きらきらひかる

きらきらひかる

1枚の絵は千のことを教えてくれる。
日々のなかで感じていることを、絵とことばで表現しています。
イラスト、手作り絵本。

先天性の脊髄の障がいで、車いすを使って生活しています。
島根県奥出雲町在住。





    




テーマ:
この日は、地元の小学校の特別支援学級の公開授業に講師で呼んで頂きました。

担任の先生から、

『みんなの夢を絵にして1冊の絵本にしたい』
と言われたので、みんなの夢を描いてもらう紙を事前に作りました。
「夢を絵にするってどんな感じかな?」
と考えながら描いたものがこちら。





当日、車で行くと子ども達が車椅子の組み立てを手伝ってくれ、教室まで案内してくれました。

それから、授業では自己紹介をして夢の絵を描きました。



みんな自分の夢を一生懸命描いてくれました。

お菓子屋さん、ゲームクリエイター、声優、探検家などなど、聞いているだけでわくわくする夢を教えてくれました。

絵の得意な先生も描いてくださり、盛り上がりました。



どんな形になるか分からないけど、みんなの夢が叶うとよいな!と思います。

最後にさつま芋を使ったデザートも振る舞ってくれて楽しい時間になりました🎵



2年前にも呼んで頂いたのですが、そのときの子どもたちが車椅子を押してくれたり、学内を案内してくれて、すごく大人になった成長した様子もみれて嬉かったです。

終わってからはちょうどあったインドのお話も聞けました。


車椅子を見てびっくりしている子もいて、
今回はいかなったクラスにもまた行きたいな、色々な学級に呼んでもらいたいなと思いました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス