平素は㈱茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を多くの皆々様から賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。


ながーいゴールデンウィークも終わり、周りを見渡すとあちらこちらで田植えの姿が見受けられましたが、これもピークを過ぎてきました。


そして、鹿児島の奄美地方や沖縄も梅雨入りして、イヤーな季節が間もなく?到来と思いきや、今朝のニュースでは「から梅雨」の可能があるとかないとか・・・

事務所所在地の茨城県笠間市も、ちょこりちょこりは降っていますが、絶対的に畑に水分がありません。

先日もトラクターで作物を植えていない圃場を耕運しましたが、ローターリーの後ろは、大袈裟かもしれませんが、煙が出ているように土ホコリが舞っておりました。

ゲリラ的な雨はいりませんが、一日中みっちりしとしと雨が欲しい今日この頃です。


さて、本日はイチゴではなく「タマネギ」です。


調極早生は収穫を迎えもしくは終了しているかもしれませんが、中生や晩生はこれから収穫期を迎えるところだと思います。

以前にもアップしたかもしれませんが、これからの管理次第で、玉の肥大や品質、さらには貯蔵性に大きく影響を与える恐れがありますので、収穫だーって気を抜かず、最後までしっかりと管理をさせることをお奨めさせていただきます。


そして、その肥大や品質に効果があるのが、やはり葉面散布です。


タマネギの収穫目安は倒伏ですが、倒伏したからと言って肥大が止まってしまっているわけではありません。

使用色がまだ青いうちは肥大を続けています。

そこで、弊社葉面散布の

メリット赤 (0-10-9) 500倍

を葉面散布することにより、葉から球へ養分の転流を促進させることによって、タマネギの球の肥大に対し効果を発揮するのもです。

そして、次にカルシウム剤です。

カルタス 500倍

カルシウムを定期的に補ってあげる事で、タマネギの細胞を強くして、球の締まりが良くなり、腐りにくく貯蔵性の向上につながっていくのです。


で、なんども書いておりますが
通常葉面散布肥料とカルシウムは混用できないのです。(カルシウムとリン酸などが結合して沈殿等が起きてしまうから)が、「メリット赤」と「カルタス」は混用することができるのです。
混用しても「白濁」や「沈殿」が起こらないのです。
だから、ひと手間減らすことができるのです。


理想的な使い方としては、

タマネギの生育後期(止め葉が出てきたころ)から収穫開始まで、適宜葉面散布を続けていただけると、かなりの効果を発揮します。

現実県内で。使用していただいている生産者の方から、使い続けると肥大が違う。

とのお声をいただいております。

更に、タマネギの品質もかなり上がってきます。


今風の言い方をすると

「マジおススメ」です。


まだ、間に合いますので収穫の前の生産者の皆様、ぜひご利用くださいますようお願いいたします。



新元号~令和~

テーマ:

平素は㈱茨城生科研に対し、多くの皆々様から多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く厚く御礼を申し上げます。


さて、昨日から日本国中がお祭り騒ぎになっておりますが、上皇陛下がご退位され、今日より新天皇陛下が即位されました。


弊社も平成の時代に、創業にて早いもので25年になります。

いろんな会社がありますが、一説によると起業してから会社の寿命ではないけれど、10年やれればいいほうだ、という話もあります。


そんな中で25年が経過して、ましてや新年号を迎えられたというのは、本当に弊社に関わってくださっている、お客様やお取引先の皆様のおかげと思っております。

心から感謝・感謝する次第であります。


でも、正直申し上げて、年号が変わったからと言って、特別日常生活が変わる訳ではありませんが、平成という時代を振り返って、新時代をどうやっていくかの、考えるきっかけに出来ればいいなと考えております。


いま、ゴールデンウィーク真っ最中です。

弊社もこうやってHPを更新しておりますが、連休の真っ最中です。

久々の長期休暇で、ちょっと戸惑ってはおりますが、残り6日を有意義に過ごしていきたいと思っております。


何はともあれ、皆さま5月もよろしくお願い申し上げます。



コリン含有葉面散布剤のご紹介

テーマ:

平素は㈱茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を多くの皆々様から賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

新元号「令和」までの残りわずかです。

また、多くの企業では明日から超大型連休に入ります。

しかし、私を含めて農作業従事者はそうはいきませんが・・・

(会社は休みですが、農産事業部は休み関係なく、管理作業を行っております)


さて、昨日ですが弊社の一番の仕入れ先でもある㈱生科研の期首代理店会が東京で開かれました。生科研さんの2019年の事業方針等の発表がありましたが、その後の懇親会で各地の営業の方から弊社のHPについてのお話をいただきました。

大した情報をアップしておりませんが、結構全国各地で弊社のブログをはじめSNSを見てくださっているようです。

そのような話を伺って、恥ずかしいような嬉しいような・・・
でも、こんなHPでも見ていただいて本当にありがとうございます。感謝感激です。

しかし、他県の皆様へ一つだけご注意をいただきたいのは、弊社は知名度最下位の茨城での活動になっているため、基本的に茨城県内向けに栽培情報を更新しております。

商品のPRは除いて、各種商品の使用について、あくまでもご参考にしていただいて、具体的な使用方法等は現地JA様や弊社のような代理店、もしくは㈱生科研にお尋ねいただけますようにお願いいたします。

ただ、基本的な商品の使い方等のご質問などは、弊社のブログ及びSNSでお受けいたしておりますので、気兼ねなくお問い合わせいただければと思っております


さて、その会議の中で各作物への効果事例紹介がありました。

その中で紹介されたのが、イチゴにおける「根っこりん」の使い方です。

弊社のHPでも以前、㈱生科研さんが作った映像をアップいたしましたが、今回改めてご紹介をさせていただきます。

イチゴの親株も定植も終わり、いよいよランナーの発生を促すときになってきております。

(詳しい技術ないようについては、戦時うアップした弊社のHPをご覧ください)

そこで、各地でご好評をいただいているのが、この「根っこりん」です。

ゆうこりんがコリン星で作っている液肥   ではありません(笑)←ジョークを言ってしまいました、ごめんなさい。


この剤を散布することで、

イチゴの発根促進、ランナーの発生促進

定植苗の充実、樹勢の回復

に効果を示してくれるのです。


それは、なぜかというと

根の発育を促す「コリン」を含有しているからです。


使う時期ですが、まさにこれからになると思います。

まず、育苗初期です。

親株のランナーの発生を促して、苗数の確保に効果的です。

育苗中期には、根量を増加させ、小苗の充実を図ります。

そして育苗の後期には、高温期の根痛みの回復、本圃での活着促進といった効果があるんです。


つまり、育苗期には「根っこりん」ということになります。


施用方法は、それぞれ250倍液を適宜葉面散布するようにしてください。

回数は必ず2回以上行うようにしてください。


改めてになりますが、「根っこりん」のイチゴ版のチラシと、㈱生科研の動画をアップしておきますので、ご活用いただければと思っております。

このゴールデンウィークが皆様にとって有意義になりますようご祈念いたしております。

そして、youtubeにアップされた動画がこちらです。



ゴールデンウィークのお知らせ

テーマ:

平素は茨城生科研に対し、多くの皆様より多大なりご支援とご愛顧を賜り、役職員一同厚く厚く感謝申し上げます。


いよいよ平成も残すところあと5日になりました。

時代の変わり目もきっと普段と変わらない日常を過ごす事になると思いますが、なんとも感慨深いものを感じております。

また、昭和から平成になった時を経験しているものとしては、何となく違和感も・・・


今回はお祝いモード一色ですが、昭和から平成になったときは、全国的にお悔やみモードだったので不思議な感じがします。


さて、弊社のゴールデンウィークですが


平成31年4月27日(土)~令和元年5月6日(月)まで休業とさせていただきます。


お取引様をはじめ、皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。




平素は茨城生科研に対し、多くの皆々様から多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く深く御礼申し上げます。

結構な暖かい日がここ数日続いております。

桜もソメイヨシノから八重桜に代わってきて、目を楽しませてくれています。

事務所所在地の笠間市岩間地区のそびえている愛宕山では、現在さくらまつりが行われております。ゴールデンウィークまでは楽しめる思います。

そして、ゴールデンウィークと言えば、地元で有名で一大イベントがあります。

笠間市芸術の森公園内で行われる「陶炎祭(ひまつり)」です。

毎年かなりの人出でにぎわっております。(すごいです)

地元PRではないですが、一応リンクを張り付けておきますので、興味のある方はこちらをご覧ください。


さて、本題です。

イチゴの収穫もいよいよ終盤戦に入ってきました。

今作は、年が明けてからの収量が結構悪く、減収になっている圃場がかなり見受けられました。しかし、その影響で販売価格は思いのほか高く推移して、人によっては、結果的にプラスマイナスゼロの方もいるのではないでしょうか?

でも、作物を栽培していく上では、やはり「採れない」よりは「採れた」の方がよいに決まっています。

年々気候変動に左右されてきている昨今、いかに良い苗よ作るかが重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

終盤戦に入ったといいながら、すでに次年度の作の準備も始まっています。

先月にも親株の管理についてはアップいたしましたが、そのパート2をお届けいたします。

(一部内容が重複しているものあります)

まずは、作業の目安です。

6月10日ごろから、直受け、さし芽を開始してください。

注意点として

・直受け開始が早すぎると芽無しの発生が多くなります。

・直受け後も、切り離すまでは栄養を親株からもらっています。親株が肥料不足になると苗の肥料切れになり、芽無しが発生してしまいます。

・さし芽時には、親株側のランナーを長く残して、土に挿しピンでしっかり固定し、遮光をしっかり行ってください。

・ここ数年梅雨明けが早くなっています。早め早めに作業を進めてください。


7月1日ごろをメドに、直受けの切り離しを行ってください。

注意点として、さし芽、切り離しともに夜冷の場合は処理開始1ヶ月前には終了してください。

7月15日ごろから、葉かきを開始してください。

注意点として、活着後展葉2枚時にすべての苗の葉数が揃うように行ってください。株を充実させるには、4枚目以降の葉が必要です。葉をかきすぎないように注意してください。


【親株の肥料切れに注意してください】

プランターやポットに親株を定植後は、肥料切れに充分注意してください。

液肥の場合は、最低2~3日おきにアミノキッポ300倍液をかん水してください。自動かん水の場合は、あまり高濃度でかん水を度に液肥を混入するよりも、1日1回の施用にするか、EC0.5~0.8程度の濃度のほうが、良い苗が採れています。

粒状の肥料の場合は、追肥用の化成肥料のような即効性の肥料を2~3週間に1回程度採苗が終了するまでしっかりと追肥を行ってください。

※有機肥料はコバエやカビの発生の原因になりますし、ロングタイプの肥料では肥効が遅すぎてランナーの発生がよくありません。特に、直受けの場合は、後半の親株の肥料切れが多くみられます。切り離しまでしっかり追肥を行ってください。

【かん水量(回数)=ランナーの発生数です】

親株へのかん水は、常に株元が十分に濡れているようにしてください。プランターやポットなどに親株を植えている場合は、1回1回のかん水が必ずプランターの下から水が出てくるんで行い、酸欠を防いでください。ランナー発生後は1日になるべく多い回数(4~8回程度)かん水して培土の温度が上がりすぎないように注意してください。

【葉かきとランナー管理】

ランナーの先枯れ防止と、ランナーの発生促進のために、次郎苗の展葉時期に葉かきを行ってください。葉数は1芽の場合10枚以下、2~3芽でも12~13枚程度にしてください。また、大きくなった太郎苗や次郎苗の葉数も2~2.5枚程度に整理してあげると効果的です。ランナーは次郎苗の展葉時期ごろから先枯れが出始めます。この頃までに、つる配りを行い、ランナーの先端をしっかりとピンで固定して、親株にしっかりかん水をしてあげれば、先枯れは軽減できます。

【さし芽の採苗の場合】

さし芽の適期は、6月10日から20日頃です。毎年6月下旬から7月上旬に猛烈な暑さがありますので、その前に活着するように早め早めに作業を開始してください。また、夜冷を行う場合は夜冷開始1か月前には苗が活着するように作業を進めてください。作業が遅れて7月以降になってしまう場合は、直受けに変更することをお奨めいたします。

・活着促進と芽無しの予防に

ランナー切り離し前日にアミノメリット青500倍液+ファイトオーツー1000倍液を苗に葉面散布もしくは、採苗した苗をどぶ漬けしてください。さし芽後はアミノメリット青500倍液を葉が一枚展開するまで2~3日おきに葉面散布してください。

【直受け採苗の場合】

受けるはじめ時期は、6月10日ごろからで、受けはじめ時点で展葉4枚以上の苗は芽無しが出やすいのでなるべく使用しないでください。

切り離しまでの間、すべての苗の葉数を2.5枚程度に揃えてあげるように葉かきを行っていくと、苗の大きさや花芽の分化が揃えやすくなります。また、苗の徒長やランナーの先枯れも防ぐことができます。

無処理の場合は、7月中旬ごろまでに行ってください。夜冷の場合は夜冷開始1ヶ月前を目安に切り離ししてください。


最後にまたまた弊社イチゴ専用培土のご紹介をさせていただきます。

そうです「ベリーグッ土」です。

「ベリーグッ土」については、お使いいただいているイチゴ生産者様からは、非常に高い評価をいただいております。


イチゴの育苗培土は、たくさんの種類があります。

今までお使いの培土を変えるというのは、とても勇気がいることです。

培土を変えると、管理の方法もがらりと変わる可能性があります。

でも、イチゴの事を考え、圃場の事を考えたら、いい培土を選ぶことがとても重要です。

ぜひこの機会に「ベリーグッ土」をよろしくお願いいたします。

尚、茨城県内ではJA様のみで取り扱いを行っておりますので、お買い求めの場合はJA様へお願いいたします。