シカゴ留学への道~0から始まった~

シカゴ留学への道~0から始まった~

シカゴの大学院Moody Theological Seminaryで留学中


テーマ:

東京からの帰りの新幹線で書いてます🚅


マナー研修のために日帰り東京でした



神学生だったころ
アメリカで大学院通ってたころ


いつもよく考えてたのは

「早く社会人になりたい!
帰宅後は仕事から解放されてゆっくりできるし、
今みたいに起きた瞬間から寝る直前までずーっと宿題をやらなくてすむ!
解放されたい!」

でした



そして実際に社会人になって2年目ですが
仕事終わってからの自分の時間は貴重で、
ずっと何かに追われてるって感じがない分、
解放的ですが
だらけてしまうというね…


神学生の時は忙しくても死にそうでもミニストリーはしてたし、やりたい!って気持ちは強かったのですが

社会人になってからは、頭よりも体が疲れてしまって、仕事終わったら休みたい欲が強く、負けております😵


普通の会社をフルタイムで通いながらミニストリーもばりばりしてはる人ってすごいなーと思います


よく考えるとそんな人いないのかな?


どっちかを削ったりしてバランスを取るしかないのかな


今は社会勉強が大切なのでまだまだ社会人は続ける予定ですが、ミニストリーにもなるべく携わりたいし、携わらないとな


とここ最近思うのでした

ちゃんちゃん

テーマ:

アメリカから帰ってもう約1年半経ちますが、しばしアメリカと日本の違いについてまたシェアできたらな、と(^^)


さて

アメリカはみなさんご存知の通りクリスチャン国家ですが

日本はノンクリスチャン国家ですね


アメリカではどこにいっても必ず教会がありますが
日本では探すのが難しいほどです


そこで教会のサイズ感にも違いがあります


日本にいると

大きな教会=100人越えの教会、数百人の教会
普通の教会=20〜50人ぐらいの教会
小さい教会=10人以下〜十数人の教会

ぐらいのイメージですが、

アメリカの友達と話してた時に、「どんな教会に通ってるの?」と聞くと、「小さい教会だよー」と言われ、"20人ぐらいなのかな?"と思って人数を聞いたら、「100人ちょっとだよー」と言われて驚愕した覚えがあります


100人超えてるってでかいやん!って思うけど、アメリカ人からしたら小さいらしい。カルチャーギャップですな。

アメリカではだいたい

大きな教会=500人越えの教会、数千人の教会
普通の教会=200〜人ぐらいの教会
小さい教会=100人以下〜100人ちょっとの教会

てな感じですかね


文化的にも違いますね


アメリカ人と話す時にはこういう感覚の違いもあるので、細かいことも一回聞いてみた方がいいです
知らぬ間にズレが生じてるかもしれないので


また他も紹介していきたいと思います!

テーマ:
おひさしぶりです!
ブログを再開しやなあかんなーと思ってたら、まさかの夢を見ました。
この夢はただの夢ではなくて神様が見させてくれた気がします。今までの夢と違いすぎて。


夢の中ですが、寝ていて夢を見ました。
夢の中の夢は普通の夢で、よくわからん夢でしたが明らかに普通の夢を見ていました。


そしたら急に耳元で不思議な音が強く響いて(わたしが知っているようなトランペットの音とかではなく、ポワーンシャリーンみたいな音)

すると魂?なのかな?体の中心から強い力で引き寄せられて、外に抜けてそのままめっちゃ上に上がっていきました。

上に上がっていくときは、下は見れず夜空みたいな真っ暗の中を上がっていく感じ。


上がって行きながら私は「え?まだ救われていない人がいるのに。神様、あの人たちを救ってください!」って言いながら上がっていく途中で急に現実に戻りました。
つまりは元の寝ていたところで目が覚めました。


目を覚めると母が隣りで寝ていて

「あれ、これもしかして私置いていかれたパターン?」ってめっちゃ不安になったら母も目を覚ましてびっくりしていました。

母に聞いたら同じ経験をしていたそう。
「携挙が本当なんや」「神様が見せてくれたんや」と話して、母に「顔が黒っぽいわ」って言われて、私も母の顔を見るといつもより暗めの色になっていました。
きっとそういう体験をしたからかな?
まだイエス様には会ってなかったので白くはなってなかったのかな?

寝てる部屋の窓を見たら大きなシャンデリアみたいな照明が揺れていました。



そこで、目が覚めました。
本当の現実に戻ってみると、母が普通に今横で寝てます。


これは全然普通の夢と違って。明らかに違うから忘れる前に書いておこうと思って書きました。

こんな夢を見ることはあまりなかったけど、寝る前に「何のために生きてるんだろう?」とまた深く考えて、「答えは神様の栄光を現わすため」ってわかってるけど、「やっぱり人々に神様のことを伝えている時、ミニストリーをしている時が一番生きがいを感じて、それをしてないときはむなしくなることが多いな」「ソロモンもいろいろ考えて結局食べること飲むこと神様のことしか人間にとって意味のあることはない、むなしいって言ってたしな」っていろいろ考えながら寝た矢先でした。


だから今このタイミングで夢を見させてくれたんかな?
本当に不思議な感覚で、携挙はほんまってこと、それまで早く神様のこと伝えて人々救われやなあかんってことを教えたかったんかな、と夢の中の母と分かち合ってました。

現実の母普通に寝てるけど。
明日起きたら報告ですな。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス