Hideyuki Hashimoto

Gasoline yunbo


テーマ:










はあ。。。風邪が治らん。。。


雨でも現場で穴掘りじゃ。


この前、大工さんと話したんじゃけど。


俺達が忙しいのは、景気がええからじゃない。


手間が安過ぎて、請け負う人間が限られるだけの話。


基礎屋、鳶、大工、サイディング屋、クロス屋、電気屋、外構屋、タイル屋。


もう、ほとんどの業種が外人さんがやりよるけんな。


かろうじて、水道、ガスのライフラインだけは、まだ日本人じゃけど。。。


真面目な話、人数の割合から言えば、一件の家を建てるのに半分近いんじゃねえの?


まあ、彼ら、よく働くしなあ。。。


食っていけるのは、手間の安さに対抗できる腕があるか、外人さんか。。。


まあ、体が壊れんにゃあ、わしは80くらいまでは現場で働けるが。。。


皮肉なもんじゃのぉ。。。汗




企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表http://www.asahi.com/articles/ASK8062Z9K80ULFA039.html


2003年3月

小泉政権 聖域なき構造改革

労働者派遣法改正

例外扱いで禁止だった製造業および医療業務への派遣解禁。専門的26業種は派遣期間が3年から無制限に。それ以外の製造業を除いた業種では派遣期間の上限を1年から3年に。


外国人技能実習機構

http://www.otit.go.jp/





12/7(木)
荻窪Doctor'sBAR
前売¥1500+ワンドリンク¥500
当日¥1800+ワンドリンク¥500
op/18:30 st/19:00


☆いち

(19:00~19:30)

 

☆宮崎聖士

(19:35~20:05)

 

☆河原敬介

(20:10~20:40)

 

☆新田正継

(20:45~21:15)

 

☆橋本英之(ガソリンユンボ)

(21:20~21:50)




AD

テーマ:





5日、リンダガレージありがとう!面白かった!笑

ところで、面白いと言えば。。。ケツ舐め晋ちゃん頑張ってんなあ。。。笑




  







少しだけ、デンデンが信者達に愛される理由がわかったような気がする。。。

要は、野々村竜太郎と同じようなもんか。。。






何年か前、ヒロムと飯食ってる時に政治の話になって


「安倍はアメリカの傀儡だよ!」って言ったら、


「また、それ~。」って鼻で笑ってた。


まあ、よく考えればわかりそうなもんじゃけど。。。


ヒロムは信者でもネトウヨでもないじゃろうけど、やっぱり若い人は今の日本が独立国家で主権があると思ってんのかなあ。。。


ほんで、自分の他民族のヘイトは棚に上げて、「【A級戦犯の子孫だから、○○】は差別だ!」というネトウヨがおるが。。。


;まあ、差別主義者でもなんでもええが、安倍晋三だけに関して言えば、そこは違うけんな!


違うアプローチでエビデンスって言うの? それで、ゆっくり行きますよ!


ピンポイントでわかりやすくね!


ちなみに俺が一番好きな政治家ダウン




Hiroshi Matsuura


【天晴れ】「後藤田正晴元法相 – 岸にも媚びず、安倍にも負けず」

… 現総理の安倍首相の祖父である岸信介評は、以下のようなものだった。

 「僕は個人的には、戦犯容疑で囚われておった人が日本の内閣の首班になるというのは一体どうしたことかという率直な疑問を持ちました。文字通り統制経済の総本山の方ですよね。そして中央集権主義的な行政のあり方、政治の主張、これを色濃く持っている方ですから。私はたまさか、あの人の幹事長時代にお会いしたことがありまして、大変素晴らしい能力の方だという印象を持つとともに、率直なところ、今言ったような気持ちを持っていました。これは、戦争に対する反省がないからです。それが、いまにいたるまでいろいろな面で尾を引いている。ですから、岸さんが総理になったときは、これはいかがなものか、と思いました」。

【後藤田正晴氏 略歴】
 富岡中学を経て、1932年に旧制水戸高等学校に入学。1935年に東京帝国大学法学部法律学科に入学。大学卒業後、旧内務省に入省。戦後は、自民党の衆議院議員として内閣官房長官、法務大臣、副総理などを歴任。

http://blog.goo.ne.jp/obersteinsdog_1981/e/1bf54af181134d7df270ba72f2f3018c








AD

テーマ:







今夜、己れを唄うぜ!笑


ヨロシク!



2017/11/5(日)

 at 西荻窪リンダガレージ

【己れを唄う vol.4】

OPEN 17:45 START 18:00

 

★TICKETS★ ¥1500 + 1Drink

 

★タイムテーブル★

①大和 岳志(The Eastern Monkeys) 18:00~18:25

②小倉"モッフィー"北斗 18:30~18:55

③橋本英之(ガソリンユンボ) 19:00~19:25

④遊時効 19:30~19:55

⑤佐伯憲陽(THE BEAT GENERATION) 20:00~20:25

⑥Tagu & Mako(PUNiK) 20:30~20:55

⑦ダーハマ 21:00~21:25

 

★Photo★ arachan(RED ZONE)


AD

テーマ:


10月24日 荻窪Doctor'BAR ありがとう!


ところで、この映像を見て思ったこと。


人生とは何ぞやを語っていること。


それを前提にこの国の未来をはっきりと語っていること。


聴衆の顔がとてもいい表情で、お年寄りなのに希望に満ちていること。


日の丸の旗が沢山振られているけど、気持ち悪くないこと。


話のリズムがとてもいいこと。


心の奥に響くこと。


田中角栄に色気があること。


そして、何故デンデンのような馬鹿を奉る信者がいるのかということ。


で、考えてみた。

俺は田中角栄がリアルタイムじゃないので想像するに。。。


この時代の人達は、総理大臣・田中角栄に自らの希望と未来を見たんじゃないのかと。。。。



「尋常高等小学校しか出ていなくても、頑張れば田中角栄のようになれるんだ!」



もしかしたら、安倍真理教の信者達もそんなものなのかもしれない。



「あんな馬鹿でも総理大臣になれるんだ!」



この写真を見て、少しは彼らの気持ちが理解できたような気がするダウン






例えば、去年、万引き容疑で取り調べを受けた時、



「パンティーを盗んだとしても、大臣になれるんだ!」



俺がこの人に希望を見たように。。。ダウン











テーマ:









韓国のデモと日本のデモの決定的な違いはこれだなあ。。。


投票率が低いのも。。。


でも、新しい芽が少しだけ出たな!



それにしても、皆、優しいなあ。。。笑


学校の先生みたい。。。笑


今日は弾き語り。


イットクフェスの主催者の浦邊力さんも出演。


よろしく!





橋本英之 弾き語りLIVE 


2017.10.24(Tue)
荻窪 Doctor’s BAR
19:00 Open / 19:30 Start
前売 ¥1500+1D(¥500)
当日 ¥1800+1D(¥500)
 open-startまで 3ドリンク¥1000チケット販売


出演
・S.リューシン(SAMURAI)
・浦邊力
・藤村仁

・橋本英之(ガソリンユンボ)








テーマ:

『摘々録 断腸亭日乗』 永井荷風

 


昭和十六年六月十五日


日支今回の戦争は日本軍の張作霖暗殺及び満州侵略に始まる。日本軍は暴支鷹懲と称して支那の領土を侵略し始めしが、長期戦争に窮し果て俄かに名目を変じて聖戦と称する無意味の語を用ひ出したり。欧州戦乱以後英軍振るはざるに乗じ、日本政府は独伊の旗下に随従し南洋進出を企図するに至れるなり。然れどもこれは無知の軍人ら及び猛悪なる壮士らの企るところにして一般人民のよろこぶところに非ず。国民一般の政府の命令に服従して南京米を喰ひて不平を言はざるは恐怖の結果なり。麻布連隊叛乱の状を見て恐怖せし結果なり。今日にては忠孝を看板にし新政府の気に入るようにして一稼なさむと焦慮するがためなり。元来日本字には理想なく強きものに従ひその日その日を気楽に送ることを第一となすなり。今回の政治革新も戊申の革命も一般の人民にとっては何らの差別なし。欧羅巴の天地に戦争やむ暁には日本の社会状態もまた自ずから変転すべし。今日は将来を予言すべき時にあらず。


 

http://www.geocities.jp/hgonzaemon/dannchoutei.html


昭和史の形

永井荷風の虚無=保阪正康


作家・永井荷風の「断腸亭日乗」は、私たちに多くの示唆を与えてくれる書である。大正6(1917)年9月16日を初日として、昭和34(59)年4月30日に亡くなる前日まで、自らの日常を記録し続けた。「荷風文学に特殊な位置を占める日記文学(略)これは荷風作品中最も秀でた創作として評価する人もいる」と実弟の永井威三郎は書いている。 
 
  この「断腸亭日乗」に、なぜ今、私たちは引きつけられるのか。時代がどのように変容しようとも、人は自らの感性と思想とで生きられると教えているし、一方でたとえ戦争という時代に入ろうともそれに応じることなく、冷徹に時代を見つめることが可能だと実感させる。もっとも徴兵される世代であればそうはいかないのだが、老いていればそういう生き方ができる。荷風はそれを身をもって示したのである。

 昭和12(37)年7月7日の盧溝橋事件を機に日中戦争は始まっていくが、荷風は6月23日から7月14日までは何も書いていない。つまり取り立てて日記に書くことはなく、自分にとってはいつもと変わらない日々だったという意味になる。日中戦争なぞ書くに値しないと考えたわけだ。17日になっての記述に次のような一節がある。

 「街頭には男女の学生白布を持ち行人に請ふて赤糸にて日の丸を縫はしむ。燕京出征軍に贈るなりと云ふ。いづこの国の風習を学ぶにや滑稽(こっけい)と云ふべし」

 街の中で千人針まがいの儀式が行われている。北京の古い言い方である燕京という語に、皮肉が込められている。荷風は昭和10年代を突き放して見つめ、戦争に傾く日本社会を鋭く見抜く。昭和16年10月18日には、近衛文麿内閣に代わって東条英機内閣が誕生すると、「内閣変わりて人心さらに恐々たり。日米開戦の噂(うわさ)益(ますます)盛なり」と書く。

 そして真珠湾攻撃の12月8日は、興奮する人々を尻目に「浮沈」の原稿を書き始めたことや号外が出たことを書き、「余が乗りたる電車乗客雑踏せるが中に黄いろい声を張上げて演舌をなすものあり」と淡々としている。

 黄いろい声とは、興奮している庶民の姿である。

 荷風に限らず戦後になって明らかになった知識人の日記には、戦争の時代を傍観者の目や市民の目で見つめて、狂騒を笑うがごとき表現や内容も少なくない。外交評論家の清沢洌(きよし)や作家の高見順などの日記に、私自身、大いに刺激を受ける。自由に言論を発揮できない苦しさを日記の中にたたきつけるといってもいいであろう。このことを十分了解しながら、さてもう一面でどのような理解をすべきかとの問いも発したくなる。

 こうした知識人たちの日記を深読みすると、その行間からは、<何と愚かで扇動にのりやすい大衆なのか。政治、軍事指導者はそれを利用しているが、彼らもまた知性も教養もない>といった怒りが浮かぶ。やがてその怒りは、<まあ勝手にやるがいいさ。痛い目に遭わなきゃわからんのだろう。私はどうなろうと知らんよ>といった感情につながっているように思う。

 私はむろん永井荷風に畏敬(いけい)の念をもっているし、「断腸亭日乗」をファシズムに心理的に抵抗した証しと見ている。そのことを前提に言うのだが、荷風の心理に潜んでいるニヒリズム(虚無主義)にも注目すべきだと思う。とくにこのところの日本社会を見ていてその感を深くする。

 戦後70年の今年、私は意図的に講演を引き受けた。カルチャーセンターや市民講座での定期的な講座を含めると100回は優に超えた。安倍晋三政権の集団的自衛権行使に向けた動き、安全保障関連法に危機意識を持ったためでもあったが、その体験を通して人々の中に虚無感が流れているのを肌で感じることも多くなった。これだけ反対しても何の意味もないとか、安保関連法が通って支持率が上がるとはどういうことか、とのむなしさを持っている。世論調査がどういう手法で行われているか、それは信用できるのか、など考えようともしない。

 虚無感の広がりをニヒリズムの時代の到来と私は案じるのだが、ニヒリズムは権力の横暴を許すだけである。荷風の時代には、自らの意見を公表する自由などなかったのだから、その心理の根底にニヒリズムが宿っても批判できない。いやむしろ教訓にせよと荷風は伝えているのかもしれないとも思う。

 今、私たちの最大の敵は現実をニヒリズムでとらえて心理的閉塞(へいそく)状況をつくることではないか。戦後71年に向けて昭和という時代の史実をなおのこと検証して教訓を己のものとしていく覚悟が必要になっている。  毎日新聞




いつだったか。。。カメラマンの伊藤さんが、

「橋本さん。ドイツとか行ってみたら面白いと思いますよ。」


「どうしてですか?」


「ベルリンの廃墟に無政府主義者が住んでて、そこでLIVEやったりしてるんですよ。」


「。。。」(俺。。。無政府主義者?笑)





今、外は雨。



潮流が変わり、風も変わった。

 


俺も変わった。



今月で53か。。。

 


この長い雨を凌ぐ場所もやがて変わるんだろうな。



選挙に行ってくるよ。



人生で二回目の投票。



今までゴメンな。。。笑




 


橋本英之 弾き語りLIVE

 


2017.10.24(Tue)
荻窪 Doctor’s BAR
19:00 Open / 19:30 Start
前売 ¥1500+1D(¥500)
当日 ¥1800+1D(¥500)
 open-startまで 3ドリンク¥1000チケット販売


出演
・S.リューシン(SAMURAI)
・浦邊力
・藤村仁

 

・橋本英之(ガソリンユンボ)


2017.11.5(Sun)

 

西荻窪 LINDA GARAGE BAR

 

【己れを唄うvol.4】


出演

 

ダーハマ
Tagu & Mako(PUNiK)
遊時効
橋本英之(ガソリンユンボ)
小倉"モッフィー"北斗
佐伯憲陽(THE BEAT GENERATION)




 

テーマ:







去年の暮れから5回訪韓。正月、6月、7月、8月。


去年の年末の朴大統領への抗議デモと8月に何かのデモに遭遇した。


韓国のデモと日本のデモは、決定的に何かが違う。


何年か前に、カジノの販促スタッフの李君と食事した時に韓国のデモの話になったことがある。


彼は徴兵制のある韓国でデモの警備を担当してたらしい。


デモの中で一番嫌だったデモが農業のデモで、農家の人達が警備隊に農産物をバンバン投げてくるんだとか。


その中でも卵が一番嫌だったと笑ってた。


だから、警備の彼らはデモの農家の人達に


「おじさ~ん。顔には当てないでね~。」lって叫ぶんだそうだ。笑


そして、彼は笑いながら


「卵は本当に時間が経つと臭いんですよ。でも、デモはそうやって農家の人達の不満を発散させてあげる場所だからいいですけどね。笑」


カラっとしてると言うのか、楽しいと言ったらいいのか。。。


後、構図がはっきりしていることと懐が深い感じ。


警備の規模で言えば、韓国の方がゴツイな!


まあ、大統領をブタ箱に入れるくらいのデモじゃけんね!



それから、8月は米軍基地がある梨泰院って町でゲイの方々の集会に遭遇した。


遭遇したというより迷い込んでしまった感じ!



う~ん。圧巻だった!笑



それと、なんかミサイルが飛んだとかで日本が騒ぎよった時も韓国におったよ。


と、まあ、平凡に韓国を旅してきたお花畑のワシですが。。。合格



ところで、今回の選挙の争点「国難」の一つは北朝鮮危機ですか?笑


韓国を跨いで?


日本と?


北朝鮮が?


へえ~。。。


で、


中国はどうなったん?合格合格合格



さて、明日は選挙ですか。。。









テーマ:


推定無罪の原則


「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」という、近代法の基本原則である


定義


狭義では刑事裁判における立証責任の所在を示す原則であり、「検察官が被告人の有罪を証明しない限り、被告人に無罪判決が下される(=被告人は自らの無実を証明する責任を負担しない)」ということを意味する(刑事訴訟法336条など)。

広義では(建前としては)、有罪判決が確定するまでは、何人も犯罪者として取り扱われない(権利を有する)ことを意味する(国際人権規約B規約14条2項など、「仮定無罪の原則」という別用語が用いられることもある)。



ほぉ。。。


ちゅうことは、籠池のおっさんやあれから1年以上経っても起訴されんわしは犯罪者として取り扱われない権利があるちゅうことか。。。


ほんで、検察官が被告人の有罪を証明しない限りは被告人は無罪ちゅうことか。。。


へぇ。。。


わしとしたら、きっちり起訴してもろうて裁判で何があったか思いっ切りぶちまけてやろうと思うちょるんじゃが。。。


あれだけ大騒ぎしといて、ウンともスンとも言うてこんからのぉ。。。笑


まあ、いずれ何かあった時にまた騒ぎ始めるじゃろうから、このまま手持ちのカードは伏せたままにしとくよ。


でも、1つだけ警察の名誉のために。


任意同行の一番最初の交番のバカ巡査憲法違反の係長以外は、みんな職務に忠実で、誠実でいい人ばっかりだったよ。これホント!



あっ!そうそう!もし公明党の支持者の方が見てたら、前のブログの御用ジャーナリストの記事、覚えておいてね!


「二度あることは三度ある。」かも。。。Yo



それにしても、デンデン坊ちゃんも「安倍やめろ!」ってヤジられたくらいで、ケツの穴が小さいよなあ。。。


俺なんか弾き語りで一曲終わる度に「泥棒~。」だぜ!笑笑笑



 








テーマ:






ここ数年、「馬鹿に権力を持たせるとこんなことになるんだぜ!」という国家的実験をまざまざと見せつけられて来たよう様な気がする。


わしも石井も相当の馬鹿じゃが。。。笑


俺達は「分相応」という日本の美学を少しはわかっちょる。笑


2015年の安保法制の時、抑止力だの中国脅威論だの国連憲章だの主権国家だのと、ネトウヨやデンデン信者が詭弁と屁理屈をゴネまくった結果がこれじゃけんな!ダウン



「安倍首相『改憲必要なくなった』=昨年、田原氏に明かす」

10月13日発の時事通信より。


ジャーナリストの田原総一朗氏は13日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、集団的自衛権の行使を可能にするための憲法改正の必要性について、安倍晋三首相が昨年、「全くなくなった」と語っていたことを明らかにした。首相は、米国が従来求めていた集団的自衛権の行使について、安全保障関連法の成立で可能となったことで、「米側からの要請がなくなったためだ」と説明したという。

 田原氏が首相と面会した際の発言として紹介した。面会時期は昨年8月末とみられる。一方、首相は次の目標として、「日本の憲法学者の7割近くが『自衛隊は憲法違反だ』と言っている。だから憲法に自衛隊の存在を明記したい」とも話したという。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101301041&g=pol



もうね、空いた口が塞がらんよ。。。笑
信者達がみんな頑張って詭弁と屁理屈でゴネまくってくれたのに、自分から「米国からの要請」って言うかねはてなマーク


ほんで、自衛隊は憲法学者の7割近くが憲法違反だと言っているので。。。はてなマーク


いやいや、それなら集団的自衛権は10割近くの憲法学者(合憲は日本会議のたった3人)が憲法違反って言いよるから、憲法改正したらどうかねはてなマークはてなマークはてなマーク


ほんで、それは「米国からの要請」が無くなったから、やらんでええんかね。。。はてなマークはてなマークはてなマーク



もう。。。こいつ。。。まともじゃないよ。。。(汗)



ほんで、わし、最近、真面目に思うんじゃけど。。。


この馬鹿に好きなだけ総理大臣やらせて


「馬鹿とカルトに権力を持たせるとこんなことになるんだぜ!」


ということを今の10代、20代に記憶してもろうた方がええんじゃないかと思うんじゃが。。。


そうすりゃあ、みんな選挙にも行くじゃろうし、向う70年くらいはこんなのが総理大臣になることはねえと思うな!


まあ、その前にこの国が潰れるかもしれんが。。。


従米カルト複合体政権

「この手の論者が昔から三種類いる。純粋のバカ、宗教的狂信者、それに政治的狂信者(とりわけファシスト)の三つである。」 立花隆














テーマ:




10月12日荻窪DOCTORありがとう!


取り急ぎ、橋本英之公式HP作ってもらったんで、これからはこっちでヨロシクね!


https://www.hideyuki-hashimoto.com/



これで少しは楽になる!yeah!

 



橋本英之 弾き語りLIVE


2017.10.24(Tue)
荻窪 Doctor’s BAR
19:00 Open / 19:30 Start
前売 ¥1500+1D(¥500)
当日 ¥1800+1D(¥500)
 open-startまで 3ドリンク¥1000チケット販売


出演
・S.リューシン(SAMURAI)
・浦邊力
・藤村仁

・橋本英之(ガソリンユンボ)


2017.11.5(Sun)

西荻窪 LINDA GARAGE BAR

詳細未定



AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。