平素は茨城生科研に対し多大なる御支援と御愛顧を多くの皆々様から賜り

誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。


また、台風が来ております。

25号です。


でも、関東地方には大きな影響は出ないようですが、大型強い台風ですので、

風の影響が心配されます。

前回の24号の影響もまだ残っておりますので、念のため備えを行なってください。


さて、今回は【タマネギ】の育苗についてアップして参ります。

秋撒きのタマネギはは種もほど完了して、育苗の真っ最中ではないかと思います。

上記にも書きましたが、台風や秋雨前線の影響で、曇天や雨の日が相変わらず続いております。

また、この先も秋雨前線の影響で、あま良いお天気が続かないみたいですし、比較的温度は高い予報が出ておりますので、軟弱徒長や根張りの不良が心配されます。

苗半作、いやそれ以上です。

タマネギもしっかりとした苗つくりが増収のポイントになってきます。

天候不良にも負けないしっかりとした苗を作るために、下記の葉面散布を行なってください。


◎充実した葉の育成に

本葉2枚頃から①と②を7日おきに交互に葉面散布して下さい。

①カルシウムを補給して硬い葉を!

  カルタス 500倍

②苦土・微量要素を補給して葉緑素の充実・光合成促進

  グリーンセーフS 1,000倍


※葉色が淡く肥料切れが心配される時は

  メリット青 500倍を 上記①と②の散布時に混用する。

※苗が徒長気味の生育のときは

  メリット赤 500倍を 上記①と②の散布時に混用する。


◎苗の発根促進に(これおススメ!)

 苗の根張りを良くし、定植後の活着を促進するために、定植予定の7~10日前に  

  根っこりん 250倍 を葉面散布して下さい。

 (上記①と②に混用して散布出来ます)


※メリットに含まれる特殊リン酸「ポリリン酸」は、作物に吸収された後にエネルギーを発生する

 力が大きく、日照不足による生育の停滞を軽減し、生育を促進する効果があります。


参考に!

先日あるところにタマネギの育苗を見て参りました。

同じ播種日なのに、葉面散布(ちなみにアミノメリット青)を実施しているところと、双ではないところでは、苗を生育がまるで違いました。

もちろん、とても良い苗になっていました。

なので、葉面散布の効果がかなりありますので、是非行う様にしてください。

写真がなくて申し訳ありません(涙)



連投にて失礼いたします。


イチゴの台風通過後の管理をアップいたします。

24号により、苗への被害や圃場の冠水やベッドが崩されてしまったり、被害が出ているようです。

苗の被害を回復させるためにも、下記の対策を参考に行なってください。

特に、台風通過後の高温はチップバーンや不時出蕾、芽無しの原因になります。葉面散布や農作散布は薄めの倍率で散布して下さい。


◎圃場に屋根がかかっている場合

1)天候回復後すぐに、風による傷の回復とそこからの病気の感染を防ぐために

  殺菌剤+アミノメリット黄600倍+ファイトオーツー1,000倍の混用で散布して下さい。

  (殺菌剤は薄めに、また葉面散布肥料との混用は良く御確認をお願いします)

2)曇天が続く場合は、リン酸が太陽光線の代わりの働きをします。

   新トーシンPK 5kgを5~7日おきに2~3回かん水してください。

3)曇天が続く場合は、ホップアップ300倍を1~2日おきに定期的に葉面散布して下さい。


◎圃場に屋根がかかっていない場合

強い雨に打たれてしまうと、培土の中の肥料成分が流れてしまったり、葉の中の養分が気孔から流亡してしまいます。大雨や長雨の後は必ず下記の対策を参考に行う様にして下さい。

1)天候回復後すぐに、苗に付着した汚れを洗い流すように、

  殺菌剤+アミノメリット青600倍を散布してください。

  (殺菌剤は薄めに、また葉面散布肥料との混用は良く御確認ください)

2)上記の後、

  アミノメリット青500倍+ファイトオーツー1,000倍を2~3日おきに葉面散布して下さい。

その後、奇形果対策として、ホップアップ300倍を1~2日おきに3~5回葉面散布して下さい。

3)曇天が続く場合は、リン酸が太陽光線の代わりの働きをします。

   アミノキッポ3号 5kgを5~7日おきに2~3回かん水して下さい。


※ベッドが落ちてしまった土には、スーパー酸素を適量施用してからベッドを直すと、ベッド内の酸欠を軽減することが出来ます。


10月になりました。

テーマ:

まずは、昨日の台風24号で被害に遭われた、方々にお見舞いを申し上げます。


10月になりました。

2018年度の上期も多くの皆さまの御支援と御協力を頂き誠に有難く、厚く厚く御礼申し上げます。

下期スタートの月です。

今後とも茨城生科研をよろしくお願い申し上げます。


さて、もうたくさんです。

と、言いたくなる位自然災害が多い年になっております。

酷暑、大雨、地震、そして台風と・・・・

文明が発達している今日でさえ、これらの自然現象には太刀打ちが出来ない。

なんとももどかしい気持ちでいっぱいです。

しかし、そんなこと愚痴めいたことを言っても仕方がありません。

この状況で、どうやったら対策を出来るのかを考えるしかありません。


弊社も農業者の皆さまに、より良い情報を提供できるように精進してまいります。

また、皆さんからのご意見や御質問もお受けいたしますので、facebookやツイッターなので、遠慮なくお寄せくださいます様お願い申し上げます。



で、直近の話になりますが、

昨日の台風24号ですが、

もーーーーーーーーーーーーーーーの凄い風でした。

事務所所在地の茨城県笠間市岩間地区も家が吹っ飛んでしまうのではないか、と思わせるほどの強風でした。

アレだけの風ですから、ハウスの被害が多数出ている模様です。

また、昨日はあちらことらの信号機がよそ見をしておりました。

それだけ風の凄さを感じてしまいます。


農作物への影響も甚大なものではないかと思います。


特に露地野菜は風でかなりかき回されてしまっているようです。


天候が回復して、すでの殺菌剤の散布等は行なっていると思いますが、

草樹勢の回復も同時に図るために「葉面散布」は欠かせないです。

もしお手持ちで「葉面散布」があれば、早急に葉面散布を実施するようにして下さい。

お手持ちがなければ、ぜひ「アミノメリットシリーズ」を御利用くださいませ。

対応としては、

アミノメリット青500倍を3~5日おきにきっちりと葉面散布を行なってください。

キャベツやレタスなどで、収穫間際のものについては、アミノメリット黄でもよいと思います。


これだけの風雨ですから、根からの養分吸収はあまり期待できないと思います。

そんなときは、なんども書きますが「葉面散布」が一番です。


是非、行う様にして下さい。


連投になりますが、次にイチゴの情報をアップいたします。


平素は茨城生科研に対し、多大なる御支援と御愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く厚く御礼申し上げます。


9月も終盤を迎えております。

一年って、本当に早いものです。

さて、久しぶりになりますがイチゴの栽培情報をアップいたします。


定植後の管理


です。


イチゴの定植も終盤に差し掛かっていると思います。

これからの管理参考にして、栽培を行っていただければと思います。


では、本題です。


今年は、育苗期の高温や天候不順などで、不時出蕾や根腐れが多く、タンソ病、イオウ病も育苗後半から多く見られます。定植時期が例年より少し早いので、腋花の分化が遅れる可能性があります。

また、1ヵ月予報では雨が多く、気温が高い予報になっています。このような年には頂果は順調に出荷されますが、うどんこ病が多く発生したり、腋果の分化が遅れて奇形果が多くなったり、厳寒期に休んでしまう事が多いです。

10月までは、また比較的地温が高いので、高いうちにしっかりとした根を増やして、なり疲れ対策をしっかり行なってください。


☆なり疲れ予防と果実肥大、

         品質向上のための追肥管理を実施しましょう☆

・葉面散布について

○腋果の分化促進と根っこの増加に

 活着したらホップアップ300倍+根っこりん300倍で

   7~10日おきにマルチ被覆後1週間までに3~5回葉面散布して下さい。


○かん水での追肥について

雨に当たった圃場やベッドが崩れた圃場には、酸素補給のために

                      MOXを10kg/10aをかん水して下さい。

※ベッドを直すときに「スーパー酸素」を崩れた土に適量撒いてからベッドを直すと効果的です。


○エネルギー補給と果実肥大にしっかりリン酸の補給をして下さい。

 活着後から収穫開始までトーシンPK 5kgを7~10日おきに定期的にかん水して下さい。

※果実肥大期には「エルエス」2kgを混用すると更に果実肥大に効果的です。


○根っこの活性化と葉の色抜け対策に発根促進剤とミネラルを補給して下さい。

 マルチ後にすぐに、

 新チャンス液S10kg + メリットM3kg 

を10日おきに2回かん水して下さい。


○定植後活着はしているが、葉色が抜けたり葉展開が停滞している場合に

ベッドの上にスジ状に粒状ジャンプを10a当り20kg程度施用して下さい。


☆マルチ前に硫黄粉剤を散布して、うどんこ病の予防を行なってください☆

○葉かきについて

  葉はイチゴの生産工場です。


葉が少ないと品質や収量の低下、なり疲れなどの原因になります。適正枚数でしっかりと管理して下さい。また、わき芽が多いと春以降の果実の品質低下や病害虫の多発の原因になります。

少なくとも収穫が忙しくなるころまでは、1芽で管理して下さい。


・理想の展開枚数の目安

ポット育苗の場合

   定植時 4~6枚  出蕾期 7~8枚  開花期 8枚以上 収穫期 10枚以上

無仮植などの場合

   定植時 4枚    出蕾期 5~6枚  開花期 6枚以上 収穫期 10枚以上


<マルチングと温度管理について>

ポイント! ハウスに気温計と地温計を必ず設置しましょう!


保温やマルチなどの管理は、生育ステージや時期で作業を進めるのではなく、実際の気温や地温を確認して、温度にあわせて作業を進めてください。

そのため、圃場内に必ず気温と地温を計る温度計を設置して下さい。


※地温が20℃以下になると根の発生・伸長は止まってしまいます。

※日中20℃以下になると生育が停滞し、奇形果や株疲れの原因になります。


各作業の目安時期

ビニールの張替え  10月10日頃(外気の最低気温が8℃以下の日は保温を行なう)

内張りカーテン   10月中旬(外気の最低気温が5℃以下になったら夜間は閉める)

マルチ       頂花房開花初期(朝9時ころの地温が20℃以下になったら)


平素は茨城生科研に対し多大なる御支援と御愛顧を多くの皆さまから賜りまして

深く深く御礼申し上げます。


1日に更新してからすっかりサボり気味になっている今日この頃(かなり反省)

9月も早いもので、もう後半になってきております。

そして9月といえば、弊社にとっては中間地点なのです。


つまり、仮決算の時期なのです。

販売が順調なら「決算」と言う響も悪くないのですが・・・・


・・・・・・


嫌な響きです。

胃が痛いです。

茨城県、千葉県内の農家の皆さま、

JAさまから弊社液肥、土壌改良剤の御購入をお願い致します。



と言ったところで、

話は本題に戻しますが、


今回は梨についてアップして参ります。

今年は、例年よりの開花が早く、収穫も例年より進んだ年になりました。

一部の生産者に話を伺うと、前半の肥大はイマイチだが、味はかなり上々のようでした。


が、樹に話を聞くと(聞けませんが・・・)

今年の暑さがかなり堪えているとの事。

樹勢に負担がかかり、貯蔵養分の蓄積などにも影響を及ぼす可能性が考えられます。


そこで、葉面散布を落葉まで行う事をおススメいたします。


使用する剤は、茨城県内であれば「アミテート前期用」です。

改めてになりますが、「アミテート」シリーズは茨城県内の梨生産者向けに開発した、

かなり年期の入った葉面散布肥料です。


ちなみに、種類は「アミテート前期用8-3-3」と「アミテート後期用3-5-3」の

二種類あります。


「アミテート前期用」を落葉まで散布することにより、弱った樹勢を回復させるほかに

次年度の貯蔵養分の蓄積にも役に立つことが出来ます。


尚、樹勢が強すぎて2次伸張が心配される場合は、「アミテート前期用」ではなく、「アミテート後期用」もしくは「メリット赤」に変えて散布してください。


散布倍率は、500倍でお願いします。


あと、果樹の場合「お礼肥」を行ないますが、そのときに施用してとても効果があるのが

即効性のある肥料「粒状ジャンプ」です。


施用後すばやく、吸収され樹勢の回復、養分の蓄積に効果を発揮いたします。

施用量は20kg~40kg程度です。


ちょっとお値段は張る肥料ですが、根強いファンがいるくらいですから、効果はバツグンです。


近年異常天候が続いております。

この異常天候に負けない農作物を作ることが、大切になってきております。

みんなで力を合わせて、情報も共有しながらこの難局を乗り切ってまいりましょう。


弊社も出来る限りのことを行なっていく所存です。

引き続き茨城生科研をどーーーぞよろしくお願い致します。


尚、梨の対策ポスターを貼り付けておりますので、

御自由にご使用ください。