滑って笑って転びあって!みんなで1日スケートデイ!/キャンプ4日目 | *aichikara blog*
新型コロナウイルスに関する情報について

*aichikara blog*

当法人は学生と社会人が協同し、
多世代との交流の中で共に成長できる活動を行っている社会貢献団体です。

こんにちは!

冬の子どもリフレッシュキャンプ2019も折り返し、4日目を迎えました。


今日は加子母を離れて恵那市まで移動しました。

目的地は岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場晴れ



向かう車の中では、キャンプのテーマソングをみんなで歌って、気分もノリノリですルンルン

初めてのスケートでうまく滑れるか心配そうな子や、家族で滑りに行った思い出を楽しそうに教えてくれる子など、到着前から盛り上がっていましたウシシ



スケート場に到着すると、午前中は滑り方の講習会を受けました。


スケート靴を履いて、ヘルメットを被って、歩き方や転び方、後ろ向きに進む方法など、氷の上での動きを教わります。



初めて氷の上に立った子達は、みんな「うおっガーン!」「やっ、あぶっ!おっびっくり」っと必死にバランスをとりながら歩き出しました。



手すりに捕まらながら滑り始めましたが、30分も滑れば捕まらずに動けるようになりましたDASH!DASH!



午前中はみんなで練習をして、お昼ごはんのカレーを食べたら、午後はフリータイム!


「待って〜早いよ〜笑い泣き!」「痛い!冷たゲラゲラ

まだ手すりに捕まりながら歩いたり、スタッフと一緒にゆっくり滑ったり。

経験のある子はぐんぐんスピードを上げながら、長い距離を走ります!



転んでしまう子もいましたが、それも友達と一緒なら楽しみに変わりますキラキラ



「いっせーのーでっ!」と、タイミング合わせて転んでみたり。

「絶対つかまえるし!」「無理だな!逃げるし!」と言いながらみんなで鬼ごっこをやってみたり。

「押さないでー!やめてやめて!」とスタッフと一緒に遊んだり。




途中に雨が降ってしまうトラブルもありましたが、それでも終了時間ギリギリまで子ども達は滑り続けました。


終わる頃には、多くの子ども達が今日初めてとは思えないほど、自由に思い切り滑ることができましたおねがい


あっという間に終わってしまった時間の帰り道はみんな熟睡zzz

子ども達と一緒に笑いあったり転んだりしたスタッフも、子どもの隣で熟睡zzzzzz


思い切り身体を動かして熟睡したからか、今日の夜ごはんはいつも以上にたくさん食べていました!



明日もまだまだ身体を動かしますニコニコ

冬の大運動会にフィナーレと、キャンプもついにクライマックスですキラキラ