RanbunNote アメブロ版

RanbunNote アメブロ版

飯野トシユキのブログです

ご訪問いただき、ありがとうございます。

アメブロ読者様、常に募集中です。
無言申請でもOKですが、相互を希望の方はメッセージにてお伝えください。
是非よろしくお願いしますm(_ _)m

テーマ:
幸せ痩せというやつでしょうか。
結婚当時は78キロあった体重が、2年経過した現在は68キロと約10㎏も体重が落ちました。
それも、特にダイエットを意識して体重を減らしたわけでもなく、気がついたら痩せていった感じです。
一体何が痩せる要因になったのか、ちょっと書き出してみようと思います。

■結婚によるストレスか?
確かに独身の頃と違って、結婚後は妻と生活を共にする訳ですから、そこに考え方の違いや習慣の違いなど様々なすれ違いが生じるのは必至です。

それ故に、独身時代は自由に出来てた事が制限されたり、逆にやらなければならない事が出来たりと、色々と時間の使い方も変化していきます。

これに極度のストレスを感じる人もいれば、逆にほとんどストレスを感じず日々をこなせる人もいるでしょう。
僕の場合はそれほど大きなストレスは感じていない方で、独身時代も楽しかったけど、結婚後の生活もそれはそれで楽しんでいる感じです。

なので、僕の場合はストレスで痩せるという病的な痩せ方はしてないと思います。

■食生活が変わった
実は実家暮らしの独身時代に、一度体重が80キロ後半まで増え、さすがにこれはヤバいと意識的に食事制限をしたりウォーキングしたりして体重を落としました。

その時も現在と同じくらいの67キロぐらいまで落としたのですが、結局それ以降徐々に続かなくなり、リバウンドではないですが緩やかにまた体重が増えてしまいました。

意識的に食事制限をしていた時は、自分でも続けられるようガチガチな制限ではなく、夕食をキャベツだけにする以外は普通に食べるなどして減量に成功したものの、やはり夕食をキャベツだけというのも長く続けて行くのはなかなか大変でした。

結婚後は妻の手料理が中心ですが、実家暮らしの時と違うのは、油を使った料理が少なくなった事と、おかずの量や品数が適量になった事です。

実家暮らしの時は、ご飯に合わせたおかずが何品も出てくる事が多かったので、それに合わせてついつい食べ過ぎてしまってました。

妻との生活ではそれが無くなったので、お腹に丁度良い感じの量で食事が出来るようになりました。

体重が減った要因としては、これが大きいでしょうね。

■食べ過ぎなければ必要以上に体重は増えない
まぁ結局、食べ過ぎさえしなければ体重はその人の標準値に合っていくものなんですね。

だけど少し街中に出ると美味しそうな食べ物がそこら中に売ってるので、この誘惑に負けてついつい無駄に食べてしまうんですね。
かつての僕も、そういう買い食いが好きだったので、そのちょっとずつの間食が体重増加の一因でもありました。

最近は歳のせいもあってか、スナック菓子もあまり手を出さなくなりました。
特にポテチ系は、食べた後の油がお腹に溜まってる感じが気持ち悪く思うようになり、ほとんど自分で買う事がなくなりました。

つまり、僕の場合は妻の出す適量のご飯と、自らの間食が減った事で、体重は標準値に戻って行ってるのだと考えられます。

特にダイエットらしさも意識せず、麺類にご飯やパンなど炭水化物も普通に食べてるし、外食もする時はガッツリ食べてるのですが、普段の食生活が少し変わっただけで、このような減量に繋がっているのだと思いますね。

理想的な痩せ方じゃないでしょうか。
ホント妻に感謝ですね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス