4連休の観光地の混雑
go to キャンペーンの始まり始まりーーー

想像通りハロウィンです

やはりリスキーな年の我らのgo to なら、
人里離れた野山でしょ
と考えはみんな同じ、物産所も駐車場もいっぱいでした




今日の私は巨樹の写真撮影です

そう、前回の続きなんですけどウインク
久しぶり巨樹訪問です





東秩父村定峰峠に通じる道沿い
いつもご挨拶する坂本のエノキ(個人宅)です

村指定天然記念物

気のせいか、年々様になってきてる
絵になります
(みんなの注目を集めて?ゲラゲラ)



幹周3、86メートル
樹高17メートル



今日は停車して至近距離から撮影です

立派な根の張り
美形です





落合橋まで戻り
11号を真っすぐ寄居方面に進んで、鉢形城跡に到着しました



日本百名城にも選ばれ、訪問者の多い、人気の城址公園です





正面歴史館の裏を下り、深沢川を越えた土塁の斜面です
早速現れたびっくり


(ここは何度か訪れているけど、早足夫の後をついて周って、全体が掴めていないので
今日はパンフレット片手にゆーっくりと)



完璧の樹形  
一瞬緑色の桜?と錯覚するほど----------

花なくとも美しいキラキラ


一度伐採した根元から、放射線状に12本の芽が成長したとありました


2年前命名
樹齢150年ほど


鉢形城
優れた自然の要塞として
時代の豪族、武士が移り住み
小田原北条氏政の4男 氏邦が現在の規模に拡大整備されたとあります

豊臣秀吉の小田原攻めの際、前田利家、上杉景勝らに包囲攻撃され、一ヶ月の籠城の後、北条氏邦は城兵の助命を条件に降伏・開城
家臣思いの名君じゃないのーーー笑い泣き

無念氏邦の慰めの桜ですね汗



見事な石垣が現れました(復元石積み土塁)

池も作られていて
出土品から、宴会茶会も開かれていた場所ということです





広大な面積


続く土塁


グルグル周って方向音痴の私

ーーーえーん


でも

あちこち美しい木にうっとりしながら





たおやか
カヤ?







取り敢えず進み、

百日紅の大木です❣️


そして戻るてへぺろ




ほー
やっとのこと
JR八高線側にある諏訪神社に出ました
三の曲輪 通称秩父曲輪の外郭に位置し、城の西南部にあたります





読めない古い石碑



鬱蒼とした境内の大ケヤキ


樹齢400年
根元二本で繋がってます




創建は戦国時代末期、武蔵国日尾城(埼玉県小鹿野町)の諏訪部遠江守が北条氏邦の家老として出仕した時に、信濃国にある諏訪神社を守護氏神として分祀、奉斎したと案内板に記されています

氏邦さん、没後も家臣、地域に慕われていたんですねお願い





樹木にスポットのブログなので
肝心の本丸の写真が無いのはご勘弁下さいましあせる