インテリアコーディネーター『はじめての独立』7つの成功ステップ

キャリアも、実績も、ゼロからスタート!
本当にやりたい仕事をして、自分スタイルで確実に稼ぐ
自立したフリーランス・インテリアコーディネーターへの道


テーマ:

 

フリーランスの

インテリアコーディネーターの

ヒアリング作法

 

 

インテリアコーディネーター独立アドバイザー

太田久美です。

 

 

前回の記事の続きです。

 

 

お客さんが

話したくなるような

雰囲気を作るには?

 

 

話し上手・聞き上手な人、

つまり会話術に長けた人が、

「お客さんが話したくなる人」と

イコールではないんですね。

 

 

私たちインテリアコーディネーターは

お客さんと会っている時間が

もっとも貴重な時間です。

 

 

会社勤めのインテリアコーディネーターと

フリーのインテリアコーディネーターが

違っているのは

 

 

お客さんと会っている時間に、

どんな会話をしているのか?

ということです。

 

 

どちらの場合も、一言で言えば

ヒアリングをしているわけですが・・・

 

 

会社勤めのインテリアコーディネーターが

そこですることは、「打ち合わせ」です。

 

 

フリーのインテリアコーディネーターには

それは「お悩み相談」の時間なのです。

 

 

打ち合わせの時間なら、

話し上手・聞き上手であることは

大切な要素になるかもしれません。

 

 

ですが、お悩み相談の時間なら、

あなたが上手に話したり、

お客さんの話に耳を傾けることには

さほど意味はないんですね。

 

 

私たちフリーランサーに

必要なのは会話術ではなく

質問術なのです。

 

 

どんな質問をすれば、

悩みを打ち明けてくださるか?

 

 

お客さんが自主的に

話してくださるのを待っていても

本当のお悩みは出てこないんです。

 

 

そして、質問術の次には、

沈黙術の出番です。

 

 

お客さんが話したくなるまで

じっと待っていること。

 

 

この沈黙が怖いので、

次から次へと喋ってしまうのが、

インテリアコーディネーターの

悪い癖なんですね。

 

 

上手に質問ができる人

沈黙を気まずくさせない人

 

 

そういう人が

ヒアリングの名手です。

 

 

話し上手な人ほど、

沈黙が怖かったりするものです。

 

 

聞き上手な人ほど、

質問を間違えたりしがちです。

 

 

不思議なことですが、

私の経験から言えば、

多く場合、スキルフルな人ほど

話し上手で聞き上手です。

 

 

残念なことに、お客さんが

本当の悩みを打ち明けないのは、

話し上手・聞き上手な相手なのです。

 

 

セミナーのご案内
 

独立成功を目指す

インテリアコーディネーターに!


フリー独立の土台になるシンプルな考え方

ファーストステップWebセミナー
参加募集中!

(メルマガからお申し込みください)

 

ブログには書けない話が満載!
インテリアコーディネーターのためだけの
メルマガ登録はこちらをクリック!

     下矢印
【未来を変えるメルマガ】

 

 

質問、お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)