ピラテっさんへようこそ

ピラテっさんへようこそ

~湘南 茅ヶ崎のピラティス番長 松本いずみの ゆるゆるムキムキ日記

ピラテっさんHP http://pilatessan.wp.xdomain.jp/
NEW !
テーマ:
茅ヶ崎のピラティススタジオピラテっさんです。
こんにちは〜ウシシ


ピラテっさん辻堂店には、日曜だと言うのに、素敵な生徒さんたちが、あっちこっちからやってきます。

鎌倉、横浜、寒川、茅ヶ崎市内。

いやぁ〜有難い笑い泣き


午後からは、ストレッチーズのトレーニングコース修了者向けの、ブラッシュアップ勉強会を。

キャンセルがあり、まさかのマンツーマンになってしまって、地獄の猛特訓。笑(ウソウソ)


ちょっと画的には寂しい感じですが、私は大好きなマイさんと一緒で楽しい〜ラブ爆笑ラブ

好きすぎるゆえ、勉強会はちゃんとしましたが、関係ない話しをしたくてしょうがないワタクシ。


とっても素敵な方なんです〜うふうふ

可愛いフリして、おっとこ前のマイさんグラサン
最近、大尊敬の美枝パイセンのマットピラティスの養成コースの試験に合格されたそうで、嬉しい報告でした。


さて、本題の今回のブラッシュアップ勉強会では、「体が硬い人、柔らかい人へのアプローチ」として、ストレッチーズをより効果的に使ってもらうための観察眼を養ってもらおう〜という感じをテーマに致しました。


前回も、SPTの仲間には、テーマが難しすぎる、と言われましたが、今回は更に難しかったかと思います。

ピラティスのインストラクターだったらわかるような話だとは思うのですが、でも知らないといつか困る時が来るよ、とも思うような話で。


体が硬いとは
体が柔らかいとは


柔らかい人はストレッチは要らない?


では、柔らかいのに、どうして痛いの?


世間的には柔らかい方がいいというのは、どうなのか?


などなど。


そして、最後は、ストレッチーズのクラスの組み立て方の基準となる、要素などを踏まえて、ミニレッスンをしてもらいました。

↑基準の要素は、すごくわかりやすいと思うので、また使おう〜っと。











テーマ:

茅ヶ崎のピラティススタジオピラテっさんの松本いずみです。


月に2回訪問レッスンに行っている、ネオサミット茅ヶ崎さんでは、椅子を使ったピラティス(のびのび運動というネーミング)をさせていただいています。

介護予防運動指導員の講座が終了して、更に色々学んだ上でのレッスンは、基本的には今までと変わりはありませんが、負荷の限度などは少し変わりました。

優しくなったのではなく、もっと負荷をかける方へです。

方法としては、回数を増やしたり、静止の時間を長くしたり、といった感じです。

今どきの介護予防運動は、お年寄りなので、優しく、という認識ではないのですね。

もちろん、顔色などを伺いながら進めていますが、こちらの方は、とにかく体力が有り余っているように思います。

ご飯の支度も、なんなら掃除や洗濯だって、しなくたって良いような環境(住居型なので)。
中には、食事もお風呂も掃除も洗濯も、全部自分でされている方もいらっしゃるようで、色々選択できるみたいです。




この日は、アシスタントで、ストレッチーズトレーニングコース修了者のyoshimiさんが、来てくださいましたので、写真も撮っていただきました。


皆さんイキイキと動いてくださっています。
アラ80なんですけどね、本当にお元気です。

しかも、驚きのニュースが!?

参加者の方で、先日江ノ島まで、歩行器を使いながら、徒歩で完走されたことが、朝日新聞に取り上げられたらしく、それを目標にして、このクラスにも積極的に参加してくださっていたので、本当に嬉しく思いました。

驚くべきは、少し前まで、左右順番に両足先を骨折されていたのですよ。驚異の回復力です。

その時点での介護認定は、「4」!!

普通、うわぁ〜4かよ〜もう無理じゃん、となるところですが、

彼女は、そんなことは屁でもなく、この前も九州で、元同僚が集まるという会に、新幹線に乗って行ったり、今度も東京で同窓会があるのだと、嬉しそうに言っていました。


もう一度言いますが、一応「4」です。笑


今後、認定は上がるんでしょうけど、あくまでの数値に踊らされるなかれ。そんなことを証明してくれた感じです。


そんな彼女は独身なので、受付の30代の独身の若い男の子を、どうですか?と勧めておきました。笑

いつもそんな風に、冗談を言い合える雰囲気で、和気あいあいとさせていただいています。


訪問レッスンは、基本的に1時間です。
茅ヶ崎近郊で車で行ける環境(道具などの荷物がある関係で)で、ご希望承っております。
(例)10名まで15,000円

👉詳細
















テーマ:
ど〜も〜ピラテっさんの松本いずみです。



インスタから連動してアップできる、アメブロってすごいですね。
そんなわけで、ちゃんとした投稿はお久しぶりです。デレデレ


でもね、前々から、すご〜く違和感があることがあるのですよ。

こういういわゆるIT?何?メカニック?何?それらの用語すらわからない、ワタクシみたいな種類の人種が、必死こいて、色々試したりして…
ま、なんつーか、それの効果がなくもないわけですが、それより学ぶべきことは、他にもっとあるだろうが〜!と思う(私の事ですよ)


もう、とにかくわからないなりにも、スマホとかぽちぽちして、情報収集している時間が長いわけですよ。

そこで見る、死ぬほどあるネタと情報量たるや、もう凄いわけです。

そして、それをお商売にしている方が、まー多くて、どれが真実だか判断がつかない!

そんなのを見て、よし!己も!と感化されることもあれば、あーうーアセアセと意気消沈してしまうことも多々ある。(なんなら後者の方が多い)

そして、気づけば、自分が何をしたいのか、何をしたかったのか?霧の中に消えてしまうような感覚…

いかんいかん。



その、あーうーとなるワタクシのことを、先日ある方からズバッと指摘され、ハッと我に帰ったような気がした。

情報化社会は、ある意味便利で、勉強にもなりますが、個々の可能性や判断力や個性をぶっ潰して、メディアに作られた流行りに乗っかり、薄っぺらいマットの上で揺さぶられているように感じる。

頑丈な、職人気質のオヤジでありたいと、改めて想いを強くするのである。

あと、判断力みたいなものを、我々一般ピーポーは、養っておかなければ、情報の荒波に溺れることとなる。


でも、本心は、良いから一度やってみて!なんだけど、そういう職人気質では、全く伝わらないから、誠実に伝える、伝える力、も絶対的に必要なんだな〜とか思う。


これからも、真っ直ぐに、誠実に、向き合っていきたい。

1レッスン1レッスン。

私に出来ることは沢山ある。伝えることも沢山ある。












Ameba人気のブログ

Amebaトピックス