イライラを解消!~子どもを思うがゆえに『言いすぎてしまう』を解決~

誰よりも子ども思いで、子どもの受験に真剣に向き合っているママの『つい言いすぎてしまう』イライラを解消して笑顔美人ママに★

NEW !
テーマ:

■□■□■□■□■□■□■
      怒りは連鎖する

■□■□■□■□■□■□■
 






怒りは
水が高いところから低いところへ流れるように
強い人から弱い人へ流れます。

 

 





会社でいうと、
上司から部下。
部下から後輩。


家庭でいうと、
親から子供。


そして、子どもは、
学校で自分よりも弱いと感じ取った
同級生や年下の子に八つ当たりします。

これがいわゆる
いじめが発生するメカニズムの1つです。


また、子どもの中には、
自分の気持ちを外に出すことができず、

 

 


我慢し続けて、

それが慢性化し、
自分を抑えることが習慣化し、

 

 


肝心な場面でも
自己主張してもよい場面でも
自分を押さえてしまう
優しい子もいます。



ここで言う優しい子は紙一重で、
自己主張する方法がわからない子となり、
社会に出た時、
職場では雑用が回ってくるような
都合の良い人になりかねません。

 



そして、

自分の思いを他者に伝えることができないので、
それがコミュニケーションがうまくいかない原因となり
自分の思いを表現できないがために誤解され、



最悪な場合は、

パワハラを受けることもあります。



つらつらと書かせていただきましたが、
これは、実話です。



私の近しい人の経験を書かせてもらっています。



その近しい人(だいちくん)は、
小さいころからお母さんに一方的に叱られたり
お母さんの思い込みで理不尽な叱られ方をしたり、
自分の感情のコントロールができないお母さんから
八つ当たりを受けたり。



それがだいちくんの
「自己価値」を下げることへ繋がり
自分の存在価値を見出せなくなっています。



なので、お母さんたちには、
ぜひイライラやストレスは
我慢せずに上手に発散して、
子どもが大好きなお母さんのままでいてほしいなって
思います。




 

 

きらハートイライラを解消!1日1分の笑顔美人ママ無料講座きらハート
≫無料購読はこちらから

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■□■□■□■□■□■□■□■□■
注意せず、しばらくは応援で様子見て!
■□■□■□■□■□■□■□■□■





2月半ばとなり、受験も千秋楽を迎えますね。

 

 





来年受験の子や
早いうちから受験を意識している子たちは
自分のことのようにドキドキしているかもしれませんね。



以前、先生をしていた時にあったのが、
受験ギリギリまで

どこの学校に願書を出すか迷う子がいるってこと。



その原因は、
勉強をしっかりしてこなくて、
早いうちから合格後の生活を

思い描けていなかったためです。




そこで、志望校の選び方について
今日はお話ししたいと思います。



結論から言うと、
『不純な動機の方がうまくいく!』

ってこと。



前提として、
私が言う不純な動機とは、
勉強以外の目的での動機のことです。



ママたちは、子どもたちの不純な動機に対して
「そんな理由で決めないの!」
って言いますが、

 

 


不純な動機を持っていたとしても
合格してから皆、

現実を知って、
不純な動機通りに事が進まなくなることが多いです。




なので、
不純な動機であっても、
ワクワクして目標に向かって進めるほうが
成績の上がり方や、
勉強に対する姿勢。
すべてが変わってきます。



今まで多かったパターンは、

男子
チェックサッカー部の練習がゆるいところ
チェックブレザーの高校
チェック某歌手出身の高校だからバンド部の練習場所がしっかりしている
チェック水泳部があるけどそこまで厳しくない


女子
チェック制服がかわいい
チェック大きな駅を通れるから帰り遊んで帰ってこれる
チェック好きな人と同じ高校へ行きたい
チェック親友と同じ高校がいい
チェック高校では勉強したくないから料理コースがいい
チェック修学旅行が海外
チェックイケメンが多いところがいい
チェック関ジャニが多いから行きたい!


こんな感じでした。

 

 

女の子のほうが

動機は不純・・・汗

女の子のほうがマセてるようです。

 


ママたちは、こんなお子さんの動機に
「高校遊びに行くんじゃないからね!」
とおっしゃることがほとんどでしたが、



こんな動機を持っている子たちの方が
勉強への姿勢が、持っていないこと比較しても
圧倒的にやる気がありました。



ファーストステップとして動機は何でもよいです。

 

 


願書を実際に出すころには、
みんな現実的になり、
最終的にまじめな理由に変わっていました.

 

 

 


進学率が良い。
とか、
指定校推薦が多い。
とか。



なので、お子さんが不純な動機を持っていても、

しばらくは様子を見て応援してあげることを

おススメします!
 

 

きらハートイライラを解消!1日1分の笑顔美人ママ無料講座きらハート
≫無料購読はこちらから

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

クラス替えがきっかけで不登校にならないかな?

新学年になると勉強が難しくなる。ついていけるかな?

新しい学校になじめるかな?

 

 

 

子どものことを考えていると不安で不安で…

考えるのやめようと思っても

つい考えてしまうんです・・・。

 

 

 

 

 

そんなママたちの不安を解消できる

元塾教師でセラピストの白河緑が、

教育現場で延べ1000人のママたちにご提供し大好評の

子どもがもっとママのことを好きになる!

★ビリーフチェンジセラピー★

をご紹介します!

≫お申し込みはこちらから

 

 

 

 

このセラピーを受けた後には、

心がスッキリし、身体が軽くなり安心できるだけでなく

お子さんとどのように関わるべきか方針も立ちます

 

 

 

 

子どもたちはママの心の状態に敏感。

 

ママの不安がお子さんに伝わると、

お子さんを不登校へ導くこともあれば、

受験がうまくいかないといったことも起こりえます。

 

ママの自信が子供の自信になる!

 

だからこそ、あなたに知ってもらいたいセラピーです。≫お申し込みはこちらから

 

 

 

こんな方におススメです

 

チェック子どもが不登校になったことがあり、また不登校にならないか不安

 

チェック新学年、進学で子どもが学校へ行けるか不安

 

チェック今年は受験生。子どもよりも私が不安かも?

 

チェック新学年は勉強が難しくなる。ついて行けるかしら?

 

チェック集団塾に通っていて先生との面談が少なく、子どもの進路が不安。

 

≫お申し込みはこちらから

 

 

 

お客様のご感想

 

SAYUうふふセラピー後、心と身体がすっきりしました。楽になって帰宅の道が来た時とは違うように感じました。

また、緑さんは勉強のお話しも教えてくれるので心強いです。

うちの子にも知ってもらいたいので、緑さんのブログを子どもにも見てもらっています。

 

SAYUニコ2自分をいかに疎かにぞんざいに扱っていたかに気付くことが出来ました。

心がほっとして、何をしても良かったんだ。私は自由にして良かったんだ。って思うことができました。
 

SAYUうふふ心が軽くなり、前よりぐっすり眠れるようにもなりました。取り越し苦労が減ったおかげですね!

 

SAYUニコ2自分に自信が無かった原因が、小学生ごろまでの家庭環境にあったことに気がつき、
ハッとしました。
自分でも気がついていなかったので、謎が解けて楽になりました。

 

 

 

新学年への不安解消セラピー

■日時:随時(完全予約制)
■料金:
・単発 60分 15,000円(メルマガ読者様 10,000円)→メルマガのご登録はこちらから
・継続3回   45,000円(メルマガ読者様 27,000円)

■場所:JR池袋駅西口より徒歩5分の貸会議室(詳細はご予約時にご案内します)
→お申し込みはこちらから

 

 

白河緑ってどんな人?

 

 

 白河 緑

1985年生まれ 東京都在住

元塾教師の心理セラピスト

元塾教師で延べ1000人の子どもたちと親御さんとの関わりで、

子どもたちの不登校・学業不振は、ママの心の状態が影響していることを実感し、

塾の先生としては珍しく、保護者面談ではメンタルケアを取り入れた面談を実施。

その結果、

・不登校が解決した子

・偏差値25UPし、難関私立中学に合格した子

・高校受験生の7割が特待生合格。学費免除!

という結果になる。

 

保護者の方からの評判

「よく話しを聞いてくれる先生」

と、保護者アンケートの回答が8割を占めました。

その結果、口コミでの生徒入塾率が社内1位になるという実績もあります。

塾教師になる前までは、地元の銀行で営業を担当していたのですが、

その時も営業成績は、社内1位をキープ。

「お客様との信頼関係を築き、お客様の気持ちをしっかり聞く」

というのが私のスタイルです。

 

母の不安で不登校になりかけた過去

私の母は優しいのですが完璧主義者。

そして昔からいつも未来への不安からイライラしていました。

そのため、幼少時代から母との信頼関係がありませんでした。

特に、母の不安がエスカレートしたのは私が高校生だった時。

私は母のご機嫌を伺っていたので、対人関係でどんどん自分に自信を無くしました。

そのせいで、

・腸炎

・大量のニキビが顔に発生

・コミュ症・対人恐怖症

・軽いうつ病

になり、

不登校寸前になり、両親と進路の話しがしっかりできず、

成績ががた落ちし、受験失敗。

という経験があります。

あの時、もっと母と何でも話せる仲だったら、

受験もうまくいっていたかも!

という心残りがあります。

なので、不安を抱えているお母さんの不安を解消して、

お母さんにすっきりしてもらいたいと心から思います。

 

子どもがもっとママのことを好きになる

▼▼▼ビリーフチェンジセラピー▼▼▼

https://ws.formzu.net/fgen/S16566651/

 

▼▼▼メルマガのご登録はこちらから▼▼▼

https://www.agentmail.jp/form/h/10061/1/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■□■□■□■□■□■□■□■□■
怒りの感情が生まれる仕組みとは?
■□■□■□■□■□■□■□■□■





人には、心の器と言われる
「第1次感情」というものがあります。


ここには、ネガティブな感情がたまります。

例えば、

不安
つらい
悲しい
嫌だ
疲れた
さみしい
むなしい
嫌だ
疲れた


etc…




これらの感情が器にたくさんたまり、
あふれだしたときに怒りとなって外に放出されます。




 



とってもまじめで優しいママは、
この怒りの感情を出してしまった自分のことを
責めてしまうもの。


そんな時は、自分のことを責めずに
「なんで怒ったんだろう?」
って自分を見てあげてください。


きっと、我慢していたことがたくさんあることに
気が付くことと思います。



この心の器は、
人によってサイズが異なります。



一番怖いのは、
自分は器が大きい(広い)と思っていて、
知らず知らずに体内にストレスをためてしまうこと




私の話しになってしまうのですが、
私は普段、あまりイライラしないのですが、
それはセラピストなので、
自分の心を操れていることも1つの理由ではありますが、

 

 


知らず知らずのうちに体内に
ストレスをためているようで、
腰がとっても冷えることがあります。




そんな時は、
「最近、なにを我慢していたかな?」
って考えてみます。



そうすると、
「何でも受け入れすぎていたな~。」
とか、
「理想が高くなりすぎて頑張りすぎてたな~。」

っていうことが見つかることもあります。



心の器があふれ出しそうなママさん。
ちょっと心をのぞいてみて、
1つ無理していることをやめてみるのも
時にはよいかもしれませんハート

 

 

 

 

きらハートイライラを解消!1日1分の笑顔美人ママ無料講座きらハート
≫無料購読はこちらから

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■□■□■□■□■□■□■□

 なぜイライラするのか?

■□■□■□■□■□■□■□


子ども思いなママのための

イライラ解消をナビゲートする白河緑です。



「なぜ毎日イライラするのかな?」
「どうして子どもにこんなにイライラするの?」
「毎日怒ってばかり。なんでだろう?」


って思うことありませんか?

 

 



例えば、とっても良いことがあった日の帰り道。
向こう側から歩きスマホをしながら歩いてくる人に
ぶつかられたとします。


きっと、あなたはそのことを

笑って許せるかもしれません。


一方で、
仕事でとっても嫌なことがあって落ち込んでいる帰り道。
向こう側から歩きスマホをしながら歩いてくる人に
ぶつかられたら
あなたはどう思うでしょう?


とってもイライラするかもしれません。



この違いは一体何だと思いますか?




イライラする原因は、そのときのあなたのその状態に
左右されるということです。




私もこんな経験あります。


少し疲れているときに、
満員電車でマナーのない人がいたら
とってもイライラします。


ところが元気な時は、
マナー違反の人がいても、
「あああ、まーね!」
って心広くして見ることができます。




私の場合の、少し疲れているときっていうのは、
睡眠不足だったり、家族のサポートに疲れたり
ってことが大半です。


そうなると、たくさん睡眠をとったり、

家族のサポートを一時的に

任せたりするようにしています。

 

 

簡単に言うと、

反対の行動をとる

ようにしています。



もし今イライラしている方がいたら、
その原因は何だと思いますか?


もし見つかれば、その原因を解決するためには
どうしたらよいでしょう?

 

 

1つ見つけたら

少し意識してみてください。

楽になるかもしれません。


 

きらハートイライラを解消!笑顔美人ママ無料講座きらハート
≫無料購読はこちらから

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

~ごあいさつ~

はじめまして、白河緑です。

 

イライラを解消!

子どもを思うがゆえに「言いすぎてしまう」を

「落ち着いて伝えれる」ようになる

ソフトマインドプランナーです。

 

落ち着いた雰囲気に見ていただくことが多いのですが、

学生時代は、バドミントンで県代表になり、中学・高校ではキャプテンを務めるといった

とっても元気でアグレッシブな性格でした。

その気質は時々顔を出すこともあります。

 

 

 

2007年に

大学卒業後、地元の銀行に就職しビジネスの基本について学ぶ。

23歳で婚期が訪れたものの、キャリアウーマンに憧れて自分磨きに励む。

営業担当になり、全国地銀研修でマインドの大切さを知ってから

営業に必要なスキル(メンタルトレーニング・話し方など)を独学で勉強する。

人の話しを聞くのが得意という強みを活かして『聞く営業スタイル』を取り入れたところ、

営業成績社内1位をキープするようになる。

 

 

2012年に

営業担当になって自分を変えたことから心理学に関心を持ち、

もっと知識を深めようと都会の企業へ転職を決心。

小学生のころからなんとなく夢に見ていた『独立』をかなえるために、

『塾業界』に転職し、経営と指導の両方を学び始める。

入社してすぐに、生徒集客数が社内1位に。

その後も口コミからの集客と売り上げが社内1位~3位をキープ。

 

先生として、子どもたちの学習指導と進路指導をするうちに、

子どもたちの「やる気」は心の状態に影響されることを実感。

休日にセラピー取得をスタートし、

それから子どもたちと親御さんにメンタルケアを取り入れた面談を実施するようになる。

その結果、

・偏差値25UPした子

・中3生の7割が私立高校へ特待生合格・学費免除

・不登校の解決

へ導く。

 

保護者アンケートでの結果は、

「よく話しを聞いてくれる先生」という回答が8割を占め、

教室成長率が社内1位になる。

 

2015年に

独立の舞台を東京にすることを決心し、東京の塾業界へ転職。

その会社で、教育業界の著名人とお会いする機会が増え、

子育てコーチングを学び始める。

この会社でも生徒成績UP率社内1位を獲得。

 

2016年に

サラリーマンをしながらセラピストとして活動を開始。

お世話になったセラピーの先生のサロンでワークショップを開催。

 

2017年12月末

2年間思い続けた、師である長瀬葉弓さんの門下生となる。

イライラ解消の専門家として究めています。

 

 

<セラピストになったもう1つの背景~友人の心の病~>

 

2013年に友人が心の病になり3年間サポートし、退院へ導きました。

友人の心の病の原因は、1つではありませんが基盤となっていたのは

「親子関係」でした。

子どもを思うがゆえに「言いすぎてしまう」ことが友人の可能性を狭め

友人は、自分の人生を自分の意志で歩めていなかったのです。

だからこそ、わたしは子どもの可能性を広げれる子育てについて伝えたいのです。

 

《趣味》

ヨガ

カフェ巡り

温泉

 

 

《保有資格》

日本NLP協会NLPプラクティショナー

全米NLP協会NLPプラクティショナー

LABプロファイルプラクティショナー取得

コーチング・カウンセリング1級取得

マザーカレッジ アドバンス修了

ビリーフチェンジセラピー(山崎啓支さん)取得

ビリーフチェンジセラピー(一般社団法人日本セラピスト協会)取得

霊気ヒーリングレベル3

シータヒーリング基礎・応用・アナトミー

シータヒーリングソウルメイト

中高教員免許

証券外務員Ⅱ種

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

つい子どもに完璧を求めて言いすぎてしまう。
この癖ダメだってわかってるけど
やっぱり心配だし
子どもはしっかり育てたいし…。



怒りすぎは危険ですが、
怒ることも大切。

怒られるのが嫌な人と怒られてもよい人
というものが人にはあるようで、
『怒られたい芸能人ランキング10位』

にランキングしたのは、この人!
あの毒舌で有名な方。




その理由は一体なんでなんでしょう?
明日10時配信予定
『誰よりも子ども思いのママへのレター』
https://www.agentmail.jp/form/h/10061/1/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

白河緑です。

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

メイク・ザ・シンデレラの個人セッションを受けてくださった

30代の美子さん。

 

「彼に思っていることが言えない」

 

ということで、ご相談くださいました。

 

 

 

 

 

付き合ってる人といつもうまくいかない・・・。

言いたいことが言えなくて…。

 

というご相談をしてくださったのですが、

それは、幼少時代の親子関係に原因がありました。

 

小さいときに、

お母さんに叱られると何も言い返すことができず、

話しを終わらせようと無難な行動に出ていたそうです。

 

「言っても伝わらないだろうな・・・」

 

そんな思い込みが

今の恋愛に影響しているそうで、

これまで誰とお付き合いしても

思っていることが言えないままの関係だったそうです。

 

 

では、美子さんのご感想です

 

 

 

 

 

------------------ここから---------------------------------

①メイク・ザ・シンデレラセラピーの感想


自分の過去を振り返って、
その時の気持ちや状況を思い出すことによって、
今の自分ができてるんだなぁーって感じました。
その時の自分に声をかけてあげる、
癒してあげる、
それを自分の心の中に入れる、
不思議な感じはしたけど、
なんかもう1人の自分が入ったような気がしました。


②セラピー後の変化

少しずつなら言ってみようかなー
と思うようになれました。
あとは自己主張もする、
ってところ、
自分を持つってとこを
大切にしたいなと思いました。

 

------------------ここまで---------------------------------

 

 

 

とのご感想をいただきました。

 

 

メイク・ザ・シンデレラは1週間後に、さらに

自然に変化が起きていることを実感できる

セッションです。

 

美子さんの今後の変化、

楽しみにしています。

 

 

 

【メイク・ザ・シンデレラお申込み】

右PC・スマートフォン用お申し込みはこちらから

 

【メイク・ザ・シンデレラ個別セッションについて】

右セラピーの内容について

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あんたのお母さんやめるから!






{3CBB6A05-2521-4FA0-B77E-942273490CD5}




私が社会人になったばかりの母の日、
会社の同期とバーベキューをした帰りに
少し高いシュークリームを買って帰り
夕食の支度をしている母のいる台所へ向かい
シュークリームを渡したところ





「あんたのお母さんやめるから!」



と、突然叱られ







と5秒ほど思考停止した私。







リビングにいた父が、
(あぁ〜やっちゃったよ。。)
というような表情で静かにテレビを見ている。





何が起きたかさっぱりわからなかった私は





「お母さん何あったん?」





と母に聞いてみると
ますますエスカレートして




「本当にね、あんたに
今までどれだけやってやったと思って!」






って怒りが収まらない様子。






母の日に、シュークリームを買って帰って
お母さんやめるって言われて、
最初は
「シュークリームじゃ足りないのかな?」
なんてのんきなことも頭をよぎりましたが


(んなわけないな〜。あぁーいつものね!)



と私も事態が何となく掴め、
私は、苛立ちが抑えられなくなり
母のために買ったはずのシュークリームの箱を
投げつけたところ…





空中に舞うシュークリームとカスタード…





白い壁には、
新しいクリーム色のデザインが入り
リビングは、今までとは別世界に。







母の怒りが収まらず、
私のことを叩こうとしてきたので、



「叩きたかったら叩けば!



私、家出て行くからもういいよ。」





と冷静に言ったところ、母が



「お母さんが出て行くわよ!」






とのこと。
もう、まともに相手にするのが
バカバカしくなって



「出て行ってくれるんだー!じゃあ出てってよ!どうぞどうぞ!」



って言い…(ってダチョウ倶楽部かい!?)




母は、車に乗って家を出て行きました。





その後、父が私のことをを気遣い…
(登場遅いっ!)



「緑が帰ってくる前から、ずっと緑の文句言ってたよ。〇〇××…。」



って。




何でこうなったかというと、
母が、仕事のことで悩んでいたので、
母の肩を持たずに、

 

「もっとこうしたら?そんなことしたら
また〇〇さんに××って言われるかもしれないから
お母さんが⚫︎⚫︎するべきだよ。」




と、他責ではなく自責で考えるよう促した
ことが、母としたら
“自分のことを否定された”
という解釈になったらしく
日々のストレスと私への怒りが合体して
爆発したことがわかりました。





その後、自然と仲直りはしたけれど、
私の恋愛に口出しされたことから
私も関わりたくなくなり
5年に渡る、母と娘の冷戦が始まりました。





私が一方的に口をきかなくなったのです。
1つ屋根の下に暮らしながら
私は話すことを絶ったのです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。