、去年までは、そんなことなんか、全く気にもとめてなかったじゃんか(〃∇〃)

 

 

そんなわけで、その展示会の当日、ウチら家族は、県庁所在地のとある会場へ出かけます。。

まずは、発明工夫展のほうを見て・・・、

へぇ~、ココまでくると、賞の名前は、たとえば“県知事賞”とか、エライ方のお名前が入った賞になるんだね目

 

さあ、今日のメインはコッチじゃないから、さっさと切り上げて、自由研究の方を見に行こうか。。

 

 

ところが家内

「ねえパパ、自由研究の展示、ドコにもないよねあせる

 

 

コスモ

「おお汗、ソレはオイラもさっきっから気にはなってるんだけど、まあでも、発明工夫の(展示会の)ほうも、面白いよな合格

 

 

家内

「そーじゃなくて、今ね、ココの受付の人に、自由研究のコト聞いたら、『同時開催ですけど、主催が違うので、なんとも・・・』って言うんだよねぇダウン

 

 

コスモ

「なんだソレはてなマーク・・・、、てかさオノレ、そんなまどろっこしい言い回しじゃなくて、ストレートに聞いたほうが早いぞパンチ!、『自由研究の展示会、ドコでやってるんですか、もしかして会場の場所違いますか』ってさむっ

 

 

家内

「パパ、アタシ恥ずかしいから、お願いだから聞いてきてあせる

 

 

まったく、、しょーがねぇなぁダウン

 

 

耳・・・、、自由研究の展示会の場所、ココてはありませんでした。。

オイラは、家内が調べたサイトを見ていただいて、『同時開催』という記載がありますよね・・、と尋ねると、

まず、発明工夫展と自由研究展は、主催団体が違うので、なんともわからない、

『同時開催』は、この時期コチラに自由研究の問い合わせが多いので、載せておいたらしいのではとのこと。。

自分たちもわからないので、あとはソチラで調べてほしい・・・、と言われました。。

 

なのでオイラが、改めて『ちゃんと』調べると・・・、自由研究のほうの展示会は一週間後、

そして会場は、ウチらが住むエリアからクルマで2時間はかかりそうな、かなり遠い場所です・・・

…少なくとも場所は、今ウチらがいるところではありませんにひひ

 

 

コスモ

「だとさニコニコ、まあ今日は天気もいいし、今日のところは、ちょっとしたドライブってとこか」

 

 

家内

「だったらさっ、なんで『同時開催』って書いてあるのっむかっ、(アタシが)ネットで(自由研究の県展と)検索したら、ココが出てきたし、勘違いしちゃうと思わないっプンプン

 

 

まあ、そーかもねぇ~音譜と言っておこう、、今更どうしようもないし。。

 

あとでわかったのですが、今までの、市と県の地区の展示会は、

自由研究と発明工夫が【同時に】開催されていたらしく・・・、なので、今回の案内には、そのなごりでもあったのかと・・・

・・・もうおそらく利用しない知識かもですが、とにかく参考になりました。。

 

 

 

☆結果は・・・

 

 

そして一週間後改めて、今度はホントの自由研究の展示会(県展)へ。。。

先週の発明工夫展の方は、実はほとんどお客さんがいなかったのですが、

コチラの方はかなりのお客さんがいて、びっくりするぐらいの賑わいです。。

 

とにもかくにも、ウチらが気になるのは、アイの作品が展示されているかどうかなのですが・・・

・・・ザンネンながら、ありませんでしたショック!

 

 

コスモ

「なぁーんだ、せっかくクルマ車で2時間以上かけて、こんな遠くまで見にきたのに・・・、面白くないむっ

 

 

家内

「そーゆーコト言わないのっパンチ!。。また来年のために、いい作品をいろいろ研究できるいい機会なんだから、来てよかったよっグー

 

 

コスモ

「えっ・・・、もしかして、『また来年やるの』ドクロ、、懲りないねぇ汗・・・、てか、そんな時間あるかなぁはてなマーク、、アイの顔が険しくって、どうみてもココから早く出たそうだけどガーン

 

 

 

 

そんなわけで、結果的に『ささっDASH!』と自由研究の県展をみた後、同じ建物内の別の場所にて。。

 

アイどの、コチラのティラノザウルス前では、時間を忘れて・・、しばらく没頭して眺めていました(〃∇〃)

・・・この集中力と興味、ココではなく、さっき欲しかったところなんだけどショック!

 

 

クチコミ好きな歌舞伎役者、いるはてなマーク

 

その前に、一度ホンモノを生でみてみたいです目

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


テーマ:

☆賞状のことよりも気になるのは・・・

 

 

平成30年10月初旬のある日、

家内が、同じ大きさの『2枚の』賞状が写った画像を、オイラに携帯LINEで送ってきました。。

どうやらアイどのが、学校から持って帰ってきたようです。。

 

1枚は検討がつきます、、、市の自由研究の作品展での銀賞の賞状、すごいスゴイクラッカー

 

でも、もう1枚は、いったいなんだろう・・・、

『市入選』・『読書感想文コンクール』って写ってる・・・、いったい、なんのことだはてなマーク

 

 

オイラが帰宅後の家内

「パパ、それがね、アタシも知らなかったんだけどあせる、なんだかアイの夏休みの読書感想文が、学校代表のひとつとして、市に出されてたみたいなの」

 

 

コスモ

「えっ、アレがか叫び。。ウソだろう、“アイのあの表現力”に、さらに文字数稼ぎで、“オイラが本読まずにキッザニアの体験談書いた内容”だぞ。。それに学校に提出したときの字は、ものすごかったんだよな汗

 

 

家内

「あっ、パパ、それは大丈夫、、あれねっ、担任の先生が、字だけでなく、かなり【内容を書き直してた】からにひひ・・・、パパ、アイが居残りさせられて書いてたのが、どうやら“先生が直した方”だったのね、、アタシも学校行ったときに読んだけど、やっぱり先生、表現が上手だもんクラッカー

 

 

コスモ

「それは悪かったなっむっ、どーせオイラ文才ないし・・・、いやいや、そーゆーことしゃなくて、いいかっむかっ、オイラはただ、アイが書いたのをなるべく生かそうとして、バランスよく書いたんだぞプンプン

 

 

家内

「いいからいいから、拗ねないすねないにひひ

 

 

コスモ

メラメラ・・・、、でもさ、結果的に先生が手を加えて、しかもそれでアイが市から賞状をもらうはてなマーク・・・、いいのかはてなマーク、親もだけど、結果的に先生も手伝ったことになるよなはてなマークはてなマーク

 

 

家内

「だから、学校だって、『親が協力してあげてください』って、言ってるよパー

 

 

コスモ

「ふーん、しゃあ今回のは、その解釈の延長上か!?、、とはいえ程度があるような気が・・・、まあいいや目・・・、オイラはだから、なるべく『自分を出さないように』遠慮してるようにしてるのに・・・。。それってさひらめき電球、先生もまさか、市に出すとか、さらには選ばれるって、思ってなかったのかなはてなマーク

 

 

家内

「うーん、それはアタシもわかんないあせる・・・、、なんかね、結局放課後居残りで、ちゃんと読書感想文書き直させられたのは、アイだけだったらしいから、だからその時点で・・・、どうなんだろうはてなマークわかんないよ、アタシだって」

 

 

コスモ

「そーか、うーんかお。。じゃあ、だとしたら、あのキッザニアの体験談から、アイの実際に書いた読書感想文という“流れ”を考えたのはオイラだから、やっぱり今回の賞状は、結局はオイラの発想のおかげってことかニコニコ

 

 

家内

「ナニいってるのっむかっ、『この本』でアイに読書感想文書かせたのはアタシなんだから、やっぱりアタシの目の付け所がよかったんじゃないのっチョキ

 

 

昔話法廷

新品価格
¥1,404から
(2018/10/22 22:32時点)

 

 

すると、ここまで黙っていたアイどの

「あのさぁ~、これぇ(賞状)、アイがもらったんだけどぉ~むっ

 

 

コスモ

「えっ・・・。。おおひらめき電球、そうそう、もちろん、アイが一番頑張ったんだよなぁクラッカー

 

 

家内

「だだねアイっ、いくら頑張っても、アナタはいつも字がきたないからソンするのっパンチ!、、普段からキレイに書く習慣つけないと、たとえばこんなとき、呆れられて読んでもらえなくなるんだからねっプンプン

 

 

アイ

「なんかさぁ~、ソレ、酷くないむかっ

 

 

ドンッ・・・、ああ、まただあせる

 

 

 

上のことがあってから一週間後

 

家内どの、こんな本を買って、アイどのに字の練習をさせようとしているのですが・・・、

アイどの、練習している様子なし、本もみる様子なし。。

 

やっぱり、字が上手になるためには、まずは本人がその意識をもたないとです(;´▽`A``

 

 

 

☆県の地区展で・・・

 

 

上で書かせてもらった、アイが賞状をもらってきてから数日後、家内から携帯LINEが入りました。。

『市』のほうで金賞と銀賞の子の自由研究の作品は、県の地区の発表会に出展されるんだそうです。。

・・・つまりはアイの作品も該当して、その場所で展示されることになります。。

 

はいはい目、ちょっと会場は遠いけど、こんな機会はそうそうあるものではありません、もちろん行きますよ~音譜

 

 

そしてその日のやや欠け月夜、帰宅するなりアイちゃんに

「よぉよぉアイ、ちょっと遠いけど、自分の作品が県の地区展にあるところ、見にいくよなグー

 

 

アイ

「うーん~、いくよぉ~OK

 

 

家内

「それだけじゃなくて、他の自由研究の中身も、アナタもちゃーんと研究するのっ、わかってるグー

 

 

アイ

「えーっ~、うーん~むっ

 

 

コスモ

「まあいいじゃねーかパー、、ウチらも『こんな機会』がなけれは、わざわざ“県の自由研究の地区展”を見に行こうって気にもならないわけたしチョキ・・・、だいたいにしてオイラは、『へぇ~、そんなのがあるんだ』って初めて知るしあせる

 

 

家内

「それでね、パパひらめき電球、ついさっきなんだけど、担任の先生から電話電話があったのね」

 

 

コスモ

「ついさっきやや欠け月・・・、相変わらず先生は、遅くまで働いてるなぁ」

 

 

家内

「でね、『アイちゃん、銀賞ですから』って言ってきたのパー

 

 

コスモ

「『銀賞』はてなマーク・・・、おお、ちゃあんと『市』からも賞状いただけたし、、だから“念押し”で、県の地区の発表会には、見に行ってくれって言ってきたってことか、、ふっ、半ば強制だなぁニコニコ

 

 

家内

「そうそうかお、アタシも最初、そう思って、『あ、わかってますからOK、銀賞だったので展示されるんですよね、アイのがひらめき電球。。ちゃんと(県の地区展には)みにいきますよ、ありがとうございます音譜』って言ったのね、、そしたらさ、なんだかそーじゃないの目

 

 

コスモ

「そーじゃないはてなマーク・・・、だったらナンなの、しかも随分遅くにはてなマーク

 

 

家内

「それがぁ、どーやら、アイの自由研究が、『ついさっき』、今回の“県の地区”での審査でも、『銀賞』合格になりましたよ~ってことらしいのベル

 

 

コスモ

「・・・はてなマーク、、へっ!?、、各市からの“金銀”が集まっての審査なんだよな、、えっ!?、ナニ言ってるのか意味わからないガーン

 

 

どうやら県の地区の審査は、家内の話だと、まずは市での金賞と銀賞をとった作品が対象となります。。

そのうえで、金賞とか銀賞というのは一度なくしてのフラットな状態で審査をするらしく、、

・・・そこで、どういうわけかアイの自由研究が、県の地区展でも『銀賞』となったようです。。

 

 

家内

「それでねパパあせる、今度はその『県の地区展』の金賞銀賞の作品が、『県の審査会に出される』んだって叫び

 

 

コスモ

「えっ叫び・・・、あの自由研究がか、、そんなすごいことになっちゃうの汗

 

 

後から知るのですが、

アイの通う小学校から、少なくとも昨年は、県の地区展で賞をとり、県の審査会に出される自由研究は、なかったそうです。。

それが今年は、アイどののと、それと3年生のもうひとりの子も銀賞、、この2つが、県に提出されることになり、

学校側としても、かなり盛り上がったらしい・・・、ということのようです。。

 

 

とはいえ、この時のアイちゃんといえば

「でもさぁ~、アイはさぁ~パンチ!、どーせなら、金賞のほうが、よかったんだけどなぁ~むっ

 

 

するとオイラと家内が口々に、『ナニ言ってるの』、『もう全然充分だろう』とアイに言いかえすパンチ!

 

 

家内

「そんなことよりアイちゃんパー、もし展示会見にいって、もし知り合いの先生とかがいたら、またこの前みたいに聞かれるから、その時は、ちゃーんと“もじもじ”しないようにしなきゃダメよっパンチ!

 

 

コスモ

「だな汗・・・。。一応、今回の自由研究の内容、一通りアイに確認させといた方がいいんじゃねーの目、それ以外にも、ナニあるのわからないし」

 

 

家内

「それがさぁ~ダウン、まさかアタシ、こんなことになるなんて思ってないから、パソコンパソコンに残ってた今回の自由研究のデータとか、あとは標本で使わなかったのとか、『この前ぜーんぶ処分しちゃった』んだよねぇあせる

 

 

コスモ

「うっそぉ~ドクロ、えっ、アイが提出した論文とかのコピーとかもかはてなマーク

 

 

家内

「とってないダウン・・・、、だってさっ、だってだよっ・・・」

 

 

まあ、そーだよね、まさかだねぇ。。。

『作品は返却されるはず』なので、普通はソレさえとっておけば・・・、だよね(^▽^;)

 

とにもかくにも、アイどのが今回の作品について、“つっこんだ”質問さえされなければ問題ないはずだから・・・

・・・そんなコトする人なんてもういないだろうから、大丈夫だろうとは思うのですが。。

 

そんなことより、アイの自由研究の作品、いつ戻ってくるのだろう。。

ただの小学校の夏休みの宿題として作成しただけのはずなのに、すごい展開になってます。。。。

 

 

 

クチコミ方言、話せるはてなマーク

 

おそらく普段話すコトバのなかに方言があると思うのですが、

自分的には、それを方言と意識してませんあせる

 

ついでにいうと、ちゃんとしたコトバを話そうとした時の、イントネーションがコワイダウン

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


テーマ:

最近は会社での出来事を書く・そしてUPする頻度が激減しているのですが、

今回は、なんだかブログのネタになりそうかなと思ったので、ひさびさに~旗

 

 

平成30年10月初旬のとある日・・・

出張があった次の日、オイラが出社すると、とあるメモメモに目がとまります。。

メモを受けた日時も書かれていて・・・、前日の夕方の電話のようでした。。

 

それには、、、

 

ウチの子会社が所有するアパートの『となりのアパート』で、塗装工事がひと月の期間予定されていて、

期間中もしかしたら2~3日ほど、駐車場のクルマに、【ビニールをかぶせることがあるかもしれない】ので、

よろしくおねがいします・・・、そう書いてありました。

 

工事の開始日は・・・、なーんと明日から注意

 

『ヨロシクじゃねーだろうむかっ(オイラのココロのつぶやき)

 

・・・メモの日時、、ようは□□さんの担当の方が電話してきたのは昨日の夕方、つまりオイラへの連絡は工事の2日前の夕方プンプン

(※□□さんは、一括借り上げ(サブリース)のアパートの建築・及び仲介管理をする会社さんです)

 

オイラはすぐに、□□さんの現在のウチの担当の方の携帯ケイタイに電話をするのですが、まったくつながりません。。

会社にかけても・・・、どうやらこの日は定休日。。

 

 

 

今回のアパート、ウチの会社は□□さんとはサブリース契約なので、

『本来であれば』、駐車場のことも“含めて”、運営管理は、『プロである』彼らにお任せしていれば済むことです。。

ですからナニも、今回のことだって、特段別にすることなんてなく、コチラはただ聞き流していればいいハナシなんです。。

・・・ただし、『本来であれば』あせる

 

 

ただ、今回の駐車場は、現会長・・当時の社長が、この本来のカタチを崩してしまいました。。

・・・オイラからいわせれば、ヤツの『いきあたりばったりによる暴走』で、

駐車場の『一部』を、ウチの子会社が“直接”月極契約をすることになったのです。。

 

 

そんな『暴走』のいきさつ、以前に2つ(コチラコチラ)で記事にしていました。。

ビックリ、10年前のことになるんですね汗

 

今も相変わらず彼の私に対するパワハラは、続いているのですが、いやいや、この当時はホントウに酷かった(´;ω;`)

 

 

さて、出勤したオイラが、メモをみて怒った理由は・・・、、

ウチの会社が月極で貸しているエリアが、まさに今回の塗装工事のアパートの『すぐ隣』で、

もしナニかがあったとき、いの一番に“被害”がきそうだからなのでした。。

・・・今までの経験上、おそらくですけど、このオイラへの連絡だけで、“コトが済んだ”と思ってないかいパンチ!

 

 

とにもかくにも、担当者さんとは連絡もとれませんし、今更ジタバタしても始まらなそうなので・・・

・・・しかたなくオイラはお昼ごろ、今回のアパートに行ってみました。。

 

様子をみてみると、塗装工事予定のアパートには、すでに足場が組まれていて・・・

その足場と壁を挟んで『すぐそば』に、ウチの会社が月極で貸すクルマが、数多く駐車されていました。。

・・・これは確かに、もう明日にでも塗装工事が始まりそうな雰囲気です。。

 

 

そして、所在なくオイラがアパートの駐車場から『ボーっ』と眺めていると、

隣のアパートの足場にいた方が、オイラに声をかけてきました。。

『駐車場ご利用の方ですか!?

 

いえいえ私は違います。。一応ですけど、このアパートのオーナーの立場の者です。

今朝になって、明日からの塗装工事のことを知ったので、見に来ました・・・、あ、もしかして現場責任者の方ですか。。

 

 

コスモ

「あのぉ、すいません。。こういうのってたとえば、『工事案内のお知らせ』のような文書って、オタクで配らないのですかはてなマーク

 

 

現場責任者の方

「いえいえかお、一応このアパートの近所は、『直接』私が伺って挨拶してるんですけど、ちょっと離れた御宅には、『お知らせ』はまいてるんですよ!?

 

 

コスモ

「ふーん目・・・、では、直接伺うときにも、その『お知らせ』は、配ってるんですよね!?

 

 

現場責任者の方

「いえ、“ソコ”は、お声かけだけですビックリマーク

 

 

コスモ

「へっ、口頭のみですか叫び・・・、まあいいや。。じゃあ、その工事の告知は、どのぐらい前までにしてるんですかはてなマーク

 

 

現場責任者の方

「えーとぉ~、だいたい一週間前ぐらいまでには、すませましたけどチョキ

 

 

コスモ

「ですよねぇ~、、でもね・・・、私知ったのは、今朝なんですよグー

 

 

現場責任者の方

「えっ、、それはおかしいなぁあせる、、(オイラのいる会社)には、このアパートのオーナーさんが、□□さんに知り合いがいるから言っておく・・・、って言ってたんですけど・・・、一週間前ぐらいかなぁかお

 

 

このアパートのオーナー・・・、あいつかぁダウン

コチラのブログでは書いていないのですが、係わると、いろいろと揉め事になるジイさんですダウン

 

ただ、今回の塗装工事の件に限っては、される事は、そのオーナーさんの自由です。。

一週間前に□□さん側には伝えた・・・、・・・まあいいでしょうOK

 

 

とにかく、、、今更どうしようもありませんし、

ようは、コチラのアパートに停まっているクルマに、なんのトラブルもなく、

無事に塗装工事さえ終わってさえくれれば、それでいいハナシです。。

 

 

とはいえ、さすがにこの状況・・・、やっぱり“この場所の”月極を利用されてる方は、

“事前”に、なんらかの情報は、ほしいところだろうなぁ。。

あとは、アパートの住人には、どう案内してるんだろう、、こればかりはやっぱり、

□□さんの動きを無視して、コチラで勝手に動くと、かえって混乱しそうですし・・・、

本来オイラが心配することではないのですが、困りました。。

 

 

 

星晴れ

 

 

次の日の朝、つまりは塗装工事の当日の朝一番で、

ウチの会社に、□□さんの担当者さんから、オイラ宛に電話電話がありました。。

 

聞くところによると、担当者さんは、この件は一週間前には把握していて、

その2日後、自分で聞いた内容の工事案内を『自分で』作成して、アパートの住民のポストに入れたそうです。。

 

 

あっそっ、わかった。。まあアパートの住人さんにはそれでいいかもしれない。。

でもさ、知らないとは言わせない、このアパートの駐車場は『特殊』だよな、

コッチの会社がしている月極契約の借主にも、そのタイミングで伝えるべきなんじゃねーのか。。

てかさぁ、ちゃんと駐車場の借主さんにも伝えたんですか、、そのハナシが“スポっ”と抜けてるし、、

あ、もしかしてちゃんと対応してたから、連絡が遅くなってもいいと思ったか。。

でもさ、それにしても、どーしてオイラへの連絡が、工事の前々日の、しかも夕方なの。。

 

 

『いえ、“その”2日前にもコスモさんに連絡したんですけど、お休みだといわれて』

 

 

2日前か・・・、ふーん、わかった。。たしかにオイラはその日は休みだったけど、、

でもさ、次の日は、ちゃあーんと出勤してたぞ、そのタイミングで、どーして連絡できない、しかもアサイチで。。

 

 

『すいません』

 

 

まあいいですよ、ちゃんと“連絡”さえしてくれてれば、、アパートの住人さんのポスティングはわかった、じゃあ、月極の相手には。。

 

 

『・・・すいません』

 

 

えっ、“ちゃんと”してくれたの、、それとも“やっぱり”、コッチに連絡して終わりかい。。

 

 

『・・・すいません』

 

 

あの、いろいろお忙しいのはわかるけど、物事には優先順位ってあるよな、コレさ、優先順位、高くないか。。

いやわかった、仮にキミの優先順位が高くないにしても、どうして次の連絡が2日後の、しかも“夕方”になる。。

オマエさぁ、もし自分が『同じ立場』だとして、停めてる駐車場のすぐ横で、塗装工事始まったら、どう思う、不安じゃないはてなマーク

アパートの住人にポスティングしても、コチラの月極のお客さんにはハナシが伝わらないのは、

ナニ、もしかして、アンタの会社のお仕事のマニュアルにないからやらない・・・、そーゆーことか。。

 

 

『すいません』

 

 

コスモ

「もぉさっパンチ!、さっきっから『すいませんスイマセン』って、何回も何回もむかっ・・・。。もう工事は今日からだぞ。。昨日の時点でアナタがどう動いてるのかわからなかったから、念のため一応私からは、工事する方に、一応駐車場利用してる方には、月極とか住人とか問わずに、声掛けしてくださいってお願いはしてあるけどさっ。。。」

 

 

□□の担当者さん

「・・・すいませんダウン

 

 

コスモ

「もういいっ、、そんなことより考えようっ、、なあ、もしアンタが私なら、この場合とーするはてなマーク

 

 

□□の担当者さん

「もし電話番号教えていただければ、私から事情話しますビックリマーク

 

 

コスモ

「それは、このタイミングはもうダメNG・・・、これはあくまでオイラがもし月極で借りてたらの場合だけど、オイラがだよ、あの現場の様子みたゃった後で、そして工事が始まった後で、突然そんな電話受けたら、“なんで今ごろ”ってかなり『カッ』となって、自分がどういう精神状態になるかわからないからっ・・・、仮に無事に済んだとしても、とにかく一件一件の電話が、恐ろしく長くなるぞっグー

 

 

□□の担当者さん

「・・・すいませんあせる

 

 

コスモ

「もうそのセリフ聞き飽きたっプンプン・・・。。それにさっ、もぉ~、最初からそんなことするつもりもないクセに、、コッチの月極の契約書は、“当初からの約束通り”、すべてソチラに送ってるんだから、もしホントに電話とか連絡する気があれば、できたはずだよなっパンチ!

 

 

すると□□の担当者さん

「えっ、・・・あのぉ、私、そんなの見たことないんですけどあせる・・・」

 

 

はぁ~、、うそだっ、そんなことはないはずと、ここでまたひと悶着ダウン。。

 

 

とにもかくにも、月極利用の方には、オイラの方から、急ぎで工事案内をオイラが作成して、郵送しました。。

かなりバカ丁寧なお詫びのような文書になったのですが、、さてこの後、どーなることやら。。。

 

あとはさ□□さん、ほんとコロコロ担当者が変わるけど、ちゃんと『月極の契約書』あるはずだから、

それをオタクの事務所内で、ドコにあるのか、ドナタが持っているのか保管してるのか、ちゃあんと確認しておいてください・・・、

だいたいにして、ソレがないと、オタクでアパートの駐車場全体の管理できないでしょ。。

 

 

 

すると夕方、□□の担当者さんの上司の方から、オイラ宛に電話電話がありました。。

・・・月極の契約書、ほとんどコチラで保管されていないようなので、コピーをいただきたいとのことドクロ

 

あとは、このようにウチの子会社で、月極駐車場の契約を“勝手”にしておいて、

その管理をウチにさせるって、おかしいのではと言ってきました。。

 

 

うんうん、オイラの立場で言うのもヘンてすが、おかしいのは認めます。。

ただね、駐車場の管理とてっても、オタクは基本『放置』・・・、月に1~2度、見回りにくるだけですよね。。

ウチの“おエラいさん”に、30年家賃保証します、運営管理はバッチリですとかなんとか言っちゃって、

いざ蓋あけてみたら、なんだかいっつも家賃のことでは揉めてるし、あとは管理っていったって、[そんな程度]ですよね。。

月に1~2度のことは、これまでの10年で、オタクの当時のウチの担当者さん、複数の方から聞いてるからわかってますよ。。

 

とはいえ全体の管理はオタクのはず・・・、だからちゃんと、ドコのスペースにどういう契約をしたのか、キチンと連絡しているつもりたし、

・・・具体的には、契約書のFAXを送信して、すぐにオタクの事務所に電話して確認してもらってます。。

だから、オタクに契約書の控えがないのはオカシイんです。。

いったいドナタが管理していたのかはわかりませんけど、

もしかすると、コロコロ異動で担当の方が変わるから、その担当の方が管理していて、

どこかの異動のタイミングで、うやむやになってしまったのかな。。。

 

あ、あとはね・・・、、、ウチの『強烈キャラ』が、もし空いてたら、どんどん貸せってスゴいんだよ・・・

 


どういうことですかはてなマーク・・・、とおっしゃるので、

その件でオイラがタイヘンだったことがあるハナシをしました。。ちょうどブログにも残ってます。。

・・・今と違って、その当時はけっこう会社での出来事を書いていたので(@_@)

 

 

もしウチの会長のこと知らないんなら、今までのご担当者さんに、ウワサを聞いてみてください。。

ちなみに、もしナニかあって彼が暴れたら、オイラには手に負えませんから、あとはアンタ方で頑張って対応してください。。

 

 

上司の方

「当時の社長さんで、今の会長さんですか・・・。。ところで今回の件は、会長さんには報告されたんですかはてなマーク

 

 

コスモ

「いいえ、私で止まってますよ注意・・・、、話されたいのならアナタが直接会って言ってもいいけど、アナタじゃなくて、担当者さんから言わせてもいいけど、その代わりオイラは巻き込まないでね、フォローもしねぇし。。まあもし今回、塗装工事中にクルマとのトラブルがあって、そこから話が大きくなったら、それは報告せざるを得なくなりますけど・・・」

 

 

結局、今現在活きている契約書のコピーを、ウチから□□さんへと渡して、

以降はきちんと、管理してくれる運びとなりました。。

 

まあでも、数年たったらどうなるか・・・、、その時には今回の記事は、ある意味備忘録となるのですが。。。

 

 

時計

 

 

そして約一か月後砂時計無事足場も外れ、塗装工事が済んだようてす。。

心配していた問い合わせは、オイラのほうにも、そして□□さんの方へもなかったようでした。。

結局、オイラ一人が怒って騒いでかき回して・・・という結果になりました。。なんだかバカみたいですショック!

 

 

 

 

クチコミ手作り派はてなマーク購入派はてなマーク

・・・いえオイラ、バレンタインチョコは、自分で手作りしたことも買ったこともないあせる

 

 

例年だと会社の机の上に、バレンタインのチョコがいくつかおいてあるのですが、

今朝出勤すると、どうやら今年はないようで・・・

・・・正直、ボッとしました、、おそらく女性従業員さんたちで、申し合わせがあったんでしょうねニコニコ

 

チョコを用意するほうだって、当然オイラだけではなく、他の方の分も準備するわけで、金銭的にもタイヘンでしょうし、

コチラだって、ホワイトデーのお返しを準備するのが・・・、早いハナシ、こういうお互いの気配りって、いろいろ面倒ですから汗

 

 

家では娘から、家内と共同でということで、チョコをもらいました。。

『ママが食べてみたいって言ってたから、後でみんなで食べようね~かお』との一言を添えて。。

・・・ハイハイ、そういうことなら、よろしいんじゃないですかニコニコ

そしたらコッチも、ホワイトデーの時には、その感覚で準備しないといけないなぁ~音譜

 

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス