お湯アナ渡部郁子の湯むりえ日記 ~ぬる湯のすすめ~

お湯アナ渡部郁子の湯むりえ日記 ~ぬる湯のすすめ~

ラジオDJで温泉ソムリエ、渡部郁子のつれづれ日記です。
お気に入りの「ぬる湯」を中心に、山、アウトドア、音楽、旅行、イベント、映画紹介など、日々気になった情報を掲載・・・
最近は、育児記録としても活用中です。お好きなところだけどうぞ☆


テーマ:

今年4月に取材したユナイテッド・グアムマラソンを

以下の媒体で公開しました。

■ラジオ
アウトドア番組「JOYFUL LIFE」
JFN系全国17局ネット
(青森・岩手・秋田・長野・富山・石川・福井・岐阜・三重・山陰・山口・香川・徳島・高知・大分・鹿児島・沖縄)
毎週日曜日10:55~11:00
3/11放送 ユナイテッド・グアムマラソンで一緒に走りませんか?
5/20放送 ユナイテッド・グアムマラソン参加レポ&シューズインプレ
5/27放送 ユナイテッド・グアムマラソン参加レポ&タイツインプレ

■WEB
◎BE-PAL.net 海外旅行
20180424 親子で走ろう!1
20180501 親子で走ろう!2
20180508 親子で走ろう!3
20180515 親子で走ろう!4
親子で走ろう!5…公開中

◎オリコンニュース
親子で走ろう1
親子で走ろう2
親子で走ろう3
親子で走ろう4

◎アンテナ(親子向け情報サイト)
親子で走ろう1
親子で走ろう2
親子で走ろう3
親子で走ろう4

■事前紹介
・サンキュ!(20180228)親子ランの紹介
・アンテナ(20180228)サンキュ!から転載
・LINEニュース(20180228)サンキュ!から転載

そのほか、ギア記事をいくつか準備中。
忘備録としてメモ。

テーマ:

子育てに関するお話。

 

もう長いこと困っていることについて。

日本の洋式トイレで「流す」方法が統一されていないこと、

不便に感じている人、他にもいませんか?

 

20年前は、和式と同様、

ほとんどが背面タンクの横に流すレバーがついていて、

それはそれで、奥にあるから押しにくかったりもしたわけですが、

今は、それぞれのトイレが多様化しすぎて、

一見して、流しかたがわからないトイレが多すぎる!!

 

私はいいんですよ、

子どもがね。

6歳になった息子が、外出時にトイレに行くときに、

ひとりで行くと流しかたがわからないわけですよ。

だから、毎回トイレにつきあわなければならない。

子どもだって本当は、一人でトイレ行きたいですよ、きっと。

 

なんでこんなに、わかりにくいんだろう。

なんでこんなに、使う人のことを考えずに多様化しちゃったんでしょう?

 

特にわかりにくいのが、

温水洗浄パネルの上部に「大」「小」と小さく書いてあるタイプ。

あれはやめてほしい。

私でも探せないときがある。

前の人が流していないのを発見して、探せなかったんだなーと同情してしまう。

あのタイプ、外国の方もきっとわからないでしょう。

 

一番わかりやすくて押しやすいのは、大きなボタンタイプ。

ボタンタイプの場合、間違えて緊急ボタンを押してしまう人もいるから、

水が流れるイラストが書かれているのがベストだけど、

なかなかそういうものがないのが残念。

 

 

写真タイプはすごく惜しいと思う。

右下の、イラストとボタンだけならとてもわかりやすいのに、

ほかの案内もごちゃごちゃと掲示してあるため、

ボタンが埋もれてしまっている。

 

以前、駅で調査したとき、あとから張り付けた掲示が多すぎて、

見るべきサイン(このときはエレベーターのサインを探していた)

を見つけられない、ということが多々ありました。

 

よく考えて見れば、日本ではそういうことが往々にして起こっていて、

街の中には案内の看板もあふれているけど、案内の音もあふれていて、

案内している音が重なって結局案内がわからなかったりする。

エスカレーターで、「黄色い線の内側に~」とかの案内を、

ずーっと流し続けることに、果たして効果があるんでしょうか?

街がうるさいと感じるのも、私だけでしょうか。

 

話がそれたので、トイレ問題に戻ります。

今までの、タンク横のレバーが押しにくいから、

それを改善しようとしていろんなタイプが出てきたのはいいのですが、

そろそろ統一する方向に進んでほしい。

統一できないなら、公共のトイレはわかりやすさ優先で、

レバータイプに戻してもいいとすら思う。

 

私はそれほどいろんな国に行く機会はありませんが、

海外で、トイレの流しかたに戸惑った経験がありません。

そういう意味で、今の日本のトイレの現状は、

「流す」や「大」が読めない人にとって、カオスでしょう。

 

ベビーカー調査もあり、2017年度は数え切れないほどの

トイレをチェックしました。2018年も、もう少しトイレを巡ります。

 

トイレの流しかたが、わかりやすい方式で一刻も早く

統一されますように。

外でも安心して子どもを一人でトイレに行かせられる

日本になりますように。

 

せっかく治安がよくて、トイレの整備も進んでいて、

快適なトイレが多いのに、流しかたがわかりづらいのは

もったいないですよね。

 

 

 


テーマ:

4月のユナイテッド・グアムマラソンから1か月。

無事にハーフの21kを走り終えたものの、その後1週間は

筋肉痛と戦いながら、本格アウトドアシーズンを迎えて

精力的にトレッキングや温泉めぐりに取り組んでいます。

 

マラソンの記事はBE-PALでシリーズ展開が始まりました。

親子でグアムマラソン①

https://www.bepal.net/trip/overseas/46266 

親子でグアムマラソン②

https://www.bepal.net/trip/overseas/46281 

 

今日は、ベイエフエムの「Power Bay Morning」金曜日に

ゲストにお呼びいただき、GWのアウトドアの楽しみかたについて

お話してきました。

http://web.bayfm.jp/pbmorning/

 

MCはドーキンズ英里奈さん。ドキンちゃん、とてもキュート!!

 

 

番組内では、残りのGWの楽しみかたということで、近場で遊ぼうとお伝えしてきました。


庭があるなら、庭でテント。

公園があれば、公園で花摘み、虫探し。


アドバイスにもなんにもなってませんが…

この季節はどこにいても自然が美しい!

残念ながら我が家には庭がないので、

庭があったらテント張るのになあ、と妄想を膨らませながら。


庭はないけどベランダならある。

それなら寝袋でベランダで寝てみよう。

それだけでも、けっこうドキドキ体験になりますよ。

そしてその体験は、生きる力になる。


今後のアウトドアブームは?という話になって、

まだしばらく「グランピング」ブームが続くでしょうね、

とコメントして終わりましたが、

もうひとつ個人的に注目しているのが

キャンピングカーブームです。

 

個人的に、2016年を「レンタルキャンピングカー元年」と

定義しています。この2年でレンタルキャンピングカー

市場は急速に広がり、全国で手軽に利用できるように

なりました。

 

手軽に購入できる軽キャンパーの種類も増えてきたので、

車をおしゃれに装飾して、小さな車で移動を楽しむ女子が

増えてくるのではないかと思います。

 

グランピングブームで、道具を持たなくてもキャンプを

楽しめるインフラが整ってきました。今までは、テントを建てたり

料理の準備をするだけでヘトヘトになっていたキャンプに、

装飾を楽しむ余裕を生み出しました。

 

テントを建てることが楽しい、というう人ももちろんいますが、

そう思えない人たちもいるわけで、テントは建てたくないけど

テントで寝てみたい、外で過ごすのはきもちいいよね、という

人たちもアウトドアを楽しめるようになり、

さらに、もっとおしゃれに、おいしく快適に、丁寧にキャンプを

過ごす、アウトドアの新たな入り口が開かれたわけです。

 

それに加えて、高価でなかなか手の届かなかった

キャンピングカーが安価でレンタルできるようになり、

手の届く金額で買える小さなキャンピングカーが

増えてきました。

 

キャンピングカー市場は年々数字を伸ばしていますが、

2020年頃には大きなキャンピングカーブームが

来ると思いますよ。

 

さて、ではまた旅に行ってきます。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス