平素は、㈱茨城生科研に対し、多くの皆様から多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く、厚く御礼を申し上げます。

長ーーーーい、梅雨がやっと終わりました。

が、

いきなりの猛暑です。(汗)

体が順応していないのでかなりきつい毎日過ごしております。

そして、29日に気象庁から「高温に関する早期天候情報」が発表されております。

それによりますと、8月4日から平均気温で1.9℃ほど高くなるとのことです。

すでに、熱中症にかかられた方が多く出ております。

前にも書きましたが、体が順応しておりませんので、ちょっとした変化でも体調を崩す可能性があります。

外仕事が中心の農業ですが、水分をしっかりと補給して、無理しないでちょっとでも調子が悪いようであれば、休むことを心がけてください。

さて、そんな状態ですが

イチゴの育苗も本格的になって参りました。

今回も?イチゴの育苗についてアップして参ります。


1、追肥と葉面散布についてです。

☆ポット錠ジャンプP25の施用時期(1錠/窒素60mg/1株)

ポット錠ジャンプの肥効は、施用後25~30日です。現在のイチゴの育苗は、夜冷で60~70日、無処理で70~90日以上になっており、成分量的にも肥効期間的にも不足しています。特に芽無しの防止や確実な花芽分化のために、置き肥の2回施用や液肥との併用を行てください。

※マイクロロング、IB化成を使用する場合、効きはじめるのが遅いので、活着後1~2回アミノキッポなどの液肥をかん水してください。

☆発根促進と定植後の活着促進

近年は、育苗期間が長くなってきております。苗の老化防止と徒長抑制に8月上旬と定植2週間前頃に、ポット抜きを行って発根を促し、苗の老化を防いでください。

〇おすすめの液肥
 新チャンス液S 300倍+メリットM 800倍
ポット抜き後に混用で1~2回かん水してください。

☆追肥の時期と方法

窒素の切り過ぎは、不時出蕾の原因や展葉の停滞により花芽分化が遅れる場合があります。しかし、ここ数年の気温の上昇で夜冷でも花芽分化が遅れてきております。育苗後半には、窒素レベルが高くならないように注意してください。

窒素の目安は、硝酸イオン試験紙で下記の通りになります。

 ・とちおとめ 

    無処理~8月中 100~250 9月以降で50~100

    水夜冷~処理期間 100~250、分化後 100~500

 クーラー夜冷~処理期間 100~250 分化後 100~500

・やよいひめ、イバラキキッス

    無処理~8月中 100~250 9月以降 10~50

    夜冷に関しては、とちおとめと同じです、

※液肥施用の目安は、7000本の苗にアミノキッポ1kgを3~5日おきに潅水してください。(1回に窒素で約10㎎/株)

☆葉面散布は花芽分化促進のために、夜冷の場合も行ってください。

ここ数年、秋の高温や曇天のために、分化が遅れたり、分化後の花芽の成長は遅れたりして、収穫開始が遅れたり、腋花の分化の遅れやバラつきが目立ちます。しっかり花芽を分化させて、成長させるためにしっかりと葉面散布を行ってください。

・8月15日以降

  「メリット赤」もしくは「ホップアップ」  300倍
毎日葉面散布してください。

※かん水で使用する液肥もリン酸の多い山型肥料に切り替えてください。

※夜冷処理を行う場合は、「ホップアップ」を使用してください。


2、葉かきについて

☆花芽の揃いと分化促進のために☆

葉数は、開花時に8枚以上が理想です。最終的には検鏡時の葉数+未展葉数=8枚以上になるように管理します。目安としては、鉢上げ後、新葉が1枚展開したら、すべての苗の葉数を1.5~2枚に揃えるように葉かきを行い、その後定植までは葉かきを行わず、葉数4~6枚苗を定植してください。夜冷を行う場合は、夜冷開始時に2~2.5枚に葉数を揃えるように葉かきを行い、花芽分化までは3枚程度で管理して分化後は葉数を増やしてください。また、育苗期の葉かきに関しては、必ず葉柄の途中から切らずにきちんと欠くようにしてください。


3、かん水と温度管理  ☆良い苗の育成と病害虫の蔓延防止に

葉数が3枚、4枚となっていくに従い、葉からの蒸散も増えていきます。午後からのかん水を行う時には、下記の手順で行うようにしてください。

1)必ずポットを抜いて培土が中まで乾いているか確認してください。

2)遮光ネットをかけてポット内部の温度を下げてから行ってください。

3)その後は、翌朝まで遮光ネットをかけたままにしてあげるか、夕方気温が低くなってから外してください。

4)かん水の量は、夜間の過剰な水分は、徒長の原因になりますので葉水程度にしてください。

以上に注意して行ってください。また、外気温が30℃を超えるような場合は、日中遮光ネットなどをかけてシオレや焼けを防いでください。


4、花芽検鏡   

☆最重要です。必ず行ってください。

花芽検鏡は必ず行ってください。特に、ここ数年は夏の高温などにより花芽の分化が遅く、非常にバラつきが大きくなる傾向にあります。夜冷の場合は、8月下旬に1回行い、無処理では、9月10日頃からを目安に行いましょう。

この時にまだ花芽分化していない場合は、必ず再度検鏡を行ってください。定植は、花芽分化後(分化期後期以降)2~3日待ってから行ってください。苗にしっかりと追肥を行いながら定植時期を少し遅らせて定植した方が良い結果になるので、しっかり花芽が分化してから定植してください。


5、定植前後の管理

☆ダニは苗からの発生によるものがほとんどです。定植前には、成虫、卵ともに防除を行ってください。

☆定植前日または、当日に活着促進とダニ防除として、

根っこりん300倍 + モベントフロアブル 500倍 

を混用して十分にかん水してから定植してください。

☆花芽の確認後(ガク片形成期以降)から、定植して葉が1枚展開するまでの間、アミノメリット青500倍を定植直後から活着まで2~3日に1回葉面散布してください。活着後はホップアップ300倍を週に1回定期散布してください。

   


日頃は、㈱茨城生科研に対し、多くの皆様方から多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。

1993年ぶり?か、それ以上の天候不良が続いた令和の梅雨ですが、いよいよゴールが見えてまいりました。

この後の週間天気予報を見てみると、太陽マークがずらりと並んでおります。

いよいよ本格的な「夏」がやってきます。

しかし、心配されるのは温度です。

いきなり。軒並み30℃以上の予想が出ております。そして、高気圧が2つ重なってしまう状況もできるようです。つまり、猛暑?になるのでは、と心配してしまいます。

で、さらに心配されるのは、その猛暑です。

農作物は、今までのに日照不足や多湿の影響で、光合成が不足し、軟弱徒長や根張りの不良などの症状が見受けられる傾向にあります。

そのような時に、一気に暑くなってくると、作物が暑さに耐えられず「しおれ」や「チップバーン」など、生育に影響が出てしまうことが、とても懸念されます。

梅雨明け後の「高温」に備えて、光合成の促進、徒長の抑制、根の活性化を図る対策を行いましょう。


<光合成促進対策>~葉面散布による対策~

日照不足による光合成不足から、作物体内の同化養分やエネルギーの不足に陥りやすい状態です。葉面散布による下記の対策を行い、光合成の促進、エネルギーの不足を改善してください。

メリット赤 500倍 + カルタス 1,000倍

※小松菜、白菜、チンゲンサイなどの、軟弱野菜は、メリットを800倍に希釈して散布してください。

※農作物の草樹勢によって、メリット赤をメリット黄等に、適宜変えて散布してください。

<根の張り促進>

日照不足により、軟弱徒長で根張りが弱く、梅雨明け後の高温による「しおれ」が心配されます。徒長を抑制して、根張りを強化する対策として、下記の液肥の施用をお奨めいたします。(特に、トマト、キュウリ、ナス・・・などの果菜類)

新チャンス液S 10a当たり5kgを500倍程度に希釈して7日おきに潅水もしくは潅注してください。

また、アミノキッポ5kgの混用は、土壌の通気性を改善するため、施用するとさらに効果的です。

冠水等で、圃場が酸欠になっている場合は、酸素供給剤「MOX」や「スーパー酸素」を施用して酸素の補給を行ってください。


※梅雨明け後の高温による影響が懸念される場合は、適切な遮光などの対策も併せて行ってください。


平素は、茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を多くの皆様から賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

しかし、相変わらずの天気ですね。

全く照りません。

この状態は1993年のコメが大不作になった年以来だそうです。

農産物が本当に心配です。

そして、関東には大きな影響はないようですが、台風が接近しております。

この台風によって、前線が刺激?させる可能性もありますので、十分注意する必要があります。皆様お気をつけください。


さて、本題です。

その天候不良時の対策で有効なのが、葉面散布です。

今回は「イチゴ」の天候不良対策をお送りいたします。

まずは、

「葉面散布」

です。

生理障害の予防や軟弱徒長の抑制対策として、

メリット赤500倍+カルタス500倍+グリーンセーフプラス1,000倍

を適宜葉面散布してください。

☆メリットシリーズに配合されている「ポリリン酸」は、太陽のエネルギーの代わりのエネルギーになるといわれております。天候不良時にポリリン酸を散布することで、生育不良や軟弱徒長を軽減します。

☆花芽の充実や徒長抑制の軽減、葉色の改善に、リン酸(メリット)、カルシウム(カルタス)、苦土(グリーンセーフプラス)を葉面から補給しましょう。

※置きをまだ施用していない場合は、メリット赤をアミノメリット黄に変更して葉面散布を行ってください。

※メリットシリーズには展着剤が配合されております。別に展着剤を混用しないで下さい。汚れや障害の原因になります。

※葉面散布は高温時、風の強い乾燥した日は避け、夕方など涼しい時間帯に行ってください。

次に「置き肥」です。

直受けの場合は、切り離し1~3日後から。さし苗の場合は、1日中葉が萎れなくなってから置き肥をおこなってください。

そして「液肥」です。

液肥は、根をしっかりと張らせ、花や果実を充実させるために行いましょう。

新チャンス液S5~10kg+アミノキッポ3号または、アミノキャッチP5~10㎏を10~15日おきに2~3回かん水してください。


最後に「遮光」です。梅雨明け後の急な高温に注意です。

長い天候不良のため今年は根の張りが非常に弱くなっております。梅雨明け後の高温と強い太陽光線により、焼けやシオレなど起こることが考えられます。梅雨明け後の高温時期には、適切に遮光を行なったり、かん水不足にならないように気を付けてください。


平素は、茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を多くの皆々様から賜りまして、

誠に有難く厚く御礼申し上げます。

今年は、梅雨らしい天気が続いている事務所所在地の茨城県笠間市です。

昨日は、久しぶりの晴れ間も見えましたが、基本的は曇天、雨の天気です。

九州地方では、かなりの大雨が降っているようですが、被害が少ないことを切に祈るばかりです。


そして、気象庁から8日に「低温に関する早期天候情報」は発表されております。

それによりましと、7月14日つまり来週の日曜日から概ね2週間は低温に対する注意が必要とのことです。

オホーツク海高気圧が張り出してきて冷たい空気が流れ込んでくるみたいです。

その注意情報にも「農作物に注意」とのコメントが載っておりました。


それで、このような時に取る対策としては、やはり

葉面散布

なのです。

日照不足時の対策として、ものすごくお奨めしたいのが「メリットシリーズ」なのです。

まずは、

メリット赤

日照不足時は、同化養分が不足するため、窒素の消化が悪く、果実等の肥大に窒素が遅効きして、品質や食味の低下を引き起こしてしまいます。

メリット赤を散布することによって、配合されている「ポリリン酸」が作物のエネルギー源となり、光合成(炭酸同化)活性を高めて、糖やアミノ酸、タンパク質などの合成を助ける働きをします。

また、メリットに配合されている微量要素の働きにより、吸収した窒素の同化(アミノ酸、タンパク質合成)を促進します。


つまり、メリット赤を散布することによって

太陽がわり

になり、窒素の消化を促す働きをするのです。


使用方法としては、メリット赤を300~500倍に希釈して、雨の合間のできれば晴れの日に

しっかり葉面散布を行ってください。

散布時間は極力午前中行ってください。そうすると、翌日雨になってしまっても、養分は十分に吸収されております。


詳しくはこちらの表をご覧ください👇

また、長雨等になると、露地野菜などは、根が傷んでしまい養分の吸収が悪くなってしまいます。

そして、雨の影響で作物は、葉から栄養分を流亡させてしまい、生育が低下してしまいます。作物体内の栄養が不足してしまうと、当然のことですが、作物の生育や品質にも影響を及ぼしてしまいます。

それらを防ぐためにも、(特に葉菜類)アミノメリットの青もしくは黄を500倍で雨の合間に散布してください。

それに、最近パワーアップしたグリーセーフプラス(Mg:8%)を混用してあげると、さらに効果が上がり品質等の向上につながります。




今更ですが、七月になりました。

六月も多くの皆様からご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

今月も、引き続きのご支援とご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。


今月の出だしはちょっと遅くなってしまいましたが、弊社の取引先の㈱生科研さまが、カルシウム葉面散布肥料の「カルタス」の散布動画はこの度アップされました。


内容は、きゅうりに散布して「しおれ」の状態を観察した内容です。

「カルタス」の効果がとてもよくわかる内容になっております。

上記の動画をご覧いただき、ぜひともご活用いただけますようお願い申しげます。


「カルタス」はJAさまでお取り扱いをしておりますので、よろしくお願いいたします。