長谷川穂積 オフィシャルブログ powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年12月09日(日) 06時43分51秒

21

テーマ:ブログ
試合当日いつもの通り会場入り



しかしいつもよりも余裕がある



何故だろう    
前回の試合は怪我が酷くていっぱいいっぱいで試合したからか、それとも相手がKO率が低いから安心してるのか







試合が始まった
いつも通り戦う     
相手との距離は感じるが対応できる距離ではある



相手の右ストレートが顔の横で空を切る
明らかに今までの選手と比べて威力が違う



KO率が高くない選手でもSフェザー級の選手はこんなにパンチがあるのか

より集中
いつもよりパンチを貰わないように戦う



しかしポイントは確実に取ってる
徐々に自分ペースになってきた



5ラウンド

自分のジャブに合わせた相手の右ストレートをドンピシャのタイミングで貰う




ダウン


少し効いた    
効いたがカウント8までしっかり休む



そのラウンドをしのいだ僕はインターバル中にどのようなタイミングでパンチを喰らったがセコンドに聞くがそれぞれ意見が微妙に違う




同じパンチを貰わない為に必要なことだがセコンドの意見が微妙に違うとわからなくなる



6ラウンドとにかく慎重に戦い僕のペースにもう一度戻す



お客さんもラウンド始まりはダメージを心配してたが、
ダメージもなく普通に動け自分のペースになってきたということで会場全体も安心した空気に変わる


今回も勝てる


僕も会場のみんなもそう思い始めた7ラウンド



全く同じパンチでダウン



今度は前の時よりもあきらかに効いた



カウント中に家族を見る
心配そうな顔でこっちを見てる



大丈夫だよと笑顔を見せる
ほんとに大丈夫か。。自分自身も不安がよぎる



大丈夫。こんなピンチ今まで経験してきた




そのラウンドを凌ぎインターバル中に聞く
どのタイミングでパンチを貰ったのか



僕のトレーナーであるゲホンの言葉を信じた




ジャブに合わせて右ストレートを合わせてきてる
なるほど
それが分かればもう貰うことはない



あと三ラウンド
相手も出てくるが貰い方さえわかれば倒れることはない



8.910ラウンドと戦い終了のゴング



結果は二度のダウンを食らったがあとのラウンドはほぼとっての判定勝ち



二階級上の世界ランカーにダウンしてもしっかり勝てたことより
二度もダウンしたことの方がインパクトを残した試合になった


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース