こんばんはカナヘイピスケ


ここ半年の中でも一番体温が低いんじゃないかという程、平熱まで下がりました❗

(ずーっと微熱があったので、体温計が壊れてるのかと思っていましたが)

水木金と別室に隔離されてるので、もう曜日感覚がありません。テレビが見たい……。


同じく、年末に筋緊張頭痛で寝込み、年始も極力自宅で療養生活をしていた私。

その間に、おこげとそれはもう仲良くなることに成功したのですカナヘイ花カナヘイうさぎカナヘイ花



先月は特に、おこげはストレスのピークだったように思います。

あまりゲージから出してあげられず、発情期も重なったのかよくゲージをガジガジしていました。

そんなタイミングで、脱走なんてしてしまうものだから(ごはんをあげる時にサッと出ていってしまう)、
捕まった時に、まぁ反抗するわ噛むわ暴れるわ……


クリスマス付近は両手こんな感じになってましたゲロー


おこげも少しずつ大人になって、自己表現するようになったんですよー!あしあと

とポジティブに言ってますが、これが犬とか猫なら泣いて震えてましたね。
ガルル!!とかシャアア!!なんて飛びかかられたらもう……滝汗

チンチラは怒っても『ブブッ!!』と鼻で鳴く程度なので、可愛いと思えてしまう私なのです。

いやでも、写真の人差し指はストレートに深く噛まれたから、かなり痛かった……
包丁で切ったときみたいにドクドク言って血が出たからね……ガーン



こちらも申し訳なさを感じ、一度きちんと時間を作りおこげを広い部屋で遊ばせたのでした。

そのかいあってか、おこげは一旦穏やかになり、こちらも年末休みに入りお互い余裕ができたのが救いでした。
(ここで最初の話に戻りますつながる花1つながる花2とびだすピスケ1つながる花1)


家でボーッとしてるときはいつもゲージの近くに居たので、たくさんおこげに話しかけ。


『なぁに??』


おこげの喜ぶポイントを、ひたすらマッサージしてあげ。

『もうちょい上だって何度教えたら分かるんや……』


なでなでしまくって、同じ目線でお昼寝して、とにかく一緒に過ごしました。



意外とこの子は、構って欲しかったのかもしれません。
撫でてもらいに来たりもするので、ハッとさせられました。

このお休みは(特に主人も休みでみんなでゆっくりしているときは)本当に楽しそうにしていました。


さらに年末年始、暖かかったのが有り難い晴れ

家にいる分、光を調節できたので、午前中はおこげに日光が当たるようにカーテンを開けてみたりしました。

おこげは基本夕方までおネムなので、ぽかぽか日差しを浴びながらうつらうつらする姿はなんとも可愛かったですラブカナヘイハート


あぁ愛おしい……ハートハートハート



…………という順調な年明けでしたが!

この3日間まったく顔を見せなかっただけで、
私とのことがなかったかのように他人行儀になっていました。。

今日も私の手をするりとすり抜け、主人の膝に乗っていきましたよ。。

前途多難……ぐすん



と私目線で書いてしまいましたが、
実際はおこげやハムちゃんに救われてるのは私の方で。

仕事に追われるだけの生活だったら、身体や精神を壊してもそれを癒すものがなかったら、どうなっていただろうと考えてしまいます。


なんかよくわからないブログになってしまいましたが、
おこげ、ケンカしながらこれからも一緒にやってこうねとびだすピスケ2

半年ぶりです*

テーマ:
お久し振りです‼とびだすうさぎ2


夏から全く更新できていない……というより、ちょっとブログから離れておりました。

皆様のは覗かせて頂いているのですが、まるで自分に余裕がなくてえーん

そのくせ完璧主義なので、『書かなきゃ書かなきゃ』なんて思って自分の首を絞める時期もあり、思い切って身の回りのものを削りまくったのです。


なぜ急にまた戻ってきたかって?そりゃああなた……



インフルエンザになってしまったからですよ(  ;∀;)カナヘイびっくり


まさかの……まさかの……ですよ。


こんなにも生活を犠牲にして仕事に尽くしてる自分に、
『仕事に行ってはいけない』状況が生まれるとは。

ちなみに年末年始も寝込んでたんですけど……ショックなうさぎ

健康診断もひっかかったし、今年度体調悪すぎ……ショックなうさぎ


でも上司に言われたのです。
『あなたは、こういうことでもなければちゃんと休まないから。ゆっくりしてね。』と。。。


申し訳ないですが、ゆっくり休ませて頂きますゲホゲホ


発症から2日たち、ピークを越え、だいぶ楽になってきて今に至りますハリネズミ



我が家の近況はと言いますと。


フランはさらに小さくなりましたが、食欲は増したようで、
以前まで残していたペレットもきれいに食べるようになりましたカナヘイピスケカナヘイきらきら

変わらずこたつを愛用していますよカナヘイ花



アールは順調にモチプヨに育ち、プディングの肥満遺伝子を受け継いでいます。

何の不安もなかったはずが、耳に乳頭腫ができてしまい、つい先日病院に行って来ました。


皮肉にも、プディングのラテと同じ病気、同じ左耳。

私にはラテの闘病がトラウマにもなっているので、すぐ受診したのですが、麻酔のリスクを考えるとまだ手術には早い……という見解でした。

ラテのように掻いてしまって出血多量になってからでは遅いと主張し、先生も私の希望を尊重してくれました。

ただ、ラテは結果的に成功したけれど、麻酔のリスクは高いし、
再発の多い病気だから薬で進行を止める方法を試してからの方がアールの為だと理解し、まずはお薬生活を始めることに。

感情ではなく冷静に。
ラテから学んだこと、絶対無駄にしないからね。


アールは普段からおおらかな性格だからか、耳をそんなに触っていないようです。だからまだ出血もないし、かさぶたも大きくなってはいません。

念のため爪も切ってもらったのですが、びっくりするくらい大人しく、見本のように切られていく光景に私もびっくり!!カナヘイびっくり


『こんなにお利口な子、めったにいないですよ~』

と誉めてもらいましたカナヘイうさぎカナヘイハート

うちの子は先生に迷惑ばっかりかけてきたので、こんな鼻高々な診察は初めてでしたカナヘイきらきら


ちなみに、その日は待合室で小さな女の子が話しかけてきたのでアールを見せてあげたのですが……


寝ぼけていても、女の子が食べさせたオヤツ(私が持たせてあげた)をすんなり食べ、

やや強引にツンツンなでなでを繰り返す中でも、彼は眠っていきました。
(噛むんじゃないかとヒヤヒヤでしたあせる)

『この子可愛い!この子飼いたい!』

と言ってもらえ、こちらも鼻高々てへぺろうさぎカナヘイきらきら


どうかアールに苦しい思いをさせずに済みますように……と祈るばかりです。


以上でうちの子たち……って、まだ大物がいましたね。


おこげ、大きくなりました。
(この写真お気に入りですカナヘイハート)

彼との毎日は書ききれないほどコメディでサスペンスでドラマチックなので、もう何と言ったらいいか……無気力ピスケ←疲れてる

やはりハムちゃんと比べると賢いので、振り回されまくっております。この写真だとしおらしく見えますが、とんでもなくわがままですショックなうさぎ


変わらない事実として、おこげは私より主人の方が好きということ。。ショックなうさぎ(ダレガセワシテルンヤ)


でも可愛い!
ちょっと心を許してもらえたような気がすると、一気に骨抜きに!!笑

また書かせていただきますカナヘイキャンティ



相変わらず、平和な我が家ですてへぺろうさぎ

インフルエンザから復帰しても、続けられるよう頑張ります気合いピスケカナヘイ花


今年も皆様と皆様のペットちゃんたちにとって良い1年になりますように。
どうぞよろしくお願いしますハートむらさき音符

ベイビーズよ永遠に*

テーマ:
ジンジャーの件についてのたくさんの温かいメッセージ、ありがとうございました。

とてもとても救われました。
ジンジャーも喜んでいると思います。


ジンジャーがお骨になって帰ってきたのですが、骨壺が……でかい。。

左がジンジャー。(ぼかしてあります)

この会社はサービス?お気遣い?がすごいので、わざわざワンランクアップしたものを下さったのですが……完全に犬猫サイズです。
頂いた時は『うそやろ』と思ってしまいました。笑


ジンジャーの右にある骨壺ですが、
ご報告が遅れましたが、実はチャイも23日に亡くなってしまいました。。

なんでなんチャイちゃん……(´;ω;`)


ジンジャーが亡くなってすぐ、急に弱ってしまって……
急に目やにか何かで片目も塞がりつつあって、ふらふらになって……

ジンジャーを見送ってくれたのかな?
追って行ったのかな?


葬儀やさんも、『動物は人間以上に本能で動いてるからね、寂しくなっちゃったのかな……』とおっしゃっていました。

『一番寂しいのはお母さん(私)だよね……』と声をかけていただいて、実感ないのに涙(;-;)



いつも少しの物音でも起きてきて、まっすぐ私の方に走ってきてくれたチャイ。

朝も一番に起きますよ!


線の細い子でしたが、一時期は一番メタボってた時もあったチャイ。

体重が減ってミルクに切り替えた時はそれこそ覚悟しましたが、
そこからまた食欲復活して、生命力に溢れてました。


小さい頃の写真ははぐちゃん(ママ)そっくり。



ベイビーズの中で一番繊細で、一番弱そうに見えて、一番長生きしてくれました。

セピア、はぐ、
全員そっちに行きましたよ。よろしくお願いしますね。

(当時恒例だった、夜の大バーゲン。
チャイはなかなか輪に入れなかった)

この子たちが産まれて、賑やかになって、
毎日成長したりいろんな表情をするのを見るのがどれだけ幸せだったか……。
主人も私も、沢山笑顔をもらいました。
ただただ、感謝しかないです。



ジンジャー(左)とチャイ(右)。


寂しくないように、二人が天国で会えていますように。


頑張ってくれて、一緒にいてくれて、
ありがとう。
またどこかで、きっと会おうね。
安らかに眠ってくれますように。。。