皆さん、こんにちは


毎年 恒例となっております、揖斐川町・揖斐川町社会福祉協議会による『2016いびがわ健康福祉フェア』が、5月15日(日)に揖斐川町地域交流センター はなもも にて開催されました。


今回もプラスは『車イス体験』を行いました。


天気にも恵まれ青空の中、スロープやS字コースを体験していただきました。


思うよう真っ直ぐに進めなかったり、下り坂で思いのほかスピードが出ることに驚きを感じられた方もいました。




                                 



体験していただいた方、ありがとうございました。

また、来年もお待ちしております。

こんにちは


今年度も福祉学習の為、池田町立の小学校へ出かけてきました。


1校目は1月18日(月) 池田町立温知小学校 5年生 95名の生徒の皆さん、

2校目は2月10日(水) 池田町立宮地小学校 5年生、6年生 37名の生徒の皆さんにピアカウンセラーの山本格生さんと一緒に話をさせて頂きました。


≪ 1月18日 温知小学校 ≫
≪ 2月10日 宮地小学校 ≫

施設の紹介や利用者様の様子、障害について話をしましたが、話しばかりでは飽きてしまうと思い、途中でクイズを行いました。


【問題】

 皆さんこれはどういった時に使うベルトでしょうか?




皆さんは分りましたか?




ベッドや車イスに移乗時にリフトで使うベルトです。


すぐに分った子もいて、びっくりしました。


今回も山本格生さんに当事者としての経験や思いを話してもらいました。


話の中で、目に見えるバリアフリーもあるが、障害者と高齢者と健常者の3者が仲良く生活が出来る『心のバリアフリー』についての話を聞いている時のみんなの真剣な表情が印象に残りました。



この機会を生かして、福祉や障害について考えたり知ってもらえると良いと思いました。


温知小学校、宮地小学校の生徒の皆さん、教職員の皆様 ありがとうございました。

こんにちは


12月7日(月)に愛知県にある社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団 名古屋市総合リハビリテーションセンター へ見学に行ってきました。



名古屋市総合リハビリテーションセンター は、愛知県内でも1つしかない施設で総合的に一貫したリハビリテーションサービスの提供が行われ、障害のある方の社会復帰に向けた支援が行われていました。


名古屋市内の利用者が多く、付属病院や他の病院からの移行の方も見えますが、在宅から通所して利用される方もいます。愛知県内の方だけでなく、当事業所からも利用をされた方もいました。


相談から社会復帰に向けて、個々の障害に合わせた支援を検討し、利用者と職員とが共に考え訓練して社会生活力をつけて新しい生活へ準備をされていました。



総合相談部門・地域支援部門、医療部門、自立支援部門など多くの部門との関わりがあり、その中で利用者を中心に社会復帰を目指し支援が行われている事を知り、改めて『連携』の大切さを感じました。


丁寧な説明と施設案内をしていただき、ありがとうございました。



                  


   < パンフレットです。 >