小さな癒しサロンのふんわり福来るブログ

小さな癒しサロンのふんわり福来るブログ

世界は自分のイマジンが作ってる。ふんわり幸せイマジンで世界ともっと仲良しになりましょ!(^^)!

暮らしを軽やかに。

行動認知療法のお話⑥

 

==========

 

<レッテル>とはラベルのこと。

商品などに貼りつける、しるしのことです。

 

<レッテル貼り>とは、

人物や物事に、

一方的で断定的な

単純評価をつけることで、

主に悪い意味で使われます。

 

 

「パワハラ上司」

「意地悪な人」

「頭の悪いヤツ」

 

そんな感じです。

 

人や物事には

複雑な多様性があるもの。

 

それを無視して、

単純な悪意のラベルを貼ってしまうことには

十分気を付けた方が良いです。

 

 

==========

 

 

==========

 

人は事実そのものではなく、

自分の信じたいことを

信じる傾向があります。

 

 

決めつけてしまうと、

それを立証するような事実しか見なくなります。

 

反証するような事実があっても、

それは無視するか、

悪いように書き換えます。

 

 

 

そうすると、

どんどん相手が嫌いになって、

悪意のループにはまり、

こころがどんどん重くなっていきます。

 

==========

 

「人を呪わば穴ふたつ」

という言葉がありますが、

この「穴」とは墓穴のことです。

 

どういう意味かわかりますか?

 

「相手の墓穴」

「自分の墓穴」

です。

 

相手を恨んで呪ったりすると、

相手の命運だけでなく

自分の命運まで尽きていくんだよ、

という格言ですね。

 

==========

 

 

※行動認知療法とは全く関係ありません。箸休めの思い出話です。

 

==========

 

<レッテル貼り>

に似た言葉で、

<ラベリング>

というのがあります。

 

 

<レッテル貼り>が

主に悪い意味での

相手の格付けに使われるのに対して、

 

<ラベリング>は

主に良い方向に

相手の心理を動かすテクニックとして使われます。

 

ネガティブなラベルを貼ってしまうと、

どんどん悪意が加速しますが、

ポジティブなラベルを

意識的に貼っていくのです。

 

 

「理解も思いやりもあるあなたのような上司の部下になれて、本当に幸せです。」

ラベルをペタ。

「あなたは細やかな心使いのできる素敵な方ですね。」

ラベルをペタ。

「お前やればできるやつだな。スゴイな、見直したよ。」

ラベルをペタ。

 

 

ポジティブで嬉しい言葉のラベルは

どんどん貼ったほうが良いです。

それは相手にも自分にも

暗示をかける効果があります。

 

 

わたしたちは、

ついつい不満や不平を表現してしまいがちですが、

「こうだったら嬉しい」を表現した方が

物事はずっと上手く運びます。

 

 

 

ネガティブな<レッテル>を

相手や自分に<貼る>のはやめて、

 

ポジティブな<ラベリング>

を心がけていくと、

人生は確実に

軽やかなものに変わっていきますよ。

 

 

==========

 

次回は

<やめると心が軽くなる10の考えぐせ陸ノ型【心のフィルター】>

です。

 

==========

 

「軽くする」をテーマに書かせていただいております。

 

⇒心身共に軽くなりたい方はこちらから癒しサロンへ入れます。

 

ーーーーーーーーーー

 

みなさまの

体質改善と

脳質改善を

応援しています^^

 

 

 

アロマセラピーサロン精油の癒し「I am.」

 

 

福来 かおり