クリント・イーストウッド監督の『15時17分、パリ行き』を見ました。実話を映画にするという手法はとうとう突き当たりまできてしまい、事件当時者本人が、そのままその役を演じるという前代未聞の映画になりました。そこには嘘も誇張もなく、ありのままの「タリス銃乱射事件」が語られています。これこそリアリズムの極致かもしれませんね。心を動かされる映画でした。


 アメリカの三人の幼なじみの若者がなにかの巡り合わせで、いく予定のないアムステルダムに立寄り、そこからパリ行きの、テロリストが乗っていた列車にたまたま乗り込み、しかも一人がWi-Fiを求めて一等席に向かったため、この事件を目の前にします。三人のうち二人が軍人で、テロのリスクに対処するだけの経験とスキルを持っていたのは偶然ではないかもしれません。この事件を解決するために、彼らの人生は紡がれていたのかもしれません。と云う気がしないでもありません。

 

 

 もっともテロリスト、アヨブ・エルカザニの人生も乱射事件の実行犯になったわけですが、彼もまた三人の若者によって阻止される運命だったのでしょうか。それは映画では描かれていませんけどね。犯人はまだ公判中らしいですが、彼の運命も必然だったのかもしれません。


詳しくはこちらから