緊急事態宣言が明けたが、まだ世の中は不穏な空気に包まれていた。しかし、その中で浮気妻の行動は異様な活気を見せていた。町田市と相模原市の間で行き来する人々の中に、浮気妻たちの姿が目立っていた。彼女たちは自らの欲望に従い、コロナ禍のリスクを顧みることなく、夜の外出を楽しんでいた。

クライアントは浮気妻の行動に警戒心を抱き、浮気調査を依頼した。初日の調査では、相模原市の勤務先から彼女の動きを追跡した。同僚たちとの飲み会から始まり、駅や街中での彼女の行動は計画的かつ目立ったものだった。そして、町田駅での意外な展開に至るまで、調査員は慎重に彼女の足取りを追った。

 



町田駅の改札前で同僚たちと別れ、浮気妻はひとりになった。しかし、その後に彼女の姿を見失うことなく、探偵たちは彼女の行動を見守り続けた。そして、その行動は想定外のものではなかった。不倫相手との合流、そしてラブホテルへの向かい方は、浮気の典型的なパターンとなっていた。



探偵としての役割は、真実を追求し、クライアントに明確な証拠を提供することにある。浮気調査は、時に過酷な状況下で行われることもあるが、その中には真実があり、それを明らかにすることが重要だ。この浮気妻と不倫相手の行動の撮影は、ただの写真以上の意味を持っている。それは、クライアントに対する約束の証しであり、浮気の真実を暴くための決定的な証拠となる。


浮気調査は、深い信頼と機敏な行動が要求される仕事だ。しかし、その報酬は、クライアントの安心と真実を明らかにすることであり、その意味では探偵としての使命を果たすことの喜びがある。今回の調査は、浮気の影に潜む真実を明らかにし、クライアントに新たな道を開くことに成功した。

 

 

 

 

ラインでのご相談はこちらから↓↓↓

 

 

ライン電話はこちらから↓↓↓

https://lin.ee/mECGINE

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 30180199号

探偵 町田

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30170109号えい

●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

探偵 八王子

 

 

 



台風の日。風は荒れ、雨は横殴りになる。普通の人々は家にこもり、安全な場所で過ごすことを選ぶ。しかし、浮気妻にとっては台風なんて関係ない。安い折り畳み傘なんて3秒も持たない。雨足が強い日は傘があっても服はびしょぬれ、カバンもびしょ濡れ、財布の中のお札までびしょ濡れがデフォルト。新品の財布が雨で濡れて、カバンの中に入っていたゴミがくっついて塗装が剥げたのもいい思い出だ。

そんな台風の日でもお構いなしに浮気妻は出かけていつもの駅で待ち合わせ。クライアントもこんな台風が近づいているのに出かけないだろうと考えていたらしく、一旦調査をキャンセルしようか悩んでいたが、浮気妻は頑なに出かけると言っているので調査を依頼することにした。

 



雨で服が濡れようとお構いなし。それよりも性欲の方が勝ったようだ。雨足は少し弱まったが、浮気妻たちは足早にラブホテルに入っていった。カメラを起動しようとしたが、なんとここで機材トラブル。普段使いのカメラが雨で濡れて起動しない。台風みたいな雨が強いときに稀に起こるトラブル。小型のカメラを起動させ中での撮影をしようか考えたが、後ろを見てみると別の探偵がしっかりとラブホテルの入りを撮影が出来ていそうだ。

 



浮気調査は予測不能な要素が常に絡んでいる。台風の日であろうと、浮気妻の行動には制約がない。彼らは恋人との密会を求め、その欲求を抑えることはない。探偵として、常に最悪のシナリオに備えることが求められる。機材トラブルや予期せぬ事態にも柔軟に対応し、最善の方法を模索しなければならない。

浮気調査は時に過酷な状況で行われることもある。しかし、その中には真実があり、クライアントの心に答えを与えることができる。台風の日であろうと、浮気妻の行動を見逃さず、真実を明らかにする使命を果たすことこそ、探偵の本分である。

 

 

 

 

ラインでのご相談はこちらから↓↓↓

 

 

ライン電話はこちらから↓↓↓

https://lin.ee/mECGINE

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 30180199号

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30170109号

●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

探偵 大和市

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 タイ・バンコクオフィス


●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合)02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp

●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru,Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thaila

探偵 厚木


探偵業界において、相談電話は日常茶飯事だ。電話をかけてくる相談者たちは、自分の疑念や不安を抱え、解決を求めている。しかし、その中には簡単な調査だと思い込んでいる人々も多く、その思い込みがしばしば問題を引き起こすことがある。

 



「簡単だから安くしてよ」という声は頻繁に聞かれる。依頼者は自分の問題を単純視し、それが探偵にとっても簡単であるかのように思い込んでいる。しかし、実際の調査は常に複雑であり、予測不可能な要素が絡んでくる。単純なように見える調査でも、実際には緻密な計画と実行が求められることがある。

何よりも厄介なのは、相談者が自分の思い込みに基づいて探偵に依頼してくることだ。自分の疑念や予想が現実的であると確信している相談者に対して、探偵は客観的かつ冷静な視点でアプローチしなければならない。相談者の思い込みが現実に合致しない場合、信頼性のある情報を提供し、適切なアドバイスをすることが求められる。

 



相談電話を受ける際には、その依頼が実現可能かどうかをしっかりと見極めることが肝要である。依頼者の期待と現実のギャップに気づき、適切なアプローチで問題解決に導くことが、探偵業界での重要なスキルの一環である。

探偵業は依頼者の期待を裏切らないよう、真摯に向き合いつつも、冷静なプロフェッショナリズムが求められる。相談電話の裏側には様々な要因が絡み合っており、それを適切に処理することが、良質なサービスを提供するための鍵となるのである。

 

 

 

ラインでのご相談はこちらから↓↓↓

 

 

ライン電話はこちらから↓↓↓

https://lin.ee/mECGINE

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 30180199号

探偵 町田

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30170109号えい

●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

探偵 海老名

 


医療従事者という立場は、常にコロナウイルスや他の病気との戦いに明け暮れる人々であると思われがちだ。しかし、その裏にはストレスやプレッシャーに苦しむ人々も存在する。彼らの中には、ストレスを解消するためにアルコールに頼る者もいる。その中には、浮気というリスクを冒してまでストレスを発散する人々もいるのだ。



今回の浮気調査の対象者も、医療従事者としての仕事のストレスに耐えかね、頻繁に飲みに出かける人物だった。その頻度や、出かける際の様子が依頼者にとって怪しいと感じさせたのだ。



大きな病院での調査は簡単ではない。複数の出入口があり、メイン出入り口以外にも出入り口がある。これらをカバーするためには、多くの調査員が必要となるが、それもクライアントに了承を得た上でのことだ。

対象者の行動を追う中で、彼が不倫相手と会うことが判明した。笑顔で手をつなぎ、ラブホテルに向かう彼らの姿を見て、探偵たちも「これは不倫だな」とあきれ果てた。

不倫の証拠を確保した後、慰謝料請求の準備を整える。彼らの不貞行為を証明し、責任を取らせる準備が整ったのだ。




医療従事者であっても、人は時に弱さや欲望に負けてしまう。ストレスや不満を解消するために、彼らは時にリスクを冒す。しかし、その行動が自らの運命を変えることになるとは、彼らも想像していなかったかもしれない。

この浮気調査の結果は、人間の複雑な心理や生活の現実を改めて突きつけられるものだった。彼らの選択が、今後どのような結末を迎えるのか、興味深いところだ。

 

 

 

 

 

 

ラインでのご相談はこちらから↓↓↓

 

 

ライン電話はこちらから↓↓↓

https://lin.ee/mECGINE

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 30180199号

探偵 川崎市麻生区

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30170109号

●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

探偵 多摩市

探偵事務所には浮気調査の依頼が多いが、中には息子や娘の素行調査の依頼も絶えない。

 

今回の事例は、娘の素行調査である。クライアントは地方在住で、娘が町田周辺で一人暮らしをしている。以前の職場を辞め、新たな勤務先についていないか確認してほしいとのことだ。

 

 

 

初めの2日間は何の動きも見られなかったが、3日目になり娘の動きがあり始めた。町田から小田急線で新宿方面へ向かい、登戸駅で乗り換えて川崎駅へ。クライアントが聞いても教えてくれない新たな仕事先に向かっているのではないかと、探偵の興味は高まっていった。

 

川崎駅周辺は広大なショッピングモールがあるが、娘は繁華街を離れ、次第に人通りの少ないエリアへと向かっていく。そして、探偵が予想していた通り、川崎で有名な風俗街に入っていく。これが報告としては気が重いが、現実をクライアントに伝える責任がある。

 

クライアントは疑念を抱いていたが、これが事実であることを知り、落ち込む姿勢を見せる。しかし、探偵は冷静な判断と報告の必要性を理解し、クライアントに真実を伝える。

 

クライアントは当初落ち込んでいたが、娘に説得の余地を見出し、地元へ連れて帰ることに成功した。調査が終了した後も、クライアントと娘の関係修復に協力した結果、家族としての絆が再び深まることとなった。

 

この事例から分かるように、探偵業は単なる調査だけでなく、家族やクライアントとの信頼関係を築くプロセスも含んでいる。家族のために辛い真実を明らかにすることは難しいが、その後のサポートやアドバイスも重要な役割となる。

 

 

 

 

ラインでのご相談はこちらから↓↓↓

 

 

ライン電話はこちらから↓↓↓

https://lin.ee/mECGINE

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 30180199号

探偵 横浜市青葉区

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30170109号

●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

探偵 新横浜