獏井獏山のブログ

獏井獏山のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

S38..1)

 きょう定期昇給の辞令を貰った。8―8(8等級8号俸)である。当然7-1になると思っていたのに、煮え湯を飲まされたような気分だ。愈々本格的に「苦虫」がやってきた。今後どれだけこんな目に遭わされるか知れないと思うと馬鹿々々しくなってくる。が今更ここへ入ったことを後悔しても始まらない。こうなったら何が何でも上級職(せめて上級乙)をとって資格だけでも整えないといかん。(中級は取ったから受験資格があるとはいっても、高校出で上級職とは大きな事を考えたものだ、と今思うと赤面を禁じ得ない。)

 

 東京まで出て来て一体何しに来たのか、見当が付かない。自分に与えられた仕事をやっていればいいのかも知れない。それが如何なる仕事にせよ忠実に完全にやり遂げることこそ真の仕事なのかもしれない。しかし、それだけではどうしても納得がいかない。かといって足掻いてみても仕様のないことだ。

 

 今こそ俺自身、己が人生を、将来をマクロ的に推察し、少なくとも大まかな計画くらいは立てなければならない。今、私は一体何をすべきなのだろうか。上級を取ること、確かにそうである。しかしそれはマクロ的見地とはいえない。むしろミクロ的に過ぎる。自分にとってもっと深刻に考えなければならない事は国の役所を抜け出すことなのである。今までにも度々そう考えた。

しかし今更変っても、と諦めてきたのだ…果たしてそうだろうか。本当に真剣に考えてみて、もう此処に永住すべきだという答が出たのだろうか。そうではあるまい。自分にもっと適した‟場所”がある筈だ。もし役所に居るにしても私は上級に通って農林所に変りたいと思う。それが1つの夢だ。

(若気の至りといおうか、勝手な思いをぶつけているが、幾ら何でも本気ではなかったと思う。何か面白くない事が重なって心の中で声無き大声を出していたのだろう。 特に、当時は、‟書くこと”が捌け口としての最大の武器だったに違いないから…)

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス