ドワーフザリガニとシュリンプ飼育ブログ

ドワーフザリガニとシュリンプ飼育ブログ

元はヤフーブログでやっていましたがアメブロに試験的に移動します。
主にアクアリウムについて書いていきますのでよろしくお願いします。質問や雑談大歓迎です。記事と関係ない話もOKです。

ネットを見ているとガシャポンのドムヘッドなる物が出ているらしい・・・

詳しくはググってね。

 

ザクヘッド、ガンダムヘッドを探し回った自分としてはぜひゲッチュしなければならない!

ちなみに初期のザクヘッドだけ品薄だったけどシリーズが進むにつれ普通に引けたけどね!

 

そしていざ、仙台駅前のオタクっぽい店へ!

あっ、探し回らなくても普通に置いてるんですね・・・

 

早速ガシャる・・・

1回目、とりあえず黒っぽいのでトロピカルテストタイプじゃないことだけは確定。

 

バンダイさん、これぱっと見じゃ普通のドムかプロトタイプか区別付かんですよ・・・

どっちか分かんないからその場で開封しちゃったじゃないですか・・・

これは動力パイプが付いていたのでプロトタイプでした。

 

2回目、茶色なのでトロピカルテストタイプ

 

もう良いかなと思いましたが普通のドムが欲しかったので引きました。

3回目、黒っぽいやつ。

どっちか分かんないけどバラバラになると困るのでその場では開封せずに帰宅。

 

これは一目でトロピカルテストタイプだと分かる。

 

普通違い分からんやろこれ・・・

で、開けてみると普通のドムでした。

ということは最低限の回数でコンプしたというわけです爆  笑

 

そして組み立てたんですが

今回説明書読んでも普通に組み立てが難しくないですか!?

30分ぐらい弄くってようやく完成したんですけど!?

シリーズでこんなの初めてですよ!?

えっ、難しいのはお前だけ!?

やだ、私の知能低すぎ・・・チーン

 

右、プロトタイプ

左、普通のドム

 

あ~よく見ると色が違いますね・・・

左は真っ黒で右はちょっとグレーっぽいというか・・・

ってこんなのその場じゃ分からんよ!

 

ドムが好きなんでなかなか良いですね。

普通のドムが3つ揃っても良かったかも・・・

ガイア!オルテガ!マッシュ!モビルスーツにジェットストリームアタックを掛けるぞ!ってな感じで。

 

比較画像がありませんが、あのでかいと評判だったザクと比べてもさらに一回りでかいびっくり

まぁドムはモノアイ以外は可動しませんけどね。

 

やっぱり普通のドムのシンプルさが好きかもしれない。

ただ一番凝った作りしてるのはトロピカルテストタイプでした。

パイプ、アンテナと金が掛かってそう・・・

前に載せた画像なんですがご覧の通りで

マジックリーフがボロボロになったので3日だか2日前に新しいのを水槽に一枚だけ入れたんですよ。

その後、当然水は茶色になりましたが普通のことなので特に気にしませんでした。

 

そして次の日に水槽を見てみると・・・

ん~~~~?あれほど動き回っていた抱卵エビが陰でジッとして動かないような・・・

というか水槽全体の動きが悪い!チーン

 

直感でヤバそうとビンビン来たので少しずつ水交換をしたところ今日になって動きが戻りました。

卵は・・・あまりやっちゃいけないのですが捕獲して見たところスノーフラワーの1匹とクラウドは変わらずで2匹めは結構落としてましたねえーん

まぁ葉っぱが直接的に関係あったかは謎ですが。

 

正直、最初は何でなのか分かりませんでしたが

よく考えるとマジックリーフしか原因はありません。(たぶん)

 

そういえば今ボロボロになってる葉も入れた時にクラウド2匹だか死んでるような・・・

もうただの偶然というわけでも無いかと。

 

マジックリーフでググるとブラックウォーターになる、ベタやシュリンプに良い、タンニンのおかげで抗菌作用があるとかメリットが多く書いてありますが注意点もあると思います。

 

その注意点というのは・・・ズバリ入れすぎ。

入れすぎといっても私だって大きめの葉を一枚だけですわ。

それでも水槽の大きさによっては入れすぎになるかもということを言いたいわけです。はい。

どこを見ても何枚も入れ過ぎなければ大丈夫みたいな雰囲気なので私はその辺警笛を鳴らしたい。

 

たぶん葉に良くない成分が・・・じゃなくてpHの急な低下かなと睨んでいます。

これを防ぐには少しずつ千切って入れるか、素直に茹でてから入れた方が良いかと思います。

エビにブラックウォーターとか要らんですしね・・・

 

ほんとマジックリーフは良い常備食なんですがこの辺注意して欲しいなぁ・・・なんてねニヤリ

 

透明エビも無事抱卵爆  笑

この前に書いた産卵ネットの隔離交配で抱卵してもらいました。

今回の件でも特に脱卵していない様子。

 

どうでもいいけど背中に一粒だけ卵が残っていて非常に気になる!

 

前回の卵を気にし過ぎるメスですが落ち着いてきたのか多少弄る頻度が落ちてきたような・・・

死卵でも取りたかったんでしょうか?

ぱっと見では10何個は付いてるような感じ。

初抱卵ならまだマシなレベルか・・・?

本当に壊滅的だと卵が付いてるところ(腹肢というらしい)を動かした時も卵が全く見えません。

 

話が変わりまして、以前に一応メスと判断していたこいつ

 

 

あからさまに動きが鈍くなっていたので脱皮間近と思い

産卵ネットにこのメス?とオス2匹に水草を入れて様子を見たところ・・・

 

 

 

ちゃんと抱卵してました爆  笑

やっぱりメスだったんやな!

ちなみにこいつはあまり卵を弄っている様子はありません。

まぁそれが普通なんだよね・・・

 

この産卵ネットでの隔離交配はなかなか良い感じです。

サテライトでも大体同じなんですが、これはエアを引っ張ってくる手間が無いのと

サテライトでは多少の温度差が出るとのことですがこれにはそれがありません。

脱皮間近のデリケートな時でも負荷が無くすぐに移動出来ます。

すぐに設置可能で用が済んだらエビをさっと追い出して即撤去出来るのも利点。

 

 

隔離交配のメリットとしては

1、目当てのオスと簡単に交配出来る。

2、大勢のオスに追い掛け回されない

 

良いことばかりですね。

微妙に気に入らないオスとは交配させたくないですし、以前にあったようなメスが死んじゃったりボロボロにされるとかいうのもたぶん減りますしね。

そういえばどこかで似たような交配方法が書かれていたような・・・

 

まぁ上手くいかなかったとか逆に死んじまったぞ!とかいうこともあるかも知れないけどね!

当然クレームは勘弁な!